暗殺

Pocket

暗殺

切断死体の撮影 | 暗殺 | コイツら死刑 | 放火 | 処刑遊び |

僕の「脅迫罪」の訴えを反故(ほご)にしたポリーチェ(POLICE)を絶対に許す事はできません

ポリーチェ(POLICE)が僕を「ウソ発見器」にかけようとしている暴挙についての詳細説明(祈)†

ポリーチェ(POLICE)が職場を介さず直接僕にコンタクトしてくる可能性が高まりました(祈)†

「何も考えられん」徳仁が僕の使命遂行を止められないという霊団からのメッセージです(祈)†

徳仁は僕を「放火」で暗殺するつもりです。家に来たポリーチェ(POLICE)はその先遣隊だった…しかし霊団は何も言ってこないのです(祈)†

考えれば考えるほど僕の家に来たポリーチェ(POLICE)の一件はおかしな事だらけなのです(祈)†

徳仁に放火されても最低限必要なものを持って逃げられる「脱出キット」を準備しておくべきかも知れません(祈)†

皆さま、根本的な事を。なぜ強姦殺人魔、天皇一族は僕、たきざわ彰人の事を公で怒らないのですか?(祈)†

徳仁の「放火暗殺計画」は頓挫しました。実母が来ると言っていた不動産屋が一向にが来ないからです(祈)†

インスピレーション「作家と関係断裂」僕の暗殺計画が霊団にバレバレだという事です(祈)†

僕の実母と長男は完全に徳仁に買収されてますので、いつでも僕を殺しにかかってきます(祈)†

今、霊団が僕の霊聴にピィィィンって波長を降らせてきましたよ。たった今書いたブログがどうやら正解のようですね(祈)†

ポリーチェ(POLICE)がまたしても僕の職場に意味不明の事を言ってきています(祈)†

僕はスナイパーチーム(ポリーチェ)に暗殺されそうになっても絶対に止血しながらブログ書きます(祈)†

何と再びポリーチェ(POLICE)が家に来ました。僕の「脅迫罪」の訴えを反故(ほご)にした事を未だに謝罪しようとしません(祈)†



僕の「脅迫罪」の訴えを反故(ほご)にしたポリーチェ(POLICE)を絶対に許す事はできません(祈)†

【僕の「脅迫罪」の訴えを反故(ほご)にしたポリーチェ(POLICE)を絶対に許す事はできません(祈)†】2015年5月、僕は秋篠宮文仁を(その時はピーチピチ(佳子)を訴えるという形をとりましたが)脅迫罪で訴えています。警視庁本部に訴状メールを出し、1週間たっても返事がないので→

→ついには110番までして、ようやく僕の家に刑事が来て、一緒にセブン(イレブン)の防犯ムービーを見たのです。そこで僕を脅迫してきた男女2人組(文仁の手の者、間違いなく宮内庁職員でしょう)の証拠映像を、刑事も僕と一緒に見たのです。2人組の女性の方が、こんな服は絶対に市販→

→されてないという、有り得ないパーカーを着て来店してきたのです。そのピンクと黒のパーカーの背中には、カタカナで大きく「コロス」と書いてあったのです。女性はレジ内の僕にその文字が見えるようにしながら、男性と一緒に僕の事をチラチラと見てきました。僕は最高に「ニヤリ」としました。

セブンカフェを買い終わってマシンの前でコーヒーを淹れる2人組を、僕は超至近距離で「ガン見」し続けました。男女2人組はガン見する僕に気づいて「ビクッ」っとなり、ずっと僕に背中を向け続けていました。コーヒーを淹れ終わって2人が店を出る時も、僕は2人の背中にピッタリくっついて→

→一緒に店の外に出ました。そして2人が車に乗り込むのをずっと笑顔で凝視し続けたのです。僕は心の中で「いつでもやってやるぞ、また来いよ」と思っていました。と、こんな事があったのです。で、この脅迫を受けて、僕は実際にポリーチェに脅迫罪の訴えを起こし、その旨ブログも書いたのです。

その過去ブログはこちらです→「警視庁にメールを送付させて頂きました t.co/fpyLJfCC0L」この過去ブログ内ではピーチピチ(佳子)に対して訴えを起こしていましたが、この時の僕はまだ現在のような理解に至っていませんでしたので、このような形の訴状となった→

→のですが、もしこの訴えが正しく受理されていれば、自動的に父親であり脅迫の張本人である文仁に捜査の手が回っていたものと思われるのです。本当にあと1歩で秋篠宮文仁を(強姦殺人罪ではなく脅迫罪ででしたが)逮捕できる所だったのです。本当に惜しかったのです。さらに過去ブログ内では、→

→ピーチピチ(佳子)が「骨肉腫」を発症していて間もなく帰幽すると書いていますね(笑)これは霊団の巧妙な作戦だったのです。この時の霊団は、ピーチピチ(佳子)の人気を徹底的に利用して、僕、たきざわ彰人を“有名”にし、僕のブログに多くの国民の注目が集まるように僕を導いている→

→真っ最中だったのです。ただでさえ人気のピーチピチが骨肉腫で足を切断して、抗がん剤治療に突入して髪が抜け落ちる…まぁ、とにかく僕にショッキングなブログをいっぱい書かせて、人々の注目を集めさせる、という事を霊団がなさっていた訳です。

はい、僕は秋篠宮文仁を脅迫罪で訴えましたが、ポリーチェ(POLICE)は、その市民の訴えを「反故(ほご)」にしました。刑事は防犯ムービー内の2人組の映像を見た途端にグズりはじめ、言い訳や関係ない話ばかりしてうやむやにして、僕の訴えをまるっきり無視して帰ってしまったのです。

本当に…許す事ができません。ポリーチェが1番僕のブログを見ていると霊団は仰っています。見ているなら行動せよ。この地球上で最も邪悪なファミリー、強姦殺人魔、人食人種の天皇一族(明仁、徳仁、文仁、悠仁)を今すぐ逮捕せよ!(祈)†

※アナログ絵50の中に「ウソつかされた事に対する最高の埋合せ」というインスピレーションを紹介していますが、この“ウソ”とは、ピーチピチ(佳子)が骨肉腫というウソのブログを書かされた事に対する最高の埋合せ、という意味だったのです。


↑トップへ↑


ポリーチェ(POLICE)が僕を「ウソ発見器」にかけようとしている暴挙についての詳細説明(祈)†

【ポリーチェ(POLICE)が僕を「ウソ発見器」にかけようとしている暴挙についての詳細説明(祈)†】今ブログはこちらの過去ブログ→「強姦殺人魔、天皇一族がポリーチェ(POLICE)を使って裏から手を回してきている可能性があります(祈)†」t.co/y9jemPXIcF の続きとなります。

そして昨日、今ブログの内容を先行してお話させて頂いたMP3もUPしていますので、そちらのURLもご紹介致します。14分と短いですのでどうぞお聴き下さい。「Twitsound(MP3はダウンロード可能)」http://twitsound.jp/musics/tsJMG4ZPE データ保持期限: 2018年04月19日

はい、まずは前ブログの内容を追加で詳細説明させて頂きますが、現在僕が務めている職場で、外国人留学生が「ロッカー盗難事件」を起こしました。春だったか夏だったか、もうだいぶ前のお話で半年以上が経過しています。で、この職場のロッカーですが「会員制フィットネスクラブのロッカー」→

→みたいなものをご想像頂ければイメージしやすいと思うのですが、要するに個人のロッカーというものはなく、全ロッカーに番号が振ってあって、全従業員はIDカードを所持し、そのIDを使ってロッカーにアクセスし、空いているロッカーを選択します。するとそのロッカーが「使用開始状態」となり→

→そのID所持者が勤務中、そのロッカーを使用する事になります。そして勤務終了したらロッカーを「使用終了状態」にしてロッカーの中身を空にして帰宅します。そして次の勤務ではまた別の番号の空いているロッカーにアクセスするのです。(運よく前回と同じ番号のロッカーが開いている事も)→

→(あるでしょう)つまり個人所有のロッカーというものがない訳ですね。そして当然、何日何時何分にナンバー〇〇ロッカーをID〇〇が開けた、という事が全てPCにデータとして残っている訳です。そのデータを見れば、誰がいつどのロッカーを使用したかが一発で分かる訳です。

つまり、盗難があったナンバー〇〇ロッカーを、誰が開けたかがデータとして残っている訳ですから、犯人捜しは簡単ですね。盗難事件当日、地元のポリーチェ(POLICE)が捜査でロッカールームに来ていました。そして当然そのデータを見させて欲しいと社員に言ったはずですね。

そしてそのポリーチェの要請を受けて、社員が僕のロッカー内の私物を改めさせて欲しいと言ってきたのです。その当日に僕が使用していたロッカーが、盗難があったロッカーと場所が近かったからなのか、過去に僕がその盗難ロッカーを使用していたデータが残されていたからなのかは分かりませんが、→

