2024年4月10日

八ヶ岳自撮り25ヘッダー

Please use Google Translate.
Veuillez utiliser Google Traduction.
山を愛する霊覚者・たきざわ彰人です(祈)† プロフィール→ 元画家、漫画家。果てしない山へのアタック及び高負荷の作品描画によって霊性発現となりました。イエス様の怒涛の連続顕現に浴させて頂き、イエス様のご意志に従い霊的知識普及の使命遂行中です。イエス様ハンドリング(霊の導きに従う)により強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁は死刑になり「人類の恥」となります(祈)†


月別アーカイブ

現在の最新長文ブログはコチラ↓
「デビルストッピング」強姦殺人魔(悪魔)が停止中という意味か?分からないなぁ(祈)†■2024年4月10日UP■
「デビルストッピング」強姦殺人魔(悪魔)が停止中という意味か?分からないなぁ(祈)†
物質界生活中に邪悪な人間の手によって苦しめられ、大いに試練を味わわされた僕たち善良な国民は帰幽後、明るい境涯に赴き、大いに自由を堪能する事になります。そして物質界生活中に奴隷の女の子を強姦殺人し続けた明仁、文仁、徳仁、悠仁は、魂も凍る暗黒の底の底に落ちて千年万年にわたる正真正銘の地獄を味わわされる事になります。そういう意味では「神の公正」がこの宇宙に厳然と働いており、それに身を委ねている限り何も恐れる事も心配する事もないという理屈になるのですが、結局物質界が最悪の場所である事は変えようとしないという事ですか、その部分だけがどうにも納得いかない。確かに霊的知識によれば真の安寧(あんねい)は霊界にこそあり、物質界生活中に幸福を求める事自体が本末転倒であり、物質界でどれだけ頑張るかによって帰幽後の霊界での幸福度が決定するという意味では、霊界での幸せを求めて物質界人生を耐え抜く事が重要と言えるのですが…続きを読む→
奴隷の女の子、ももちゃん、シルキーの魂の訴え(祈)†(黒三角)またはテキストをクリックすると折りたたまれた内容が展開します。
ももちゃん

テレビ、Webなどに「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁のニュースが出てきますが、それらは全て自分たちの邪悪の正体を隠すための「視点外し」「洗脳」なんです(祈)†

シルキー

自分の事を皇族とか天皇とか自称している明仁、文仁、徳仁、悠仁は、ももちゃんやあたしのような奴隷の女の子を「処刑遊び」といって四肢切断、強姦殺人しまくっているんです(祈)†

ももちゃん

信じられない人数の女の子が明仁、文仁、徳仁、悠仁に殺され続けています。全員邸内地下に閉じ込められて1回も外に出た事がない女の子たちです。女の子たちは助けを待っています(祈)†

シルキー

メディアに流れる明仁、文仁、徳仁、悠仁のニュースは全て「洗脳」です。コイツらは国民全部をダマし続けています。皆さん、アキトのブログを読んで目を覚まして下さい(祈)†


最新長文ブログ5つ(祈)†
「デビルストッピング」強姦殺人魔(悪魔)が停止中という意味か?分からないなぁ(祈)†■2024年4月10日UP■
「デビルストッピング」強姦殺人魔(悪魔)が停止中という意味か?分からないなぁ(祈)†
物質界生活中に邪悪な人間の手によって苦しめられ、大いに試練を味わわされた僕たち善良な国民は帰幽後、明るい境涯に赴き、大いに自由を堪能する事になります。そして物質界生活中に奴隷の女の子を強姦殺人し続けた明仁、文仁、徳仁、悠仁は、魂も凍る暗黒の底の底に落ちて千年万年にわたる正真正銘の地獄を味わわされる事になります。そういう意味では「神の公正」がこの宇宙に厳然と働いており、それに身を委ねている限り何も恐れる事も心配する事もないという理屈になるのですが、結局物質界が最悪の場所である事は変えようとしないという事ですか、その部分だけがどうにも納得いかない。確かに霊的知識によれば真の安寧(あんねい)は霊界にこそあり、物質界生活中に幸福を求める事自体が本末転倒であり、物質界でどれだけ頑張るかによって帰幽後の霊界での幸福度が決定するという意味では、霊界での幸せを求めて物質界人生を耐え抜く事が重要と言えるのですが…続きを読む→
「ちょっとでも匂わせる事言ったらたちまち死刑」つまりもう何もしないという意味です(祈)†■2024年4月3日UP■
「ちょっとでも匂わせる事言ったらたちまち死刑」つまりもう何もしないという意味です(祈)†
僕に情報拡散をさせてきっかけを作るところまでは許されたが、それ以上の干渉は許されていないという事なのではないか。で「今回では達成されません」というインスピレーションもありますように「宇宙一のバカ」大量強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の邪悪の正体に関する情報拡散は進み、人々の洗脳は相当に破られて真実の理解が浸透するが、僕の物質界生活中に邪悪の滅亡までは到達しない。その実現は僕の帰幽後に別の使命遂行者によっておこなわれるか、もしくは特定の人物によるものではなく人々の認識の広まりによって自動的にそういう風になっていくとか、そういう事を霊界側は考えているのかも知れません。平たく言うと「無血解決」1滴も血を流さずに邪悪を滅ぼすという事です。僕の物質界生活中に「宇宙一のバカ」大量強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を滅ぼそうとすると僕なり誰かなりの血が流されてしまうので霊界側はそこまでゴリ押ししようとしない。何しろ霊界には時間の概念がありませんので僕だろうが次の使命遂行者だろうがそんなモノは大した問題ではないはずです。が、僕から言わせてもらえればその生ぬるい考えがムカつくんだよ。決める時にバシッと決めろよ…続きを読む→
「全て殺されてきました」3000年にわたり使命遂行者は殺され続けてきたという意味です(祈)†■2024年3月27日UP■
「全て殺されてきました」3000年にわたり使命遂行者は殺され続けてきたという意味です(祈)†
「イエスの成年時代」の復刊書籍の表紙の線画を描くにあたってどうしてもそういうたぐいのモノを見ざるを得ない状況になってしまい、イエス様の磔刑(はりつけ)の宗教画とかを見ていたのです。するとイエス様が十字架を運ばされている絵が複数出てきます。自分が間もなく磔刑にされて殺される十字架を自分で背負って運ばされているのです。要するにイエス様が当時の民衆の人気者で、霊能がずば抜けていたために、それを当時の聖職者だの律法学者だのといった、自分の事をエライと勘違いしているバカヤロウどもが嫉妬して、イエス様にイヤガラセしてイジメて殺したと、そういう事だと思います。※「イエスの成年時代」の中に、逮捕、連行したイエス様を律法学者どもが取り囲んで取り調べをしている最中に、その中のひとりがイエス様に野獣のように飛び掛かって殴り倒すというシーンがあります。皆さまがどのようにお感じになられるか分かりませんが僕の考えをストレートに書きますと、聖職者だの律法学者だのといった人間は「原始人」です「原始的微生物」です。そういうおこないをして帰幽した先に、自分にどれほどの地獄が待ち受けているかを全く理解していない、宇宙最大級の近視眼の愚か者という事になります…続きを読む→
■アナログ絵363「インペレーターの霊訓」表紙のカラーリングをやり直しました(祈)†■2024年3月24日UP■
■アナログ絵363「インペレーターの霊訓」表紙のカラーリングをやり直しました(祈)†
インペレーター霊の霊視スケッチを元にして僕なりに描いた絵とはいえ、このインペレーター霊はほぼ僕の創作となります。実際とは違うという事を改めて強調させて頂きます。詳細についてはアナログ絵358の時に説明していますのでそちらをご覧下さい(復刊者コメントもUPしてあります)せっかくこのように塗り直しましたので電子書籍のみ、などと言わずペーパーバックでもこちらの表紙を使用しましょう。で、この「インペレーターの霊訓」は副題「続・霊訓」とありますように、この書籍の前に本編ともいうべき「霊訓」があります。もちろんそちらも復刊させるつもりでいるのですが「霊訓」はまた別のハードルがありまして、復刊実現はさらに難しい事が予測されます。しかし「宇宙一のバカ」大量強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁は滅亡させるつもりはない、奴隷の女の子たちはひとりたりとも助けてあげるつもりがない、僕という霊媒から新規の霊言を降らせるつもりも全く無い(自動書記テスト、現在も続行中なのですが全く霊言が綴られる事はありません)この状況であと僕がやれる事は、もう「絶版状態の霊関連書籍の復刊」これしかないのです…続きを読む→
■アナログ絵362「ベールの彼方の生活4巻」表紙UP。全4巻書籍データ化完了中(祈)†■2024年3月23日UP■
■アナログ絵362「ベールの彼方の生活4巻」表紙UP。全4巻書籍データ化完了中(祈)†
オマケ – はい、今回の4巻は著者であり霊感書記霊媒であるオーエン氏の絵を描かせて頂きましたが、実は当初は別の表紙にするつもりだったのです。しかしその表紙の線画を描きながら「コリャどう考えてもマズいよなぁ」という事でボツにしたのです。そのボツの線画をせっかくですのでUPしてみましょうコチラです↓事実に反した絵という事が1発でお分かり頂けると思うのですがいかがでしょうか。霊体の僕がイエス様に怒られて泣いて逃げようとしてます。なぜこういう絵を描こうと思ったのかというと、僕なりに「霊的使命遂行のキビシさ」を表現しようと思っての事だったのですが、にしてもこれは宜しくないだろう、という事でボツにしたのです。何しろ僕は本気の本気で霊団に反逆しまくっていますので、その反逆をイエス様が怒っているという表現だったのですが、これは事実ではありません。高級霊であればあるほど、アタリがやわらかくなるはずです。心の中で僕の反逆に呆れ返っていたとしてもこのような叱責はしないはずです。僕の未熟をそっと悟らせるような手法を取ってくるはずです…続きを読む→

