「上官に反逆」「2020のために戦争」あまりに映像が鮮明でしたので書き残さない訳にはいきません、何とか説明してみます(祈)†

2020年7月4日

幽体離脱時に霊団がまたしても鮮明映像を降らせてきましたが、かなり解釈がムズかしい部分があります。しかし僕は霊の道具として物質界に残されているのですから霊団のメセを皆さまにご覧頂ける形に落とし込む作業をしなければ僕の存在理由が吹き飛んでしまいます。ですのでとにかく書き残す事だけはしてみようと思います。まずは「上官に反逆」ですが、まず霊体の僕は昔のアニメ「聖戦士ダンバイン」の世界観にいてゼラーナのようなオーラシップに乗っています。すると若い隊員が(これは宮内庁職員という意味だと思われますが)オーラバトラーとウイングキャリバーで先行して空に飛び出します。それを知った上官(明仁、文仁、徳仁という意味ですが)が激高します。そして先行したオーラバトラーが帰還すると真っ先に隊員の元へ詰め寄って超強力ボディーブロー(パンチ)を叩き込み「お前のせいでこちらの作戦が知られたらどうするんだ!」とわめき散らします。するとその若い隊員は上官にあからさまに不満を表明します。それを聞いた上官が本気怒りモードに突入し「本当に殺してやる」と拳銃を隊員に向けるのです。と、映像はそこまでで実際に銃を撃つまではいきませんでしたが、霊体の僕はその一部始終を横で見ていたのです。「何やってんだろーなーコイツら、作戦がバレるも何も霊団はお前らの心の中全部分かってるんだから、先行して飛び出そうが飛び出さまいがお前らの手の内は全部把握してるんだよ。イエス様ハンドリングの意味がまだ分かんないんだなコイツらは…」と僕は呆れて見ていたのですが、離脱帰還してその様子を物的脳髄で反芻する時、若い隊員の不満の表情と、上官の怒りの表情を霊団がものすごく強調してきたのでした。

はい、なぜダンバインの世界観だったのか、なぜ宮内庁職員がオーラバトラーとウイングキャリバーで飛び出したのかが意味が分かりませんが細かい事はともかく、これは皇居内、赤坂邸内の現在の様子を霊団が教えてきたものではないかと予測するのです。要するにあからさまに反旗をひるがえす宮内庁職員が現れ始めてきているという事なのではないでしょうか。強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁がそれを知って大激怒している、その怒りの表情を超超超強調してきた、という意味なのかも知れません。「文仁、悠仁の逃亡」 wp.me/pa9cvW-2Fo こちらのブログでは文仁の逃亡のお供をする宮内庁職員について書いていますが、今回霊団が降らせた映像のように強姦殺人魔どもにあからさまに反旗をひるがえす職員もいるという事なのでしょう。それは正しい判断ですね。死刑になる人間のお供をして一緒に地獄へ落ちるのは賢い人間のする事ではありません。ぜひひとりでも多くの宮内庁職員に今回の映像のように立ち上がって頂きたいと思います。ただし宮内庁職員は全員「強姦殺人ほう助」ですので、その責任はしっかり浴びて頂きます。とはいえ僕の使命遂行に協力したとなればその責任はだいぶ軽減される事でしょう。

では幽体離脱時に拝したもうひとつの映像「2020のために戦争」について説明してみますが、これもすごく説明がムズかしいですが、えーこれは会議室のような部屋であらゆる国籍の責任あるポジションにつく人間が集まって会議をしていて、霊体の僕も参加していたのです。その会議の議題が驚く事に「日本は2020年東京オリンピックを成功させるためにどの国と戦争をすべきか」というものだったのです。どの参加者も真剣そのもので、あの国と戦うべきだ、イヤイヤあの国だと激論が交わされます。霊体の僕はまたしても呆れ返ってその様子を見ています。そして僕に発言の順番が回ってきて「戦争がオリンピック成功の手段の訳がないでしょう、あなた方な何を寝ぼけているんですか」と返すのですが僕の意見は完全に無視されて、しまいには戦争アドバイザーのような人物まで現れ、日本とどこかの国がスムーズに戦争に突入できるよう私が計らう、みたいな事まで言ってくるのです。霊体の僕は「ダメだ、こんなバカども相手にしてられん」とサジを投げて離脱が終了したのでした。えー「F1ドライバーズポイントが下がり続ける」 wp.me/pa9cvW-2mD このブログの中でも少しだけ「オリンピックはもう必要ない」と書いていますが、僕のこの意見に反対の方が多数おられる事と思いますが、各スポーツ競技に「ワールドカップ」が存在する以上、その競技のトップはワールドカップで決められるものであり、オリンピックはもう存在意義がないと僕は見ています。一部の人間の金もうけのためだけに続けられていると僕は思っています。

