【6/14】霊関連書籍の内容の抜粋です(祈)†「スピリチュアルストーリーズ」

Pocket

—–第9話
『スピリチュアルストーリーズ』【第9話 妖精たちのために】昔むかし、神さまは、地上にたくさんの生きものをつくられました。そして、その1つひとつに仕事を申しつけられました。ところがその中に、自分の仕事がわからずにいる2匹の虫がいました。

『スピリチュアルストーリーズ』1匹は草の中に住み、もう1匹は空を飛んでおりました。2匹の虫は、いつもこう言って考えこむのでした。「いったいぼくたちは、何のために生きているんだろう?」ある日のこと、2匹の虫は、木や花には〈妖精〉という、美しい羽をつけた→

『スピリチュアルストーリーズ』→かわいらしい子どもが住んでいて、夜になると、空を飛びまわったり地上を散歩したりするということを聞きました。「妖精さんたちがでかけるのは、いつも夜だそうだけど、暗くて道がわかりにくいだろうなあ」

『スピリチュアルストーリーズ』なんとかして神さまのお役にたちたいと思っていたその2匹は、そんなことを言いながら、しきりに妖精たちのことを心配しておりました。そのうち2匹は、とうとうがまんしきれなくなって、ある日のこと「よし、ぼくたちが道案内してあげよう」→

『スピリチュアルストーリーズ』→と、決心しました。その日から、1匹は空を飛びまわり、もう1匹は草のしげみの中にいて、妖精たちが迷子にならないように、親切に案内してあげるのでした。妖精たちは2匹の親切をとてもうれしく思い、たびたびお礼を言いました。

『スピリチュアルストーリーズ』お礼を言われた2匹も、自分たちが誰かの役にたっていることを知ってうれしく思い、毎日がたのしく思えるのでした。さて、この2匹の虫のおこないを見ておられた神さまは、とてもよろこばれました。そして、その美しい心がけに感心し、→

『スピリチュアルストーリーズ』→ごほうびとして、道案内をするための〈光〉を2匹にさずけました。みなさんが知っているホタルとツチボタルは、こうして生まれたのです。なんとすてきなお話でしょう。わたしたちはよく、自分の家が貧しいとか、おとうさんやおかあさんに→

『スピリチュアルストーリーズ』→言いつけられた仕事がつまらないとかと言って、わがままを言うことがありますね。けれど、ほんとうは、どんな仕事をしていても、どんな暮らしをしていても、いちばんたいせつなのは、この2匹の虫たちのような、すなおでやさしい心がけなのです。

