ペン入れしようとすると変に構えてしまってかえって手が止まる事が分かりました(祈)†

イヤー不思議な現象が起こってます。「さぁ早くフラー19を描いてペン入れしなきゃ」と思っているのに手がそっちに動かないんですよ。これはたぶんこういう事でしょう。僕は漫画家時代にさんざんペン入れをやってきましたので作業負荷がどれくらいのものであるかは頭でなく身体で分かっています。その身体がペン入れの作業をやんわり拒絶していて手が動かなかったのではないか、って感じ。【使命遂行「作業負荷」早見表】この時に近いものがありましたね↓

■2021年5月28日UP■
【使命遂行「作業負荷」早見表】思うところがあって思わずこのような図を描いてみました(祈)†
「フラッシュバック」が起こって手が止まってしまったのです。それ以上描き続けられなくなってしまったのです。どういう事かと言いますと「あぁ、またあの画家時代の"目も回る、記憶も飛ぶような地獄の作業"がやってくるのか…」という考えがよぎってしまって一気にモチベーションが落ちてしまった、という事なのです。画家時代の僕は本当に生活の全てを絵に捧げて「(決して大げさな表現ではなく自信をもって本当に)生命を削って」絵を描いていました、それほど絵の制作に集中しても1枚描き上げるのに2週間~17日くらいかかったのです。つまりそれだけ広大なキャンバスに細かく細かく描き込んでいたという事です。本当に苦しく厳しい描画負荷を自分に課して描いていたのです。絶対に手を抜かなかったという事です。で、先ほど机に向かいながらあの頃の苦しみが脳裏によみがえってきて一気に手が止まってしまったのです…続きを読む→

んんん、絵の描画スピードを上げたくてアレコレ頭をひねっている訳ですが、ペン入れイコール「作業が1工程増える」訳ですから「コリャ結局完成まで時間かかっちゃうんだな」という事が分かって手が動かなかったのでしょう。もう明日の山のアタック準備ですので今日はほどほどにしますが、今まで通りフツーにシャーペンで描き始めます。※シャーペンで描くとAffinityPhoto上でのゴミ取りに時間がかかるという問題は結局解決できないのか…んんん悩ましいですねー。

前回の「画家時代と同等レベルのフルカラーデジタル絵画制作」そして今回の「アナログ絵をペン入れする」このふたつのアイデアでことごとく手が止まって思った事は「大切なのは【手段】ではなく【モチベーションの維持】だ」という事です。心の持ちようがスピードに一番直結するとつくづく感じました。
モチベーションが切れない、つまりテキスト撃ちで言うと、部屋にいる時はシルキー(デスクトップPC)で全開にテキストが撃てる、45分ノートの時間にも全開で撃てる。もう1日の中でこれ以上テキストを撃ち続ける時間を捻出できない、これ以上撃とうと思ったら寝ないで撃つしかない、それをやったらフツーに死ぬ、というくらいMAXで撃てている。
そしてアナログ絵描画についても、部屋にいる時は机に向かって紙とシャーペンで全力で絵が描ける、AffinityPhotoでの作業も全力でできる、45分ノートの時間も、ノートにAffinityPhotoがインストされていますので作業続行できる。1日の中でこれ以上絵を描く時間を増やす事はできない、増やそうと思ったら寝ないで描くしかない、それをやったらフツーに死ぬ、それくらいMAXで描けている。
つまり現時点で絵もテキスト撃ちと同じくらい超高頻度に描く事ができる状態にあるという事、もうこれ以上絵を描く時間を増やす事はできない、あと作業する時間を捻出しようと思ったらロングドライブ中しかない。しかしそれはさんざんテストして(当然の事ながら)全て玉砕しています。当たり前です運転中にそんな作業できる訳がありませんフツーに事故っちゃいますので。
で、思った事としましては「もうこれ以上作業時間を捻出できない、スピードを上げられないのだとしたら、大切なのは現在の作業を続けるモチベーションを維持する事だ」という事。空白の日というのを作らずに毎日テキスト撃ちかアナログ絵描画のどちらかを必ず全力でやり続ける事、その作業を止めないで続ける事が一番のスピードアップかも知れない」という考えに残念ながら一旦落ち着いています。

まぁインク、Gペン、丸ペンは持っていますので、その気になればいつでもペン入れはできます、可能性は残しておきましょう。そして今日の45分ノートの時間にブログテキストを先行して少し撃ちました。山のアタック帰還後に撃つテキストが少し減りましたので何とか撃ち切れるでしょう。

霊団がインスピレーションを止めない限りはテキスト撃ちのモチベーションが切れる事はありません、いつまでもどこまでも撃ち続ける事ができますが、絵のモチベーションに関しては霊的目標ではなく物的目標を掲げて、具体的にその成就に向けて努力する方がモチベーション維持につながると思うのです。まずはココまで、一旦切ります、明日のアタックに集中(祈)†

■2021年6月2日UP■
「長持ちさせようとは思っていません」霊団の言葉ですが、全然そうなってないだろ(祈)†
「ピーチピチ(佳子)の発言にばかり注目するな」と霊聴に言ってきたのですが、これは霊団から皆さまへの警告と思われます。つまり「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁がパレットから奴隷の女の子を購入し続け四肢切断、強姦殺人し続け死肉を食べ続けている邪悪の真実、ピーチピチ(佳子)は奴隷の女の子たちと全く同じ手法で文仁が赤ちゃんの時に美人から盗んだ女の子であり、文仁、紀子と1ミリも血がつながっていない「赤の他人」であるという真実、そして奴隷の女の子たちの存在、悲劇の実情に国民の注目、関心が集まらないように「視点外し」のニュースを休みなく流し続けて国民が真実に目覚めないようにしている、つまり(どういう経緯かは僕にも分かりませんが)ピーチピチを逮捕とか言っているのも要するに「視点外し」で、国民の注意関心および議題を問題の本質から逸らすのが目的という事です…続きを読む→
■2019年9月1日UP■
「フラー女」霊団が見せてきた超特殊映像をクロッキーに描いてみました。これが実は意味が深いのです(祈)†
えー、皆さまは笑いと共にこの「フラー女」の絵をご覧になる事でしょう。確かにギャグの絵なのですが、えーちょっと待って下さい。今回霊団が降らせてきたこの「フラー女」の映像は、なかなか深遠な意味が込められていてちょっと短い時間で簡単に説明できる代物ではないんですよ。霊的知識普及という霊団側の大目的と大きく関わりがある映像とも言えるのです…続きを読む→
■2020年4月8日UP■
「ほっといてくれ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の思念です。100%死刑にするよ(祈)†
「ほっといてくれ」という強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の思念になりますが、とにかく自分たちの邪悪の正体が国民周知の事実にならないよう徹底的にマスコミ操作をして国民を別のニュースに注目させ「視点外し」「すっとぼけ」を行っているのです。皆さま、テレビを筆頭とした各種メディアは完全なる「洗脳」です。真実を一切報道しません…続きを読む→

未分類

Posted by たきざわ彰人(霊覚者)