→僕は「どうぞどうぞ♪」とふたつ返事でオッケーしました。当然です、何もやましい事はありませんからね。そして僕同意のもと、ポリーチェも同席のもとで僕が使用していたロッカーが開けられ、僕の私服やらトートバックやらが出されて社員がくまなく調べました。

トートの中や財布の中や服のポケットの中やら。そして盗難物がない事がその場で確認されました。つまり、ロッカー盗難事件当日に、ポリーチェ(POLICE)同席の状態で僕が盗難の犯人ではない事が証明されているという事です。はい、このお話、皆さまいかがでしょう。

とっても分かりやすいお話だったのではないでしょうか。この「ロッカー盗難事件」発生当日、僕は至極真っ当な手続きを踏んでポリーチェ同席の状態で無実が証明されているという事がお分かり頂けたと思います。そもそもロッカー使用状況がデータとして残っているのですから、それを見れば→

→僕が犯人でない事は一目瞭然。いちいち語るまでもない当たり前の事なのです。こうして僕の「ロッカー盗難事件」との関連は終了した…【はずだったのです!】こっ!こっ!かっ!らっ!パラレルワールド、おかしなストーリーが始まります。皆さま、刮目(かつもく)してご覧頂きたいと思います。

はい、お話は現在に戻ります。ロッカー盗難事件から半年以上が経過しています。犯人が誰であるかなどデータを見れば一発でわかる事ですから、もうそんな話は終わっているはずなのに、ここからポリーチェ(POLICE)のおかしな行動【奇行】が始まります。

ポリーチェが、とっくに終わっているはずのロッカー盗難事件について「調べたい事がある」と職場に何度も何度も連絡してくるのです。そして僕を含めた数人に、署に出頭してもらって「ある検査」をしたいと言ってきたのです。ちなみに僕が把握しているのは、僕と、今まで一緒に仕事をしてきた→

→同僚男性、この2人だけで、他の人がポリーチェからこの要請を受けたとは聞いていません。実際は分かりませんが、とにかく職場内のごく一部の人間に対してポリーチェが「検査をしたい」と何度も何度も言ってくるのです。(同僚男性は、僕を出頭させるためのフェイクだと思ってます。)→

→(つまりポリーチェの目的は僕という事です)そして僕に至っては封書まで渡されたのです。その1回目に受け取った封書は、その内容がバカバカしかったので「誰が行くかこんなもの呆笑」と、僕は捨ててしまったのです。イヤァー失敗しました(汗笑)取っておくべきでしたね。

しかし何と再び、2通目の封書を渡されたのです。それは1通目の封書の内容の念押しのような文章で、とにかくポリーチェが何が何でも僕を出頭させようと必死になっている事が読み取れる内容なのです。こちらの2通目は捨てずに画像化しましたので、こちらをご覧下さい。

はい、画像内に【ポリグラフ検査】と「ハッキリ!」書かれていますね。このポリグラフ検査とは【ウソ発見器】の事です。こちらもご覧下さい→ bit.ly/2Fbg4Zw(ウィキペディア)皆さま、【神】から賜った【理性・良心】を最大限に駆使し、この書類をじっくりご覧頂きたいと思うのです。

とっくの昔に終わっている「ロッカー盗難事件」そして僕に至ってはその当日にポリーチェ同席で無実が証明されています。ロッカー使用状況のデータを見れば誰が犯人であるかなど一目瞭然です。しかし!しかし!ポリーチェ(POLICE)はその、とっくに終わっているはずのロッカー盗難事件に→

→関連して僕を検査したいと何度も何度も職場に連絡をしてくるのです。しかもその検査の詳細を社員に一切話そうとしないというのです。そして僕を署に出頭させ、2時間拘束して【ウソ発見器】にかけるというのです。つまりポリーチェ(POLICE)は、僕に対して理不尽な検査をするという事を→

→職場の社員にはそれとなくごまかし詳細説明せず、ただ僕を出頭させる手段として職場を利用している、と言えると思います。MP3でもお話しましたが、社員はどうもこの件の詳細を理解していない様子なのです。ただポリーチェがこのように言ってきてるからそのようにしてくれ、→

→社員からの僕への要求はただそれだけで、理不尽極まるポリグラフ検査については何も言わないのです。その部分をどうも分かっていないようなのです。もしくは分かっているのだけど怖くて言えない、そういう事かも知れません。もし社員が詳細を分かっているにもかかわらず→

→僕に「ウソ発見器にかけられて来い」と言って僕を出頭させようとしているとしたら軽蔑します。そうではない事を信じたいですね。ポリーチェ(POLICE)は、何が何でも僕を出頭させたいのであれば僕に直接連絡して言えばいい訳ですが、それはできない訳です。それは僕を呼び出す→

→「本当の理由」が言えない内容だからです。だから職場を利用して僕をだまくらかして出頭させようとしているのです。で、しかも僕がそのポリーチェの真の悪の目的に感づいていますから、連絡などしようものならその部分を究極に僕に突っ込まれて、その時のやり取りの内容を漏らさずブログに→

→書かれてしまいますので、それを恐れてポリーチェは絶対に僕に連絡はしてこないと思っているのです。なので僕に直接連絡はせず、あくまでも職場を経由させて、誤解を恐れずあえてこのような表現もさせて頂きますが、要するに職場の社員を脅して僕を出頭させるように仕向けさせようとしている、→

→こういう風に表現してもいいのではないかと思うのです。何しろ強姦殺人魔、天皇一族の唯一のコミュニケーションスキルは「脅す」これだけですからね。ポリーチェへの命令内容も脅しの内容に当然なる訳ですから、その脅し命令を実行するポリーチェの行動も自ずと脅しめいたものとなる訳です。

はい、ご覧の皆さまの【理性・良心】は、このポリーチェ(POLICE)の奇行に対してどのような回答を導き出したでしょうか?「これはおかしい」という回答にたどり着いたはずですね?それ以外に有り得ませんね?このポリーチェの奇行を納得できる人間がこの地球上にいるはずがありません。

一体何の検査をする必要があるのでしょう?とっくに終わっている大昔の事件になぜポリーチェはこれほど固執するのでしょう?ウィキペディアにもその旨説明がありましたが「ウソ発見器」によって得られた証言は、世界的に裁判の証拠として認められていません。

何の証明にもならないデタラメだという事です。そんな無意味な検査をポリーチェは僕に対して何が何でもしようとしているのです。日程と時刻まで指定してきて「来い!」と言ってくるのです。こんなものになぜ行く必要があるのでしょうか?これのどこに、僕が出頭する必要性を見出せますか?

そして皆さま、なぜポリーチェはこの理不尽極まりない意味不明の要求を何が何でも押し通そうとすると思いますか?僕はブログで何度も書いています、行動には動機があります。ポリーチェのこの意味不明の「行動」にも「動機・理由」があるという事です。

その動機…MP3の方でもお話させて頂きましたが、僕はこのポリーチェ(POLICE)の【奇行】【暴挙】を説明する手段はひとつしかないと思っています。それが【徳仁Naruhito】の悪念です。徳仁はじめ強姦殺人魔、天皇一族、明仁、文仁、悠仁は、自分たちの悪の正体がたくさん書かれた僕のブログを→

→何が何でも止めよう、消そうとしてきます。そして徳仁はポリーチェ、もっと言えば警視総監に対して「たきざわ彰人をどんな卑劣な手段を使ってもいいから逮捕、監禁し、ブログ、ツイッターを止めさせろ!」と命令したんだと、僕はそのように考えるのです。

その徳仁からのムチャクチャな命令を実行するために、ポリーチェは苦肉の策で、僕の職場で過去実際にあったロッカー盗難事件を今さらのようにひっぱり出し、全く説明になっていない理不尽な動機で僕を署に呼び出し、僕を冤罪(えんざい)にするために「ウソ発見器」などという意味不明の小道具まで→

→持ち出してきた、という事だと思うのです。つまりこのポリーチェ(POLICE)の奇行は、徳仁からの無茶な命令を遂行するためにそうなってしまったのだという事です。そもそも命令の内容がムチャクチャなので、その命令を実行に移そうとすればおのずとその行動も奇異なものになってしまう訳です。

えー、今回はこのように物的内容のブログを書かせて頂いていますが、僕、たきざわ彰人はあくまでも「霊的知識」に基いてブログを書かねばなりませんので、徳仁の悪念について、このように説明をさせて頂きたいと思います。徳仁Naruhitoは僕を陥れるためにポリーチェに悪の命令をしました。

ポリーチェはその悪の命令を実行しようとして、誰の目にも奇異に映る奇行を繰り返させられる羽目になりました。そしてそれを見た僕が「これはおかしい」と感じ、こうしてブログまで書かれてしまい、公然の事実となってしまった訳です。つまりこうです。

