【10/10】霊関連書籍の内容の抜粋です(祈)†

日本の天皇一族、明仁、文仁、徳仁、悠仁は【強姦殺人魔】です。「死刑」にしましょう(祈)†

「世界心霊宝典3 スピリチュアリズムの真髄」より→「死の課程を経て肉体を捨てても、生前の記憶や性格を失わない。地上を去る直前まで身についていた人間性と記憶とをそのまま携えて新しい生活に突入する。死は人間の“生活の場”を変えるだけで人間そのものを変えるのではない」(祈)

「世界心霊宝典3 スピリチュアリズムの真髄」より→「霊及びエーテル体は物質に比べて性質や動きがあまりに精妙な為に、直接物質に働きかける事ができない。つまり物質界で生活するには物質と同じ波長を持つ肉体を媒体としなければならない」

「ベールの彼方の生活」より抜粋→「あなたが本物だと思い込んでいる身体も山も川も、その他全ての物質は霊界のそれに比して持続性も現実味も劣る。なぜならエネルギーの本源は霊界にあるからである。発電機の電力と、その電気で光るランプの電力の差が、霊界と地上の現実性の差なのである」

「世界心霊宝典3 スピリチュアリズムの真髄」より→「欲望や趣味が低俗な者は低い界層へ落着き、高尚な人はおのずと高い境涯へ落着く。大ざっぱではあるが以上が肉体を捨てた後の人間の辿る一般的コースである」

「シルバーバーチの霊訓 6巻」より→「でも勇気だけではだめです。知識が力になってくれる事があります。ぜひ理解して頂きたいのは、大切な知識、偉大な悟りというものは悲しみと苦しみという魂の試練を通してはじめて得られるものだという事です」

「シルバーバーチの霊訓 6巻」より→「物的なものはそのうち色あせ朽ち果てますが霊的なものは永遠であり、いつまでも残り続けます。物質の上に築かれたものは永続きしません。物質は殻であり入れ物に過ぎず実質ではないからです。地上の人間の大半がまぼろしを崇拝しています」(祈)

「シルバーバーチの霊訓 6巻」より→「あちらへ行って目覚めた時に、必ず付き添ってくれる指導霊の言う事に素直に従う事が何よりも大切だという事である」

「シルバーバーチの霊訓 6巻」より→「人生の究極の目的は、地上も死後も、霊性を開発する事にあります。物質界に誕生するのもそのためです。その目的に適った地上生活を送れば霊はしかるべき発達を遂げ、次の生活の場に正しく適応できる霊性を身につけた時点で死を迎えます」(祈)

「シルバーバーチの霊訓 6巻」より→「地上は保育所です。訓練所です。いろんな事を学ぶ学校です。身支度をする場です。潜在している才能が最初に目を出す場であり、それを人生の荒波の中で試してみる所です。そうした奮闘の中ではじめて真の個性が形成されるのです」(祈)

「シルバーバーチの霊訓 6巻」より→「幾十億と知れぬ人間が生活する地上に目を向けてみましょう。その大半が霊的真理にまったく無知なのです。その生活は悲劇と哀しみに満ちております。しかも、いずこに救いを求めるべきかを知らずにおります」

「世界心霊宝典1 霊訓」より→「人間は何も知らぬ!愚かさの極みである。邪霊がほくそ笑む事にあたら努力している。凶悪人から身体的自由を奪い、法の名の下に死刑を正当化している。断じて間違いである。かくして傷つけられた霊が霊界より復讐に出る事を汝らは知らぬ」

「シルバーバーチの霊訓 6巻」より→「物的存在はいつかは朽ち果て、地球を構成するチリの中に吸収されてしまいます。と言うことは物的野心、欲望、富の蓄積は何の意味もないということです。一方あなたという存在は死後も霊的存在として存続します」

「シルバーバーチの霊訓 6巻」より→「苦しみの淵を味わわずして魂の修練は得られません。それ以外に霊的修練の道はないのです。あなたみずから苦しみ、あなたみずから艱難辛苦を味わい、人生の暗黒面に属する全ての事に通じてはじめて進化が得られるのです」

「かもめのジョナサン」より抜粋→「この風変わりなカモメ、ジョナサン・リヴィングストンにとって重要なのは食べる事よりも飛ぶ事それ自体だったのだ。その他のどんな事よりも彼は飛ぶ事が好きだった」まさに僕そのもの!僕も何より“描くこと”が好きで他の全てを犠牲にしてきたんです(祈)

「シルバーバーチの霊訓 7巻」より→「霊界から見る地上は無知の程度がひどすぎます。その無知が生み出す悪弊は見るに耐えかねるものがあります。それが地上の悲劇に反映しておりますが、実はそれがひいては霊界の悲劇にも反映しているのです」

「シルバーバーチの霊訓 7巻」より→「墓の向こうにも生活があるのです。あなた方が“死んだ”と思っている人たちは今もずっと生き続けているのです。しかも、地上へ戻ってくることもできるのです。げんに戻ってきているのです」

「シルバーバーチの霊訓 7巻」より→「あなたも今のこの時点において立派に霊的存在なのです。死んでから霊的存在になるのではありません。死んでから霊体をさずかるのではありません。死はただ単に肉体という牢獄から解放するだけです」