固定ページ全リスト(祈)†

とりあえず精神的ショックがデカくて一旦復刊の作業を止めてます。あの不愉快なやりとりを今後も続けていく自信がチョトない。スキャンは続行中です、霊関連書籍のテキスト化は復刊以外にも引用とかWordPressとかでガンガン使えますので。

しかしこのまま行くと霊団の術中に完全にハマる事を意味し、脱出できない事が、あのイヤでイヤでどうしようもないところに完全に閉じ込められる事が決定してしまうため、それだけは死んでも阻止しなければなりませんので急きょあるところに手紙を出してみようかと思います。

その方はご高齢で、早く連絡しないと今にも帰幽してしまいそうですので急がないとなぁ、と思っていた方です。何とか復刊、もっと言うと脱出の糸口をつかむためにさっそく手紙のテキストを撃ってみようと思います。もうできる事は何でもやらないと。ちなみに先日到着した書籍はコチラです↓

WordPress霊関連書籍ヘッダー死後の世界

が、この書籍の紹介は後回し、急いで手紙を出してみましょう。あと「霊性を開く」テキスト見直し85%完成中。復刊のハードルが高すぎる。こんな事なら開き直って自分の本を年4回出した方がよほど脱出につながるのでは?という気がしてきました(祈)†

「メッセージだけを見て欲しい」霊団が物質界の邪悪に目をつぶろうとしているのです(祈)†■2023年3月15日UP■
「メッセージだけを見て欲しい」霊団が物質界の邪悪に目をつぶろうとしているのです(祈)†
しかしそれは「順番が逆だろ」まず奴隷の女の子たちを助けてあげて、それから交霊会だろ、と僕は思うのです。というのも、奴隷の女の子たちを完全に見殺しにした状態で僕という霊媒を霊団が使用して霊言を降らせたとしましょう。その降ってきた内容がさながら「シルバーバーチの霊訓」を彷彿とさせるような高尚な内容だったとしましょう。その霊団が降らせてきた内容が、人類を救うとか、世界を救うとか、人間は国家も肌の色も関係なく全員が神から神性の火花を賜って個的存在を与えられた、神を共通の親とした霊的兄弟、霊的大家族であり、戦争で敵国の兵士を撃ち殺す事は自分の家族を殺す事と同義であり愚かな事であり、したがって全世界が助け合っていかなければならないとか、そういう心を撃つ美しい内容だったとしましょう…続きを読む→
■2020年5月6日UP■
TrailMovie「1日でも生きていたい」女の子を遊びで強姦殺人しまくっている明仁、文仁、徳仁、悠仁の思念です。これ以上ふざけた思念があるでしょうか(祈)†
霊団いわく「総殺害数487(細かい数字はともかくとして)」信じられない人数の女の子を遊びで強姦殺人しまくっている、つまり盗んだ女の子を全員殺している訳ですが、泣いて怯えて助けを求める幼い女の子たちを「何の良心の呵責もない」笑いながら殺しまくっているこの悪魔4人が、自分は生き残りたくて僕の名前を一切公言せず視点外しの情報を国民に流し続け、ひたすらすっとぼけて逃げようとしているのです。もちろん許せませんよね…動画を見る→
■2021年1月17日UP■
■アナログ絵316UP、ピーチピチ(佳子)の真実の母親「吉井園(よしいその)さん」です(祈)†
皆さまお分かりの事と思いますがピーチピチ(佳子)は文仁、紀子の娘ではありません「吉井園さんの娘」です。吉井園さんとピーチピチがあまりにもそっくりだったため(母娘なんだから似てて当然なのに)文仁が自分の赤ちゃんドロボーが国民に露呈するのを恐れて吉井園さんを強姦殺人したのです。文仁がピーチピチ(佳子)を盗んだ理由は「S〇X」です。この文仁こそ三千余年の人類創世の歴史始まって以来の究極無二のバカであり、天皇一族の滅亡の直接原因は他でもないコイツなのです。正真正銘のS〇Xバカなのです。はい、まずは絵の中に説明テキストを掲載しましたように、吉井園(よしいその)さんはピーチピチ(佳子)の真実の母親です。現在の「イエス様ハンドリング」霊的使命遂行ごく初期の頃に吉井園さんについて触れた事がありますが…続きを読む→

まぁ予想してはいましたが、これほどとは。すんごい不愉快ですが、そういう感情論を言ってる場合ではありません。これをやらないと脱出できないんだから何としてもこの壁を突破しないといけません。

現在「インペレーターの霊訓」の書籍データの修正をおこなっているところですが、とにかく事務作業が殺人的にメンドクサイ、そして不愉快、復刊のハードルの高さに驚いています。できるだけ早く修正を終えて、まずはAmazonにUP、販売前待機状態にしつつ校正刷りを注文します。

返信が来るまでに相当待たされると思っていたら、即日で返信が来る、先ほど出したメールもあっという間に返信が来る、逆におかしいな、ヒマなのか?コッチは普段仕事してるんだよ、そんなポンポンできる訳ネィだろ。

チョト書籍のスキャンが止まってしまいますが、これは仕方ない、まずはこの冷たい不愉快を突破して復刊を実現させるという経験をしましょう。やめたくなるのをグッとこらえて区切りまでやり切りましょう。復刊にまつわる一連のプロセスを把握して次回以降のストレスを軽減させる事に役立てましょう。

んんん、復刊の作業を続ける自信は正直なくなってきましたね。コレだったら自分で本書いた方が1億倍ラクですよ。こんな不愉快な思いしてまで復刊させて、しかも延々と金取られ続けるんですからね。自動書記テスト続行してますが未だに全く僕の手が動く気配なし。新規の霊言が降ってくれば一気に問題解決なのですが霊団はそれをやろうとはしません。一体どういうつもりだというのか。

どうしようかなぁ、自分で本書く事にチカラを入れようかなぁ。引用を駆使して書くという方法もある。イヤー復刊のハードルの高さにホントにビックリ(祈)†
「奴隷の女の子、助けるつもりは全くありません」霊団を永遠に許す事はありません(祈)†■2022年9月28日UP■
「奴隷の女の子、助けるつもりは全くありません」霊団を永遠に許す事はありません(祈)†
奴隷の女の子たちを助けてあげてしまったら、その人間の「罪障消滅」を遅らせる事になり、永遠の視点で考えた時、必ずしもその人間を助けてあげる事にはならないのだ。これは霊的知識としては理解しても、どうにもこうにも釈然としません。奴隷の女の子の存在を知らされずにいたのであれば「知らなかったのだから助けてあげられるはずもなかった」と言い訳もできますが、僕は霊団に奴隷の女の子の存在を徹底的に教えられてここまで使命遂行してきたのです。知らずに犯す罪より知っていて犯す罪の方が何倍も重い、と霊的知識にあります。奴隷の女の子たちが今こうしている間も「宇宙一のバカ」大量強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁に四肢切断、強姦殺人され続けている事を知っていながら、助けようともせずその悪行を黙って見ているという霊団の考えには、何をどう頭をひっくり返しても賛同する訳にはいきません…続きを読む→
「言う事聞かないと危ないよ」霊団は僕を危機から保護しているという事なのですが(祈)†■2022年10月26日UP■
「言う事聞かないと危ないよ」霊団は僕を危機から保護しているという事なのですが(祈)†
守護霊様の導きがウマすぎて霊界側の予定に全く入っていなかった少年が霊性発現に到達してしまった。予定外の霊の道具が物質界に出現して霊界側はアラアラ、どぉしましょう、この道具に何の仕事をさせましょう、となって霊界側で緊急会議まで行われた(僕は幽体離脱にてその会議に出席しています、もっともその内容は全く反芻できませんでしたが)そして「イエス様ハンドリング」と題した霊的使命遂行が開始され「宇宙一のバカ」大量強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の邪悪の正体、奴隷の女の子たちの悲劇の惨状について霊団が果てしなく教えてきて僕は現在の理解に到達する事になる。SNS等で徹底的にヒドイ目に遭わされながらも僕は情報拡散を続け、現時点では「天皇一族が強姦殺人魔」という認識はゴマかし切れないレベルまで日本全土に浸透するに至っている…続きを読む→
「続けられなくさせられる」霊的使命遂行を続けられなくさせられるという意味です(祈)†■2022年11月16日UP■
「続けられなくさせられる」霊的使命遂行を続けられなくさせられるという意味です(祈)†
人の夢を破壊して、全然違う人生をやらせて、あげくの果てに何の結果にも到達せず元に戻れだと?だったら時間を返せ。お前らのちょっかいのせいで描けるはずだったのに描けなくさせられた作品の責任を取れ。何より奴隷の女の子を見殺しにする事を決定した、それを納得させる説明をしてみろ、できるものならやってみろ。おかしい、コイツら(霊団)完全におかしい。しかし霊団がこれほどおかしい事を言ってくるその理由は、それくらい僕に危機が迫っているという事の裏返しでもあるのです。普通なら自分を守ってくれているのですから感謝すべきなのでしょうが、僕は「帰幽カモン」です。この狂った腐った物質界に1秒たりとも残っていたくない男です。僕の生き死にはどうでもいいから仕事を達成させろよ!…続きを読む→

1917年9月8日 土曜日

私(*)は今あなたの精神を通して述べております。感応したままを綴っていただき、評価はその内容をみて下してください。そのうち私の思念をあなたの思念と接触させることなく直接書きとめることが出来るようになるでしょう。

