【2/6】霊関連書籍の内容の抜粋です(祈)†「ベールの彼方の生活③」

Pocket

—–3章2
『ベールの彼方の生活③』3章 天界の経綸【2 象徴(シンボル)の威力―十字を切る事の意味 1917年11月28日 水曜日】貴殿がもし吾々の存在を疑わしく思うような気分になった時は“十字”を切って頂くと宜しい。

『ベールの彼方の生活③』それだけでも吾々が守ってあげている事を認識されると同時に、貴殿と吾々との間に割って入ろうとするあの手この手の邪魔を排除する事ができます。身体を張って邪魔するのではなく思念を放射し、それがモヤのように漂って吾々の視界を遮るのです。

『ベールの彼方の生活③』程度から言うと吾々よりも彼らの方が貴殿の近くまで接近し、吾々の望んでいる好条件を奪ってしまう事があるので、よくよく注意して頂きたい。【十字を切るとどういう効果があるのですか。】それが象徴するところの“実在の威力”が発揮されます。

『ベールの彼方の生活③』よく考えてみると記号というものも実に大きな威力を発揮しているのです。それは記号そのものに能動的な力が潜んでいるからではなく、それが象徴しているところの存在ないしはエネルギーの潜在力のせいです。【例えば?】

『ベールの彼方の生活③』例えば貴殿が今使用しておられる文字も単なる記号にすぎない。が、それによって綴られた文章を親しみと愛をもって読む者は、こうしたものを全く読む事なく人生を終る者と違って、こちらへ来てからの進歩を促進する適応性を蓄える事になる。

『ベールの彼方の生活③』一人の王様の名前も、その王を象徴する記号に過ぎないが、その名前を軽々しく口にする者は、その王の署名のもとに布告された命令を無視する者と同様に、秩序ある国家においては軽々しく見逃される事はない。

『ベールの彼方の生活③』それによって生ずる混乱と不統一が原因となって国家の運営が著しく阻害されるからです。故に名前というものは崇敬の念をもって扱わねばならない。地上に限りません。天界においても同じ事です。

『ベールの彼方の生活③』例えば大天使の名前をぞんざいに呼ばわる者は、携わる仕事が何であれ、その者の立場を危うくしかねない。そういう事になっているのです。そして最後の御名である主の御名は、貴殿らの聖典で規制されているように最高の敬意をもって扱わねばなりません。
—–

『ベールの彼方の生活③』さて、元々“十字架”の記号は吾々が教わり、遠い過去より今日に至るまでに地上の人間に啓示された多くの聖なる記号の中の1つに過ぎない。ところが今日では他のいずれにもまして威力をもつに至っている。

『ベールの彼方の生活③』ほかでもない、地上の進歩のために注がれる“生けるキリスト”の生命の表象(しるし)だからです。他の時代には他の―ためらわずに書かれよ―キリストの世があった如く(※)今の世は天界の政庁から派遣された最後の、そして最高のキリストの世という意味において→

『ベールの彼方の生活③』→特殊な世なのである。それ故、十字架を使用する者はキリストの生命を意味する“おん血”によって書かれた親署を使用する事を意味し、たとえキリストの絶対的権威を認めずその愛を理解せぬ者も、キリストの十字架の前には自ずと頭(こうべ)を垂れなければならない。

『ベールの彼方の生活③』何となればそれを前にすればその威力を思い知らされ畏れおののくからである。(※キリストの名で呼ばれる存在が他にもいたという事にオーエン氏が戸惑いを見せている。イエス・キリストの真相についてはこの後の3つの章で細かく説かれる。訳者)

『ベールの彼方の生活③』【では地獄にいる者でもキリストの十字架の威力が分かるという事ですか。】まさにその通りである。ここで少しばかりその問題に触れておきたい。というのも地上には理解力が不足しているために、この記号にあまり崇敬の念を覚えぬ者が多いからです。

『ベールの彼方の生活③』私はしばしば薄暗い低級界を訪れる事があるが―最近は他に用があって訪れていないが―訪れた時はなるべく十字を切らないようにする。何となれば心に少なからず苦悶を抱く哀れむべき魂にとっては、十字を切る事がその苦悶の情をいっそう掻き立てる事になるからです。

『ベールの彼方の生活③』【十字を切られた時の反応を実際の例で話して下さい。】ある時私は地上からの他界者の1人で妙な事にいきなり第2界へ連れて来られた人物を探しに派遣された事があった。当然そこは居心地がよくなくて、やがて薄暗い下層界へと引き下ろされていった。

『ベールの彼方の生活③』なぜこのような事になるのかは今ここで詳しい説明はしない。滅多にない事ではあるが全く有得ない事でもないのである。指導と案内に当る者の認識不足によって、あちこちで同じような事態が起きている事は事実です。

