「それが自然の摂理です」天皇一族が滅びるのは自然、必然という意味です(祈)†

宇宙一のバカ

それが自然の摂理です

「脅迫」を絶対に許してはなりません(祈)†※(黒三角)またはテキストをクリックすると折りたたまれた説明が展開します。
※僕はセブン時代(2015年5~6月頃)「3千余年の人類創世の歴史始まって以来の究極無二のバカ、大量強姦殺人魔、秋篠宮文仁」の部下の人間(宮内庁職員と思われますが)に店内で「コロス」と脅されました。それを受けてポリーチェ(POLICE)に「脅迫罪」の刑事事件の訴えを起こしましたが、その僕の訴えは「反故(ほご)」にされ、未だに僕の訴えは無視され続けています。「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁およびポリーチェ(POLICE)は完全にすっとぼけ続けるつもりという事です。すっとぼけ続けているという事はどういう事ですか。僕のブログが真実だという証拠となります(祈)†
近々で「ある脅迫」を受けました。諸事情により詳細説明ができませんが「脅し」の部分に特化して使命遂行と関連させる形で少し書いてしまおうかという気持ちもあります。どうしても許せないものがあるのです。参考資料としてはこのようなものがあります。
パワハラ防止法

はい、今週は霊団が全然インスピレーションを降らせてこず、インスピレーションストックが枯渇した状態が続き、さらに幽体離脱時映像もクロッキーにメモもできないような意味のよく分からないものが連続して降ってきて「コリャ今週は長文撃たずに済むかな」と淡い期待を抱いていましたが、その甘い考えはもちろん霊団によって玉砕され、寸前のタイミングで大量のインスピレーションを降らせてきました。

今週も相当量のインスピレーションをリストから削除しましたが、それでもこの分量が残っています。さっそく羅列し、止まらず意味の説明に入りましょうコチラ↓

さぁ眠い目をこすって止まらず高速でテキストを撃っていきましょうハァァァ↓

流しますか、書かないといけない、沈めますか

これは「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の邪悪の正体を以前から知っていたが公言するまでには至らなかった方々の思念ではないでしょうか。

もうここまで真実の理解が国民に広まったんだからこのバカヤロウども(明仁、文仁、徳仁、悠仁)の正体を流していきますか
(気は進まないけど)たきざわ彰人の事も書かないといけないだろうなぁ
確かに日本の諸問題の根源を辿るとことごとくコイツらにぶち当たる(ココで霊団がピィィィンと高い波長を降らせてきました、そうだという事)我々はあまりにも長い年月にわたってコイツらを許しすぎた、もういい加減にコイツらを暗黒の底の底に沈めなければならない

いかがでしょう、こんな感じだと思うのですが。いつも書いていますようにこの上記の思念は「別に人間として当たり前の感情」であり、その当たり前を「洗脳」と「脅し」で押さえつけてダマしてゴマかしていただけであって、いつまでもダマし通せる訳がないのですから必ず滅亡の日はやってくるのです。とにかくウソをつき通してゴマかし通していただけなんです。だから僕はコイツらの事を↓

宇宙一のバカ

と公言してはばからないのです。僕のこの考えが皆さまの賛同を得られるものと強く強く信じますがどうでしょう。

↑目次へ↑

国に嘆願書ピィィィン

国に嘆願書

はい、これは僕以外のどなたかの思念のインスピレーションと思われます、というのも僕は「物的嘆願書」の事など今まで1度たりとも考えた事がないからです。しかし霊団はピィィィンといういつもの波長を僕の霊聴に響かせて強調してきました。という事は本当に嘆願書を作成、提出しようとしている方がいらっしゃるのかも知れません。

とはいえその嘆願内容が何であるかは僕には全く分かりません。もちろん「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を死刑、滅亡させる事に関連した嘆願だと思いますが(使命遂行と関係内容について霊団がインスピレーションを降らせる訳がありませんので)ピーチピチ(佳子)に関連した嘆願かも知れません。さぁどうでしょう。

ピーチピチ(佳子)

↑目次へ↑

オレが1番

これがアフォの極致、無能の極致、愚か者の極致の思念で「3千余年の人類創世の歴史始まって以来の究極無二のバカ、大量強姦殺人魔、秋篠宮文仁」の思念である事は間違いないでしょう。霊団からだいぶ初期の頃に教えてもらった事ですが、コイツは自分が「国民人気ナンバー1」で女子からモテていると本気で信じ込んでいるキ〇〇イです。