【悪の思念に基いて行動すれば、悪の結果が跳ね返ってきて、自分で自分の首を絞める事になる】という事です。これが!これが!僕がブログで散々説明させて頂いています【神の因果律(いんがりつ)】の働きです。地上の法律は修正、変更が付きものの不完全なものですが、【神の因果律】は完璧です。

絶対に誤る、間違うという事がありません。寸分の狂いもなく完璧に機能します。つまり徳仁が悪の思念に基いて、僕を陥れるための命令をポリーチェに下したその時点で、その悪念が自身に跳ね返ってきて徳仁が自滅する事が決定していたという事です。悪の思念に基いて行動している限り→

→「イエス様ハンドリング」の僕には永遠に勝てません。アナログ絵123にありますように、霊団は全ての情報に通観した状態で僕にインスピレーションを降らせます。つまり霊団及び僕が完全にイニシアチブを握っているという事です。そして強姦殺人魔、天皇一族にはインスピレーションを止める→

→チカラはありません。チカラと言えば「脅す」これだけですが、「帰幽カモン」の僕には「殺す」の脅しが1ミリも通用しません。強姦殺人魔、天皇一族は、インスピレーションは止められない、殺すの脅しも通じない、つまり全く為す術がないという事です。「フッフッ最高の眺め」というイエス様の→

→お言葉にもありますように、もう勝負は完全に決着がついているのです。【イエス様ハンドリング完全勝利!】なのです。ただ強姦殺人魔、天皇一族が逃げ続けているだけなのです。明仁、徳仁が退位、即位などとほざいているのも「ごまかし、逃げの一手」なのですよ皆さま。

インスピレーション「次から次へと出されるスゴイ命令」今日霊団がこのようにメセを降らせました。今回、徳仁がポリーチェ(POLICE)にムチャクチャな命令を出して僕を冤罪にしようと画策している事を書かせて頂きましたが、その徳仁のたくらみ、心の中も霊団は全て把握しているのです。

把握した上でそれを超える内容のインスピレーションを僕に降らせ、導いてくるのです。霊が常に上位なのですから徳仁がどんな悪念を抱き悪の計画を画策しても、霊団に手の内が完全にバレている訳ですから悪の計画は頓挫するに決まっているのです。全ては【自業自得】という事です。

女の子の赤ちゃんを盗みまくり幼い時からレイプの限りを尽くし、オトナになる前に【処刑遊び】と称して女の子を四肢切断、強姦殺人し、少女の死肉を喜んで食べる、その悪行が全て自分に跳ね返ってきて天皇一族は死刑、滅亡となるのです。全ては自分が招いた結果なのです。

今まではそれを脅して黙らせて国民をごまかし続けてきた訳ですが、イエス様ハンドリングの僕にはそんなもの全く何の意味もありません。ただ霊団の導きに従って使命を遂行し、イエス様のご意志、悲願が成就するだけなのです。向こうが何をたくらもうと関係なく霊団の計画が成就するのです。

はい、今回は僕にしては珍しく物的情報に基いたブログを書かせて頂きましたが、皆さまに大いにご納得頂けたものと強く強く信じます。僕を「ウソ発見器にかける」などというポリーチェの奇行、暴挙を説明する手段はもうこれしかないと、僕なりの考えを述べさせて頂きました。

【徳仁Naruhitoの悪念】から全てが始まっているという事です。強姦殺人魔、天皇一族は死刑となり滅亡します。それ以外の未来はありません。僕たち善良なる日本国民を甘く見ているこいつら強姦殺人魔に正義の鉄槌を食らわせてやらねばなりません。いつまでも幼い女の子を盗み続けレイプし続けられる→

→遊びで強姦殺人し続けられる、少女のおっぱいの死肉を食べ続けられる、この強姦殺人魔どもは今まではそう思っていたのかも知れませんが、それもここまでです。僕はイエス様と約束をして、イエス様のご意志を遂行するために地上に残されています。その霊の道具である僕が霊団の導きを遂行する限り→

→強姦殺人魔に未来はありません。死刑以外にないのです。イエス様ハンドリングが勝利するに決まっているのです。なぜなら強姦殺人魔の心の中が全て丸見えだからです。ご覧の皆さまにはぜひ♪【勝利のイエス様ハンドリング】に乗っかって頂きたいと思うのです♪

共に手を取り、日本の恥、人類の恥、強姦殺人魔、天皇一族、明仁Akihito、文仁Fumihito、徳仁Naruhito、悠仁Hisahitoを死刑に処し存在消滅させましょう。こいつらは日本に、地球に必要ありません。女の子も血税も盗むだけの盗賊です。確実に葬り去りましょう(祈)†


↑トップへ↑


ポリーチェ(POLICE)が職場を介さず直接僕にコンタクトしてくる可能性が高まりました(祈)†

【ポリーチェ(POLICE)が職場を介さず直接僕にコンタクトしてくる可能性が高まりました(祈)†】今ブログはコチラ「ポリーチェ(POLICE)が僕を「ウソ発見器」にかけようとしている暴挙についての詳細説明 t.co/CU2xpEcEbl 」の続きとなる内容です。

前ブログをぜひご覧頂いて、このブログの内容も深くご理解頂きたいと思います。まずこの画像をご覧頂ければお分かりの通り、ポリーチェ(POLICE)は僕の了承も何もなしで一方的に、僕を「ウソ発見器」にかけるために僕が出頭する日時を指定してきました。皆さま、まずこの時点でおかしいですよね?

そしてブログで説明しました通り、僕はこの日に地元ポリーチェ(POLICE)に出頭しませんでした。行きませんでした。それ以降、職場の方から何も言われないので「ポリーチェようやくあきらめたか、ブログが効いたのかも」と思って安心していたのです。しかし今日、職場で社員にこのように→

→言われたのです。ポリーチェからあなたに直接連絡が行くと思うから、あとは直でやって下さい、との事でした。おぉ!ついに来たか!と思いましたね。それで真っ先に僕と同様の事をポリーチェに言われている同僚男性に話したのです。するとその同僚男性は僕の話を聞いて怖くなったのでしょう、→

→知り合いの弁護士に相談したのだそうです。その弁護士は僕のブログを見ていませんので、この一件の真実を理解していません。なので返ってきた答は何とも無難なもので、しかし同僚男性はその弁護士の言う通りに納得がいかないながらも後で面倒にならないようにとポリーチェに出頭したのだそうです。

出頭時の拘束時間は2時間、その2時間全てが「ポリグラフ(ウソ発見器)」での検査に使われたそうです。両手両足に電極のようなものを付けられて何回も何回もポリーチェが同じ質問をしてきてそれに答えさせられたのだそうです。「完全にモルモット扱いだったよ」同僚男性はそう言っていました。

皆さま、前ブログで説明しています通り、同僚男性も僕も、半年以上前に起きた「ロッカー盗難事件」とは何の関係もありません。しかし同僚男性はポリーチェに呼び出されて時代錯誤の人体実験をやらされたのです。そして究極に納得がいかないのが、なぜウソ発見器を使って調べる必要があるのか、→

→その「理由」をポリーチェが説明しようとしない事です。同僚男性はポリーチェに「大学でもこういう実験は行われてる」と聞かされたそうですが、それは何の説明にも、そして同僚男性を調べる理由にもなっていません。要するに言い訳しているのですね。同僚男性は不服そうな表情で話してくれました。

ご覧の皆さま、理由も告げられず理不尽極まりない「ウソ発見器」での検査を受けさせられた同僚男性の心情をどう思われますか?そしてこの暴挙を強行したポリーチェ(POLICE)の事をいかがお感じになられますか?「許せない」皆さまが僕と同じこの怒りに包まれている事を強く強く信じます。

そしてポリーチェ(POLICE)は職場を利用して、要するに僕に詳しい説明もせず理由も告げず、それとなくダマしてごまかして出頭させるというたくらみが失敗し、職場を介さず直接僕に連絡してくる可能性が職場の社員によると出てきました。さぁここからです☆もし本当にポリーチェがコンタクト→

→してきたら、そこからは「ブログネタ」の宝庫状態に突入します☆僕の身に起こる全ての出来事はブログ、ツイッター(本アカ【@ar7_akito】凍結、現在の1アカは【@Ar7Spiritualist】です)にて漏らさず皆さまにご報告させて頂きます。コンタクトの手段は主に2つでしょう。ポリーチェが→

→職場を介さず僕に直接「文書」を送り付けてくるケース、もうひとつは可能性が低いと僕は思っていますが、ポリーチェが僕のスマホに直接TELしてくるケースです。僕はこのポリーチェ(POLICE)のブログ、ハッキリ言って書きたいのでポリーチェのコンタクトに対して僕がどういうアクションを→

→考えているか、この場での公言は控えます。ここで僕が考えているアクション内容を書いてポリーチェがそれを見て動くのをやめてしまったら、ブログが書けなくなってしまいます、僕的にそれはイヤなので(笑)ただ前アカから僕のツイッターをご覧の方なら聞いた事があるかも知れませんが、→

