【10/29】霊関連書籍の内容の抜粋です(祈)†「世界心霊宝典1 霊訓」

アナログ絵287

『世界心霊宝典1 霊訓』
さような霊媒では我らは仕事らしき仕事を為し得ぬし、為し得た僅かな仕事というのも利己主義と独断主義を取除く事に向けねばならぬ仕末となる。我らが求むるのは有能にして真摯なる、そしてあくなきなき真理探究心に燃えた無欲の心の持主である。

『世界心霊宝典1 霊訓』
そのような人材が発見困難であると述べた訳がこれで理解できよう。まさに至難の業であり、まず不可能に近い。されば我らは見出し得る限りの最高の人材を着実に鍛練した上で採用する。まずその魂に愛の精神を吹き込み同時に己れの知的性向にそぐわぬ思想に対する寛容心を養う

『世界心霊宝典1 霊訓』
かくする事によって独断的偏見より超脱させ、真理が多面性を有するものであり一個人の専有物ではないとの悟りへの地ならしを行う。そうして魂の成長に合わせて知識を着々と賦与し、基盤さえ出来あがれば安心して上部構造を築き上げていく事ができる。

『世界心霊宝典1 霊訓』
かくして霊的真理と思想的性向を徐々に形成し、我らの初期の目標に調和させて行く。ここに至って多くの者が脱落していく。そして我らも彼らは地上にては真理を受入れる事が不可能なる事、また古来の地上的偏見が固くドグマ的信仰が容易に拭えざるものである事、―

『世界心霊宝典1 霊訓』
―それ故、時の流れに任せる他なく我らにとって用なき者である事を悟って諦めるのである。また真理への完全なる忠実性と、恐怖心も不安も宿さぬ信念は我らの教化によって着実に培われていくものである。我らは神とその使者たる指導霊への全幅の信頼へ向けて霊媒を導いていく

『世界心霊宝典1 霊訓』
そして我らが神より許されたる範囲の行為と霊的訓えを忍耐強く待つ心構えを培う。こうした心構えは多くの霊媒に見られる、苛立てる落着きなき不満と正反対である。この段階にてまた多くの者が脱落していく。恐怖心と不安に駆られ疑念に襲われる。

『世界心霊宝典1 霊訓』
古き神学の説く神は自分の如き人間の破滅を今か今かと見守っていると思い、悪魔が自分の如き人間を罠にかけんと油断なく見張っていると思い込む。確かに古き信仰の基盤は揺さぶられてはいても、まだ新しき信仰基盤は敷かれてはおらぬ。

地上で悪い事ばかりしていた人は幽界へ行った時に非常に困ります。地上でお友だちだった人からものけ者にされるし、新しいお友だちもできません。そのうちひとりぽっちで暗いところで暮らすようになっていくのです。―【母と子の心霊教室】より
—–

『世界心霊宝典1 霊訓』
その間隙に邪霊がつけ入り揺れ動く心を誘惑する。遂に恐怖に堪りかねた者が脱落し我らにとりて用なき者となっていく。それでもなお我らは人間のあらゆる利己心を払拭しなければならぬ。我らの仕事には私心の出しゃばりは許されぬ。さもなくば我らには何も為し得ぬ。

『世界心霊宝典1 霊訓』
霊界からの指導において人間の身勝手、自己満足、自慢、高慢、自惚れほど致命的なるものはない。小知を働かせてはならぬ。我らからの知的働きかけの妨げとなるからである。独断主義に偏れる知性は使用しようにも使いものにはならぬ。

『世界心霊宝典1 霊訓』
ましてそれが高慢と自惚れに満ちておれば近づく事すら出来ぬ。いつの時代にも自己犠牲こそが聖賢の最大の徳であった。その時代相応の進歩的真理を旗印にせる予言者たちはみな我欲を滅却して使命に生きた人たちであった。

『世界心霊宝典1 霊訓』
汝らの聖書にその名を留めるユダヤの指導者たちは無私の純心さをもって誠実な人生を送った。特にイエスはその地上生活を通して使命のための最高の自己犠牲と誠実さを身をもって示した偉大にして崇高なる模範であった。