アナログ絵107

吉井園(よしいその)さんから赤ちゃんのピーチピチ(佳子)を盗んで自分の娘として登録し、ピーチピチの事も幼い頃から奴隷の女の子たちと全く同じようにヒドイ扱いをし続け、あげくの果てに自分の赤ちゃん泥棒の発覚を隠ぺいするために吉井園さんを強姦殺人してザクヤーを使って関係者を脅して黙らせたキ〇〇イの極致の男です。

ピーチピチ(佳子)の真実の母親「吉井園(よしいその)」さんです(祈)†

その究極のバカ男が「オレが1番」と思念を抱いているのだそうですが、皆さまはいかがお感じになられるのでしょうか。ひとつ霊的なお話をさせて頂きますが【神】から個的存在を賜って物質界に降下した人間は、帰幽後に例外なく全員が霊界生活に突入し、人間は「死ぬ事のない永遠不滅の存在」ですから、3千年4千年の間に物質界で生活した人間の全てが霊界に存在している訳です。つまり霊界の人口は物的数字で表現できない規模という事になります。

その中で進歩向上を果たし霊界上層界に進出して光り輝く存在となった「先生方」の人数を想像してみて下さい。「インペレーターの霊訓」の中に、インペレーター霊の容姿についての解説がありますのでぜひお読みになって頂きたいですが、インペレーター霊のようなとてつもない光輝を放つ先生方、人生の諸先輩方が、霊界上層界には信じられない人数存在し、地球圏霊界の経綸に従事しておられます。

その先生方から見れば、僕たち物質界の人間などは「虫ケラ1匹にも当てはまらないような全く取るに足らない存在」であるはずです。その虫ケラ以下の文仁が「オレが1番」だと思っているのだそうです。僕はずっと「母と子の心霊教室」著者パーマー先生の言葉↓

無知ほどこわいものはない

を公言し続けていますが、自分よりはるかはるか高潔な人格を有し、魂が純化、精錬を極めて全身から想像を絶する光輝を放つ存在へと進化した高級霊、人生の諸先輩方の存在を全く認知しておらず、神が創造した全宇宙の中の砂の一粒でありほぼ最低ランクの生活の場である物質界の中で「オレが1番」と豪語している男が、いかに近視眼かつ愚劣の極みであるかをぜひ皆さまにご理解頂きたいと思うのです。

「上には上がいる」という事を理解していない人間がいかに愚か者であるかという事。ご参考までにだいぶ昔にこのようなブログも書いています↓

■2013年1月12日にUPしたブログ■
勉強しましょうよ(祈)
WordPress
wp.me/pa9cvW-dD
文仁が人類史上最大級のバカであり帰幽後に暗黒の底の底に落ちて千年万年の悶絶を味わうのは自業自得ですから放っておくとしても、幼い時からその文仁の教育を一身に受けて成人した女性、ピーチピチ(佳子)も、まさか文仁と同じような考えを心に宿して生活しているのではないかと思うと末恐ろしい気分になります。

どうかピーチピチ(佳子)には正しい生活に目覚めて頂きたいと痛烈に願うのですが、こればかりは本人に自覚が芽生えない限り周りがどれだけ騒いでも何の効果もありません困りました。

アナログ絵169

■2021年4月28日UP■
文仁が「ヒゲ」を剃ったとして、それが一体何だって言うんですか。皆さま絶対ダマされないように(祈)†
ここは惑星レイパーキングダム。ここでは男性のヒゲに特別な意味が付与されている文化が根付いており、ヒゲを剃り落とすとその男性の悪行がたちまち無罪放免になるという。レイパーキングダムに生息する男、文仁はいつものように幼い女の子を誘拐してきて強姦殺人しました。そして通報を受けてポリーチェ(POLICE)が文仁のところへ急行します。すると文仁は、ついさっき強姦殺人した女の子の死体が横たわる前で、ヒゲを剃り落とした顔で平然と立っているのです。その姿を見たポリーチェは「あぁヒゲを剃ったんですね、ではあなたの行いは帳消しとなりました。あなたは無罪です」と言って文仁を逮捕せず立ち去ってしまいます。文仁はニヤリとしながら再び2週間くらいかけてヒゲを生やします。そして十分に生え揃った頃合いを見計らって再び近所に住む幼い女の子を誘拐して強姦殺人します。そして再びヒゲを剃り落とします。またポリーチェPOLICEがやってきますが、文仁がヒゲを剃り落としているのを見て「あぁヒゲを剃ったんですね、ではあなたは無罪です。我々はこれにて失礼します」と言ってポリーチェはまたしても文仁を逮捕せずに立ち去ってしまいます…続きを読む→

