【10/31】霊関連書籍の内容の抜粋です(祈)†「シルバーバーチの霊訓④」

Pocket

—–九章
『シルバーバーチの霊訓④』
【ある日の交霊会で“宗教”の定義を求められてシルバーバーチはこう述べた―】宗教とは同胞に奉仕する事によって互いの親である神に奉仕する事です。本来の宗教は地上の世俗的概念とはほとんど何の関係もありません。

『シルバーバーチの霊訓④』
人間の魂に内在する神性を地上生活において発揮させるものでなければなりません。自分と神とのつながり、そして自分と同胞とのつながりを大きくするものでなければなりません。宗教とは人のために自分を役立てる事であり、自分を役立てる事がすなわち宗教です。

『シルバーバーチの霊訓④』
その他の事とは何の関わりもありません。肉体が朽ちてしまえば、それまで永い間後生大事にしていたもの、そのために争う事までした教義の全てが空虚で無価値で無意味で無目的なものであった事を知ります。魂の成長を微塵も助長していないからです。

『シルバーバーチの霊訓④』
魂の成長は自分を役立てる事によってのみ促進されるものです。他人のために自分を忘れているうちに魂がその大きさと力を増すものだからです。地上にはこれまであまりに永い間あまりに多くの世俗的宗教が存在し、それぞれに異なった教えを説いております。

『シルバーバーチの霊訓④』
しかしその宗教が最も大事にしてきたものは実質的には何の価値もありません。過去において流血、虐待、手足の切断、火刑といった狂気の沙汰まで生んだ教義・信条への忠誠心は人間の霊性を一インチたりとも増しておりません。

『シルバーバーチの霊訓④』
逆に、いたずらに人類を分裂させ、障壁をこしらえ、国家間、はては家族間にも無用の対立関係を生みました。論争の原因ともなっております。

『シルバーバーチの霊訓④』
分裂と不和を助長する事ばかりを行ってきました。神の子等を一つに結びつける事に失敗しております。私が宗教的建造物や俗にいう宗教に価値を認めない理由はそこにあります。主義・主張はどうでもよいのです。大切なのは何を為すかです。

『シルバーバーチの霊訓④』
【続いて子供の宗教教育のあり方について聞かれて―】今日の子供は明日の大人であるというごく当り前の考え方でその問題と取組んでみましょう。当然それは学校教育を終えた後の社会生活において、その社会の重要な責務を担う上での備えとなるべきものでなければなりません

『シルバーバーチの霊訓④』
意義ある社会の一員として、いかなる事態においても社会のため人類のために貢献できる人物に育てるための知識を授ける事が教育の根本義なのです。それには何よりもまず宇宙の摂理がいかなるものであるかを説いてやらねばなりません。

『シルバーバーチの霊訓④』
人間が有する偉大な可能性を教え、それを自分自身の生活と、自分の住む地域社会に役立てるために開発するよう指導してやらねばなりません。子供は感受性が強いものです。知能的にも、教えられた事が果たして真理であるかどうかを自分で判断する事ができません。

『シルバーバーチの霊訓④』
とても従順ですから教えられた事は何もかも本当の事と信じて、そのままを呑み込んでしまうのです。このように子供を教育する事は実に貴重でしかもデリケートな原料を扱っている事になります。

『シルバーバーチの霊訓④』
教え込んだ事がそのまま子供の性格のタテ糸となりヨコ糸となって織り込まれていくのですから教育者はまず教育というものの責任の重大さを自覚しなくてはなりません。

『シルバーバーチの霊訓④』
子供の潜在意識に関わる事であり教わった事はそのまま潜在意識に印象づけられ、それが子供のその後の思想を築いていく土台となるのです。その意味で、筋の通らぬ勝手な訓えを説く宗教家は動機がどうであろうと人類とその文明の将来に大きな障害を築いていく事になり、―

『シルバーバーチの霊訓④』
―罪を犯している事になるのです。子供に種々様々な可能性が宿されている事を知らない、霊的真理に通じていない、子供が霊的存在であり神の子である事を知らない、宇宙に置ける人間の位置を理解していない人―こうした人に育てられた子供は健全な精神的発育を阻害されます

バルナバは答えて言った。「我が友パウロよ!聖霊がここに導いてくれたのだ。お前の求めているものは分っている。だからこそ私はここに来たのだ。お前はどうしてもサウロと戦わねばならないんだよ。でもこれはお前にとってよい準備になるんだ。」―【イエスの弟子達】より

■2020年6月15日UP■
「年齢一向に構いません」これはピーチピチ(佳子)の思念と思われるのですが…(祈)†
「年齢一向に構いません」ですが、これはピーチピチ(佳子)が僕、たきざわ彰人に対してこのように思念を抱いているという事のようなのですが、この意味については僕からはどうにも説明ができませんので皆さまのご想像にお任せする事と致します。ただひとつだけ、ピーチピチと僕は父と娘ほどに年齢差があり、若くてカワイイピーチピチ(佳子)にとっては僕、たきざわ彰人はだいぶオサーンであるという事、これだけ説明して終わりとさせて頂きます…続きを読む→
■2020年7月12日UP■
「とにかく宇宙を洗脳しろ」明仁、文仁、徳仁、悠仁のキ〇〇イの極致と言える思念です(祈)†
自分の事を皇族だの天皇だのと自称し幼い女の子を盗みまくり(買いまくり)邸内地下に閉じ込めてレイプの限りを尽くし「処刑遊び」と称して女の子を四肢切断、強姦殺人しまくり死肉を食べまくる事が自分の仕事だと本気で思っている人類史上最悪のキ〇〇イ、明仁、文仁、徳仁、悠仁が、僕の公言する「宇宙一のバカ」の言葉に相当頭にきている、その怒りの表現として「宇宙を洗脳しろ」などという寝言の極致の思念を抱いている、という意味なのではないでしょうか…続きを読む→
■2020年8月1日UP■
「死んでも謝るよ」明仁、文仁、徳仁、悠仁が自身の大罪を許してもらえると思っている思念です(祈)†
霊団は「死んでも謝るよ」と明仁、文仁、徳仁、悠仁の思念を降らせました。抵抗する術を知らない幼い女の子を徹底的に強姦殺人しまくっている「悪魔」が許される世界というのは、物質界にも、僕たち人間の本来の生活の場である霊界にも、地球圏霊界を突破した無限の宇宙に広がる無限の生活の場においても一切ありません…続きを読む→

HOME | ピーチピチ(佳子) | 切断死体の撮影 | 処刑遊び | コイツら死刑 | 暗殺 | 放火 | Dreamwork | Profile | アナログ絵 | フラー | コメントファイヤー | | 山駆けるヒカリ | 葛飾北斎の墓 | 主なブログ | 全ブログURL | 動画 | 霊関連書籍 |

カテゴリー: 未分類   作成者: たきざわ彰人(霊覚者) パーマリンク

たきざわ彰人(霊覚者) について

元画家、山を愛する霊覚者です。果てしない山へのアタック及び高負荷の作品描画によって霊性発現となりました。イエス様の怒涛の連続顕現に浴させて頂き、イエス様のご意志に従い霊的知識普及の使命遂行中です。イエス様ハンドリング(霊の導きに従う)により強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁は死刑になり「人類の恥」となります(祈)† 日本の象徴は「富士山」であり、断じて強姦殺人魔ではありません。 The symbol of Japan is "Mt. Fuji", it is not a rape murderer at all. 日本の天皇一族は強姦殺人魔です。死刑にしましょう。 The Emperor family in Japan is a rape murderer. Let's make a death penalty.

コメントを残す