「Confirm Your Identity」facebook復活☆僕のアイデンティティを認めて下さいました(祈)†

Pocket

【「Confirm Your Identity」facebook復活☆僕のアイデンティティを認めて下さいました(祈)†】天皇一族の手の者の「邪魔」によって、facebookが使用不能にされてしまいましたが、アカウントの名前を「本名」にすれば復活しますよ、→
→facebookチームからそのように言われていました。が、僕の本名は「たきざわ彰人」であり、改名して旧姓は捨てるつもりでいるのです。なのでfacebookからのメールは僕を複雑な気分にさせましたが、我慢できずにfacebookに向けてこのように主張したのです。そのツイートです→
-----
facebookアカウント復活できずにいる理由は「アカウント名を本名にして下さい」と言われてるからですが、僕の本名は瀧澤彰人です。この画家名を本名にするべく「改名」の準備を具体的にしてるのです。僕は旧姓を捨ててたきざわ彰人として生きるのです。facebook何とかなりませんか祈†
「Confirm Your Identity With Facebook」僕のアイデンティティは「山を愛する霊覚者・たきざわ彰人(あきと)」です。画家の試練Dreamworkに突入してからの僕は「たきざわ彰人」なのです。旧姓を捨てて「たきざわ彰人」を本名にするべく→
→改名の準備を具体的にしていたのです。例えばこんな事がありました。銀行口座には「通称名」というものを設定できるのですが、僕は自分の通帳にその通称名「たきざわ彰人」を記載していたのです。例えば僕のデジタル絵画を気に入ってくれて、Web経由で僕の作品を購入してくれる方が→
→いらっしゃった時、そのATMの代金支払いの画面に通称名(画家名)「たきざわ彰人」が表示されるようにしていたのです。そして画家、たきざわ彰人の活動が本格化した暁には、改名の条件である「長年通称名として使用」を満たして改名を果たすつもりだったのです。が、その銀行口座は→
→秋篠宮文仁のサイバー攻撃を受けて解約せざるを得なくさせられてしまったのです。ブログ「現アカウントの【ロック】について」akito-takizawa.tumblr.com/post/145278459960/ をご覧下さい。facebookでは多くの女性の方にフォローして頂き、天皇一族が強姦殺人魔である事を→
→知って頂く事ができました。facebookは何とか回復させたいです。「Confirm Your Identity With Facebook」僕は「たきざわ彰人」です。本名は「たきざわ彰人」です。facebookさん、たのみます†
はい、これが通称名「たきざわ彰人」を設定していた通帳です。この銀行口座は秋篠宮文仁のサイバー攻撃を受けて解約の憂き目に遭いました。天皇一族は犯罪のデパートです。強姦殺人を続けるためならどんな悪事でも実行に移すのです(祈)†
facebookに再び僕のパーソナルな画像を送付しました。僕は画家名「たきざわ彰人」に改名するつもりで具体的に準備してたのです。旧姓は捨てるのです。たきざわ彰人として「イエス様ハンドリング」を続けるのです(祈)†
-----
横浜銀行たきざわ彰人通称名 名称未設定-6
はい。facebookに向けて、モザイクなしの「たきざわ彰人」を通称名とした通帳の画像を送付し、ようやく僕のアカウントを復活させてくれたのでした。まぁ、この僕の主張がもし通らないとしたら、facebookは僕の事を人間として認めない、という事にもなると思いますので、→
→そして何より、僕は何も悪い事はしていませんので、復活できて当たり前なのです。とは言うもののtwitterでは永久凍結も経験していますし、ブログも2度にわたって全消去させられるという憂き目にも遭っていますので、内心ヒヤヒヤでした(笑)facebook復活できて本当に良かったです。
facebookで再びフォロワーをガンガン増やして(嫉妬男子に用はありません。女子の方々こそ僕のブログに共感して下さるはずですので)天皇一族の邪悪の正体を徹底的に広めていく覚悟です。ここでおさらいに、僕が使命遂行に使用しているサイトのURLをUPさせて頂きます。
-----
たきざわ彰人Twitter
Tumblr
facebook
flickr
たきざわ彰人ar7ブログ
Google+
Yahooブログ
mixi
-----
ご覧の皆さま、天皇一族は遊びで女の子を四肢切断、強姦殺人し死肉を食べまくる「悪魔」そのものです。僕たちの【理性・良心】はこの悪魔4人(明仁、徳仁、文仁、悠仁)を絶対に許さないはずです。僕たちの善の力で悪魔を滅ぼしましょう(祈)†
蛮族画像01h 蛮族画像02f 蛮族画像03f 蛮族画像04g 

コメントを残す