↑目次へ↑

死刑にして、もう

これは「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の邪悪の正体を正しく理解した聡明なる賢明なる日本国民の方々の思念ではないでしょうか。

そして「死刑にして、もう」のインスピレーションは【神】から個的存在を賜って人間として人生を送り【神】からのプレゼント「理性・良心」に基いて思考する事ができる僕たち人間が到達する至極当然の思念、結論と言えるでしょう。

これ以上当たり前の感想はないという意味です。「処刑遊び」と称して信じられない人数の幼い奴隷の女の子を笑いながら四肢切断、強姦殺人しまくり死肉を食べまくっている人間に対して僕たちが抱く感情は「死刑にして、もう」これ以外に有り得ないからです。

アナログ絵287

↑目次へ↑

コレどうなんの?

これも僕、たきざわ彰人の使命遂行をご覧の方々の思念と思われますが、僕から念押ししたい事としましては「コレどうなんの?」ではなくて「死刑以外に有り得ませんよ、常識でお考え下さい」という事になります。

この僕の考えに反対の方は反対理由を説明して下さい。大量強姦殺人魔を死刑にしない理由を説明して下さい。僕より国民の皆さまを納得させてみて下さい。っとと、そう言うと「洗脳」「ウソ情報」「脅し」を駆使して国民の認識を捻じ曲げる事を絶対にやってくるはずですから、その説明を許す訳にはいきませんね。

↑目次へ↑

変えようピィィィン

これは昨日、山のアタックの帰りの運転中、左手に「インペレーターの霊訓」の書籍を持ちながら運転していた時、ふとあるポスターに「変えよう」と書いてあるのを見たのです。僕がその文字を見た瞬間に霊団がピィィィンと波長を降らせて強調してきたという事がありました。

これはそのポスターが謳っている意味を霊団が強調してきたのでは断じてなくて(イヤなポスターだったんですよ)使命遂行と関連させた意味で波長を降らせてきたという事になります。で「何を変えよう」という意味で霊団が波長を降らせてきたのかの説明は僕の口からは言わない方がいいでしょう。

アナログ絵286

↑目次へ↑

敵う国がいなくなる

これは削除しても良かったインスピレーションかも知れません。全く意味の説明ができません。

↑目次へ↑

本人は全く何とも思ってない、僕は霊界人間

僕は霊界人間

まずこの「本人」とは僕、たきざわ彰人の事で、僕が何を「何とも思っていない」のかの説明がチョトできないのですが、ひとつ霊的説明をさせて頂けば、次のインスピレーション「僕は霊界人間」に関連する事ですが、僕は霊性発現初期の頃から一貫してずっとずっとずぅぅぅっと↓

アナログ絵153

帰幽カモン

と公言し続けています。僕は物質界での人物評価に一切重きを置いていません。なぜなら僕は物質界生活中は絶対に正しく理解される事はないからです。百歩譲って僕の性格、人物像は理解して頂けたとしましょう、しかし僕が日々味わわされている霊的現象、霊的体験、もっと言うと霊的苦難はご理解頂けない事と思います。こればかりは体験がなければ理解の素地がない事になりますので。

インスピレーション「本人は全く何とも思ってない」は、僕がある状況に突入したとして、それを僕が何とも思っていないという意味なのですが、僕はとにかく一刻も早く物質界との縁を切りたい、2度とこの最低界に降下させられないようにやるべき仕事、責任をキッチリ果たす事に集中していますので、物質界で僕がどういう状況になろうが、僕がどんな誤解を受けようが「ハッキシ言って知った事ではない」のです。