『ベールの彼方の生活③』一生懸命になるあまり善意が先走って判断力と洞察力を追い越す事があるもので、少し複雑で問題の多い人物の処遇に当って往々にしてそういうケースが生じます。さて私は陰鬱な境涯へ降りて身体が環境に適応しきるのを待って、いよいよ捜索を開始した。

『ベールの彼方の生活③』市から市へと捜し歩いたあげくに、やっとその人物の気配を感じる門の前まで来た。貴殿には私の述べる事が容易に理解できないであろうけど構わず筆を進められたい。そのうち理解できる日がきます。

■2021年2月5日UP■
■アナログ絵317「フラー18キャラ設定資料」UP。小鳥ちゃん×2です(祈)†
※まだラフ、今後デザイン変更の可能性アリ。えー…フラー08のキャラ「小鳥ちゃん」が事実上ボツの状態で、それはもったいない、小鳥ちゃんというキャラは復活させるべきと思っていましたので今回の18でリニューアルデザインにて再登場させる事にしました。小鳥ちゃんは2羽、それぞれフラー18汎用モード時の右腕、左腕に変形、合体します。さぁ止まらずフラー18本体のデザインに入りましょう。今回の「小鳥ちゃん」の身体は大きく分けてコチラふたつのブロックで構成されています。見る人が見たら「あぁココがこうなってこう変形するのか」と理解して頂けるかも知れませんが…続きを読む→
■2021年1月28日UP■
「もうウソは必要ないと思う」明仁、文仁、徳仁、悠仁が必要ないという皆さまの思念です(祈)†
もっと噛み砕いて分かりやすい表現で言ってみましょう、こうです。すっとぼけ続けている。という事です。公の場でメディアに向かって「たきざわ彰人、お前そろそろいい加減にしなさい」などと怒りの発言をしたらどうなりますか。僕のブログに一気にアクセスが集中してネット中に議論が噴出するはずです。で、ここで皆さまお考え下さい。もしコイツら、明仁、文仁、徳仁、悠仁が何も犯罪行為をしていない、心にやましい事がないのであれば議論が沸き上がって何も困る事はないはずです。かえって自分の身の潔白が証明される事になって願ったり叶ったりのはずです。しかし「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁はその議論が勃発しないように視点外しに終始していますね。行動には動機がある。つまりこうです、コイツらの邪悪の正体は実はもうとっくの昔に「周知の事実」なのです…続きを読む→
■2021年1月27日UP■
「コリャ相当マズいぞ」明仁、文仁、徳仁、悠仁を守り通してきた強姦殺人ほう助の人間たちの思念です(祈)†
宮内庁職員が「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の逮捕、死刑に伴って「仕事を完全に失う」イコール「組織としての存在意義が消滅する(今ピィィィンと霊団が波長を降らせてきました、強調の意味があります)」この幽体離脱時映像はその事を言っているのではないかと僕は感じました、たった今霊団も強調してきましたのでそうなのでしょう。宮内庁の人間が何の仕事もなくなって毎日ボケーっとしているだけで国民の血税から給料をもらっている状態になり、それが大問題になる、こういう意味に間違いないでしょう。そもそも宮内庁などという組織は「国民に永遠にウソをつき通しダマし通すために作られた洗脳目的の組織」ですから、こんなものは消滅して当然なのです。宮内庁が発布する「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁に関する自演乙ウソ洗脳ニュースを見させられる事ほど頭にくる事はありません。これ以上国民を愚弄する行為はないと言って間違いないでしょう…続きを読む→

HOME | ピーチピチ(佳子) | 切断死体の撮影 | 処刑遊び | コイツら死刑 | 暗殺 | 放火 | Dreamwork | Profile | アナログ絵 | フラー | コメントファイヤー | | 山駆けるヒカリ | 葛飾北斎の墓 | 主なブログ | 全ブログURL | 動画 | 霊関連書籍 |

カテゴリー: 未分類   作成者: たきざわ彰人(霊覚者) パーマリンク

たきざわ彰人(霊覚者) について

元画家、山を愛する霊覚者です。果てしない山へのアタック及び高負荷の作品描画によって霊性発現となりました。イエス様の怒涛の連続顕現に浴させて頂き、イエス様のご意志に従い霊的知識普及の使命遂行中です。イエス様ハンドリング(霊の導きに従う)により強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁は死刑になり「人類の恥」となります(祈)† 日本の象徴は「富士山」であり、断じて強姦殺人魔ではありません。 The symbol of Japan is "Mt. Fuji", it is not a rape murderer at all. 日本の天皇一族は強姦殺人魔です。死刑にしましょう。 The Emperor family in Japan is a rape murderer. Let's make a death penalty.

コメントを残す