【8/15】霊関連書籍の内容の抜粋です(祈)†『シルバーバーチの霊訓⑩』【4章 死ぬという事はどういう事か】

『シルバーバーチの霊訓⑩』長生きをする事自体は大切ではありません。地上生活の一番肝心な目的は、霊が地上を去った後の霊界生活をスタートする上で役に立つ生活、教育、体験を積む事です。もし必要な体験を積んでいなければ、それはちょうど学校へ通いながら何の教育も→

『シルバーバーチの霊訓⑩』→身につけずに卒業して、その後の大人の生活に対応できないのと同じです。(永年スピリチュアリズムの仕事に努力した夫に先立たれた女性にシルバーバーチが次のような励ましの言葉を述べた)本日あなたをここへお迎えして、苦労と試練の時の力となった→

『シルバーバーチの霊訓⑩』→基本的な霊的真理の真実性を改めて確認して差し上げる事を、とてもうれしく思います。地上に籍を置く人間にとって、たとえ死後にも生命があるとの知識を手にしている方でも、身近な者が宇宙の別の次元の世界へ連れて行かれた時に平然としている事は→

『シルバーバーチの霊訓⑩』→容易な事ではありません。死という身体上の別離には悲しみが伴うものであるという事実を軽視するのは、愚かでもありましょう。しかし、それはあくまでも身体上の別離であって霊的には少しも別れてはいない事を認識すべきです。

『シルバーバーチの霊訓⑩』地上に生をうけた人間にとって死は避けられません。いつかは地上に別れを告げなければならない時が参ります。それは、もはや地上生活がそれ以上その霊に与えるものが無くなり、完全へ向けての進化の不可欠の要素として、次の冒険へ旅立つ用意ができた→

『シルバーバーチの霊訓⑩』→という事です。その死別という試練に直面した時に自分をどう慰めるかは、各自が考えるべき事です。それが容易でない事は私も理解しております。しかし死は愛によって結ばれた者を引き裂く事はできません。愛は、生命と同じく不滅です。

『シルバーバーチの霊訓⑩』また愛は、生命と同じく、条件さえ整えば望み通りの事を叶えさせる強烈な威力を秘めております。もとより、心ひそかに声もなく流される涙もある事でしょう。しかし、うなだれてはいけません。霊の力は決して見捨てません。

『シルバーバーチの霊訓⑩』必ずや援助の手が差しのべられます。悩んではいけません。悩みの念はその援助の通路を塞いでしまいます。あなたはご自分ではそうは思えないかも知れませんが、ある意味でとても幸せな方です。と申しますのは、悲哀のドン底を味わう事によって→

『シルバーバーチの霊訓⑩』→霊的真理を受け入れる資格を身につけられたからです。そのドン底から這い上がるのは容易ではありませんでしたが、道は間違いなく啓示されました。今あなたは愛する方が身近な存在として実在している事を確信なさっておられます。

『シルバーバーチの霊訓⑩』私はいつも思うのですが、地上の人々、中でも特に霊的知識を手にされた方が背後霊の存在を実感をもって認識して下されば、どんなに有り難い事でしょう。地上の愛する者へ無益な害が及ばないように庇(かば)い、守り、導いている霊の姿を→

『シルバーバーチの霊訓⑩』→一目ご覧になる事ができれば、と思うのです。その影響力の大きさを知る事ができたら、明日の事を思い煩うような事は絶対にしなくなる事でしょう。それで私はここに集まる同志の方にいつも申し上げているのですが、新しい1日の訪れを素晴らしい→

『シルバーバーチの霊訓⑩』→霊的冒険の到来として喜んで迎える事です。あなたの人生は、手にされた証拠によって一変しました。そこであなたは今、ご自身が有難く思われた同じ思いを人にも体験させてあげようと、いろいろ努力をなさっておいでです。

『シルバーバーチの霊訓⑩』私は実際にそのご様子を拝見して、よく存じております。他人がどう言おうと気になさらぬ事です。全く下らぬ事ばかり言っております。大切なのはあなたの人生をどう生きられるかです。できる限りの最善を尽くして人のために力になってあげる事です。

『シルバーバーチの霊訓⑩』ご主人は肉体の束縛から解放されました。晩年にイヤな思いをされたあの痛みと不自由はもう2度と味わう事はありません。これからは今なお“わが家”とされているあなたの住居での生活の中で、ご自分の死後の存続の事実をあなたに実感させてくれる→