とにかく僕の帰幽後に間違いなく僕の人物像は捻じ曲げられ、ブログの内容も徹底的に改ざんされ、気付いた時には僕、たきざわ彰人という人間はまるっきり別人格として描かれているという事になるはずです。もしくは「最初からそんな人間は存在しなかった」とでも言わんばかりに僕に関する情報は完全に削除され、国民に向けて徹底的に視点外しを行って僕の存在を国民の頭と心から消しにかかってくるはずです。

そんなモノ気にしなくても、正しい行いをして胸を張って帰幽すれば、霊界にて正当な評価を下され、僕の人格、霊格に見合った境涯での生活に突入し、それきり2度と物質界との関わりを断つ訳ですから、その最低界で僕という人物がどういう風に語られる事になろうとも、そんな事にはまるで興味がないのです。

現在、山に向かう車の運転中に「インペレーターの霊訓」を読み進めていますが、ある一定レベル以上の進歩向上を果たして燦爛たる光輝を霊体から放つに至った高級霊の方々は、もう物質界に降下しようとしてもできなくなるのだそうです。降下したとしても物質圏では全く呼吸ができず、ごく短時間しか滞在できないと書籍にあります。

僕もできるだけ早くそうなりたいと思っているのです。ですのでご覧の皆さまの目に「本人は全く何とも思ってない」と映るとしたら「それは当然です、物質界でああなりたい、こうなりたいという願望がそもそもないのですから」という事になります。

処刑遊び

↑目次へ↑

あとは任せましょう、任せなさい、それが自然の摂理です

今回のブログのタイトルに冠しましたインスピレーション。説明後述。

↑目次へ↑

本当にやんなってくるよ

これも僕の使命遂行の進捗をご覧の方の思念と思われるのですが「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁に対して「善人ぶった情報ばかり流しやがってホントコイツらムカつく」と思っておられると信じたいところなのですが、残念ながら僕、たきざわ彰人に対して「やんなってる」という風に意味を受け取れなくもないインスピレーションとなります。

奴隷の女の子たちを救出するために指1本動かした事もない、暗殺の危機に身を晒して行動を起こした事もない人間が、命を懸けて使命遂行している僕の事を「やんなってくる」と思っているとしたら、一体どういう神経の持ち主ならそういう言葉が口をついて出てくるのでしょうと言わざるを得ません。

上記インスピレーションの説明で「帰幽カモン」のお話をしましたが、これもやはりそれに帰着します。人間として当たり前の事をやっているだけなのに、この物質界、最低界では僕は徹底的に軽蔑、嘲笑、誤解、嫉妬、侮蔑、罵倒を浴びせられます。こんな狂った世界に誰が2度と戻りたいと思いますか。

↑目次へ↑

苦しい違和感はなく、ほとんど抜粋をされてないそうですが

苦しい違和感はなくほとんど抜粋をされてないそうですが

これは僕のWordPressブログのテキストをだいぶ深いレベルまで読み込んで下さった方の「僕の語る内容に対する所感」と思われるインスピレーションでしょう。

ちなみにWordPressは使命遂行の途中から採用して使い始めたCMSであり、それ以前から無料ブログ等でずっと投稿を続けていました。それらもWordPressでご覧頂けるように本当はしないといけないのですが、どうにも手が回らずそこまではできずにいます。しかしだいぶ昔に書いたブログの内容と現在書いている内容にそれほどの差異はないと自分でも思っています。

一応ご覧の方にも「苦しい違和感はなく」ですから、語る内容に一貫性があると感じて頂けているのかも知れません。だとしたらそれは僕の物的脳髄によってそのようになっているのではなく「霊団のインスピレーションを情報源にしてブログを書いている」からこそその一貫性が保たれているのだという事をご理解頂きたいと思います。僕の物的脳髄ではこの一貫性は絶対に表現できないでしょう。

あと「ほとんど抜粋をされてないそうですが」これは僕がWeb上のテキストをコピってブログで使用するという事を全くしていない(チョットはしたかなぁ?)という意味ですが、いつも書いていますように僕は↓

霊団が降らせるインスピレーション(霊的情報)に基づいてテキストを撃っている

という事になりますので、基本的に物質界のどこかの文章をコピって抜粋するという事はありません。あ、霊関連書籍の内容は抜粋しますよ、それはむしろ僕の小我で着色するのは絶対禁止で、書籍の文章をそのまま掲載する事がとても大事です。