→僕には【クーマ作戦】という武器があります。僕のとっておきの必殺戦法です。ポリーチェ(POLICE)が何らかの手段で僕に直接コンタクトしてきたら、そのチャンスを逃さず1発で【クーマ作戦】を決められるように、これから準備しようと思っています。ポリーチェに対して先手を取らねばなりません。

さぁ、ご覧の皆さまはドキドキしておられるかも知れませんが笑、僕は「これでやっと使命遂行が物的に前進するかも」とかえって喜んでいます。とにかく霊団はすっかりインスピレーションを降らせなくなりました。それに対して僕は怒りまくっている訳ですが、ようやく事態の進展を見るかも知れません。

…おっとっと!今【クーマ作戦】に関係ある内容をテキストで撃ってしまいました笑。削除削除っと。さぁ物的に事態が進展するといいですねぇ。「ポリーチェ動け!強姦殺人魔、天皇一族を逮捕せよ!」の画像を毎日UPしていますが、今回は「ポリーチェ!変な方向に動け!」って感じですね(笑祈)†


↑トップへ↑


「何も考えられん」徳仁が僕の使命遂行を止められないという霊団からのメッセージです(祈)†

【「何も考えられん」徳仁が僕の使命遂行を止められないという霊団からのメッセージです(祈)†】霊団が降らせるインスピレーション量が減り、ブログを書くのが難しい状況にありますが、まずは最近書いたこちらの2つのポリーチェ(POLICE)に関するブログのURLをご紹介致します→

—–
「ポリーチェ(POLICE)が僕を「ウソ発見器」にかけようとしている暴挙についての詳細説明(祈)†」t.co/CU2xpEcEbl
「ポリーチェ(POLICE)が職場を介さず直接僕にコンタクトしてくる可能性が高まりました(祈)†」bit.ly/2zVhxlA
—–

はい、今ブログはコチラ2つの続きの内容となります。で、29日に霊団が「何も考えられん」という徳仁の思念と思われるメセを降らせました。これはつまり、ポリーチェのブログで説明しましたように、徳仁は僕の使命遂行をやめさせる、ブログ、ツイッターを止めさせるためにポリーチェに→

→「悪の命令」をし、僕をウソ発見器にかけてデタラメな結果にして、要するに「冤罪(えんざい)」扱いにして独房に監禁し、自分の悪の正体がバラされるのを止めようとした訳ですが、その悪の命令を実行に移すにあたり、僕に直接出頭するよう連絡するのではなく、僕が現在仕事をしている職場を→

→利用して、本当の理由を話さずにダマしてごまかして僕を出頭させようと企みました。そしてその計画はブログにありますように頓挫し、ポリーチェ(POLICE)が職場を介さずに僕に直接連絡してくる可能性が高まった事を説明させて頂きました。そしてポリーチェが僕にコンタクトしてくる→

→タイミングを逃さずに【クーマ作戦】を速攻で実行し、1発で決める準備が完了中である事もお話しました。そのクーマ作戦の準備をしながらポリーチェからのコンタクトを待っている僕なのですが…何の連絡も来ないのです。皆さま、なぜだと思われますか?その理由もブログに書きましたね?

ポリーチェ(POLICE)は僕に直接連絡して来れないのです。そんな事をしようものなら僕に真実をMAXに突っ込まれ、言い訳できない状態にさせられるからです。そして徳仁は、僕を「ウソ発見器」にかける悪のたくらみが頓挫し、そのタイミングで霊団が「何も考えられん」と徳仁の思念を降らせたのです。

つまり徳仁はもう僕の公言を止める方法が思いつかない、ノーアイデアという事です。そして「帰幽カモン」の僕には「殺す」の脅しが1ミリも通用しませんので、自分が強姦殺人魔である事をバラされるのをやめさせるために僕を脅しても何の効果もない、さらに僕をウソ発見器にかけようとしても→

→僕はそのたくらみを見破っていますので絶対に出頭しませんしポリーチェも連絡して来れないのです。皆さま、この状況、お分かりになりますでしょうか。霊団がインスピレーションを降らせて来ない事に僕は腹を立てていますが、降らせない理由ももちろん分かっているのです。

それはもう【チェックメイト】という事です。先ほど「使命遂行初期の頃からピーチピチ(佳子)の人気を利用して僕の活動は大騒ぎになってたはずだ」と思念を抱いたら、霊団がピィィィンと高い波長を響かせてきました。波長は肯定「そうよ♪」という意味です。ツイッターアカウント凍結を克服し、→

→ブログ消去も越えて現在なお活動を続けている、そして現在に至っては「強姦殺人魔、天皇一族を死刑にしましょう」と毎日徹底的に公言を続けるに至っています。初期の頃は「霊覚者」などと名乗る僕の事を皆さまは疑いの目で見られた事でしょう。しかし「ここまで続けるって事は…」みたいな感じで→

→現在は多くの方が僕のブログの内容を理解し信じて下さっている事と思います。強姦殺人魔、天皇一族の命令を受けてスナイパーチームとなったポリーチェ(POLICE)が僕を暗殺しようとしていると何度も霊団に教えて頂き、そのつど霊団から賜った情報を元にブログを速攻で書いて暗殺を回避して→

→ここまでやってきました。「本当に危なかったんだよ」と霊団も仰っていました。悪人を逮捕し国民の安全を守るはずのポリーチェ(POLICE)が、強姦殺人魔を守るために僕を暗殺しようとしていたのです。皆さま、僕のこの「イエス様のご意志遂行」は2014年7月【隔離フィールド】の発動と共に→

→始まりました。そしてもう2018年にもなっています。前アカからずっと通してご覧頂いている方は残念ながら少数でしょうが、僕が語ってきた(正しくは霊団が語っていた)内容にことごとく一貫性がある事がしみじみと身に染みてお分かり頂けると思うのです。霊団が僕という道具を使用して→

→どういう悲願を成就しようとしているのか、それが手に取るように分かると思うのです。それが【強姦殺人魔、天皇一族の滅亡】です。イエス様のご意志は単純明快☆【地球最大の悪を滅ぼす】という事です。こんな簡単な事があるでしょうか?これが理解できないなんて事が人間界にあるでしょうか。

日本の天皇一族、明仁、文仁、徳仁、悠仁は【強姦殺人魔】です。「死刑」にしましょう(祈)†

僕はイエス様のご意志遂行を絶対にやめる事はありません。強姦殺人魔、明仁、徳仁は「退位、即位」などと寝言をほざいていますが、僕はこんなものは実現しないと思っています。もし徳仁が即位して天皇になったとしても僕の公言は止まらない訳ですから、自分が強姦殺人魔である事が徹底的に!→

→日本中に、世界中に知れ渡る状況で即位する訳です。皆さま、どういう空気感になると思われますか?天皇になったらなったで究極に恥晒しの状況になると思われませんか?「強姦殺人魔が天皇だってよ、マジムカつく、許せねーよなこのバ〇ファミリー」日本中がこういう空気感になると思われませんか?

この「空気感」について過去このようなブログも書きました。徳仁の未来についてです。
—–
■2016年11月26日UP■
ブログ「霊団からの情報に基く蛮族男子の未来の姿について」
Tumblr
t.co/9n4DFNfMRY
ar7ブログ
t.co/5iFTShv3Vt
—–

【神】から賜った【理性、良心】に基く正常な思考ができる善良なる皆さま、もう、もう、本当にお分かりですね?強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の未来は【死刑】以外に有り得ないという事が。この大罪から逃れる方法はないのです。そして逃げる場所も、物質界にも霊界にも存在しないのです。

なぜなら【宇宙は神の身体】であり、僕たちは今この時点で【神の御胸】に抱かれて存在しているからです。【神の因果律】の効果範囲外の世界というものは存在しません。つまり強姦殺人魔、天皇一族は因果律発動により100%地獄に落ちるという事です。因果律から逃れる方法はないのです。

はい、ツイッターアカウント凍結を受けて再び伏せ字を復活させたりしていますが(汗)強姦殺人魔、天皇一族の死刑、滅亡は決定です。これは決定です。あと不確定要素としては、その到来の時期ですね。早いか遅いかです。なら早めましょう。僕たちの力で強姦殺人魔、天皇一族を死刑にするのです(祈)†

