【11/27】霊関連書籍の内容の抜粋です(祈)†「シルバーバーチの霊訓⑫」

Pocket

『シルバーバーチの霊訓⑫』
背後霊にはあなたの困難、問題、願望の全てが分っております。又ここが物質の世界であり、それなりに物的必需品というものがある事も承知しております。あなたが真理に忠実に生きておれば飢えや渇きに苦しむ事はありません。絶対に必要なものは必ず用意されます。

『シルバーバーチの霊訓⑫』
“聖霊に対する罪”とは霊力の存在を否定する事です。霊力はいつの時代にも地上へもたらされているのです。キリスト教は抽象的には霊力の存在を認めていながら、それが世界中の誰にでも届けられるものであるという話になると否定します。―

『シルバーバーチの霊訓⑫』
こうして皆さんとの交わりが出来るのも霊力のお蔭なのです。ホンのわずかの間とはいえ物質の世界と霊の世界とが目的において一つに調和する事を可能にしてくれる、大霊の力なのです。

『シルバーバーチの霊訓⑫』
“復活”は生命の法則の一つです。死の訪れとともに物的身体から離れた魂は全て復活した事になるのです。キリスト一人の話しではありません。大霊の子の全てに復活があるのです。―

『シルバーバーチの霊訓⑫』
死の関門を通過すると、物的身体を後にして今度は霊的身体に宿って霊の世界で新しい生活を始めるのです。地上生活は全てそのための準備なのです。

『シルバーバーチの霊訓⑫』
地球が物的世界の一つとして存在をはじめた当初から、神の教えを説くための霊が派遣されてきました。そして各民族、各時代の言語でしゃべりました。―

『シルバーバーチの霊訓⑫』
その内容の程度もその国、その時代の要請、その民族の成長と発達の程度に即応したものでした。その方法・手段も理解力に応じたもの、高踏的になりすぎないものが用意されました。

『シルバーバーチの霊訓⑫』
人間は墓場を乗越えて生き続けます。人間も本来は霊だからです。火葬の炎さえその霊を滅ぼす事はできません。物質の世界はもとより、いえ霊の世界の何をもってしても内部に宿る神性、この世に生を受ける事によって賦与された生命の炎を消す事は出来ません。

『シルバーバーチの霊訓⑫』
いかなる極悪人といえども“存在”そのものを失ってしまう事はありません。神性の火花が衰えて微かに明滅する程度になる事はあっても、完全に消滅してしまう事はありません。―

『シルバーバーチの霊訓⑫』
なぜなら大霊と結び付けている神性の絆は永遠不滅のものだからです。いかなる霊も二度と甦れないほど堕落する事はありません。又いかに高級な霊といえども、その堕落した霊に救いの手を差しのべるために身を低くする事は出来るものです。

『シルバーバーチの霊訓⑫』
魂が開発され霊的波長が高度なものになるにつれて、それだけ高度なエネルギー、大きなエネルギーと接触できるようになります。それは見えるものでもなく聞こえるものでもなく、永遠の霊的実在そのものです。それが生命の実在なのです。―

『シルバーバーチの霊訓⑫』
人間は生涯の大部分を影を追い求め、幻を捕えようとし、儚いものを後生大事にしながら生きております。本当は静寂の中において、調和の中において、愛の中においてこそ、あなたの魂は着実に開発するのです。ゆっくりではあっても確実であり、間違いがありません。

『シルバーバーチの霊訓⑫』
物質界の条件が、大きい方の意識で行われている事を小さい方の意識で思い出せなくしているのです。人間は死ぬまでは本当の意味で生きているとは言えないほどです。―

『シルバーバーチの霊訓⑫』
が、時として霊が物質の次元から離れて霊界からのインスピレーションに触れる事があります。その時、ホンの一瞬ですが言語を絶した無上の法悦に浸る事になります。

■2020年11月26日UP■
■アナログ絵311、7~9ページUP「生命の創造を司る天使さま」の登場です(祈)†
はい今回のアナログ絵311は新規キャラ「生命の創造を司る天使さま」が登場ですが、当初はもっと古風なコスチュームを考えていたのですが特徴が欲しいという事でストーリーに合ったこのようなデザインにしてみました。皆さまはこの女性の天使さまの喪服姿を見て暗いイメージを抱かれる事と思いますが、霊的知識を正しく獲得するとその誤った認識は頭から消え去ります。不自由かつ鈍重極まる肉体をまとって物質界に残される方がはるかに不幸であり、肉体を脱ぎ捨てて霊界に帰る事の方がはるかに幸福であり、霊界の方々は物質界で人が死ぬと喜んでお祝いするのです…続きを読む→
■2020年9月21日UP■
■アナログ絵305UP。ももちゃん、シルキーを描き続けるのは意味があっての事なのです(祈)†
そのももちゃんを霊団は見殺しにした、奴隷の女の子たちの救出に霊団は全然本気じゃない、コイツら絶対に許さない、僕はそう思っています。で、もちろん霊団以上に強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁が許せません。ももちゃんの死肉を笑いながら食べたバカヤロウが、僕に向かって半笑いで爪楊枝で歯をシーシーしながら「そんな女の子最初からいませんよ笑」とか言ってくるシーンを想像すると…この怒りのレベルは言語を超越しており表現のしようがありません…続きを読む→
■2020年8月17日UP■
■アナログ絵303、4~6ページUP、フラーが出てこないと描くのが異常に速いです(祈)†
守護霊様のトランスの様子を見たももちゃん、シルキーは「あ!あたしたちの時も守護霊様はこういう風にしたんだ…」と思ったはずです。そして今回の子供たちとももちゃん、シルキーとではひとつ大きな違いがあります。それは今回の子供たちは守護霊様のインスピレーションを受け取っただけですが、ももちゃん、シルキーはブリッジに呼ばれたという事です…続きを読む→

HOME | ピーチピチ(佳子) | 切断死体の撮影 | 処刑遊び | コイツら死刑 | 暗殺 | 放火 | Dreamwork | Profile | アナログ絵 | フラー | コメントファイヤー | | 山駆けるヒカリ | 葛飾北斎の墓 | 主なブログ | 全ブログURL | 動画 | 霊関連書籍 |

カテゴリー: 未分類   作成者: たきざわ彰人(霊覚者) パーマリンク

たきざわ彰人(霊覚者) について

元画家、山を愛する霊覚者です。果てしない山へのアタック及び高負荷の作品描画によって霊性発現となりました。イエス様の怒涛の連続顕現に浴させて頂き、イエス様のご意志に従い霊的知識普及の使命遂行中です。イエス様ハンドリング(霊の導きに従う)により強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁は死刑になり「人類の恥」となります(祈)† 日本の象徴は「富士山」であり、断じて強姦殺人魔ではありません。 The symbol of Japan is "Mt. Fuji", it is not a rape murderer at all. 日本の天皇一族は強姦殺人魔です。死刑にしましょう。 The Emperor family in Japan is a rape murderer. Let's make a death penalty.

コメントを残す