インペレーター霊も「物質界の人間が文章なり音楽なり絵画なりを自分の能力で創作する事はまずないと言っていい」このように仰っていますし、あと「スピリチュアリズムの神髄」の中にも「物質界での歴史的出来事は全て霊界に端を発している」と書いてありました確か。

物質界に籍を置く僕たち人間は創造的能力というものはほとんど持ち合わせておらず、創造的作業というのは全て霊界にて行われ、物質界の僕たちは単なる受信装置、送信装置なのだそうです。この霊的知識を理解していれば、おのずと発言、行動が謙虚になるはずです。

皆さまも文章なり何かを書こうとした時に、ふと良い考えが浮かぶ事があるはずです。それはあなたの守護霊がアイデアを吹き込んで下さっているのであり、あなたが思いついたのではありません。

僕のWordPressブログを感心してご覧になっておられる方がいらっしゃるとしたら最大級の感謝の念を捧げますが、僕のブログの一貫性は「霊団演出」であるという事を銘記しておきます。しかしところどころ「アリ?ココおかしいな」という部分がある事と思います。その部分は僕の小我によって書かれた文章だと思います。霊団は間違わない、僕は間違えるという事です。

↑目次へ↑

生活できません

これは「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の思念、もしくはこのバカヤロウどもの事を賛美し擁護し続ける宮内庁、皇宮警察、政治上層部等の強姦殺人ほう助の人間の思念ではないでしょうか。

つまりこのインスピレーションの意味は、国民に向けてウソ洗脳情報を流し続け認識を捻じ曲げ続け、ダマし続ける事によって生活が成り立っている人間たちが「このままでは生活ができなくなる」と寝言をほざいているという意味ではないでしょうか。

だとしたら僕、たきざわ彰人から提案ですが、国民の皆さまに実情を正直にお話して助けを乞うてみてはいかがですか、こういう感じに↓

あなた方が真実に目覚めてしまったら私たちは給料をもらえなくなってしまいますので、どうか洗脳にダマされ続けていて下さい、バ〇でい続けて下さい。そうすれば私たちの生活は安泰なのです。真実を追求しようとせず毎日娯楽を見て笑って過ごしていて下さい。

人々をダマし通す事で生計が成り立っている、その生きる姿勢が根本的に間違っているという事。物質界で国民をダマし通せたとしても、自分が責任に問われずに物質界での人生を終えられたとしても、そのウソをつき通した行いによって帰幽後に自分を地獄に突き落とす結果になるという事を全く理解していない、霊的知識に無知な人間の愚かな思念という事になります。

日本の天皇一族、明仁、文仁、徳仁、悠仁は【強姦殺人魔】です。「死刑」にしましょう(祈)†

↑目次へ↑

霊団に委ねるのが1番、見くびってもらっては困る、進む道は任せるんだ

霊団に委ねるのが1番

霊団が降らせるインスピレーションには常に「良い意味」と「悪い意味」のふたつが封入されており、僕はいつもその「良い意味」の方をピックアップしてブログを書いている訳ですが(自分がヒドイ状況に突入させられるという内容のテキストを誰が撃ちたいと思いますか)ブログにこそ書いていませんが(書いてるか十分…)霊性発現を果たして以降この10年間、徹底的にムカつかされながら生きてきました。

僕が霊団に対して抱いている怒り、憎しみの感情はもはや修正変更不可能であり、帰幽後に「絶対に神に審問を要求してコイツら(霊団)に僕の人生を完璧に破壊した責任を取らせてやる、地獄に落とさなければ僕の気が済まない」とホントの本気で思っている訳ですが、霊団はその僕の「お子ちゃま小我」に対して「我々に任せておきなさい」と呆れているインスピレーションになります。

僕は毎週相当量のインスピレーションをリストから削除し、皆さまに紹介、説明せずに「お蔵入り」にしていますように、ブログに書いていない事がそれはそれはたくさんあるのです。それはもう本当に僕の残された物質界の人生がヒドイ状況に突入させられるといった感じの内容のオンパレードで、一体どの口がそれを言うんだよと神経を疑うものばかりなのです。