日本の天皇一族、明仁、文仁、徳仁、悠仁は【強姦殺人魔】です。「死刑」にしましょう(祈)†
↑トップへ↑


徳仁は僕を「放火」で暗殺するつもりです。家に来たポリーチェ(POLICE)はその先遣隊だった…しかし霊団は何も言ってこないのです(祈)†

【徳仁は僕を「放火」で暗殺するつもりです。家に来たポリーチェ(POLICE)はその先遣隊だった…しかし霊団は何も言ってこないのです(祈)†】えー霊団はそんな事一言も言ってきてませんが、僕なりにある結論に到達しています。それは徳仁が僕を「放火」で暗殺するつもりで再びポリーチェ(POLICE)に悪の命令をしたという事です。以前は徳仁が僕を「ウソ発見器」にかけて冤罪にして監禁するつもりだった事をブログで書きました。その計画を僕に簡単に見破られて頓挫してから徳仁はノーアイデアだった訳ですが、今度は僕を家ごと「放火」で焼き殺す事を考えているようなのです。えー何しろ霊団が何も言ってこないので僕の独断で勝手な事は書けないのですが、少しだけ説明します。まずポリーチェは2015年の僕の「脅迫罪」の訴えを反故にした件で家にやってきますが、謝罪するでもなくフレンドリーに当たり障りのない話をしてくるのです。よくよく考えたらこれほど不自然な事はありません。ポリーチェが僕のブログを読んでいない訳がありませんので、徳仁の命令を受けてやってきたと考えるのが最も通常です。→

日本の天皇一族、明仁、文仁、徳仁、悠仁は【強姦殺人魔】です。「死刑」にしましょう(祈)†

→そしてポリーチェは実母と外に出て僕に聞こえないように話をするのです。それから数日後、昨日ですが、実母が「おかしな事」を言ってきたのです。昨日僕が究極に頭にきたというブログを書いてしまいましたが、それは実母が持ちかけてきた話の事で「近所に一軒家を買ってやるからそこで暮らせ」というものでした。僕は使命遂行のために極貧生活を強いられていますので、家賃を払わずにすむというのは一見「良い話」のように聞こえます。しかしこの話は絶対に有り得ない事なのです。実母は「金の亡者」です。その実母が嫌っている僕のために800万とか1千万とかを太っ腹にポーンと出すという事は絶対に有り得ません。そして引っ越しするのは僕なのに、僕に何の相談もなく買う家まで決めてあって「明日不動産屋が来るから考えといて」というのです。このセリフがまたおかしいのです。僕は実母のキャラクターを深く知っていますが、これは実母のセリフではありません。僕は実母の事を「イツツユビナマケモノ」と呼んでいますが、つまりそれくらい動かない、行動力も決断力もない(これに関しては過去の経緯が色々ありまして、説明省略)→

日本の天皇一族、明仁、文仁、徳仁、悠仁は【強姦殺人魔】です。「死刑」にしましょう(祈)†

→そういう人間が引っ越し当人の僕に何の相談もなくすっかり段取りを整えて「考えといて」これが絶対に有り得ないのです。つまり実母以外の誰かが計画して、それを実母がやらされていると考えればストンと納得がいきます。それがポリーチェ(POLICE)ですね。そのポリーチェに命令しているのは誰ですか?そう、徳仁ですね。そして実母は間違いなく、僕の暗殺に協力した謝礼として徳仁から大金を受け取るはずです。それをポリーチェに聞かされて実母はふたつ返事でオーケーした…その近所の家もポリーチェが探したもので、その購入金は徳仁のポケットマネーという事になります。そして僕をひとり暮らしの状態にさせてから家ごと焼き殺すつもりだった…。と、現時点でこのような結論に達しています。実母の話は「バ〇か」と一蹴してますので僕の引っ越しはありませんが、徳仁が家を買ってくれるので実母がそちらに引っ越して現在の家に僕がひとり、という事になって「放火」される可能性もあります。とにかく霊団がこの件で何も言ってこないのが腑に落ちません。霊団ちゃんと説明しろ。放火されたらあんたたちの責任だぞ。どういう事なんだよまったく…(祈)†

日本の天皇一族、明仁、文仁、徳仁、悠仁は【強姦殺人魔】です。「死刑」にしましょう(祈)†
↑トップへ↑


考えれば考えるほど僕の家に来たポリーチェ(POLICE)の一件はおかしな事だらけなのです(祈)†

【考えれば考えるほど僕の家に来たポリーチェ(POLICE)の一件はおかしな事だらけなのです】昨日のブログの追加でポリーチェ(POLICE)について書かせて頂きます。まずセブン時代に書いたこちらのブログをご紹介致します。→僕の「脅迫罪」の訴えを反故(ほご)にしたポリーチェ(POLICE)を絶対に許す事はできません t.co/8w5xzAgORK はい、確か2015年5月、ポリーチェは僕の訴えを完全に無視した訳ですが、僕はツイッター上でこのブログの内容をずっとタイムラインに流し続けていました。そして2018年の今になってポリーチェがその「脅迫罪」の訴えの件で僕の家にやってきたのです。で、その時の僕は全くの予想外の事で「クーマ作戦」もできなかったのですが、今にして考えれば、あの時のポリーチェの挙動には首を傾げるものがたくさんあるのです。まず基本中の基本ですが、僕はポリーチェに「脅迫罪」の訴えを反故にされた事を当然怒っています。が、家に来たポリーチェ2人は僕に謝罪する訳でもなく、僕の身辺に関する何でもない事を聞いてくるのです。謝罪しないんだったら一体この2人は何しに来たんだ?→

日本の天皇一族、明仁、文仁、徳仁、悠仁は【強姦殺人魔】です。「死刑」にしましょう(祈)†

→皆さま、そう思いませんか?僕はポリーチェの質問を自分のブログの内容に転化して、僕の訴えがあなた方に反故にされた事、僕の使命遂行の状況などを話しましたが、ポリーチェ2人はただフレンドリーな感じに聞いているだけで、僕は「何なんだこれは?」となる訳です。で、結局その2人から謝罪はなく、そして最後に最大級に意味不明の事をポリーチェが言ったのです。「この脅迫罪の件で、また半年後に来ますので」はぁぁぁぁぁ???皆さま、いかがですか。「半年後じゃなくて今謝罪しろよ」となりませんか?ポリーチェが発したこの言葉の意味がどうにも分からなかったのですが、ようやく理解に到達しました。この一言は自分たちの「暗殺計画」が僕にバレないようにゴマかしで言った一言であるという事です。つまりこうです。「たきざわ彰人、お前はもうすぐ殺されるから俺たちは謝罪なんかしないよ、俺たちは2度とここに来ないよ、ざまぁみろ」という感じのポリーチェの考えの「裏返し」の言葉であったという事です。僕が半年後も生きているという事を暗示させて僕に「暗殺計画」を悟られないように口をついて出てしまった言葉…僕はそう理解しました。

※この件からすでに半年以上が経過しています。半年後にまた来ると言っていたポリーチェ(POLICE)は全くやってきません。皆さま、これは一体どういう事ですか。お分かりですね。

そして昨日のブログでも書きましたように、僕への用事はそれだけで、ポリーチェ(POLICE)2人は実母と共に玄関を出て外で僕に聞こえないように話をしたのです。これもさらなる理解に到達しました。ポリーチェが「脅迫罪」の一件で僕のところに来たというのは単なる口実、ウソであり、ポリーチェは暗殺計画の協力者である実母に用があって来たという事だったのです。この時点で僕を「放火」で暗殺する計画が実母、長男夫婦とポリーチェとの間で何度か交わされていたのでしょう。そしていよいよ計画実行するにあたり、ポリーチェが実母に対して最後の「口裏合わせ」をしに来たという事だと理解しました。ポリーチェは僕ではなく実母に会いに来たのです。そして昨日のブログで書きましたように、実母が自分のキャラをわきまえず(要するにポリーチェが用意した台本のセリフを言った)アホ演技をした事によって、僕に「暗殺計画」を速攻で見抜かれてブログを書かれてしまったという訳なのです。とにかく「家を買ってやるから」の一言が完全にバ〇セリフでした。これで全て分かりました。この一言は絶対に徳仁が考えたんだと思います(呆)

で、これは僕の予測ですが絶対間違いないと自信をもっていますが、実母と長男夫婦がこの僕の「暗殺計画」を、徳仁の命令を受けたポリーチェ(POLICE)に持ちかけられた時、間違いなく真っ先に「報酬」の話を聞かされたと思うのです。「この暗殺計画に乗って下されば、天皇になられる徳仁から毎年恒久的に大金を頂けるようになり、一生お金に困らなくなりますよ」絶対にこういう感じだと思うんです。それで実母と長男夫婦はコロッとふたつ返事でオーケーした、という経緯だと予測するのです。それで「センナちゃん(僕の妹)」の、笑顔ではない微妙な表情での顕現があったのだと、これも新たな理解に到達しました。こんな実母と長男でも、センナちゃんにとっては地上的母、兄です。その2人があっさりと僕を殺す事を了承した事に対するセンナちゃんの微妙な表情だったという事なのです。イヤー、ここ数週間の不可解な出来事が1本の線でつながった気がします。そしてもうひとつ、これはあまり自信がありませんが、霊団がこの「暗殺計画」について僕に教えてこなかった理由も分かった気がします。(今ピィィィンって波長が降りました。僕の考えで間違いないそうです笑)