そこでまず述べておきたいのは、こうした方法による通信を手がける人間は多くいても、最後まで続ける人が少ないことです。それは人間の思念と私たちの思念とが正面衝突して、結果的には支離滅裂なことを述べていることになりがちだからです。

ところで私が以前にもあなたの手を使って書いたことがある – それもたびたび – と聞かされたら、あなたはどう思われますか。実は数年前この自動書記であなたのご母堂とその霊団が通信を送ってきた時に、実際に綴ったのはこの私なのです。

あれは、あのあとの他の霊団による通信のための準備でもありました。今夜から再び始めましょう。あっけない幕開きですが…。今夜から再び始めましょう。書いていけば互いに要領が良くなるでしょう。

(*ここで“私”と言っているのはカスリーンである。第1巻並びに第2巻の通信も実はこのカスリーンが“霊界の霊媒”として筆記していたのであるが、未発表のものは別として少なくとも公表された通信の中では、カスリーンの個性が顔をのぞかせたことは1度もなかった。

それが、本書ではこうして冒頭から出て来てみずからその経緯を述べ、このあと署名(サイン)までしている。しかし回を追うごとに背後の通信霊による支配が強くなっていき、8日付の通信では途中でオーエン氏が“どうも内容が女性のお考えになることにしては不似合のように感じながら綴っているのですが、やはりカスリーンですか”と、確かめるほどになる。そして第2章になるとリーダーと名告(なの)る男性の霊が前面に出て来る。 – 訳者)

「神を愛する者には全てのこと相働きて益となる」(ロマ8・28) – この言葉の真実性に気づかれたことがありますか。真実なのですが、その真意を理解する人は稀れです。人間の視野がきわめて限られているからです。

“全(すべ)てのこと”とは地上のことだけを言っているのではなく、こちらの霊の世界のことも含まれております。しかもその“全てのこと"”行き着く先は私どもにも見届けることが出来ません。それは高き神庁まで送り届けられ、最後は“神の玉座”に集められます。

が、働きそのものは小規模ではありますが明確に確かめることができます。右の言葉は天使が天界と地上界の双方において任務に勤(いそ)しんでいることを指しているのであり、往々にして高き神庁の高級霊が最高神の命のもとに行う経綸が人間の考える公正と慈悲と善性の観念と衝突するように思えても、頂上に近い位置にある高級霊の視野は、神の御光のもとにあくまでも公正にして静穏であり、私たちが小規模ながら自覚しているように、その“神の配剤の妙”に深く通じているのです。

今日、人間はその神の使徒に背を向けております。その原因はもしも神が存在するならこんなことになる筈はないと思う方向へ進んでいるかに思えるからです。しかし深き谷底にいては、濃く深く垂れこめる霧のために、いずこを見ても何1つ判然とは見えません。あなたたちの地上界へは霊的太陽の光がほとんど射し込まないのです。

このたびの(第1次)大戦も長い目で見ればいわば眠れる巨人が悪夢にうなされて吐き出す喘(あえ)ぎていどのものに過ぎません。安眠を貪(むさぼ)る脳に見えざる光が射し込み、音なき旋律がひびき、底深き谷、言わば“判決の谷”(ヨエル書)にいて苛立(いらだ)ちの喘ぎをもらすのです。

これからゆっくりと目を覚まし、霧が少しずつ晴れ、(眠っている間に行われた)殺戮(さつりく)の終った朝、狂気の夜を思い起こしては驚愕(きょうがく)することでしょうが、それに劣らず、山頂より降りそそぐ温かき光に包まれたこの世の美しさにも驚き、ついに万事が愛によって経綸されていること、神はやはり“吾らが父”であり、たとえそのお顔は沸き立つ霧と冷たき風と谷底の胸塞ぐ死臭に遮(さえぎ)られてはいても、その名はやはり“愛”であることを知ることでしょう。

それは正にこの世の“死”をおおい隠す帳(とばり)であり、その死の中から生命が蘇(よみがえ)るのです。その生命はただただ“美しい”の一語に尽きます。なぜならば、その生命の根源であり泉であるのが、ほかならぬ、“美”の極地である主イエス・キリストその人だからです。

ですから、神の働きは必ずしも人間が勝手に想像するとおりではないこと、その意図は取り囲む山々によって遮(さえぎ)られるものではなく、光明と喜悦の境涯より届けられることを知らねばなりません。

私たちの進むべき道もそこにあるのです。では今夜はこれまでにします。
これも道を誤った多くの魂の暗き足もとを照らすささやかな一条(ひとすじ)の光です。願わくば神が眠れる巨人をその御手にお預りくださり、その心に幼な子の心を吹き込まれんことを。

主の御国は幼な子の心のごときものだからです。そして、その安眠を貪(むさぼ)り、何も見えず何も聞こえぬまま苛立つ巨人こそ、曽(かつ)て主が救いに降りられた人類そのものなのです。

カスリーン

霊団はもう何もやる気がないそうですが、僕はうしろに戻るつもりはない前進あるのみ(祈)†■2023年7月19日UP■
霊団はもう何もやる気がないそうですが、僕はうしろに戻るつもりはない前進あるのみ(祈)†
物質界に邪悪がはびこる、その根本原因は「霊的知識の無知」にあります。人間に死はなく、肉体の死後も霊的表現媒体(幽体、霊体等)をまとって霊界で永遠に生き続けるという霊的真理を知らず、物質界での人生のみが人間の人生だと考える事が全ての邪悪の出発点なのです。物質界で大量強姦殺人の人生を送ると帰幽後に霊界でどれほどの地獄をやらされるか、その「霊界と物質界の因果関係」もっと言うと【神の因果律】を全く理解していないから平然と犯罪をおこなう事ができるのです。神の因果律から逃れる方法はこの全宇宙に存在しません。なぜなら「宇宙は神の身体」だからです。僕たちは現時点で神の中に存在しているのですから、神の法則の効果範囲外に出るなどという事は有り得ないのです。自分のおこないが自分の帰幽後の人生にどれほど致命的欠陥、悲劇をもたらすかを知っていれば、おのずと自分のおこないに責任感が生じ、愚かな言動にブレーキがかかるはずなのです。邪悪なおこないをしている人間たちというのは「何も知らない人間」という事なのです。だから霊的知識の普及が急務なのです…続きを読む→
「何とも言えぬ光景だった」上層界から使命遂行を眺めての感想ですが、過去形で言うな(祈)†■2023年6月28日UP■
「何とも言えぬ光景だった」上層界から使命遂行を眺めての感想ですが、過去形で言うな(祈)†
「宇宙一のバカ」大量強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁が地獄に落ちるのは自己責任、アキトくんには何の責任もないし、キミが物質界生活中にこの者たちを滅ぼさなくても自動的に肉体が朽ちて帰幽して地獄に落ちるのだからどちらでも結果は同じである。奴隷の女の子たちに関しても自ら犯した過去の大罪の罪障消滅を目的として物質界に降下した人間なのだから、苦難の人生をやらされるのが当たり前(自己責任)それを助けてあげたら本人のためにならない、アキトくんの気持ちは分からないでもないが帰幽して我々(イエス様)と同じ視点から眺められるようになれば納得できるであろう。つまり「宇宙一のバカ」大量強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を物質界生活中に滅ぼせなくてもそれは別にアキトくんの努力不足ではなく、奴隷の女の子を助けてあげられない事もキミのせいじゃない。我々(イエス様)は絶対的有利なポジションに立っているので、その人間たちをアキトくんの霊的進歩向上に大いに活用させてもらった…続きを読む→

ずっとイヤで避けていた事務作業についに突入してしまっています。お役所(文化庁)に提出する書類のテキストをいきなり撃つハメになっています。しかしもうやるしかありません。まずは行き着くところまで行きましょう。復刊とはこういう手順を経ておこなうものなんだという事を一通り経験しましょう。

書籍到着していますが少々お待ち下さい。とにかくスーパーメンドクサイ。僕は相当数を復刊させるつもりでいますが、そうなるとこの事務作業を今後も延々とやらないといけないという事になりますが、チョト自信ないかも。イヤやるんだ。他に道はないんだ。まずはご報告まで(祈)†

「小さな思い出」この苦しみも帰幽後に笑って懐かしむようになるという意味です(祈)†■2024年1月10日UP■
「小さな思い出」この苦しみも帰幽後に笑って懐かしむようになるという意味です(祈)†
僕は物的情報は専門外ですので詳細説明は控えますが、あの大震災もこの大震災もコイツらがやった事であり、罪もない大勢の国民を無差別殺害しているのです。(地球深部探査船ちきゅう号という船を使って人工地震を引き起こしているのです、詳細はぜひググって頂きたいです。第2次世界大戦時の関東大震災も、アメリカの手による人工地震です)「行動には動機がある」明仁、文仁、徳仁、悠仁が人工地震を引き起こして無関係の国民を大量殺害している理由は、使命遂行開始ごく初期の頃に霊団が降らせてきたインスピレーション「人生イコールS〇X」これに帰着します。全ては「処刑遊び」と称して奴隷の女の子を強姦殺人する遊びを続けるためにおこなっている事なのです。イヤ他にもっと理由がある事と思いますが、物事というのは突き詰めていくとシンプルに行き着くというのが僕の持論です。コイツらの行動の動機の根源を辿るとS〇Xに行き着く、自分の日々のS〇Xを守るために国民を殺しまくっているという事になるのです。…続きを読む→
「最後まで完成してる」僕から降らせる霊言の原稿が霊界側で既に完成しているそうです(祈)†■2024年1月3日UP■
「最後まで完成してる」僕から降らせる霊言の原稿が霊界側で既に完成しているそうです(祈)†
「霊的知識普及のための客寄せパンダ」というもので、霊団は試練の境涯である物質界から苦難の元凶(「宇宙一のバカ」大量強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁)を取り除く事はしない。取り除いてしまったら物質界の存在意義(刑務所としての機能)が果たせなくなってしまうので邪悪は残し続けるが、霊的知識拡散のための「客寄せパンダ」としてこの強姦殺人魔どもを最大活用した、という事なのではないか。さらに言うと「神の因果律」の一環として、明仁、文仁、徳仁、悠仁、コイツらに徹底的に恥をかかせるという目的も含まれていたのではないかと僕は思っているのです。僕はこのバカヤロウどもはインペレーター霊の仰る「個的存在消滅」でイイと思っていますが霊界上層界の方々はそうは思っていなくて、何とかコイツらに反省させて進歩向上の糸口をつかませようとしているのかも知れない、それで大恥をかかせて心変わりをさせようとしているのかも知れない、なんて思ってみたりもするのです。そんなムダな努力する必要ネィだろ、コイツら(明仁、文仁、徳仁、悠仁)は絶対反省なんかできネィよ、人間失格なんだよ、霊の海に埋没して存在消滅すればイイんだよ(地獄より下という事)と僕は思うのですが上層界の方々は憐れみをもって眺めますのでそういう視点なのかも知れない…続きを読む→