しかし僕はそれでもこうして「イエス様ハンドリング」霊的使命遂行を続ける事ができています。それはひとえに「守護霊様の導きが素晴らしすぎた」という事に帰着するのです。

守護霊様のおかげで僕の物的脳髄にはまぁまぁのレベルで霊的知識が詰め込まれています。その霊的知識に照らし合わせて種々の判断を下せるからこそ道を踏み外さずにイエス様のご意志を遂行し続ける事ができているのです。

守護霊様のおチカラなのです、守護霊様がスゴイのです。これだけ霊団の事を激しく憎んでいるのにインスピレーションに従い続ける事ができているのは守護霊様のおチカラなのです。

「霊団に委ねるのが1番、見くびってもらっては困る、進む道は任せるんだ」このインスピレーションだけをご覧になれば良い意味しかイメージできない事と思いますが、この裏に様々なムカつく意味が込められていまして、とてもそれは説明し切れないのです。

■2021年2月10日UP■
僕がこの8年間、霊団から強制的に見させられている最悪映像について説明してみます(祈)†
行動には動機がある、と公言し続けていますね。霊団はもちろん僕が刑務所映像を嫌がっている事を把握しています。しかし僕にこれだけ憎まれても見せ続けてくるのには理由、動機があるという事になります。その動機こそ他でもない「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を死刑に追い込み奴隷の女の子たちを救出するため、もっと言えば、物質界に長らくはびこる邪悪、この「大量強姦殺人容認システム」とも言うべき仕組みを完全に破壊する、つまり、この大願悲願を成就させるためには霊の道具(アキトくん)にブログを書かせ続けねばならない(あと情報拡散もやらせねばならない)我々はインスピレーション(つまりブログネタ)は降らせる事ができる、が仕事の舞台は物質界なので、物質界に残した道具(アキトくん)がブログを書く時間を確保せねばならない、アキトくんがこの仕事を嫌がっているのは承知しているが、アキトくんがデザインの仕事に戻ってしまったら(ブログDreamworkでも説明していますようにデザインの仕事は大抵都内で通勤時間が往復3時間以上かかり、さらにデザインの仕事は残業が多いので)ブログを書く時間が消滅してしまう…続きを読む→

↑目次へ↑

あきらめろ

これは霊団から「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁に向けられた引導のように感じられますね。霊団の事はムカついてますがそれは素晴らしい。いつも書いていますように霊団に対しては「プライドを見せろ、言った以上その通りに実現させろ」と念押ししたくてたまりません。

アナログ絵285

↑目次へ↑

はい、では今回のブログのタイトルに冠しましたコチラのインスピレーション↓

あとは任せましょう、任せなさい、それが自然の摂理です

任せなさい

について説明をして終わりとさせて頂きますが、まず「あとは任せましょう」これはご覧の皆さまが僕、たきざわ彰人に対して任せましょうという思念となりますが、どういう意味の任せましょうなのかは説明ができません。

ただひとつ、皆さまが僕に任せましょうと思って下さっているとしたら感謝なのですが、僕は修行の末に霊的チャンネルが開いて霊の道具として使用できる状態になっただけの受信装置でしかなく、その道具を駆使して仕事をする使命遂行の本体は霊団ですので「任せましょう」は霊団に対して言いましょう。僕はただ絵を描くだけのオサンですので。

で、次の「任せなさい」が霊団から僕に向けられた思念となります。↓

アキトくん我々に任せなさい。全ては順調に進んでいる。我々は全情報を掌握している、キミは全体のごく一部分しか見えない。その我々が大丈夫と言っているのだから自信をもって前進しなさい。キミは滅私、謙虚を貫いて我々の導きに従いさえすればいいのだ。

アナログ絵123

だいたいこのような意味となりますが、このテキストだけをお読みになった皆さまは「さぞ良い意味」に受け取る事でしょう。が、僕は毎週、相当量のインスピレーションを皆さまに紹介せず意味の説明もせず削除(お蔵入りに)していると書いていますよね。

この「任せなさい」の裏にいくつもの「ムカつくインスピレーション」が隠されているのです。皆さまはそれをご存じない、僕はそれを聞かされているから簡単には喜べないのです。本当に頭にくる事をたくさん言われているのです。単純なお話では決してないのです。

僕が霊性発現を果たしてから(2012年6月)一体どれだけの月日が経過していますか。霊界の人間というのは目標に到達するのに一体どれだけの時間をかければ気が済むのですか。