何度も説明していますように霊界にプライバシーはありません。霊団には徳仁の心の中が手に取るように分かります。なのになぜ僕にその暗殺計画を教えてこなかったのか。それは暗殺計画をわざと進行させて、いよいよ実行に移す段階まで“引っぱった”方が霊団にとって都合がよかった、あまり早く芽を摘んでしまうと徳仁に与えるダメージが少ない、さも自分の計画が上手く行っているように徳仁に思わせておいて、最後の最後で僕にブログを書かせてバラさせた方が徳仁のショックが大きくなる、そういう「導きの妙」だったのでしょう。霊団は天皇一族の「心の全カード」を所有しています。どう攻撃する事が最も最速、最短、最強であるかが全て分かります。なので徳仁に最大ダメージを与えるためにわざと引っぱったという事です。皆さま、強姦殺人魔、天皇一族は働いた事がありません。人生において試練を身に浴びた事がありません。国民から血税を盗み、女の子の赤ちゃんを盗み、ひたすら人に嫌われる行為を繰り返しています。つまりどういう事かと言いますと、他人を信頼した事もなければ、他人に信頼された事もない、という事です。

今回の僕の「暗殺計画」の進行でもそうですね。国民から盗んだ金で実母と長男夫婦を「脅して」言う事を聞かせただけであって、実母、長男が徳仁を信用したから計画に乗った訳ではありません。この強姦殺人魔、天皇一族は、人格の精錬の機会が全くない甘え切った環境で生活しているため「人間関係」というものを構築した事がありません。何度も書いていますように、こいつらの人との関わり方は「脅す」と「殺す」これだけなのです。コミュニケーション能力ゼロの「原始人」だという事です。【全てはS〇Xのため】ただひたすら幼い女の子をレ〇プし続け、殺し続け、死肉を食べ続けるために自分の周りの全ての人間を脅し、徹底的に国民にウソをつくよう命令しているのです。宮内庁がそうですし今回のポリーチェ(POLICE)がそうですね。ポリーチェが強姦殺人魔の命令で動く「悪の手先」「悪魔のしもべ」である事がご理解頂けましたでしょうか。何が何でも強姦殺人魔を守ろうとしているのです、そのためなら国民を暗殺する事も平気でするのです。皆さま、あと何百年、強姦殺人魔にダマされ続けますか。いい加減に目を覚ましましょう。

日本の天皇一族、明仁、文仁、徳仁、悠仁は【強姦殺人魔】です。「死刑」にしましょう(祈)† 日本の天皇一族、明仁、文仁、徳仁、悠仁は【強姦殺人魔】です。「死刑」にしましょう(祈)†

ポリーチェの制服を着てさえいれば「正義の行使者だ」立派なスーツを着てさえいれば「良い人だ」服に勲章がいっぱい付いているから「偉い人だ」その人がどんな人物であるかを測る指標は「行為、行い」です。400人以上の幼い女の子を四肢切断、強姦殺人している人間が「偉い人」ですか?実母と長男を使って僕を暗殺しようとしている徳仁が「良い人」ですか?僕のブログをご覧の皆さまに最大級の感謝の念を捧げると共に「強姦殺人魔を許し続けるのはここまでにしましょう」という言葉を贈らせて頂きます。強姦殺人魔、天皇一族の滅亡「今」やらずにいつやりますか。あと何人、幼い奴隷の女の子を見殺しにしますか。あと何百年、見て見ぬフリをしますか。僕は奴隷の女の子たちを救出します。天皇一族の悪の正体を公言している人は他にもいますが、奴隷の女の子たちを本気で救出しようとしている人間はひとりもいません。僕がやらなきゃみんな殺されてしまうのです。僕、たきざわ彰人は【イエス様ハンドリング】により強姦殺人魔、天皇一族を死刑にします。霊団、とにかく早くして下さい、仕事して下さい。僕を地上に残した責任を取って下さい(祈)†


↑トップへ↑


徳仁に放火されても最低限必要なものを持って逃げられる「脱出キット」を準備しておくべきかも知れません(祈)†

【徳仁に放火されても最低限必要なものを持って逃げられる「脱出キット」を準備しておくべきかも知れません(祈)†】まずデータバックアップしている外付HDと様々なパスワードをメモしている用紙、ホントはシルキー(PC)も持って脱出したいですが火の手の中では無理でしょう。僕は何しろ超健康体で俊敏ですので肉体の脱出はできるでしょうが、シルキーや山のザック、ウェア等の愛用品を失う事になります。そして間違いなく119番しても、徳仁の命令で消防車はなかなかやってこないでしょう。家は全焼する事になります。僕は霊的知識に基き「物質に興味はない」と公言し続けていますが、徳仁が放火した事による物的損失に対する怒りは想像を絶するものでしょう。それでも僕はどんな手段を使ってでもブログを書いて、皆さまに徳仁の放火の詳細を紹介させて頂き、強姦殺人魔、天皇一族の滅亡につなげる覚悟です。現在、実母と長男夫婦は外で僕の暗殺計画を話しているものと思われます。しかし僕には霊団からの先行情報があります。僕はイエス様と約束をしたのです。その約束を果たし切る事だけが、僕が地上に残されている理由なのです…(祈)†


↑トップへ↑


皆さま、根本的な事を。なぜ強姦殺人魔、天皇一族は僕、たきざわ彰人の事を公で怒らないのですか?(祈)†

【皆さま、根本的な事を。なぜ強姦殺人魔、天皇一族は僕、たきざわ彰人の事を公で怒らないのですか?】皆さま、何度も書いてます。強姦殺人魔、天皇一族は【イエス様ハンドリング】僕の公言が気に入らないのならTVで国民に向けてハッキリ僕を怒ればいい訳です「たきざわ彰人、ウソ、デタラメもいい加減にしなさい!」みたいに。しかしそれを一向にやろうとせず、ポリーチェ(POLICE)を駆使して僕の実母、長男夫婦に悪の契約を持ちかけて僕を「放火」で暗殺しようと裏から画策してくるのです。これはどういう事ですか?僕のブログがウソなら徳仁は堂々と国民に向けて僕を怒る事ができますね。なのにそれをしようとせずあくまで僕を裏から消そうとしてくるのです。なぜだと思われますか。もうお分かりですね。僕のブログが真実だから公言できないのですよ。その度胸も無いとも言えるでしょう。宮内庁職員に何でもかんでも世話してもらって「命がけの闘い」というものを一度も経験した事のない未熟者です。僕は毎週山で命をかけてアタックしてますし、霊団から愛の試練(霊障イペルマルシェ)で徹底的に鍛えられてます。精神力が違うのです(祈)†


↑トップへ↑


徳仁の「放火暗殺計画」は頓挫しました。実母が来ると言っていた不動産屋が一向にが来ないからです(祈)†

【徳仁の「放火暗殺計画」は頓挫しました。実母が来ると言っていた不動産屋が一向にが来ないからです(祈)†】実母は確かに言いました「日曜に不動産屋が来るからそれまでに考えといて」と。ポリーチェが用意した台本のセリフですよ。しかし僕に速攻で暴露ブログを書かれたために僕の暗殺計画は瞬殺で消滅したのです。今のところ徳仁はノーアイデアでしょう。それに新たな暗殺計画を考えてみたところで、霊団に心の中を掌握されてるのですから再び頓挫するに決まっています。なのでYoutube https://youtu.be/uY926fKYhTE でもお話しましたが、徳仁はやけっぱち無計画で真正面から僕を撃ってくる可能性もあります。が僕は何とか致命傷をかわして止血しながらブログ書くつもりです。その、僕がスナイパーチーム(POLICE)に撃たれた事実をもって、僕のブログの【真実性】が完全に証明される事になります。僕は必ず生還します。そして強姦殺人魔、天皇一族を死刑にして奴隷の女の子たちを救出します。ピーチピチ(佳子)まさか女の子たちを見殺しにしないわよね。たのむわよホントにもぅ(祈)†


↑トップへ↑


インスピレーション「作家と関係断裂」僕の暗殺計画が霊団にバレバレだという事です(祈)†

【インスピレーション「作家と関係断裂」僕の暗殺計画が霊団にバレバレだという事です(祈)†】僕の暗殺計画を作成するシナリオライター役が宮内庁内にいて(まさか外部の人間は使えませんから)そのライターの暗殺計画がことごとく僕に暴かれてブログを書かれる事に対して強姦殺人魔、天皇一族が怒っているという事。ブログで散々説明していますように「霊界にプライバシーはありません」霊団は天皇一族の心の中が丸見えであり、その情報を元に僕に先行情報を降らせてブログを書かせます。天皇一族はじめ地上人に霊のインスピレーションを止める力はありませんので【イエス様ハンドリング】を破る方法はこの物質界に存在しないという事になります。イエス様が強姦殺人魔、天皇一族に完全にターゲットロックオンしているのです。僕という道具を使用して強姦殺人魔を消滅させるのです。それを止める方法はないという事です。シナリオライターだろうが何だろうが心の中を全部のぞかれているのですから悪のたくらみは必ず頓挫するのです。霊が上、肉が下です。物的手段で霊力の奔流を止めるなど笑止千万です。強姦殺人魔、天皇一族は死刑になります(祈)†