『スピリチュアルストーリーズ』いつも親切で、すなおな心をもったよい子には、神さまがきっと、ごほうびに、ほんとうのしあわせをくださることでしょう。

■2021年2月10日UP■
僕がこの8年間、霊団から強制的に見させられている最悪映像について説明してみます(祈)†
行動には動機がある、と公言し続けていますね。霊団はもちろん僕が刑務所映像を嫌がっている事を把握しています。しかし僕にこれだけ憎まれても見せ続けてくるのには理由、動機があるという事になります。その動機こそ他でもない「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を死刑に追い込み奴隷の女の子たちを救出するため、もっと言えば、物質界に長らくはびこる邪悪、この「大量強姦殺人容認システム」とも言うべき仕組みを完全に破壊する、つまり、この大願悲願を成就させるためには霊の道具(アキトくん)にブログを書かせ続けねばならない(あと情報拡散もやらせねばならない)我々はインスピレーション(つまりブログネタ)は降らせる事ができる、が仕事の舞台は物質界なので、物質界に残した道具(アキトくん)がブログを書く時間を確保せねばならない、アキトくんがこの仕事を嫌がっているのは承知しているが、アキトくんがデザインの仕事に戻ってしまったら(ブログDreamworkでも説明していますようにデザインの仕事は大抵都内で通勤時間が往復3時間以上かかり、さらにデザインの仕事は残業が多いので)ブログを書く時間が消滅してしまう…続きを読む→
■2021年2月20日UP■
「どう考えてもダメだから」もちろん強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁がダメという意味です(祈)†
「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁に対する国民の皆さまの正しい認識であると信じたいです。この大量強姦殺人魔どもの人生は生まれてから死ぬまで全てがウソです。皆さま、そんな人間に果たして「生きている意味」があると思われますか。口をついて出る言葉は全てウソ、全て国民をダマすセリフであり国民の目の届かない城の中でただひたすら奴隷の女の子をレイプし続けるだけの人生、そしてこいつらは「ニート」です、生まれて1度も仕事をした事がありません。皆さまが日々苦しい思いをしている仕事をコイツらは全く経験した事がないのです。そんな奴に一体人の心の苦しみの何が分かるというのです。自己鍛錬というものを一切せず自分を嫌っている幼い女の子をレイプするだけの奴に高潔な人格が培われる訳がない事は皆さまもお分かりの事と思います。コイツらが自演乙(じえんおつ)で流してくる、自分たちが善人で国民から親しまれていて何でもできる万能の天才であるというニュースが全てウソである事は、常識で考えればすぐに分かりますね。いい加減にこのバカヤロウどもの洗脳を撃ち破って下さい…続きを読む→
■2021年3月26日UP■
「クスリとダマしてガン注射」僕の暗殺の超具体的方法を霊団が幽体離脱時映像として降らせてきました(祈)†
「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁は(というよりコイツらの部下の下僕たちが)様々な毒物の開発製造を手掛けていて既に完成している。その中にはガン細胞そのものを注射するというものまである。その毒物を人々にバラまいて感染させる手段として、白衣を着て人々から「先生」など呼ばれている「医者」「学者」のような人間を使用して、人々に「これは治療薬です、予防薬です」と信じさせて次々と注射して回ってドンドン毒物を感染させる方法を取ろうとしている。僕に対してもこの「医者を使用したダマし戦法」で暗殺を画策しており、毒殺ではなく病気(ガン)で死亡したと見せかけ「我々は治療を続けたが残念ながら手が及ばなかった」などと言い訳できる殺し方をしようとしている。さらに職場の同僚を使用して僕に注射を撃たせようとしていたのは「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の「責任逃れ」の典型的パターン、何か不具合が発生したら「毒(ガン)注射を撃ったのはこの人たちです」と責任を擦り付け自分たちはすっとぼけられるようにしている…続きを読む→
■2021年3月24日UP■
「分かりません」これは間違いなく文仁の法廷での「すっとぼけ」発言という意味でしょう(祈)†
日本人は強姦殺人魔が大好きで強姦殺人魔に血税をプレゼントし続け強姦殺人ライフを守ってあげて、強姦殺人魔の事を陛下だの殿下だのと呼んでおだて上げ続けている、強姦殺人魔に笑顔で手を振ってキャーキャー言ってはしゃいでいる、犯罪者にとってこれほど住みやすい国が他にあるだろうか、いやない。明治維新から一体何年の月日が経ったのか、日本人はまだ目が覚めない、洗脳にやられ続けている、何とダマしやすい人間たちなのだ、大変優しい民族性なのは尊敬に値するが、邪悪に目を閉じ続ける様子は残念としか表現のしようがない。僕たち日本国民はおおざっぱに世界の方々からこのように思われているものと予測します。特に韓国の方々は僕たちの事を内心呆れ返って見ている事は間違いないでしょう「洗脳にやられっぱなしのお花畑民族」といった感じに…続きを読む→
カテゴリー: 未分類   作成者: たきざわ彰人(霊覚者) パーマリンク

たきざわ彰人(霊覚者) について

元画家、山を愛する霊覚者です。果てしない山へのアタック及び高負荷の作品描画によって霊性発現となりました。イエス様の怒涛の連続顕現に浴させて頂き、イエス様のご意志に従い霊的知識普及の使命遂行中です。イエス様ハンドリング(霊の導きに従う)により強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁は死刑になり「人類の恥」となります(祈)† 日本の象徴は「富士山」であり、断じて強姦殺人魔ではありません。 The symbol of Japan is "Mt. Fuji", it is not a rape murderer at all. 日本の天皇一族は強姦殺人魔です。死刑にしましょう。 The Emperor family in Japan is a rape murderer. Let's make a death penalty.

コメントを残す