あんたたちは守られた幸福な境涯で何ひとつ不自由なくのほほんと暮らしながら、気が向いた時に僕の霊聴に一言二言ちょろっとインスピレーション降らせて、あとは高見の見物を決め込んでるだけ。あんたたちがそうやってモタモタしている間も僕はひとり物質界に残されて来る日も来る日もヒドイ人生をやらされてるんだよ。
あんたたちのそのノンキな態度を見ていれば何をどうやったって頭にくるんだよ。霊界の人間は動きが遅すぎる。肉体には寿命ってものが設定されてるだろ、いつまでも永遠にココに残って仕事はできないんだぞ。僕はもう結構年齢がイッてる、残された時間はそんなに多くないって事は僕よりあんたたちの方が分かってるはずだろ。

はい、皆さまにグチを聞かせてしまって申し訳ありませんが、霊界の人間の動きの遅さには本当に頭にくるものがあり、物質界に残されている僕にはどうしても納得がいかないのですが、この問題に関してはシルバーバーチ霊が書籍の中で何度も「地上の人間がせっかちであるために霊界側の計画が台無しになる事が往々にしてある」といった趣旨の事をお話しておられますよね。

その霊的知識に照らし合わせて何とか僕もガマンしているのですが、心の中、本心は怒りでいっぱいなのです。とにかくコイツらは仕事が遅すぎる。「丸10年だよ」というブログも書きましたよね、本当にコイツらの"のほほん"ぶりにはカチンとくるものがあるのです。

■2021年9月8日UP■
「丸10年だよ」僕の人生を完全に破壊した霊団の言葉です。軽々しく言いやがって人の気も知らずに(祈)†
丸10年だよ、皆さまどうかこの言葉を簡単にサラッと流し読まないで頂きたいのですが、これは僕の人生が霊団主導で10年間破壊され続けたという意味で、僕がこの10年に味わわされてきた最低最悪の出来事の数々を霊団が一言でコロッと片付けてきた、という意味になるのです。この僕の10年にわたる積年の恨み、どうやったら皆さまに理解して頂けるでしょう。そして、奮闘を忘れていません、これも「アキトくんの10年間のガンバリは我々は忘れていない、しっかり心に刻み付けているよ」という霊団の言葉なのですが、僕は霊団の事をいつも何と言っていますか「口だけ霊団」ですね。これぞ口だけの上っ面の軽薄発言そのものであり、さも同情的な事を言っておいて実質僕に現状の苦しい状態を続けさせようという霊団のごまかしの言葉となります。ムカムカ×1億 さらに…続きを読む→
では最後のインスピレーション「それが自然の摂理です」これで終わりとさせて頂きますが、これは「悪が永遠に存続する事は有り得ない、必ず滅びる」という意味で間違いないでしょう。どういう意味か僕が理解している範囲内で説明してみましょう。

それが自然の摂理です

【神】は自分の子供たちつまり僕たち人間全員に「理性・良心」というプレゼントを与えて下さっています。その理性、良心が「既得権を許せない」と自然に、自動的に怒りの感情を覚えさせます。
他人の宝物を盗み続けて神の公平な分配を妨げて自分たちだけ資源を欲しいまま捨て放題の生活を送り、仕事もせず毎日女の子をレイプしながら遊び呆けて、国民に対しては「自分たちが善人で国民に親しまれている」とウソニュースを流し続けてふんぞり返って生活を続けています。
みんなそれが「大偽善」のウソだという事などとっくに分かっています。ただ脅されて言えずにいるだけで心の中では「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁に対する怒りがドンドン蓄積されていきます。

どこかのブログで「ダム決壊」という事を書いたと思うのですが、その人々の怒りが蓄積して必ずダムが決壊する時がきます。これは自動的にそうなります。この一連の事象の事を霊団は「それが自然の摂理です」と表現したのではないでしょうか。あ!思い出しました。アナログ絵150に描きましたよね。