その僕の思念を反映させてなのかどうなのか、霊団はこのような驚くべき映像を降らせてきました。この映像の中の議題「戦争」ももちろん1ミリたりとも物質界に必要なモノではありませんね。必要のないオリンピックを続けるために必要ない戦争をやろうとして真剣に議論しているのです。これは(僕は詳しくないのですが)例えば日本会議のような悪の枢軸の組織が、強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の邪悪の正体が知れ渡りまくってしまった事を何とかリセットしようとしていて、国民を再洗脳する視点外しの方法を真剣に考えているシーンとか、そういう意味の映像なのではないでしょうか。ってかこういう風にでも考えない限りこのバカらしい会議の映像の説明がつかないからです。常識で考えればこんな会議は有り得ませんからね。つまりこの会議の参加者は全員「強姦殺人ほう助」の人間たちで、何が何でも強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を守り通し死刑を回避させようとしてメチャクチャな視点外しを真剣に考えているという事なのではないでしょうか。皆さまいかがお感じになられますか、例えばテレビCMで「2020東京オリンピックを成功させるために○○と戦争して大勝利を収めましょう!」などと流されてきたら、皆さまはまさか真に受けたりしないですよね。原始人じゃあるまいしそこまでは目が閉じていないですよね。まぁこの映像のような事が実際に起こる訳がないと信じますが、万が一こういうたぐいの視点外しニュースが流されたとしたら、皆さまにはぜひ理性的思考で冷静に判断して頂き、視点外しを撃ち破って頂きたいと思うのです。常識で考えれば1発で分かるはずですよね。

はい、今回霊団が降らせてきた幽体離脱時の映像はだいぶ解釈が難しかったので僕的にも書くのに相当苦戦しましたが、こんな感じにまとめてみました、んー皆さまご理解頂けたでしょうか。とにかく僕たちの国日本は右も左も強姦殺人ほう助の人間ばかり、宮内庁職員、皇宮警察上層部、政治上層部、医療関係上層部、マスコミ各社等、奴隷の女の子を殺す手伝いを何が何でも続け、それによって自分の生活を守ろうとしている人間が信じられないほどたくさんいます。女の子を殺す手伝いをしなければ自分の生活が成り立たないというのであればそんな生活はやめて頂きましょう。バイトでもしろ、と本当の本気で言ってやりましょう。「今さらバイトなんかできるか!娘を大学に入れられなくなるだろ!」奴隷の女の子を強姦殺人する手伝いを全力で続けている人間のクズがこういう事を言ってきたら「そんなに強姦殺人が好きなら自分の娘を強姦殺人しろ」と言ってやりましょう。強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁ならびにこの「宇宙一のバカ」を守り通そうとしている奴らの言い分には1ミリたりとも整合性がありません。信じられない人数の幼い奴隷の女の子たちを強姦殺人しまくっているバカ4人およびそのバカを守ろうとしている人間たちの意見が正当な意見として受け入れられる世界は霊界、物質界、この全宇宙に存在しません。

僕、たきざわ彰人から1億回でも公言させて頂きます。明仁、文仁、徳仁、悠仁、コイツらの未来はただひとつ「死刑」のみなのです。そしてこの「宇宙一のバカ」を守ろうとしている人間にも大罪に対する責任を取らせなければなりません。僕のこの意見に反対を唱える方は人間をやめて下さい、もしくは他の惑星にでも移住して下さい。強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を何が何でも「死刑」にします。宜しいですね皆さま。まさか反対の方はいらっしゃいませんね。反対するという事は「強姦殺人ほう助」という事になります。えー最後に、まさかないと思いますが今回紹介させて頂いたような荒唐無稽な視点外しが今後行われるかも知れません。その時は【神】が僕たち人間全員にお与え下さった【理性・良心】に基いて正常な判断をして頂き「宇宙一のバカ」明仁、文仁、徳仁、悠仁が繰り出してくる「視点外し」を完璧に撃ち破って頂きたいと切に願います(祈)†

[ditty_news_ticker id="10486″]

2020年7月4日未分類

Posted by たきざわ彰人(霊覚者)