WordPress霊関連書籍ヘッダー霊訓人間進化の大道

「霊訓 人間進化の大道」こちらは今日到着予定の書籍ではなくて以前入手してそのまま読まずに仕舞われていた書籍となります。しかし思うところあって引っ張り出してスキャンしてみました。さっそくスキャン画像をOCR変換にかけてみますとこのような文体になります↓

第一章 幽明の交通とその目途

問『現代はいかなる時か?』
“新時代の黎明” – 格別の努力が、今や真理の普及に向つて拂はれつゝある。が、一方に神の使徒達の努力が加はると同時に、今も昔と同じく、他方に於てこれに反抗する魔群がある。世界の歴史は畢竟、善と悪との抗争の物語である。

一方は光、他方はこの戰は精神的、並に肉體的の、あらゆる方面に向つて行はれる。無論兩者の争闘は、時代によりて消長を免れないが、現在はその最も激しい時代である。

神の使徒は、今やその威力を集結して戦に臨んでゐるので、人間社會はこれが爲めに影響せられ、心霊知識、その他の普及となりつゝある。道に反く者、心の弱き者、定見なき者又單なる好奇心で動く者は、禍なる哉である。

いかがでしょう、読め、なく、もない、けどチョト、キビシイかなぁ…という感じですよね。えー、復刊に向けた事務作業のメールは昨日の夜のうちに出しましたが、返信が来るのはたぶん2週間後です。その間にいま自分にできる事をやるべきだと改めて思い直して、この古文の書籍がある事を思い出したのです。

77冊近くの書籍をスキャン完了させていて、できればそれら全てを復刊させたいと考えていますが、現存している(廃業していない)出版社の書籍も多数含まれており、それらはもちろんその出版社が版権を持っていますから、まず復刊はムリと予測されます(それでもやるだけはやってみるつもりですが)

そんな中、復刊できる可能性のある書籍は1冊たりともムダにしてはいけないのではないか、という想いがよぎり始めて「あ!そぉいえば昔あんな本買ったよなぁ、どこに置いたっけなぁ、ガサゴソ…あった!」みたいな感じで「霊訓 人間進化の大道」を引っ張り出したのです。

何しろ文体が古い、古すぎる、という事で買ったものの全く読まずに眠っていたのです。で、今改めて読み進めてみると、んんん、これを現代文に翻訳して復刊できるかなぁ、イヤー、相当キビシイ作業になるだろうなぁ。イヤ、やらないと思う、ムリだと思う。が、一応全ページスキャンだけはやっておこうかなぁいつどこでどうなるか分からないので。

今日到着予定の書籍が来たらまたUPさせて頂きます(祈)†

僕は「ベールの彼方の生活」は全4巻すべて好きなのですが、この2巻のザブディエル霊(オーエン氏の守護霊)の語る内容も本当に好きで、インペレーター霊の重厚感に似ているなぁと思って僕は読んだりしています。

ザブディエル霊の語る内容について僕などという男がアレコレ語るのもどうかと思うのですが、僕からふたつお話させて頂きます。まずひとつ、「3章 天上的なるものと地上的なるもの 1 古代の科学と近代の科学」(73ページ)の中でザブディエル霊がお話しておられる「ジャックと豆の木」と「ヨーロッパの妖精物語と東洋の魔法の物語」の件について。

まず「ジャックと豆の木」はもともと霊的ストーリーだったのですが、それが霊的な意味を理解できない人間、もっと言うと霊的なモノを子バカにする人間たちによって長い年月にわたって徹底的にストーリーが歪められて現在のようなカタチになってしまったのだそうです。

21世紀の現在はデータをそのままデジタルで保存できる技術が発達していますから、そこまでストーリーが歪められる事はないのかも知れませんが、昔は口頭、手書き、口伝(くちづて)でしたから、ある要素が“理解できない”と言っては抜き取られ、“これが今の流行りだから”といっては全然関係ないモノが書き加えられたりして、それが長い年月にわたって繰り返されていって当初のオリジナルのストーリーが完全に吹き飛んでしまったという事のようなのです。

霊的なモノはこれまでの歴史で例外なくそういう経過をたどり、本来の意味が歪まされて後世に伝えられてきました。その歪まされた最大のモノが「イエス様を神に祭り上げたキリスト教の2000年の呪い」という事でいいのではないでしょうか。

続いて「ヨーロッパの妖精物語と東洋の魔法の物語」こちらは現代の人間にも広く知られているモチーフですよね。RPGゲーム等でよくみられる「剣と魔法のファンタジー」の世界観です。

ファイ〇ルファン〇ジー等で多くの方がこのモチーフに親しんでいますが、この世界観も元はといえば過去の霊能者が見せてきた霊現象が元ネタなのだそうです。その霊能者の最大の人物がもちろん聖書に登場するイエス様、という事になります。

RPGゲーム等で遊んでいる方がたくさんいらっしゃる事と思いますが、その時に頭のホンのかたすみにでも「あぁ、この剣と魔法の世界観は霊現象が元ネタなんだよなぁ」と思い出してもらえると、そして少しでも霊的なモノに興味を持ってもらえると僕的にはうれしいのですがどうでしょう。

もっとも、歪められ具合がタダ事ではありません、長い世紀にわたって霊的な事を理解していない人間たちの手によって実際の霊的事象とは似ても似つかない物的商売臭の漂う世界観に完全に書き換えられてしまっており、もはや全く別物と言った方がいいのでしょう。

「人間は本来が霊であり肉体はタダの衣服に過ぎない」という霊的真理などは完全に抜け落ちて形骸すら残っていません。だからこそ絶版状態の霊関連書籍の復刊が急務だと僕は思っているのですが…。

そしてふたつめ、ザブディエル霊のお話の中で僕が特に心を撃たれるのがこちら「4章 天界の“控えの間” – 地上界 3 “下界”と地縛霊」(104ページ)で、物質界生活中に霊的知識を獲得しなかった、もしくは間違った知識を獲得してしまった人間が帰幽後に霊界でどのような状態にさせられるかを教えてくれる貴重この上ないストーリーとなります。

ザブディエル霊も「こうしたことはよくあることである」と仰っていますように、こういう人間が本当に本当にたくさんいるという事なのでしょう。物質界生活時にちゃんと霊的知識をお勉強していればこんなムダな手間をかける必要もないのですが、それが分からない人間がたくさんいるのです。

分からない人間に分からせるためには苦難を浴びさせるしかありませんので、このエピソードの男性のように下層界で長きにわたって辛酸をなめさせられてようやく天使(ザブディエル霊)に対して謙虚に頭を下げられる心境になったという事なのです。大きく「人生の回り道」をしていると言っていいのではないでしょうか。

まぁ回り道してこそ学べるものが多々ありますのでそれが人生だと言えなくもないのですが、物質界生活時に学ぶべきものをきちんと学んでいれば帰幽後の進歩向上もだいぶスムーズになるでしょうから、どちらが自分の未来のためにとって良いかは明白です。

物質界とはそういう学びを得るための試練の境涯なのですから、そこで学ぶべきを学んでおかなければあとで苦しい埋め合わせをやらされる事になるのです。僕はこのストーリーは「こうありたい」という意味ではなく「こうなってはいけない」という逆説的意味で大好きなストーリーであり、教訓として心に強く刻み付けているのです。

物質界生活中に霊的知識を正しく獲得する事がいかに重要か、という事をひとりでも多くの方にご理解頂ける事を祈らずにはいられません。僕の霊的使命遂行、そしてこの復刊の作業が皆さまの霊的知識獲得の一助として役立っているのであれば僕の苦難の人生もムダではなかったという事になるのでしょうが…(祈)†

2024年2月10日
山を愛する霊覚者 たきざわ彰人(祈)†

たきざわ彰人ブログ(2024年2月時点で1200日以上連続更新中)
akito-takizawa.com/

 

ベールの彼方の生活2巻表紙テスト01line

 

※オマケ – 表紙の線画の原画をUPですが、守護霊様についてはブログ(WordPress)にてたくさんの事を書いてきていますのでココでの説明は割愛させて頂きますが、ひとつだけ過去ブログのURLをUPしてみましょう。