『シルバーバーチの霊訓⑩』→事でしょう。ですから、気を強くお持ちになり堂々と胸を張って、愛する者を失っても霊的知識があればこれだけ立派に生きていけるのだという、1つの手本を示して頂きたいのです。別離といっても身体上の事であり、霊的には別れてはいないのです。

『シルバーバーチの霊訓⑩』愛によって結ばれた者同士を引き裂く力は地上にも霊界にも何一つありません。愛は、生命と同じく、死よりも強いのです。愛は、生命と同じく霊に属するものであり、霊は決して滅びないのです。

■2021年4月14日UP■
「ホントのホントに自殺するぞ」明仁、文仁、徳仁、悠仁がとにかく逃亡するという意味です(祈)†
何度も同じ事を書くのが本当に苦しいですがそれでも書かねばならないでしょう。皆さまに重ねて重ねて警告を投げさせて頂きますが「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁が本当に自殺したとして、皆さまは「あぁかわいそう」などと言って哀れんだり涙を流したりするという人類史上最も愚かな行為をしないよう僕、たきざわ彰人から強く強く警告を発します。皆さま自分に置き換えて考えるようにして下さい。あなたには目に入れても痛くないほどかわいがっている笑顔のカワイイ娘がいます。その娘が「自分は善人で天才で国民から好かれている」とのたまわるバカ男に誘拐され四肢切断、強姦殺人されてしまいます。その後、その強姦殺人犯のバカ男が逮捕、死刑を恐れて自殺したと聞かされます。あなたはどのようなリアクションをしますか…続きを読む→
■2021年3月3日UP■
「元に戻せません」明仁、文仁、徳仁、悠仁の「もう以前の洗脳状態には戻せない」という思念です(祈)†
願わくば善良なる日本国民の皆さまにも洗脳を撃ち破り視点外しを軽快なステップですり抜けて真実に目を開いて頂きたい、そして真実を知ったら次のステップは「実際のアクション」です。そのアクションとはもちろん、僕たち国民の力で「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を間違いなく確実に死刑、滅亡に追い込み、世界の方々に向けて胸を張って「我々は真実に目覚めました」「我々は我々の力で国内の邪悪を撃ち滅ぼしました」と公言する、という事です。これはいわば「やって当たり前」の事と言えるでしょう。自分たちの(国内)問題を自分たちで解決できないで誰に何の文句が言えるのでしょうか(他の国の事とか)人の文句を言う前に自分の問題を解決しろよ、という事になります。皆さま「大量強姦殺人魔を死刑にする」という当たり前の事を実現させましょう。「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を死刑にして消滅させ「三千余年の人類創世の歴史始まって以来の究極無二のバカ」として人類の歴史に登録し「黒歴史まとめ」を行って未来の人類に正確な情報を残し、2度とこのような愚かな歴史を繰り返さないよう警鐘を鳴らし続けねばならないのです…続きを読む→
■2021年1月30日UP■
「ももちゃんシルキー詳細描画に入ります」ストーリーをさらに描き進める事になるのかどうか(祈)†
つまり僕が今後アナログ絵ストーリーでももちゃんとシルキーを長らく描き続けていくという意味に取れるメセとなります。となるとつまり僕が暗殺されるならももちゃんとシルキーを描き続けられなくなるはずですから、上記の「お前を殺すぞ」のインスピレーションはやはり明仁、文仁、徳仁、悠仁の「最後の悪あがきの脅しの言葉」であって僕の暗殺の可能性は低いと予測します。特にシルキーは重要です。ハイそしてこのインスピレーションが僕はずっと首を傾げている内容なのですが、霊団によると僕が描き続けている使命遂行キャラクターの中で「シルキーが1番人気」なのだそうで、今回も霊団がそれを強調してきたという事になります。まぁ人気がないよりはあった方がもちろんいい訳ですが描いている僕的には「なぜシルキー?」とだいぶ首をかしげてしまうのです。以前「スマホ待受フルカラーイラストダウンロードプレゼントをやりたい」と書いていた事がありますがAffinityPhotoにだいぶさわり慣れてきた事もありますので時間とパワーが許すならシルキーの待受を制作してみたいものです…続きを読む→

未分類

Posted by たきざわ彰人(霊覚者)