「シルバーバーチの霊訓 7巻」より→「善はみずから報酬をもたらし、悪と罪はみずから罰と断罪を受けると私は説くのです。向上するのも堕落するのも本人の行為一つに掛かっているのです。人生のあらゆる側面を神の摂理が支配しており、それをごまかす事もそれから逃れる事もできません」

「シルバーバーチの霊訓 7巻」より→「苦しみを味わった者にはそれ相当の償いがあり、しくじった者には何度でも更生のチャンスが与えられるのです。神から授かった才能が永遠に使用される事なく放置される事はありません。いつかはそれを存分に発揮できる環境が与えられます」(祈)

「シルバーバーチの霊訓 7巻」より→「知識こそすべての者が所有すべき宝です。無知は未知なるものへの恐怖心を生みます。この恐怖心こそ人間の最大の敵なのです。判断力を曇らせ、理性を奪い、いい加減な出来心で行動する人間にしてしまいます」

「私は霊力の証を見た」より→「死後の世界は光と生命と幸福感にあふれた実に快適な世界なのだ。死んであの世に行った人は、よほどの事情でもない限り、この世へ戻ってきたいとは思わない。それは、あなたが二度と小学校へ戻りたいと思わないのと一緒である」

「霊は実在する、しかし」より→「霊界通信によると、高級界へ行くほど芸術性が増していき、その環境の美しさ、生活のすばらしさは、到底地上の言語では表現できないという。地上に存在しない音階や色彩が無数に存在する以上、それは当然であろう」

「シルバーバーチの霊訓 8巻」より→「地上の人間はなぜ知識よりも無知を好み、真理よりも迷信を好み、啓示よりも教理を好むのでしょうか。それがどうしても理解できないのです。私の理解力を超えた人間的煩悩の一つです」(祈)

「シルバーバーチの霊訓 8巻」より→「私は霊的にみて一番良い結果をもたらすと確信したガイドラインをお教えしているのです。霊的にみてです。物的な結果と混同してはいけません。時にはあなた方人間にとって大変な不幸に思える事が霊的には大変な利益をもたらす事があるのです」

■2021年5月5日UP■
「もちろん全員死にます」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁が消滅するという意味でしょう(祈)†
「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁が「もちろん全員死にます★」という事になります。僕、たきざわ彰人が暗殺もしくは公開処刑されるという意味だとしたら、僕は常にひとりで使命遂行していますので「僕が全員死ぬ」というのは表現としておかしいですね分身の術じゃあるまいし。本当に1億回でも公言させて頂きますが(このセリフを今まで何回言ってきた事でしょう…)霊団いわく「総殺害数487」信じられない天文学的人数の幼い奴隷の女の子を「処刑遊び」で四肢切断、強姦殺人しまくり死肉を食べまくっている人類史上最大級の犯罪者の大罪が許されたり罪が軽減されたりする世界は【神】が経綸するこの全宇宙のいかなる生活の場(惑星)にも存在しない、死刑以外の選択肢はないという事になります…続きを読む→
■2021年7月28日UP■
「これほどバカな事はないよ」明仁、文仁、徳仁、悠仁に国民の皆さまが呆れ返っているという意味です(祈)†
こういう人間たちは「証拠、証拠」と言ってきます。が、常識でお考え下さい。こんなトップシークレットの情報なんて一般ピーポー(People)の僕が入手できる訳がないでしょう。もし明仁、文仁、徳仁、悠仁の邪悪の正体がググって簡単に入手できるなら僕よりみんなが大騒ぎしているはずです。国を挙げて隠し通そうとして国民を洗脳しまくっているのです。だから僕は別の情報源で霊的に仕事しているんでしょう。「アナログ絵287」こちらのブログでも同じ事を書かせて頂いています。僕がここまで自分の人生を捨てて1円にもならない使命遂行を続けている「理由、動機」を説明して下さい。僕はポリーチェ(POLICE)に脅迫罪の訴えを反故(ほご)にされました。Twitter時代に「不敬罪(ふけいざい)」で激しく通報されました。それでも僕は全く使命遂行をやめません。なぜですか。理由、動機を説明して下さい。理由はただひとつ…続きを読む→
■2021年1月28日UP■
「もうウソは必要ないと思う」明仁、文仁、徳仁、悠仁が必要ないという皆さまの思念です(祈)†
もっと噛み砕いて分かりやすい表現で言ってみましょう、こうです。すっとぼけ続けている。という事です。公の場でメディアに向かって「たきざわ彰人、お前そろそろいい加減にしなさい」などと怒りの発言をしたらどうなりますか。僕のブログに一気にアクセスが集中してネット中に議論が噴出するはずです。で、ここで皆さまお考え下さい。もしコイツら、明仁、文仁、徳仁、悠仁が何も犯罪行為をしていない、心にやましい事がないのであれば議論が沸き上がって何も困る事はないはずです。かえって自分の身の潔白が証明される事になって願ったり叶ったりのはずです。しかし「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁はその議論が勃発しないように視点外しに終始していますね。行動には動機がある。つまりこうです、コイツらの邪悪の正体は実はもうとっくの昔に「周知の事実」なのです…続きを読む→

未分類

Posted by たきざわ彰人(霊覚者)