「8!8!」これはアナログ絵08「守護霊様」の事です。僕は守護霊様に永遠の恭順を誓っています(祈)†
wp.me/pa9cvW-2Nq

僕は霊性発現初期の頃に数回、幽体離脱にて守護霊様との面会を果たしています。その時に拝した守護霊様のお姿をこのようにずっと絵に描き続けているのです。とても背が低く、そしてお顔立ちが整いすぎている、想像を絶する美しい女性だったのです。

物質界生活時に自身の守護霊と面会を果たす事は異例中の異例となります。通常は面会どころか自分に守護霊がいる事さえ認識していないという方がほとんどでしょうから、こうして守護霊様の絵を堂々と描く事ができる僕は光栄と言っていいのかも知れません。

僕的には守護霊様の管轄内で生活していた霊性発現前の生活の方が良かった、霊性発現後、守護霊様が僕の守護の任から一時的に外れて「100の光の霊団」の指揮命令下に置かれてからの使命遂行人生があまりにもヒドすぎるものなので、正直、守護霊様の管轄下の生活に戻りたい気持ちがあります。

しかし苦難が大きければ大きいほど、その先に待ち受ける喜びも大きいというのが霊的真理ですので、WordPressにも「イエス様からのプレゼント」といった意味の事をいくつも書いていますが、苦しみの渦中に置かれている今はとても感謝する気持ちにはなれないが、この苦難を果たし切って帰幽した暁に賜る霊的褒章、霊的栄光を思えば、その苦難を与えて下さったイエス様、もっと言えば“神”に感謝するようになる、という事なのでしょう。

僕がそういう心境に到達するのは相当先の事でしょう、この最低最悪の物質界人生をやらされている今はとてもそういう気持ちにはなれそうもありません。何より僕の場合は本気で霊団に対し反逆していて旗を降ろすつもりも全くないというありさま、現在も全力で最悪の状況から脱出しようとしていますので、帰幽後に反逆の埋め合わせとして相当キビシイ状態にさせられるのは目に見えているでしょう。

物質界生活時にさんざん人生を破壊されて、あげくの果てに帰幽後にも辛酸を舐めさせられる、まさに「泣きっ面にハチ」の状態であり踏んだり蹴ったりなのですが、そうと分かっていてもなお反逆の意思を曲げようとしない僕は、よほど物分かりの悪い部類の人間という事になりそうです。

まぁ僕の帰幽後の未来が最悪になるのは皆さまには関係ありませんので軽く笑い飛ばして頂いて、ぜひ、ひとりでも多くの方に霊関連書籍を手に取って頂き、物質界プライオリティ最上位の学問である「霊的知識」を獲得して頂きたいと切に祈るものです(祈)†

 


新装版発行にあたって

「スケールの大きさに、最初は難解と思ったが繰り返し読むうちに、なるほどと、思うようになりました」こんな読後感が多数寄せられてきた本シリーズが、この度、装いも新たに発行されることになり、訳者としても喜びにたえません。

平成16年2月
近藤千雄


 

霊界通信
ベールの彼方の生活
第2巻「天界の高地」篇 – 新装版 –

霊界通信 ベールの彼方の生活 第2巻「天界の高地」篇<復刊>

近藤千雄(こんどう・かずお)
昭和10年生まれ。18歳の時にスピリチュアリズムとの出会いがあり明治学院大学英文科在学中から今日に至るまで英米の原典の研究と翻訳に従事。1981年・1984年英国を訪問、著名霊媒、心霊治療家に会って親交を深める。主な訳書 – M.バーバネル『これが心霊の世界だ』『霊力を呼ぶ本』、M.H.テスター『背後霊の不思議』『私は霊力の証を見た』、シルバー・バーチ霊訓『古代霊は語る』、『心霊と進化と – 奇跡と近代スピリチュアリズム』、(以上潮文社刊)、S.モーゼス『霊訓』、J.レナード『スピリチュアリズムの真髄』、H.エドワーズ『ジャック・ウェバーの霊現象』(以上国書刊行会刊)


復刊者 山を愛する霊覚者 たきざわ彰人(アキト)
元画家、漫画家。果てしない山へのアタックおよび高負荷の画家作品描画によって霊性発現となりました(2012年6月)イエス様の怒涛の連続顕現(2013年4月)に浴させて頂き、イエス様のご意志に従い霊的知識普及の使命遂行中です。イエス様ハンドリング(霊の導きに従う)により「宇宙一のバカ」大量強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の邪悪の正体および奴隷の女の子の存在を公言し続け、休みなく情報拡散を続けて現在に至る(祈)†


2024年2月10日 初版第1刷発行
著者 G・V・オーエン
訳者 近藤千雄
復刊者 たきざわ彰人
発行者 たきざわ彰人
印刷所 〇〇〇
ISBN 000-0-000000-00-0
©Akito Takizawa Printed in Japan

この作業、すんごいヤダ、しかしもう他にどうしようもないのです、やるしかないのです。って、最悪の場合、これをやっても復刊が承認されないという可能性もなくもないですがとにかくメール本文を撃ってます、モチョト煮込んだら出してみるつもりです。そこからいよいよ支払いが発生してきます。出ていくばっかりで全然入ってこない作業に突入します。あーもう最悪。

自動書記が発動して新規の霊言が降ってくれば、こんな面倒な作業は一切やらなくて済むのですが霊団は一切降らせてこようとしません。そこが本当にムカつきますが、しかし先ほど霊団が幽体離脱時映像で、アレはどういう事でしょう、よく分からないものを降らせてきました。

イヤ、チョト信じられないという内容で、まるで霊団が全面的に僕に折れるかのような内容でした。そんな事ある訳ないだろ。とにかく作業続行中。復刊というモノが恐ろしくメンドクサイという事を痛感させられています。正直やりたくない、しかしもうどうしようもない。もう根性で進めるしかない(祈)†

イヤー長文テキスト撃った直後の作業はどうかご勘弁を。もうクッタクタなんですよ。皆さまは何て事なくお読みになる事と思いますが、このボリュームのテキストを撃つのに毎週8~9時間を要しているのです。撃ち終わってUPした時は正直もうブッ倒れる寸前といった感じで、文章が読みにくいとかそういうのはどうか大目に見てやって下さいと言いたいです。

で、こうなるだろうと予測してましたが、ブルーアイランドが最後の1冊とか言いながらもう1冊注文しています。明日かあさってに到着予定、さっそくスキャンに入ります。さらにもう1冊注文するかも知れません、それをもって本当の最後になるでしょう。

さぁメール本文を撃たないといけません。ずっと億劫で後回しにしていた作業です。いよいよ着手しないといけません。この復刊の作業をやってもお金は全然入ってきません出ていくばっかりです(供託金)霊団もそういう部分を見越して今日のブログのインスピレーションを降らせてきたのでしょう。

なのでどうにも乗り気でなくて後回しにしていたのですがもうあとがないのでやるしかありません。お金は入ってこないが野菜だけは霊団が届けてくれるそうですよ、笑かしてくれますね。最後の最後まで最悪の中に閉じ込めてこき使うつもりか。脱出だけは何としてもやってみせるぞ。ただ今日はチョトご勘弁、手がしびれている(祈)†

「デビルストッピング」強姦殺人魔(悪魔)が停止中という意味か?分からないなぁ(祈)†■2024年4月10日UP■
「デビルストッピング」強姦殺人魔(悪魔)が停止中という意味か?分からないなぁ(祈)†
物質界生活中に邪悪な人間の手によって苦しめられ、大いに試練を味わわされた僕たち善良な国民は帰幽後、明るい境涯に赴き、大いに自由を堪能する事になります。そして物質界生活中に奴隷の女の子を強姦殺人し続けた明仁、文仁、徳仁、悠仁は、魂も凍る暗黒の底の底に落ちて千年万年にわたる正真正銘の地獄を味わわされる事になります。そういう意味では「神の公正」がこの宇宙に厳然と働いており、それに身を委ねている限り何も恐れる事も心配する事もないという理屈になるのですが、結局物質界が最悪の場所である事は変えようとしないという事ですか、その部分だけがどうにも納得いかない。確かに霊的知識によれば真の安寧(あんねい)は霊界にこそあり、物質界生活中に幸福を求める事自体が本末転倒であり、物質界でどれだけ頑張るかによって帰幽後の霊界での幸福度が決定するという意味では、霊界での幸せを求めて物質界人生を耐え抜く事が重要と言えるのですが…続きを読む→

240410デビルストッピング

霊団のやる気のなさが顕著になってきてまして、先週今週と全然インスピレーションを降らせてこない状態が続いています。「だったら僕の人生を返してくれ」と本気で言いたいのですが、ブログを書く寸前になって申し訳程度にチョロッと降らせてくるのです。どうしようもなく頭にきますが、まずはそのチョロッとインスピレーションを羅列してみましょう↓

まぁ要するに霊団は何とかして僕の反逆をやめさせようと苦心しているのではないかと思われるのですが(ただやめさせるだけではダメで、僕はもう霊団への怒り憎しみを本気で心に燃えたたせていますので、それ以上怒りを買わないように僕の考えを改めさせようとしているのだろうと思われますが)イヤそれはムリだって。ここまで人生ブチ壊されているんだから。んんん説明に入ります。

ギブアップ 時間外勤務としてなら 何のために生きてるのか分からなくなるピィィィン 死ぬ気になれば締め切られたドアは開く

240410何のために生きてるのか分からなくなるピィィィン

まず「ギブアップ」「時間外勤務としてなら」このふたつは霊団が僕の反逆の思念に根負けして譲歩するという意味ですが、イヤこれは詭弁(きべん)だな。

以前も確か僕の反逆を容認するような事を言ってきた事があって、場所まで指定して「ココに行きなさい」と言ってきた事があり、その霊団が言ってきた場所をググってみたら僕が絶対行く訳がないような場所で、それを無視したという事がありました。