『世界心霊宝典1 霊訓』
イエスの中に人類の全歴史を通して最大限の人間の可能性の証を見る事ができる。この世より誤りを駆逐し真理の光をもたらせる人々はみな己れに課せられた使命のために無私と献身の生涯を送れる者であった。

『世界心霊宝典1 霊訓』
ソクラテスにプラトン、ヨハネにパウロ、こうした真理の先駆者、進歩の先導者はみな無私無欲の人物―我を張らず、尊大ぶらず、自惚れる事を知らぬ人々であった。一途なる誠実さ、使命への献身、自己滅却、私欲の無さ等々の美徳を最高に発揮した人々である。

『世界心霊宝典1 霊訓』
それなくしては彼らの仕事が成就される事はなかったであろう。もし私欲に捉われていたならば、その成功の核心が蝕まれていた事であろう。謙虚さと誠実さと一途さがあればこそ成就し得たのである。我らが求むる人材とはそのような資質の持主である。

肉体の死を必要以上に恐れてはいけません。地上は修行場であり永遠の住処ではありません。僕たち人間は全員いつかは100%地上を離れるのです。大切なのは何が何でも地上に残ろうとする事ではなく霊界へ帰って困らないように地上でしっかり試練に立ち向かって霊界での生活の準備をする事です(祈)

■2020年10月28日UP■
TrailMovie「徳仁ムカつく」これです!これこそ国民の皆さまの本音の思念です。強姦殺人魔が国民に好かれる訳がないのですから(祈)†
この映像の意味は皆さまも想像に難くない事と思いますが、まず全員死んでいる平屋の建物は明仁、文仁、徳仁、悠仁の住居「皇居」を表していると考えて間違いないでしょう。その皇居の住人が全員既に死亡している、つまり「死刑決定」と霊団が仰っているという事です。そして大地震の元凶となったコンクリートブロック落下ですが、これは重いモノが穴の底深く落ちていく、トラックも支え切れない、つまり「自称象徴」の人間のクズ、明仁、文仁、徳仁、悠仁が奈落の底に落ちていくのを宮内庁、皇宮警察、政治上層部等、誰も止める事ができないという意味に捉えるのが最もスマートだと思います…動画を見る→
■2020年10月25日UP■
ウソをつき通し世界中をダマす事に成功していると信じ込んでいる幼いふたり(祈)†
アメリカ行きの飛行機に搭乗します。するとアメリカ人女性CA(キャビンアテンダント)がふたりに話しかけてくるのですが、幼いふたりがまだ何も言っていないのにその女性CAはしょっぱなから「半笑い」なのです。そして飛行機がアメリカの空港に到着し、空港内ロビーはたくさんのアメリカ人がいたのですが、幼い女の子と男の子がロビーに降り立つとアメリカ人たちがそのふたりを見つけて空港中が「大爆笑」に包まれる…という映像だったのです。皆さま、この女性CAの「半笑い」そして空港にいたアメリカ人たちの「大爆笑」の意味がお分かりになりますでしょうか…続きを読む→
■2020年10月22日UP■
【※暗殺防御】MP3でお話したWordPress予約投稿用のテンプレートを制作しました(祈)†
これは致命傷をかわした部位への弾丸の命中で、しかも遠い距離からの1発のみの命中とか、その程度のレベルの被弾であれば何とか止血しながらそれ以上撃たれるのをかわしつつ帰還してブログを書く事も可能かも知れない、という意味で書いたものです。しかしスナイパー【チーム(POLICE)】ですから5人くらいで囲まれ至近距離で20発30発撃たれるという可能性もあるでしょう。そうなってしまったらそれはもう止血どころではなく間違いなく僕はその場で完全に殺される事になります。霊性発現初期の頃(2012年6月)そしてイエス様ハンドリング開始以降(2014年7月)この頃の過去ブログで何度も書いてきた事ですが「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁は霊覚者などと名乗る僕の事を100%バカにしていました…続きを読む→

HOME | ピーチピチ(佳子) | 切断死体の撮影 | 処刑遊び | コイツら死刑 | 暗殺 | 放火 | Dreamwork | Profile | アナログ絵 | フラー | コメントファイヤー | | 山駆けるヒカリ | 葛飾北斎の墓 | 主なブログ | 全ブログURL | 動画 | 霊関連書籍 |

未分類

Posted by たきざわ彰人(霊覚者)