↑トップへ↑


僕の実母と長男は完全に徳仁に買収されてますので、いつでも僕を殺しにかかってきます(祈)†

【僕の実母と長男は完全に徳仁に買収されてますので、いつでも僕を殺しにかかってきます】放火暗殺が1発で見破られて計画が速攻で頓挫した徳仁ですが、まだ諦めず実母と長男を「金」で釣って、近隣者として油断させて僕に「毒」を盛ってくる可能性が大いにあるでしょう。が、皆さま、僕は自分の食べるものは全て自分で作りますので基本的には大丈夫。霊性発現の影響で肉、魚、動物油脂が全く食べられなくなった僕は、実母の料理が一切食べられません(だいぶ前に描いた絵ですが「食物大全」参照。現在はこれともだいぶ違っています)実母の料理の匂いが部屋に来ると吐気がするのです。そして僕の味覚は超鋭敏です。もし僕の食事に異物が混入されていれば1発で見抜けます。もし毒を盛られてもすぐに吐き出して出来れば証拠画像と共にブログをUPします。皆さま、徳仁がまだ諦め悪く僕を暗殺しようと画策してくる可能性が大いにあります。その時は1発で見破って速攻でブログを書きますのでぜひ刮目してご覧頂きたいと思います。毒を盛られてもスナイパーチーム(POLICE)が来ても絶対に生還します。イエス様のご意志、全力遂行!(祈)†


↑トップへ↑


今、霊団が僕の霊聴にピィィィンって波長を降らせてきましたよ。たった今書いたブログがどうやら正解のようですね(祈)†

【今、霊団が僕の霊聴にピィィィンって波長を降らせてきましたよ。たった今書いたブログがどうやら正解のようですね】さっき実母と長男が出かけたのは、徳仁が実母を使って僕を毒殺するつもりでいて、その打ち合わせに出かけたという事のようです。2人は今頃ポリーチェと毒を盛る段取りを話し合ってるのかも知れません。もし実母が僕の所に何か食べ物を持ってきたら「まずお前が食え」と言います。その実母が食べる様子をムービー撮影して速攻でYoutubeにUPしますよ。苦しんでバタッて倒れるかも知れませんからね。「クーマ作戦」最大準備!日本の皆さまに強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の邪悪の正体を徹底的にご理解頂きたいと思います。こいつらは女の子の赤ちゃんを盗みまくりレイプしまくり殺しまくっているのです。「何の良心の呵責もない」と霊団も仰いました。こいつらは何が何でも女の子を殺し続けたいのです。強姦殺人が大好きなのです。その【人類の恥】の蛮行を続けるために僕を何が何でも暗殺しようとしてるのです。皆さま、真実に目覚めましょう。強姦殺人魔、天皇一族の未来は【死刑】以外に有り得ないのです(祈)†


ポリーチェ(POLICE)がまたしても僕の職場に意味不明の事を言ってきています(祈)†

えー、ブログ本題に入る前に、これまで書きまくってきたポリーチェ(POLICE)に関するブログのURLをざっとご紹介致します。(探せばまだたくさんあると思います汗)
—–
■僕の「脅迫罪」の訴えを反故(ほご)にしたポリーチェ(POLICE)を絶対に許す事はできません
t.co/8w5xzAgORK
■ポリーチェ(POLICE)が僕を「ウソ発見器」にかけようとしている暴挙についての詳細説明(祈)†
t.co/CU2xpEcEbl
■ポリーチェ(POLICE)が職場を介さず直接僕にコンタクトしてくる可能性が高まりました(祈)†
bit.ly/2zVhxlA
■「何も考えられん」徳仁が僕の使命遂行を止められないという霊団からのメッセージです(祈)†
bit.ly/2PzjEAL
■徳仁は僕を「放火」で暗殺するつもりです。家に来たポリーチェ(POLICE)はその先遣隊だった…しかし霊団は何も言ってこないのです(祈)†
bit.ly/2QtQFU7
■考えれば考えるほど僕の家に来たポリーチェ(POLICE)の一件はおかしな事だらけなのです(祈)†
bit.ly/2UHPFds
■徳仁が僕を「放火」で暗殺しようとした計画の追加説明です(祈)†
FC2動画
bit.ly/2DXP5SY
■徳仁の「放火暗殺計画」は頓挫しました。実母が来ると言っていた不動産屋が一向に来ないからです(祈)†
bit.ly/2UEmnwr
—–

はい。上記ブログで書かれている内容は、徳仁の命令を受けたポリーチェ(POLICE)が僕をポリグラフ検査(ウソ発見器)にかけて冤罪にして監禁しようと画策した事、そして実母、長男を買収して僕を放火で暗殺しようと画策した事です。要するに徳仁の「暗殺計画」を僕が速攻で見抜いてブログを書いた訳ですが、ここにきてさらに今日の出勤時、社員がまたしてもおかしな事を言ってきたのです。ポリーチェがわざわざ職場まで足を運んで僕に会おうとしているというのです。僕は社員からその話を聞かされてまたしても「はあぁぁぁ?」となりました。僕の「脅迫罪」の訴えを反故(ほご)にした事を謝罪しようとしないポリーチェ(POLICE)が、一体何の用があって僕に会おうというのでしょう。僕は社員に軽くこれまでの経緯を話したあと「謝罪する気のない人間と会っても意味ありませんから断っておいて下さい」と言い残して仕事に入りました。

皆さま、謝罪しようとしないポリーチェ、僕が呼んだ訳でもないポリーチェがなりふり構わず僕に会おうとして職場にコンタクトしてくるのです。上記ブログでも同様の事を書かせて頂いていますが、究極に不自然でしょ皆さま。そして行動には動機があります。ポリーチェ(POLICE)は「上司の命令」で動きますね。ポリーチェの上司のトップは「警視総監」ですね。その警視総監に、部下を僕の所に送り込むよう命令したのは誰ですか。警視総監に命令できるのは日本で数人しかいませんね。上記ブログをご覧になれば皆さまにもお分かりですね。ポリーチェ(POLICE)は強姦殺人魔、徳仁(なるひと)の命令で動いているのです。まぁたぶん徳仁は全くのノーアイデアで、ポリーチェにただ「とにかくたきざわ彰人を何とかしろ」と命令だけして、ポリグラフ検査や放火暗殺の計画はポリーチェが考えたのだと予測します。そして今回またしても意味不明な事を職場に言ってきた、つまりさらなる暗殺計画をポリーチェがやっと考案して、それを実行に移すために僕とコンタクトしようとしている、そして僕と会うだけなら自宅に来ればいい訳ですから、職場に来ようとしているという事は職場を利用して僕をダマす計画なのでしょう。

とにかく呼んでもいないのにポリーチェの方から強引にコンタクトしてくる時点で不自然の究極形なのです。たくらみがあるから向こうから近づいてくる訳です。犯罪者を逮捕して国民の安全を守るはずのポリーチェ(POLICE)が、強姦殺人魔の命令を受けてそれを暴露する僕を暗殺しようとなりふり構わずコンタクトしてくるのです。とにかく徳仁が自身の死刑を目の前にして騒ぎまくっているのでしょう。上記ブログで書きました「クーマ作戦」いよいよ発動の時かも知れません。明日以降はクーマ作戦をいつどんな時でも速攻で発動できるよう万全の準備を整えて職場に行こうと思います。そして徳仁の命令を受けたポリーチェ(POLICE)が苦し紛れに考えた「暗殺計画」の一部始終を余す事なく皆さまにご紹介致します。その時はどうぞお楽しみに♪(祈)†


僕はスナイパーチーム(ポリーチェ)に暗殺されそうになっても絶対に止血しながらブログ書きます(祈)†

ブログ「ピーチピチ(佳子)がユダになる t.co/Yqdf039iUn 」でも書いてますが、僕はスナイパーチーム(強姦殺人魔、天皇一族の命令を受けたポリーチェPOLICE)に暗殺されそうになっても絶対に致命傷をかわして止血しながらブログ書きます。僕の地上的生命は問いません。僕のブログが真実である事の証明として暗殺されそうになった時の状況を詳細に説明し、鮮血の傷口の画像付きでブログを書くのです。それが証明となって天皇一族が逮捕、死刑になれば僕はそれでオケー、僕は帰幽して6界で喜ばさせて頂きます。「帰幽カモン」の僕に「殺す」の脅しは1ミリも通じません。幼い女の子を遊びで殺しまくってる奴らを絶対に死刑にするのです。僕の命に代えてもです。霊団は余裕の構えです。ピーチピチ(佳子)は絶対動きます。何しろイエス様に「夢」が叶うお膳立てをして頂いてるのですから。ピーチピチは「皇后」になります。このタイミングで「地球ワースト1」の巨悪を滅ぼすのです。絶対に順延させてはなりません。善良なる日本国民の皆さま、明仁、文仁、徳仁、悠仁は【大量強姦殺人魔】です。確実に死刑にしましょう(祈)†