アナログ絵150

つまりインスピレーション「それが自然の摂理です」の意味は↓

「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁が死刑、滅亡するのは自然の成り行きであり必然であり「神のご意思」である。神は他の子供たちを搾取し苦しめる出来の悪い子供をいつまでも許容する事はしない、必ず矯正の境涯に落とす事をなさいます。
という事になると思います。皆さま自分の心に正直になりましょう。【神】がプレゼントして下さった「理性・良心」に素直に従う心を持ちましょう。すると自然の摂理によってダムが決壊し「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を死刑、滅亡に追い込む事ができます。

ただ僕から追記したい事としましては、霊団のこの表現は「生易しい」です。僕から皆さまに訴えたい事としましては↓

ココは物質界です。思念を抱くのは結構ですが、霊界は思念が実在の世界ですが物質界では心に思うだけでは悲願は成就されないと思いますのでやはり「具体的行動」が必要と僕は考えます。
「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を僕たち日本国民のチカラでキッチリ死刑、滅亡に追い込み、奴隷の女の子たちもしっかりと救出してあげるために、心に思うだけでなく実際のアクションを起こしましょう。情報拡散に協力して頂くなど理想的協力方法と思うのですがいかがでしょうか皆さま(祈)†

↑目次へ↑

■2021年8月13日UP■
「死体切断はもったいないから」明仁、文仁、徳仁、悠仁が奴隷の女の子を四肢切断する理由です(祈)†
ブタ(奴隷の女の子)は死んだけど、この死体はまだオモチャとして遊べる、このまま捨てたり焼いたりしたらもったいない、最後の最後まで遊び倒さないといけない。世界中でこの遊びができるのは俺たちぐらいのもんだ、ホラ悠仁、お前もブタの胴体を切って遊べ、人間を殺すのは楽しいだろ、これが俺たちの仕事だぞ。これからも国民を殺しまくって遊ぶんだぞ。イーッヒッヒッヒッヒッヒ♪つまり奴隷の女の子たちの人生、人権、性格、夢、そして生命、それら全てをオモチャにして遊ぶ事ができるのは世界で俺たちぐらいのものだ、ただ殺すだけじゃもったいない、女の子が生きている間も、泣き叫んで助けを懇願している時も、四肢切断した後も、強姦殺人する時も、女の子が死んで死体となった後も、その死体を切り刻む時も「処刑遊び」の全シチュエーションをバッチリ撮影して記録に残し、最後の最後まで徹底的に遊び倒さないといけない…続きを読む→
■2021年6月30日UP■
「とにかく終わらせましょう」悪の支配を終わらせましょうというピーチピチ(佳子)の思念だと思いたいですが(祈)†
三千余年の人類創世の歴史始まって以来の究極無二のバカ、美人の女性「吉井園(よしいその)さん」から赤ちゃんのピーチピチ(佳子)を盗んで自分の娘として登録した人類の歴史上最大級のS〇Xバカ「文仁Fumihito」の思念と思われます。要するにアナログ絵322のこの部分を見て文仁が頭にきているという意味でいいのではないでしょうか。しかし皆さまに共感して頂けると強く信じますが、文仁に対して「頭にきてるのはコッチの方だよ寝ぼけた事言ってんじゃねーよ」こういうセリフを投げつけたくなりませんか。イヤそう思ってもらわねば困るのです。奴隷の女の子たちを「処刑遊び」で日常的に四肢切断、強姦殺人しているだけではありません。明仁、文仁、徳仁、悠仁、コイツらは「犯罪のデパート」です。コイツらは自分たちが何をやっても逮捕されない、罪に問われないと本気で信じ込んでいるために生まれてから死ぬまで自分の人生全てで大犯罪を繰り返しているのです…続きを読む→
■2021年6月2日UP■
超久々に霊団最接近の「ブゥン!ブゥン!」という振動音を霊聴に聞きましたが、その意味は…(祈)†
霊団が犠牲を払って地上圏に降下するのには“理由”があります(祈)†だいぶ前にこのようなブログを書いた事がありますが、ここで説明している「ブゥン!ブゥン!」という、霊団が僕の肉体に最接近した時に聞こえる高速振動音を今日再び霊聴に聞きました。ずっとそれが霊聴に響き続けていたせいで寝不足にさせられて正直カチンと来ていますが、この霊団最接近の意味は過去ブログでも「祝福」か「慰め」だと書いていますが、今回は間違いなく悪い方の意味だと予測します…続きを読む→

未分類

Posted by たきざわ彰人(霊覚者)