「ヒゲのオッサン、ハッキリ言って動くんじゃねぇ」これは強姦殺人魔、文仁が僕に怒っている思念です(祈)†

「カッパ、怒られる」 wp.me/pa9cvW-nI このような過去ブログもありますが、2日に霊団が降らせてきたインスピレーション「ヒゲのオッサン、ハッキリ言って動くんじゃねぇ」これは強姦殺人魔、文仁Fumihitoの思念で、要するに僕、たきざわ彰人に「使命遂行やめろやめろ」と言っているという事になります。さらに3日「どーすりゃいーんだよー」と文仁の思念を追加で降らせてきましたが、つまり自分たちの邪悪の正体が完全に広まりまくってしまい、もう隠しようもゴマかしようもなくなっている、洗脳ももはや通用しない、このまま行ったら本当に死刑だ「どーすりゃいーんだよー」という文仁のシャウトの思念という事になります。

霊団いわく「総殺害数487」正確な数字はともかくとしてコイツらは盗んだ幼い奴隷の女の子たちを信じられない人数、四肢切断、強姦殺人して死肉を食べまくっています。このような人間のクズ、人類の恥、自分の事を皇族だの天皇だのと自称する強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁は「死刑」以外の未来は有り得ない訳ですが、もうひとつ「逆十字磔刑旋回スケッチ」 wp.me/pa9cvW-2ri の中でも書きました、僕が公言し続けている「宇宙一のバカ」という言葉に対して「どーすりゃいーんだよー」と思っているという事でいいでしょう。つまり明仁、文仁、徳仁、悠仁は3千余年の人類創世の歴史始まって以来の究極無二のバカとして登録される、今後未来永劫、人間の中で最もバカだったのは強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁であると日本及び世界の歴史に完全に登録され未来の人類に正しく語り継がれていく事になる、その歴代皇族の中でも特に赤ちゃんのピーチピチ(佳子)を盗んだ文仁が「永久第1位のバカ」として地球の歴史に刻まれる状態になる事を文仁が最大級に嫌がってグズリまくっているという事でいいのではないでしょうか。

とにかく皆さまには「切断死体の撮影」 wp.me/Pa9cvW-qD 「処刑遊び」 wp.me/Pa9cvW-tV はじめ、僕がこれまで書きまくってきた明仁、文仁、徳仁、悠仁の邪悪の正体に関するブログを何が何でもお読み頂き、正しい理解に到達して頂かねばなりません。※何しろこれまで書き続けてきたブログ量は膨大です。どこをどう読んでいいのか分からないという方がほとんどでしょう、僕は「ブログ内検索」を多用しています。この検索機能をパワーアップさせました。以前はブログタイトルのみを拾う検索でしたが現在はもっと幅広くヒットして様々な過去ブログを一覧表示してくれるようになっていますので、検索ワードをいろいろ工夫してぜひ思わぬブログを発見してお読み頂きたいと思うのです。 はい、文仁が「ハッキリ言って動くんじゃねぇ」と僕を脅す思念を心に抱いているそうですが、この「宇宙一のバカ」の未来は死刑以外にありません。僕たちのチカラで確実に血祭りにあげ、人類の恥として黒歴史に登録し、未来永劫語り継ぎ、2度とこのような邪悪が物質界にはびこる事がないようにしなければなりません(祈)†

F1ドライバーズポイントが下がり続ける幽体離脱時の映像の意味を説明してみましょう(祈)†

サクッと行きましょう。まず幽体離脱時にF1レースの映像を霊団が見せてきます。サーキット内をたくさんのマシンが走る映像をバックに「ポイントランキング」のテロップが現れます、こんな感じに。

■2019・F1ドライバーズランキング■
1 ルイス・ハミルトン イギリス メルセデス 197
2 バルデリ・ボッタス フィンランド メルセデス 166
3 マックス・フェルスタッペン オランダ レッドブルホンダ 126
4 セバスチャン・ベッテル ドイツ フェラーリ 123
5 シャルル・ルクレール モナコ フェラーリ 105
6 ピエール・ガスリー フランス レッドブルホンダ 43
20 たきざわ彰人 日本 スピードハイク 0

はい、TVでよく見る映像ですがひとつだけ有り得ない事がありました。それはドライバーたちのポイントがどんどん下がっていくのです。60、50、40、30と言った感じに。ポイントは増え続けるモノであって減る事はありません。つまりそこに霊団から僕へのメッセージが込められているという事になります。そしてもうひとつF1に代表される「車のレース」についてですが、これはF1が好きな方、関係者の方々が聞いたらさぞ怒り出すものと思われるのですが謝、これはあくまでも僕の個人的所感ですが、僕はもうこういうレースは「必要の無いもの、歴史的役目を終えたもの」と見ます。かつては車の性能を競い合って技術の進歩に貢献しましたが、現代に生きる僕たちはもう車にそういうものを求めていません。より生活に密着した、低燃費で環境にやさしく安価で長く安全に走れる移動手段を僕たちは求めているのであって、高価で速い車に乗る事がステータスであるとか、カッコイイとか、そういう考え方はごく一部の男性だけのものであり、ましてや女性は全くそのような価値観を持ち合わせていないでしょう。(車ではないがブランドに走るという事はあるのでしょうが…)

