「文仁、悠仁の逃亡」秋篠宮の最後とも言える映像を霊団が降らせてきました。逃がす訳ないだろ(祈)†

2020年7月5日

えー幽体離脱時、映像は鮮明だったのですが細かい部分までは反芻できませんでした。反芻できたポイントだけ書き残す事とします。まず男ばかりの部屋の中に文仁、悠仁がいます。(この男たちは宮内庁職員という事でしょう、たぶん)離脱中の霊体の僕もそこに訪れていました。そしていよいよ文仁、悠仁が本格的な逃亡の準備をしているのです。僕に向かって「絶対戻ってやるぞ」と捨てゼリフを吐いています。大量強姦殺人魔が戻れる訳ないだろ、ホントにバカだなぁ、僕がそう思っていると今度は部屋の外の映像に切り替わり、アスファルトの道路上で最後の撮影会が始まります。文仁、悠仁だけでなく大勢の男子が逃亡のお供をするようで、アイドルユニットのように整列してポーズを取るのです。それを大勢の男子たちが「最後だぞ、記念だぞ」と言って撮影しているのです。その撮影の渦の中、僕ひとりだけは撮影をせず傍観していました。「誰が強姦殺人魔なんて撮るか。身内で何をやってるんだコイツらバカじゃねーのか」と呆れたように見つめていた、そういう感じの映像でした。

他にもいくつかのファクターがあったのですがすみません、チョト反芻できませんでした。とにかく文仁、悠仁が国外逃亡だか何だか知りませんが逮捕、死刑を回避するためにどこか遠くへ逃げる、そして当分帰ってこない、そういう内容でした。この映像の最大の特長はとにかく「身内」だけでワイワイ騒いでいたという事です。大勢の男子たち、宮内庁職員、皇宮警察等の人間だと思われるのですが、大量強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁に対して反省を促したり出頭を切り出したり、そういう様子が全くなく、強姦殺人魔どもと一緒に逃げ通そうとしている、そういう頭にくる映像でした。えー今回の映像に関してはこれ以上書けませんが、皆さまには、テレビを筆頭とした各種メディアが流してくる明仁、文仁、徳仁、悠仁に関するニュースが完全なる「洗脳」である事を絶対的にご理解頂かねばなりません。そして文仁、悠仁がブータンだの何だのと印象操作をしていますが、この人類史上最大級の大量強姦殺人魔の未来はただひとつ「死刑」以外にないのだという事、逃亡などもってのほかであるという理解に何としても到達して下さい。ピーチピチ(佳子)が手袋で焼香とかニュースも流れていましたが、ピーチピチには何が何でも「正しい行動」を起こしてもらわねばなりません。強姦殺人魔の逃亡に協力し、国民の洗脳に協力し、自身の生い立ちの説明も一切せず、そういう情けないみっともない事にならない事を願わずにはいられません。ピーチピチ(佳子)お願いだから悪の道から足を洗ってちょうだい。とても見てられないの。イエス様が光の道をだいぶ前に準備して下さっているのよ。その道を行くのよ。キミの人生は強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁のモノじゃなくてキミのモノよ。自分の幸せを第一に考えればいいだけの事よ。簡単な事よ(祈)†

2020年7月5日未分類

Posted by たきざわ彰人(霊覚者)