霊的に見た時に霊団の言っている事が正解なのであり、霊団が僕の小我に折れて程度の低い導きをしてくる訳がないでしょう。もしそうなったとしたら霊団が低級霊に切り替わって低級な導きをしてきたという事になり僕としても困った事になります。

僕だって僕の方が間違っている事は分かってるんですよ。それでも反逆せずにはいられない事情というモノがあるんですよ。その事情が小我と言われてしまえばそうなんでしょうけど。

で、「何のために生きてるのか分からなくなるピィィィン」これが僕の小我の理由に対するインスピレーションで、僕は今シーズンは足のダメージのために残念ながらスノーシューを脱がざるを得なくさせられてしまいましたが、スノーシューから離れて数ヶ月が経過しているのにまだ足のダメージが回復していません。昨日も足がつってしまって早くゴールするハメになってしまいましたし。

それが他でもない、霊団に閉じ込められている場所での作業がダメージと関係しているのです。僕はこのままあの場所に閉じ込められていたら、そう遠くないうちに山に行けなくさせられるのではないかと危惧していて、もし山に行けなくさせられたら物質界に残されている意味が吹き飛んでしまいますので、それを何としても阻止しなければならない、それで足を保護するという意味も込めて脱出脱出と騒いでいるのです。

で、僕が「何のために生きてるのか分からなくなる」と思念を抱いた次の瞬間に霊団がいつものピィィィンという高い波長を、かなり高い波長でしかも長く、相当に強調した降らせ方をしてきたのです。どういう意味で降らせてきたんだこの波長。脱出を容認するとでもいうのか。

富士周辺アタック312ドアは開く

「死ぬ気になれば締め切られたドアは開く」これはインスピレーションではなく僕の思念で、僕が霊団に対しておこなっている反逆は、シルバーバーチ霊の仰る「締め切られたドアを忙しく叩いてはいけません」に相当し、霊的知識的に見た時に大変愚かな行為となるのですが、僕はそれを分かっていてもなお足のダメージという問題がありますので何が何でも脱出を決行しようとしていて、それで「死ぬ気になれば締め切られたドアは開く」こういう事を言う始末になっているのです。

もっとも、足のダメージというお話は事実ではありますが、霊団に閉じ込められているその場所がイヤでイヤでどうしようもないので脱出しようとしているという心理的理由の方が上位だと思いますので、やはり僕の小我、お子ちゃまのワガママと言われても仕方ないのかも知れませんが。

↑目次へ↑

スンマセン ペコちゃん

「スンマセン」これは霊団が何度も言ってきている言葉で、この使命遂行が失敗した事を認める一言なのですが、僕はブログで何度も書いていますように「口だけの謝罪はいらない、謝罪の意思があるなら行動で示せ、それ以外は認めない」と思っていますので、そう言うならオメィラがブチ壊したこの人生を多少立て直して、それからそのセリフを吐きやがれ、と僕は思うのです。

「ペコちゃん」これは何ですか?不二家の洋菓子がどうしたんですか、と思ったのですがそうではなくて霊団が頭をペコリと下げて僕に謝罪しているという意味でしょう。かわいらしい風に乗せて言ってきても許しはしないよ。

このふたつのインスピレーションを受けて僕が思う事は「永遠に許さない事、決定」というもので、もう霊団に対する怒り憎しみが僕の心から消える事は永遠にないと強く思っています。

しかし現在「ブルーアイランド」をスキャンしつつ内容を斜め読みしていますが、帰幽して霊界生活に順応していくと、物質界生活時に考えていた事など瞬く間に頭から消えていくようですね。

霊界生活の素晴らしさを知るほどに、物質界生活時にこだわっていた事などどうでもよくなり、しまいにはそんなモノがアタマから完全に消え失せて一直線に進歩向上の生活に突入していき、物質界との関わりがどんどん薄れて行って物質圏付近に降下する事も困難となっていく、という事のようです。僕も一刻も早くそういう風になってみたいものです。

そして現在心に抱いている霊団への怒り憎しみがまるっきり過去のモノとなり、すっかりどうでもよくなってひたすら上層界を目指して精進する、という事になってくれれば有り難いのですが、僕の反逆の思念に対する責任は当然取らされるでしょうから、その部分は苦しいモノが待ち受けている事を覚悟せねばなりません。
「神に委ねてみませんか」これが実は到底承服できない最低最悪の意味なのです(祈)†■2022年8月24日UP■
「神に委ねてみませんか」これが実は到底承服できない最低最悪の意味なのです(祈)†
僕も神に反逆するほどバカではありません。ぜひ皆さまにも「インペレーターの霊訓」をお読み頂きたいですが、霊的知識を獲得しておきながら神の意に反する行いをした者がどういう状態にさせられるかをインペレーター霊が語っておられます。僕はその知識がありますのでそこまでバカな事をするつもりはありません。ただとにかく「物事には限度というモノがある」これを強調して終わりとさせて頂きます。キビシすぎ、苦難、試練を降らせすぎ、僕ひとりに何もかもやらせすぎ、本気でいい加減にしてくれ、という事です…続きを読む→

↑目次へ↑

目をそらさないでね たとえムリでも 到着してしまっているのですから

240410到着してしまっているのですから

「目をそらさないでね」これも僕の反逆に対しての霊団の言葉で、僕が反逆、脱出の事で頭がイッパイになってしまって使命遂行の事がアタマから消えてしまっているので「本線から逸れないでね」と言っているのでしょうが、僕から言わせれば「その言葉をそのままあんたたちに返す」と言いたい気分です。

あんたたちこそ「宇宙一のバカ」大量強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を完全にホッポラカシにしてるだろ。奴隷の女の子に至っては完全に見殺しにして助ける気ゼロときてやがる。物質界の邪悪から目をそらしているのはあんたたちの方だろと言いたいです。

「たとえムリでも」これも究極にムカつくインスピレーションで「宇宙一のバカ」大量強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を滅亡させるのがムリと言っているのか、それとも僕という霊媒を使用して新規の霊言を降らせるのがムリと言っているのかが分かりませんが、どちらにしても霊団のやる気のなさがにじみ出ているカチンとくる一言となります。

「到着してしまっているのですから」僕の霊的使命遂行がもう霊団が設定した目標地点に到着しているという事なのだそうですが「どこがだよ」と最高に突っ込みたくなります。何ひとつ結果らしい結果に到達してネィだろ。

つまりこういう事を言ってくるという事は「もう我々はアキトくんという霊の道具を使って何もするつもりはない」という意味に受け取れるので、それで猛烈にムカつくという事になるのです。

↑目次へ↑

食べ物は入ってくるがお金は入ってこない 野菜類がメイン

コレなんですが、僕の反逆に対して霊団がこのように言ってきているのですが、言っている事は多少ムカつくものの霊的知識的に見れば極めて妥当な事を言っているインスピレーションとなります。

 

たとえば心霊治療家として有名なハリー・エドワーズ氏は、歴史に残る素晴らしい治療功績を上げましたが物的生活は困窮を極め、借金だらけで弟子のレイ・ブランチ氏に多額の借金を残しての帰幽だったそうです。

心霊治療家パリッシュ

あと、著書もほとんどなく日の目を見ない心霊治療家でパリッシュ氏がいますが、このパリッシュ氏もハリー・エドワーズ氏とほぼ同じような人生を辿っているようで、鉄道会社の重要なポストに就いていて将来を約束されていたのが、心霊能力が開花して以降、その仕事もやめざるを得なくさせられて困窮の生活に突入したものの、最低限必要なものだけは不思議と整えられて心霊治療活動を続ける事ができたのだそうです。

霊団が言ってきた「食べ物は入ってくるがお金は入ってこない」「野菜類がメイン」このインスピレーションは僕もそういう状態になるという意味で、復刊を実現させてもお金は入ってこないよ、ただし食べ物には困らないように我々が工面してあげよう、という意味となります。

僕もお金を稼ごうと思って復刊を目指している訳ではありませんので霊団の言っている事は了解なのですが(そもそも売れなくて絶版した書籍を復刊させる訳ですから売れる訳がありませんし、最低限脱出に必要な収入さえ確保できればそれで十分という算段で復刊を目指していますので)

このインスピレーションを見る限り、霊団側が僕の復刊に向けた作業を一応霊的使命遂行の一環として認め、僕の物的生活に対して最低限のサポートをするという意思表示をしていますので「じゃあ復刊できるのか?」という気にもなり、そこは有り難いという気になります。

しかし霊的仕事をする者は物的には大変苦しい生活を余儀なくされるのが通例です。僕も霊団の手によってそういう状態にさせられる、かろうじて野菜(食料)だけは確保されるという事のようです。餓死一歩手前で生きるような、そういう状態になるのかも知れません。それはそれとして脱出は別枠で実現させるよ。脱出は別次元の問題。

↑目次へ↑

止まらせられる 認識させられるモノ

240410認識させられるモノ

「止まらせられる」これも僕の反逆を止めようとする霊団の思念と思われます。僕は霊団に何と言われようが最後の1秒まであきらめず脱出の努力を続行する覚悟でいますが、霊団はそれさえも止めてくるつもりなのかも知れません。

しかしひとつ分からないのは「あの最低最悪のところに僕を何が何でも閉じ込めた、その先に一体何の使命遂行の前進があるって言うんだよ」という事で、あの場所が霊的仕事を推進させるのに適した場所であるなどとはシャレにも言えず、ただ僕を苦しめるためだけに閉じ込めているとしか思えないので余計心が反発するのです。