はい、霊団は今回F1のムービーを降らせてきました。霊団がただ酔狂で僕に対して霊力を行使する訳がありませんね。明確な意図、目的があってF1のムービーを降らせてきたのです。それを僕はこのように理解しました。先ほど「必要の無いもの、歴史的役目を終えたもの」と書きました、つまりこの映像は強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を擁護し続け国民を洗脳し続けている宮内庁、皇宮警察、政治上層部、TV等旧メディアの事を意味しているという事です。そしてポイントがどんどん下がっていくと書きました、それも強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を守り続ける人間たちのポイントが下がっていく、人気や必要性といったものが下がっていくという意味でいいでしょう。はい、今回霊団が降らせたF1映像の意味は、理解に到達するまでだいぶ苦戦させられましたがこんな感じにまとめてみました。幼い女の子を信じられない人数「処刑遊び」で四肢切断、強姦殺人して死肉を食べまくっている明仁、文仁、徳仁、悠仁を許す理由というものはこの全宇宙に存在しません。あるのはただひとつ「死刑」のみなのですが、その宇宙一のバカを国をあげて全力で守り通そうとしています。

旧メディアの洗脳を撃ち破り真実の情報を勝ち取る段階にまで精神的に向上しておられる聡明な日本国民の方々は、今回紹介させて頂いた映像の意味の解釈に納得して頂けるものと信じます。肉眼に映じる結果を招来するその時まで1億回でも皆さまにお伝えせねばなりませんし、そのために僕が皆さまに「しつこい」と嫌われる事になろうとも1歩も退かず絶対に達成せねばならない使命があるのですが、奴隷の女の子を強姦殺人しまくっている人間のクズを一体いつまで陛下だの殿下だのと呼び続け、血税を毎年プレゼントして守ってあげるおつもりでしょうか。それは優しさとは言いません「愚か」というのです。霊性発現前、かつての僕も全くの愚か者でしたが霊団のおかげて真実に目覚める事ができたのです。霊団いわく「総殺害数487」皆さまの想像をはるか超える天文学的人数の女の子を明仁、文仁、徳仁、悠仁は遊びで殺しまくっています。霊団は、この強姦殺人魔どもを擁護する旧人間を「必要ない」と表現しました。僕たちもそのように理性的思考で強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁をチリひとつ残さず完璧に滅ぼす事を実現せねばなりません。決して後回しにできません(祈)†

※僕はロボットアニメ大好き少年でしたのでF1マシンがカッコいいとも思いますし、以前はF1のテレビ中継を見ていた時もありましたが現在は全く興味も関心もありません。こういうレースは環境汚染以外の何ものでもなく上記に書きましたように「歴史的役目を終えたモノ」とみています。(オリンピックも必要ないと僕は思っているのですがこのお話はやめましょう)その、僕が完全に興味を失っているF1の映像をわざわざ霊団が降らせてきた事にももちろん意味があると思うのです。それはやはり「拡散」だと思うんですね。僕がそうであるように一般の方々は強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の事など一切興味関心はありません。が、その無関心がコイツらの悪行をのさばらせる原因となっているのです。霊団は僕にこういった一見使命遂行と関係ないジャンルのブログをわざと書かせ、それによってググった時に僕のブログが発見されやすいようにしていると予測します。「強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁」というキーワードでググる人は皆無でしょうが「F1」でググっているのにF1と関係ない僕のブログが紐付けされて出てくる、そういう風にしているんだと思います。

※あらゆるジャンルの人に明仁、文仁、徳仁、悠仁の邪悪の正体を理解させ1分1秒でも早く滅亡につなげる、そういう霊団側の狙いなのでしょう。霊団は「ブログ最優先」と仰いました。この世界、上には上がいますので僕よりはるか高頻度、膨大情報量でブログを書き続けているスーパーブロガーみたいな方がたくさんおられる事と思いますが、僕も霊団の導きに従い「強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の死刑、滅亡」という霊界側の悲願成就のために「イエス様ハンドリング」を徹底的に続け、1日たりとも休む事なく連続怒涛でブログを書き続けていきますので、ぜひ皆さまにご覧頂きたいと切に願うのはもちろんの事、お友達にも教えてあげて欲しいのです「たきざわ彰人、本気で天皇をブッ潰そうとしてるわよ」みたいな感じに。霊団は「ひどかったんだよとにかく」「止めたかった」とも仰っています。強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁が幼い女の子を遊びで殺しまくる様子があまりにもひどすぎた、何としてもやめさせたいという霊界側のご意志なのです。僕、たきざわ彰人は1歩も退きません、奴隷の女の子たちを必ず救出します(祈)†