イエス様の“怒涛の連続顕現”の意味について今、改めて思う事

Pocket

【イエス様の“怒涛の連続顕現”の意味について今、改めて思う事】蛮族の滅亡を1日でも早めるため、連続でブログを書かせて頂きます。山を愛する霊覚者、たきざわ彰人です。今回は、プロフィールにずっと書き続けている、イエス様の【怒涛の連続顕現】について改めて説明してみようと思います。
まずは2013年に書いたこちらのブログを参考にして頂きたいと思います→
ブログ「何とも言えない表情のイエス様」
ブログ「イエス様、怒涛の連続顕現の“意味”と“その後”」
はい。過去ブログでも説明していますように、僕は地上の試練をパスして帰幽が決まっていた男です。そして僕自身もMAXに帰幽を待ち望んでいました。今もそうです。地上に残り続けるのが本当にイヤなのです。一刻も早く帰幽して6界に赴きたくて→
→たまらないのです。しかし、イエス様に何とも言えない表情で果てしなくお願いをされてしまい、僕は泣く泣く地上に残り続ける事をイエス様に向けて実際に声に出して宣言してしまった…という事なのです。で、この怒涛の連続顕現の意味ですが、もちろん僕に霊的知識普及の使命を遂行してもらいたい→
→というイエス様のご意思の顕現だった訳ですが、今、蛮族にまつわる状況を改めて思う時、あの怒涛の連続顕現の中には「蛮族と闘ってもらいたい」というイエス様のご意思も含まれていたのではないか…だんだんそんな気がしてきたのです。というのもあの時、本当に1週間近く全力で!全力で!→
→イエス様が様々な顔の角度で、何かを訴えかけるような悲痛な表情で!とにかくひたすら顕現して下さった“必死さ”を思い返す時、イエス様はじめ高級霊の方々が長らく心を痛めておられた「蛮族の蛮行」を地上から無くすための「霊の道具」となって欲しいという願望も含まれていたのではないか?
現在の僕の状況を思う時、自然とそんな気持ちが湧いてくるのでした。そしてそう思う根拠としてもうひとつ、僕のキャラクターがあります。僕は生まれながらにして霊能を発揮する霊能者ではなく、山での果てしない修行と、画家の試練ドリームワークによって霊性発現を果たした男です。
その山での修業ですが、僕は常に日の出3~4時間前にスタートして、暗黒の樹林帯をガンガン登っていく「ナイトアタック」という手法を取っています。ブログ「Dreamwork(ドリームワーク)についてar7.blog.fc2.com/blog-entry-737.html」の中でも触れていますが、→
→このナイトアタック、曇りだったり新月だったりすると本当に全く光源がない、完全な漆黒の闇となります。その暗黒の山の中をヘッドライト、ハンドライトで単独で切り裂いて進む訳ですが、これを果てしなく繰り返した事によって僕の心の中から「恐怖心」が消えました。
つまり強靭な精神力が身についたという事です。えー、イエス様は、僕のその「精神力」に目をつけられたのではないか、そんな風に思うのです。つまりこういう事です。
僕より有能な霊能者はいるでしょう。僕より優れた霊媒もいるでしょう。しかし、蛮族男子と正面切って闘う事のできる精神力、つまり【勇気】を具えた霊覚者は地球上に僕ひとり、という事だったのではないかと…。それでイエス様は怒涛の連続顕現を行って僕を何が何でも地上に残した、→
→あのイエス様の何とも言えない表情の中にはそういう意味も含まれていたのではないか…そんな気がだいぶしてきました。そして2013年のあの時、イエス様は蛮族の事を何も言いませんでした。しかし心の中には「キミに蛮族を倒してもらいたい」という願望があったのだと思うのです。
しかしその時は言わずにいた。あの時点で僕が蛮族の事を聞かされていたら100%拒絶していたでしょうからね。ショックが強すぎるのであの時点では言わず、そして僕に【教化】と【強化】を施しながら少しづつ蛮族に関する情報、奴隷の女の子たちの事を僕に教えていき、段階的に心の準備をさせて、→
→いよいよ現在のような状況へと導いてこられた、そういう事だと思うのです。はい。僕のブログ、ツイッターでの【蛮族滅亡】の活動をご覧の皆さまは、本当に、本当に驚かれている事と思いますが(いま波長が降りました!そうだという事です笑)イエス様は、僕が現在のような活動、悪の大中心である→
→蛮族男子をど真ん中で攻撃し続ける精神力【勇気】がある事を2013年の時点で見抜いておられた。しかし本当に完全勝利するためにはあと1歩、精神力が足りなかった。それを補う追加試練として【隔離フィールド内の聖戦】および【愛の試練(霊障イペルマルシェ)】を僕に降らせ、→
→短期間で徹底的に僕の精神力に磨きをかけた…そして現在の【蛮族滅亡】完全ケテイの状況になっている、という事だと思うのです。皆さま、いかがですか?僕のブログをお読みになって、アナログ絵をご覧になって、間もなく蛮族が滅亡する事を心から納得して頂けると思うのです。
この【蛮族の滅亡】は僕がやったのではありません。僕という道具を使用してイエス様が実行なさったのです。そして僕は【イエス様とキスt.co/PmYr98X6GA】という、これ以上は有得ないだろうと思われる究極の“愛のメッセージ”を賜る事ができたのです。
心境は複雑ですが究極に光栄であり、本当にイエス様のご意思に従って地上に残ってよかったなぁ、と思っています。さぁ、1日も早く蛮族の滅亡を完了させ、僕が地上に残された本題である【交霊会】を全力で行い、使命を果たし切って胸を張って帰幽したいと心の底から望んでいます。
2012年から僕はずっとこの言葉を公言し続けていましたよね?イエス様のご意思をもちろんど真ん中で遂行させて頂きますが、僕、たきざわ彰人の基本姿勢はあくまでもコレです☆使命を果たし切って【帰幽カモン!!!】(祈)†
カテゴリー: 未分類   作成者: たきざわ彰人(霊覚者) パーマリンク

たきざわ彰人(霊覚者) について

元画家、山を愛する霊覚者です。果てしない山へのアタック及び高負荷の作品描画によって霊性発現となりました。イエス様の怒涛の連続顕現に浴させて頂き、イエス様のご意志に従い霊的知識普及の使命遂行中です。イエス様ハンドリング(霊の導きに従う)により強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁は死刑になり「人類の恥」となります(祈)† 日本の象徴は「富士山」であり、断じて強姦殺人魔ではありません。 The symbol of Japan is "Mt. Fuji", it is not a rape murderer at all. 日本の天皇一族は強姦殺人魔です。死刑にしましょう。 The Emperor family in Japan is a rape murderer. Let's make a death penalty.

コメントを残す