そして先ほども書きましたように、これ以上この最悪のところに閉じ込められると「山に行けなくさせられる」可能性があり、そんな事になったら物質界に残されている意味が完全に吹き飛んでしまいますので、霊団に何と言われようとその悲劇に突入する前に脱出を完了させるつもりでいるのです。

「認識させられるモノ」しかし霊団はこのように言ってきます。これは僕の考えが間違っている事を認識させられる出来事が霊団演出でおこなわれて僕が大いに反省させられるという意味でしょう。それは至極真っ当な意見であり、僕も自分の方が霊団より正しい事を言っているなどと愚かな事を言うつもりは毛頭ありません。

自分の方が大局で見た時に間違った事を言っている事は十分認識していますが、それでもどうしても閉じ込められるのが許せないので反逆しているのです。が、その小我の考えを改めさせられる何かが霊団の手によっておこなわれるのかも知れません。そうなってしまうとしても山に行く事だけはやめないよ。それだけは言っておくよ。

「牢屋」もしそんな事になってみろ、あんたたち(霊団)を永遠に呪ってやるぞ(祈)†■2023年1月4日UP■
「牢屋」もしそんな事になってみろ、あんたたち(霊団)を永遠に呪ってやるぞ(祈)†
なぜ「宇宙一のバカ」大量強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁、これほど明確な邪悪がいつまで経っても滅ぼされないのか。なぜいつまで経っても奴隷の女の子がひとりも救出できないのか。こんな当たり前の事が実現できない物質界はどこまで最悪の境涯なのか。もっともこれは近視眼の考え方であり、明仁、文仁、徳仁、悠仁は帰幽後に魂も凍る真の地獄が待ち受けており、奴隷の女の子たちは強姦殺人された悲劇の埋め合わせとしての幸福の境涯が待ち受けています。本を読んで知識として理解するのと、自分の人生で苦痛と共に体現させられるのとでは天と地ほどの差があります。【神の因果律】は絶対的公正、公平であり完璧であり、帰幽後に賞罰が寸分の狂いもなく清算されるようになっていますので、その神の因果律に身を委ねれば全てが丸く収まるという事になるのですが、まだ肉体に閉じ込められて人間の人生の全体像、宇宙の美が見えない生活を余儀なくされている僕は、どうしてもそこまで達観する事ができません…続きを読む→

↑目次へ↑

弁解するぞ デビルストッピング

240410デビルストッピング

えー、霊団が降らせるインスピレーション量が少ないのでテキスト量も少なめになっていますが、今回はどうにも首をかしげるインスピレーション「デビルストッピングをブログタイトルに冠しました。んんん何とか説明だけはしてみましょう。

「弁解するぞ」これは「宇宙一のバカ」大量強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁がメディアを駆使して国民に向けて自身の大量強姦殺人の大罪を弁解するという意味ですが、コレと同じような意味のブログを過去何度となく書いてきました。

国民に向けて土下座で謝罪するだの、ウソ泣き演技をするだの、そういうたぐいのモノです。たとえばコチラ↓

■2019年11月30日UP■
「最後は土下座、謝罪」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の事です。皆さま絶対ダマされないように(祈)†
「たとえ話」を書きました。今日霊団が言ってきたように、強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁が国民に向けて「申し訳ありませんでした」と土下座で謝罪するなどという事が本当にあるとしましょう。それを見た皆さまはまさかまさか「あぁ、真剣に謝って反省してるから許してあげよう」などと人類史上最大級の寝言を言い出したりはしないですよね…続きを読む→
■2020年4月23日UP■
「精一杯謝罪」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁が「謝れば許してもらえる」と寝ぼけた事を考えているようです(祈)†
「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁が大泣きウソ泣き演技をしながら女の子を四肢切断、強姦殺人し続けてきた大罪(というより赤ちゃんのピーチピチ(佳子)を盗んで娘にした事を謝罪するという意味で霊団は降らせてきたものと思われますが)を許してもらおうと国民に向けて「精一杯謝罪するつもり」という事のようなのです…続きを読む→

これ以外にもいろいろありますがとても紹介し切れませんので、もし興味を持たれた方はWordPress内で「サイト内検索」して頂ければいろいろ出てくると思いますので、どうぞご活用下さい↓

サイト内検索

で、僕がつくづく思うのは、もう善良なる日本国民の皆さまは「宇宙一のバカ」大量強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の「邪悪の洗脳」を相当のレベルで撃ち破り、真実を理解しておられると思うのですが(霊団も「洗脳は破られる」と仰っていましたので)万が一この宇宙最大級のバカヤロウどもが泣きながら自身の大罪を弁解してきたとして、皆さまはそのウソ泣き演技にあっさりコロッとダマされたりしないですよね?という事です。

これだけ真実の情報が行き渡っている21世紀に生きていながら、いまだにコイツらの邪悪の洗脳にまんまとやられ続け、コイツらの事を善人だと勘違いして沿道でコイツらに笑顔で手を振っているとしたら、それは大変申し訳ありませんが「自分で考える能力のない人なのではないか」という事になると思います。

僕が語っている内容に疑問符を抱くのは(霊的内容がかなり含まれていますので)100歩譲って仕方ないとしても、少なくともググってみて下さいよ。僕以外の方もたくさん「宇宙一のバカ」大量強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の邪悪の正体に関する内容をUPしてますよ。それら情報を見てもまだ分からないと仰いますか。

頭の中がお花畑でノホホンと笑顔で生きる事は確かに幸せかも知れませんが、年端もゆかぬ少年少女ならケタケタ笑って生きていても許されるでしょうが、僕たち責任あるオトナはそういう態度ではいけないと思いますよ、真実を見つめないと。

「デビルストッピングはい、コチラのインスピレーションの説明をして終わりとさせて頂きますが、これが正直意味がよく分かりませんピンときません。意味をググると「DEVIL STOPPING 悪魔「停止中」?」といった感じに出てきますが、この「停止中」にはふたつの意味が考えられます。

【1】「宇宙一のバカ」大量強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁が「処刑遊び」と称して奴隷の女の子をケラケラ笑いながら四肢切断、強姦殺人して死肉を食べて遊ぶ事を「一旦停止中」
【2】霊団が僕という道具を使用して「宇宙一のバカ」大量強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の邪悪の正体を物質界に拡散させる活動を「停止中」つまり」邪悪を滅ぼさず放置する事を決定中

で、このふたつについて考えてみましょう。まず【1】ですが、僕はこれは無いと思います。「イエス様ハンドリング」と称してこの霊的使命遂行が開始されたごく初期の頃に霊団が「人生イコールS〇X」と降らせています。それは明仁、文仁、徳仁、悠仁が「奴隷の女の子をレイプする事だけが人生の全てである」と霊団が教えてきたという事になります。

頭の中にあるのはレイプだけ。生まれてから死ぬまで女の子をレイプする事だけに全力を注ぎこむ人間です。このS〇Xバカが、国民の目の届かない城に閉じこもっている状態でその人生最大の楽しみであるレイプをやめる訳がないでしょう。最後の最後まで奴隷の女の子をレイプし続けるに決まっているでしょう、それしか頭にないのですから。

で、僕は霊団との付き合いが長いですのでコイツらの思考パターンをまぁまぁ分かっているつもりです、霊団は間違いなく【1】ではなく【2】の意味でこのインスピレーションを降らせたものと思われます。つまり何もしない「ストッピング」という意味です。おーイヤだイヤだ。

霊界の人間は永遠の人生の中のほんの些細な1ページである物質界人生の事など考慮に入れず(イヤそれは極端な意見ですが。物質界での言動によって帰幽後に赴く境涯が決定しますので)あくまでも「神の因果律」に基く判断を最優先するでしょう。

因果律によれば「宇宙一のバカ」大量強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁は問答無用で1億%暗黒の底の底に落ちる事が決定していますので(これに反対意見を唱える者は霊界、物質界ともにひとりたりともいないはず、満場一致のはずです)

そういう意味では、物質界生活中に何も手を下さなくとも「神の因果律に身を委ねていれば邪悪は帰幽後に自動的に裁かれる」という事になるのですが、イヤ物質界で生活している僕たちはそう言われても釈然としないじゃないですか。今こうしている間もこのバカヤロウどもは奴隷の女の子を強姦殺人して遊んでいるんですよ。それを見て見ぬフリする訳にはいかないでしょう。それとも↓
【3】「宇宙一のバカ」大量強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を僕たち国民のチカラによりようやく滅ぼす事ができ、明治維新以降、延々と続けられてきたこのバカヤロウどもの邪悪のおこないにようやくストップをかける事ができた

という意味でしょうか。そういう意味で霊団が「デビルストッピングというインスピレーションを降らせてきたのならまだ許せる気にもなりますが、霊団のやる気のなさを見るととてもそうは思えません。

僕は「地球圏霊界は強姦殺人魔を守り通す狂気の国」という言葉を公言し続けていますが、この言葉が正解であって欲しくないと思いつつ画像をUPしているのですが、どうにもこうにも霊界側は物質界の邪悪を温存し続けるつもりのようです。その温存の理由がコチラ↓

「物質界は地球圏霊界の刑務所」という事になると思います。物質界はトレーニングセンターであり、不自由な思い、理不尽な思いを味わわされて魂を成長させるための試練の境涯であり、その試練を取り除く事は霊界側で禁止されているそうです。(インペレーター霊がそのように仰っていますよね)