↑トップへ↑


何と再びポリーチェ(POLICE)が家に来ました。僕の「脅迫罪」の訴えを反故(ほご)にした事を未だに謝罪しようとしません(祈)†
WordPress
wp.me/pa9cvW-1V5
ar7ブログ
bit.ly/2IBwdfZ
Tumblr
bit.ly/2W1KoxZ

まずはとにかくこちらのブログをご覧頂きたいと思います。「僕の「脅迫罪」の訴えを反故(ほご)にしたポリーチェ(POLICE)を絶対に許す事はできません(祈)†」 bit.ly/2VfGOmJ 「WordPress固定ページ「暗殺」」 wp.me/Pa9cvW-1vQ さらに昨日急きょMP3録音もしました、こちらもぜひお聞き頂きたいと思います。「またしてもポリーチェ(POLICE)が来ました、それについてMP3にて軽く説明だけ(祈)†」note(MP3) bit.ly/2Gr45bQ 

はい、ブログにありますように前回ポリーチェ(POLICE)が家に来た時に「6ヶ月後にまた来る」と言ってきて、謝罪しないのになぜまた来る必要があるのか僕は究極に首を傾げていた訳ですが、その6ヶ月はとうに経過し、もうポリーチェは来ないものと思っていましたので、突然の再来訪に相当ビックリしましたが、今回は前回と違って一応心の準備ができていましたので、軽く「クーマ作戦」を発動しました(妙なネーミングで失礼、意味はちゃんとあるのですが説明省略です)要するに撮影をしたという事です。その画像、思うところもありますので一応「モザイク処理」を施した状態でUPさせて頂く事としました。ポリーチェ(POLICE)2人が僕の家へやってきたところを撮影した画像はこちらです。

はい、僕はだいぶ“ぶ然”とした表情をしていますね。それはそうです。MP3にてお話していますが、今回も前回と同じ感じでポリーチェは僕の「脅迫罪」の訴えを反故(ほご)にした事には一切触れず、当然謝罪の言葉もなく、僕の生活の何でもない事ばかり質問してくるのです。「だからあんたたちは一体何しに来たんだよ」僕の表情はそういう感じな訳ですが、今回のポリーチェの再来訪を受けて僕は、徳仁Naruhitoがやはり「放火」で僕を暗殺する事をポリーチェに再命令したのではないかと強く感じたのでした。ポリーチェ2人の口ぶりからは徳仁の命令でやってきたようには感じられなかったのですが、その後、霊団がインスピレーションで「前回と全く同じ」「誰とは言わずに」「消さなきゃならない」と降らせてきたのです。このメセを受けて僕は確信しました。

まず「前回と全く同じ」これはポリーチェ2人が僕のところへやってきた動機が前回と全く同じ、という事でしょう。前回もこの2人が来ましたが、前回はポリーチェが僕を別の家に引越させてその家ごと放火して暗殺する計画をいよいよ実行に移す準備がだいぶ整っていて、実母との最後の口裏合わせで家に来た訳ですが、今回も徳仁から僕の暗殺命令を受けて、前回と同じ手は使えませんから新たな暗殺手法を探るために僕の様子を偵察に来たと考えるのが最も妥当ではないかと感じました。そして「誰とは言わずに」これは誰の命令で僕の家に来たのかポリーチェ(POLICE)は絶対に言わないという意味。さらに「消さなきゃならない」これは僕が拡散しまくっている強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の邪悪の正体のブログおよび画像を消すように徳仁に命令されているポリーチェの思念という事でいいでしょう。強姦殺人魔を逮捕するはずのポリーチェが、強姦殺人魔、徳仁の命令で僕を暗殺するために再びやってきたという事なのです。これ以上の理不尽がこの人間界に存在するでしょうか。

はい、この画像にありますポリーチェ(POLICE)2人は、徳仁Naruhitoの命令を受けて僕を暗殺するために前準備として偵察にやってきた、霊団のインスピレーションから理解するに僕の様子を確認しに来たのだろうと考えています。僕を家ごと「放火」して暗殺する可能性がいよいよ高まっている事を痛烈に感じていますが、ポリーチェはさらに悪のアイデアをひねり出して別の暗殺手法を講じてくるかも知れません。とにかく「消さなきゃならない」これは僕の使命遂行データを消すという意味だけでなくやはり僕そのものを消滅させるという意味の方が強いでしょう。正義の行使者であらねばならないはずのポリーチェが、強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の命令に絶対的に従い、霊団の導きに従って正義の活動をしている僕を何が何でも暗殺しようとこのように手を回してくるのです。本当に物質界は理不尽だらけの狂った世界だと改めて究極に嫌気がさしますが、霊団からの先行情報に常に気を配りながら最大限に警戒し、先手を撃ってあらゆる防御を行わねばなりません。

まずはこれまで果てしなく制作し続けてきたブログ、画像等の「使命遂行データ」を、外部ドライブにバックアップするだけでなく別サーバにもUPして徹底的に保険をかける事をさっそく始めます。家ごと放火されてしまったら外部ドライブもやられてしまいますのでそれ以外のバックアップが必要になってきます。「いや、徳仁の狙いはデータ消去じゃなくてお前を消す事だよ」まぁこれが最終回答だと思いますので、これに関しては「イエス様ハンドリング」霊団からの霊的先行情報に基いてこれまで通りブログ等を駆使して先手を撃つ情報を公言しまくって暗殺を回避しつつ、皆さまに強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の邪悪の情報がさらにさらに広まっていくという事をやっていくしかないでしょう。物的手段に訴えての活動だったら僕はとっくに暗殺されていたかも知れません。霊団からの霊的情報があったからこそ僕はここまで到達する事ができたのです。今後も霊団からの情報に基き常にイニシアチブを握りながら暗殺を回避し、明仁、文仁、徳仁、悠仁を確実に死刑に追い込むまで全力前進せねばなりません。

はい、あとひとつ追加で幽体離脱時に、霊体の僕が秘密組織の建物内に秘密の入り口から侵入する映像を霊団が降らせてきました。人里離れた山域に人知れずポツンと入口があり、僕はそこから難なく侵入します。建物内部を進むほどに何と「トランプ氏」が現れます。えー何度も説明させて頂いていますように、これは霊団メンバーがトランプ氏の形態をまとって演技しているのであってトランプ氏ご本人ではありませんよ。で、そのトランプ氏は僕が秘密組織内部に侵入した事を通報する事はなく、かと言って僕に協力するという事もなく、生ぬるい感じで僕と微妙な距離を保っていたのでした。これは「消極的協力」とでも言えばいいのでしょうか、何とも不思議な空気感でした。で僕はさらに建物深部に切れ込んでいき結局「侵入者アリ!」みたいな感じで警報が鳴ってしまうのですが、これもいつもと同じように僕は幽体離脱時の映像だと分かっている状態で夢を見ていますので、別に慌てる事もなく平然としていて、回りに人が集まってくるのですが僕自身は別に逮捕も連行もされなかった、と言った感じの映像でした。

まぁこの幽体離脱時の映像は現実にこのようになるという意味ではないと思っています。「霊覚者」「イエス様ハンドリング」などと公言する僕にトランプ氏がコンタクトなどしてくる訳がありませんが、とはいえ僕の活動は見ているかも知れませんね、さぁどうでしょう。ポリーチェは僕の「脅迫罪」の訴えを完全に無視し無きモノにした事を一切謝罪しようとせず、強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の命令を忠実に実行してあくまでも僕を暗殺しようと画策している可能性が大変高まっているという事を皆さまにご報告させて頂きました。しかし僕はタダではやられません「止血しながらブログ書く」 wp.me/pa9cvW-1v0 も書きました、最終的に暗殺されるとしても絶対にコイツらを道連れにして地獄に落とします。僕の身に危険な事態が発生したら、上記のポリーチェ画像のモザイクを外したバージョンをUPさせて頂きます。さらに「クーマ作戦」の準備を整えつつ、どんな危険が迫ろうとも霊団の先行情報に基き常にイニシアチブを握って最大防御し、その様子を皆さまに逐一ご報告させて頂きます。僕、たきざわ彰人は「1歩も退く気はない」(祈)†


↑トップへ↑

HOME | ピーチピチ(佳子) | 切断死体の撮影 | 処刑遊び | コイツら死刑 | 暗殺 | 放火 | Dreamwork | Profile | アナログ絵 | フラー | コメントファイヤー | | 山駆けるヒカリ | 葛飾北斎の墓 | 主なブログ | 全ブログURL | 動画 | 霊関連書籍 |