つまり僕たち物質界の人間は邪悪な人間による理不尽なおこないに遭遇してヒドイ体験を味わわされる事を回避してはならず、その体験によって霊格を向上させるために物質界に降下したのであるから、その向上の機会を失うような事があってはならないし、霊界から物質界の人間を導く仕事をしている霊界人も、その物質界の人間の成長の機会を奪うような事をするのは許されない、という事になります。

で、それは了解としても、僕たちの眼前に大量強姦殺人魔が罪にも問われずふんぞり返って生活していて、そいつらをどうする事もできない理不尽は、ちょっと試練と呼ぶにも限度があるんじゃないんですか、と思うのは果たして僕だけなのでしょうか。最低限「逮捕」にして独房に入れるところまではやるべきなんじゃないですか、と僕は思うのですがいかがでしょうか皆さま。

物質界生活中に邪悪な人間の手によって苦しめられ、大いに試練を味わわされた僕たち善良な国民は帰幽後、明るい境涯に赴き、大いに自由を堪能する事になります。そして物質界生活中に奴隷の女の子を強姦殺人し続けた明仁、文仁、徳仁、悠仁は、魂も凍る暗黒の底の底に落ちて千年万年にわたる正真正銘の地獄を味わわされる事になります。

そういう意味では「神の公正」がこの宇宙に厳然と働いており、それに身を委ねている限り何も恐れる事も心配する事もないという理屈になるのですが、結局物質界が最悪の場所である事は変えようとしないという事ですか、その部分だけがどうにも納得いかない。

確かに霊的知識によれば真の安寧(あんねい)は霊界にこそあり、物質界生活中に幸福を求める事自体が本末転倒であり、物質界でどれだけ頑張るかによって帰幽後の霊界での幸福度が決定するという意味では、霊界での幸せを求めて物質界人生を耐え抜く事が重要と言えるのですが。僕が一刻も早く物質界を離れたいと切望しているその心境が皆さまにもご理解頂けると嬉しいのですがどうでしょう。

霊団の導きの方向性は正直言ってムカつきます。何が何でも強姦殺人魔を残し続けようとしているからです。しかしこういう悠長な考え方はしたくないのですが、この邪悪はもちろん永遠には続きません、いつかは必ず滅びます。なぜなら【神】が僕たち人間全員にプレゼントして下さった「理性・良心」が邪悪を許さないからです。

いつかは必ずダムが堰を切ったように邪悪を押し流し、物質界から撃ち滅ぼす時がきますが、そういう時の運任せみたいな言い回しが僕は気に入りません。やるならバシッと決めろよと思うのです。が、バシッと決めようとすると僕は殺されるのだそうで、これまでその旨のブログを数えきれないほど書いてきました。とてもココで紹介し切れないほどたくさん書いてきました。

んんん、まとまり切らなくて申し訳ありませんが、このへんで切らせて頂きます。霊団がやる気ゼロで全然インスピレーション降らせてこないからこういう文章になってるんですよ。なので文句は霊団に言いましょう。霊団、もっと死ぬ気で仕事しろよ、あんたたちは霊体まとって死なないんだから(祈)†

↑目次へ↑

「ちょっとでも匂わせる事言ったらたちまち死刑」つまりもう何もしないという意味です(祈)†■2024年4月3日UP■
「ちょっとでも匂わせる事言ったらたちまち死刑」つまりもう何もしないという意味です(祈)†
僕に情報拡散をさせてきっかけを作るところまでは許されたが、それ以上の干渉は許されていないという事なのではないか。で「今回では達成されません」というインスピレーションもありますように「宇宙一のバカ」大量強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の邪悪の正体に関する情報拡散は進み、人々の洗脳は相当に破られて真実の理解が浸透するが、僕の物質界生活中に邪悪の滅亡までは到達しない。その実現は僕の帰幽後に別の使命遂行者によっておこなわれるか、もしくは特定の人物によるものではなく人々の認識の広まりによって自動的にそういう風になっていくとか、そういう事を霊界側は考えているのかも知れません。平たく言うと「無血解決」1滴も血を流さずに邪悪を滅ぼすという事です。僕の物質界生活中に「宇宙一のバカ」大量強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を滅ぼそうとすると僕なり誰かなりの血が流されてしまうので霊界側はそこまでゴリ押ししようとしない。何しろ霊界には時間の概念がありませんので僕だろうが次の使命遂行者だろうがそんなモノは大した問題ではないはずです。が、僕から言わせてもらえればその生ぬるい考えがムカつくんだよ。決める時にバシッと決めろよ…続きを読む→
「全て殺されてきました」3000年にわたり使命遂行者は殺され続けてきたという意味です(祈)†■2024年3月27日UP■
「全て殺されてきました」3000年にわたり使命遂行者は殺され続けてきたという意味です(祈)†
「イエスの成年時代」の復刊書籍の表紙の線画を描くにあたってどうしてもそういうたぐいのモノを見ざるを得ない状況になってしまい、イエス様の磔刑(はりつけ)の宗教画とかを見ていたのです。するとイエス様が十字架を運ばされている絵が複数出てきます。自分が間もなく磔刑にされて殺される十字架を自分で背負って運ばされているのです。要するにイエス様が当時の民衆の人気者で、霊能がずば抜けていたために、それを当時の聖職者だの律法学者だのといった、自分の事をエライと勘違いしているバカヤロウどもが嫉妬して、イエス様にイヤガラセしてイジメて殺したと、そういう事だと思います。※「イエスの成年時代」の中に、逮捕、連行したイエス様を律法学者どもが取り囲んで取り調べをしている最中に、その中のひとりがイエス様に野獣のように飛び掛かって殴り倒すというシーンがあります。皆さまがどのようにお感じになられるか分かりませんが僕の考えをストレートに書きますと、聖職者だの律法学者だのといった人間は「原始人」です「原始的微生物」です。そういうおこないをして帰幽した先に、自分にどれほどの地獄が待ち受けているかを全く理解していない、宇宙最大級の近視眼の愚か者という事になります…続きを読む→
「魂の成長のためなんだよ」霊団が僕に苦難をやらせる理由です、もう聞き飽きた(祈)†■2024年3月20日UP■
「魂の成長のためなんだよ」霊団が僕に苦難をやらせる理由です、もう聞き飽きた(祈)†
「宇宙一のバカ」大量強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁に鉄槌を喰らわせる事もしなければ奴隷の女の子たちを助けてあげる事もせず、ただ半笑いで僕が苦しむところを見ているだけで終わらせるつもりなんじゃないだろうな。で、次世代降下チーム(霊界側で同じ時代に同じ地域に降下するチームがあらかじめ結成されるという事)が、僕が一生かけて蒔いたタネを活用してそこでようやく物質界の諸問題が解決されるとか(つまり僕の帰幽後のお話、今から50年後、100年後とか)そういうストーリーか。僕は前座か。本当に損な役回りだな。フゥゥ、僕なりに霊的知識を果てしなくお勉強していますが、確かに偉大な功績を残した先駆者の方々というのは、物質界では認められず帰幽後に霊界にて真の評価を下され、向上を果たし上層界に召されていると理解しています。※つまり逆に物質界で偉人とされて歴史に名を残している人物というのは霊界では全く評価されておらず暗黒の底に落ちているという事です。戦争勝利将軍とか、慈善家とか、富豪とか、そういうたぐいの人間です。「後なるものが先に」これは偉大な真理なのですが、物質界ではこの意味が全く理解されていません…続きを読む→
「実はもうハラールの準備が」意味不明の言い訳で自身の罪を回避しようとしているのです(祈)†■2024年3月13日UP■
「実はもうハラールの準備が」意味不明の言い訳で自身の罪を回避しようとしているのです(祈)†
皆さま、真実を見つめる眼をお持ちになって下さい。それは【視点外し】と言います。ごまかしです。ペテンです。ウソです。コイツらがどのような言い訳をしてきたとしてもそれをもって大量強姦殺人の大罪が軽減されるという事は絶対にありません。コイツらの言い分に耳を傾けてはなりません。コイツらが何と言ってきてもその視点外しに踊らされる事なく「真実一点」を凝視して下さい。その真実とは「明仁、文仁、徳仁、悠仁が大量強姦殺人魔である」という真実です。その真実から眼をそらせようとするコイツらの作戦にまんまと引っかからないで下さい。そもそも根本的にお考え下さい。大量強姦殺人魔に弁明の機会を与える事自体がまずおかしいのです。発言そのものを許してはなりません、問答無用で独房に入れなければなりません。発言させるならまず逮捕して身柄をしっかり拘束した上で監視下でしゃべらせるべきであって、自由の状態でコイツらが語る内容には一切情報としての価値はないとみるべきです。自身の大罪をゴマかし通そうとしてくるに決まっているからです、それ以外の事を言う訳がないでしょう…続きを読む→

長文テキスト75%完成中、急いで撃ちますが何年も前からずっと気になっているドローンについて再び調べたりしています。しかし結局ドローンを始めずにいる理由が「絶対に墜落する」という事で、僕は飛ばす場所が場所なので(山深い場所)稜線上で風を浴びたドローンが相当の高確率で墜落すると予測、しかも回収不能のところに墜落する可能性が濃厚、それを放置なんかしたら犯罪になります。

ドローン保険だの、回収サービスだの、余計な出費がかかり、さらに物損、人損の墜落なんて事になったら事故扱いとなりさらにシチメンドクサイ手順を踏まねばなりません。つまりドローンに翻弄されて使命遂行が阻害される状況になる事が目に見えているので、物質に翻弄される訳にはいかないので結局ドローンに手を出さずにいるという状況です。しかしやはり気になっているので思わずググってしまうのです。

さぁ寄り道はここまで、集中して一気にテキスト撃ち切ってしまいましょう。間もなくプロセス実行。間もなくプロセス実行(祈)†