「地球に平和を」この当たり前の願望が一向に実現しない原因は「強姦殺人魔の脅し」です(祈)†

とっにっかっくっ!霊団いい加減にしろ!インスピレーション降らせすぎ!こんな量テキストに落とし込める訳ネィだろ。ホンットにこの霊団の暴挙には呆れ果てるばかりですが、まずは皆さまに霊団がこの1週間に降らせたインスピレーションをリストで羅列してご覧頂きましょう。どうにもご紹介できない内容に関してはリストから削除してあります。削除してなおこの情報量なのです。羅列後に説明に入ります、まずはコチラ↓

  • 拍手
  • 23
  • 言えなくなってしまう
  • キリがないので
  • 脅し
  • こちらこそ
  • 宝石、指輪鑑定
  • 発表したい
  • 大変うれしく思います
  • 声出せない
  • ホントの試金石
  • まだあんの?
  • 空中戦
  • あきらめず悪を告白して下さい
  • ルクセ推してる?
  • さらば
  • 覚えているかいメール
  • チェックし直し
  • ペン入れはサイコーだったよ
  • アピールしてほしい
  • ここまでだ
  • 戦争なしワクチンで
  • コロナウソ
  • よかった
  • おそいかも
  • 許さん
  • 全てテキストで説明
  • 神様がテキスト強調
  • あきらめよう
  • とにかくテキスト
  • どっちのとなり?
  • イルカテキスト
  • 1から勉強して経験やり直せ
  • 何がどーなってんだ
  • テキストでおしなさい
  • こま「けい」テキスト
  • 封筒たくさん
  • とてもキレイにポケットできました
  • 心は保険
  • 心で読み進められなくなっていた
  • 炎のV
  • 女史全体でも
  • もうどうでもよくて
  • 窮屈でレイアウト
  • ポリゴン化?
  • ママの心に小冊子
  • 変える
  • U-ウルトラ
  • 山ではフリーだよ
  • 霊団からの物的内容、本当
  • キャンディ赤い花ピーン
  • 読んだ方がイイに決まってる
  • 立った方がイイよ
  • 明日が分からず右往左往してました
  • 私が全然できない、忠誠心
  • ゴミを集めてる
  • これほどのカレーパンなぜ悪い
  • アピール
  • 地球に平和を、いつか
  • 皆さまは本当にウンザリしているのではないか
  • あたしイチゴに決めたの
  • 見してあげなさい
  • つらいモノが多すぎる
このインスピレーション全部についてしっかりテキストで説明しようと思ったら多分丸3日ぐらいかかるでしょう(ひとつひとつちゃんと意味があってしっかり説明できるのです)しかし「イエス様ハンドリング」霊的使命遂行には他にもやらねばならない作業がたくさんありますのでこれひとつにそこまでパワーをかける訳にもいきません。

僕が予測するに、これは霊団の「逆説的スピードダウン作戦」ではないかと。というのも、僕は霊団に対して本気で怒り憎しみを抱いていて霊団の導きに対して相当にひねくれた受け取り方をしていますから、仮に霊団が真っ正直に「アキトくん今回のブログは短く抑えめにしなさい」と言ってきたら、僕はカチンときて「ウルセーお前らの言う事なんか聞くもんか」って言って幼稚な反抗心で長文ブログを書いてしまうものと思われますので、そうならないように霊団が「テキスト量を減らさざるを得ないように土台無理な量のインスピレーションをわざと降らせてきた」と、真相はそういう事だと思うのです。

僕はブログでずっと「霊団と僕は上下関係」と公言していますが、それは単に仕事上の上司、部下という意味だけでなく「人間としての成熟度、人格(霊格)の到達度、処世術の熟達度」という意味で霊団が上、僕が下という意味になります。霊団がオトナ、僕がお子ちゃまという意味ですね。僕の性格を全て把握していて逆説的に利用しているという事です。

はい、では上記インスピレーションリストの中で印を付けてあるものについてだけ説明させて頂きます。それ以外のインスピレーションについては別の機会に説明できたらする事にしましょう。※こう言って説明を後回しにして、実際に後日そのインスピレーションの意味を説明した事は確か1回もないはず。あったかなどうだったかな。まぁインスピレーションは止まらず次々と降り続けてきますから以前のインスピレーションに立ち戻るのは現実的にムリなんですけどね。

空中戦

えー実はこのインスピレーションが降る前から霊団がたびたび「戦争」と言ってきています。それは「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁が「戦争という名の視点外し」を実行して国民を大量虐殺させて自分たちの邪悪の正体をこれ以上バラされないように徹底的に国民を脅そうとしているという意味なのですが、まずは霊団が降らせてきた「空中戦」の意味から説明してみましょう。「シルバーバーチの霊訓」の中のこの部分の事を霊団が言ってきているのです。書籍の抜粋コチラ↓

『シルバーバーチの霊訓③』
これが戦時下になると色々と問題が厄介となります。何しろ何の準備もできていない何の用意もしていない人間が大挙して霊界へ送り込まれて来るのですから。みんな自分が死んだ事すら知りません。気の毒ですが、その大半はしばらく好きにさせておきます。意識が霊界よりもはるかに地上に近いからです。
『シルバーバーチの霊訓③』
手出しができないと観念して側でじっと見つめているのは私たちにとっても悲しいものです。実に心苦しいものです。しかし事情が事情だけに彼らの方に受入れ態勢が整うまではいかなる援助も無駄に終ってしまうのです。言わば完全に目隠しをされているのと同じで我々の存在が見えないのです。死んだ事にも気づかずに死んだ時と同じ行為を続けております。
『シルバーバーチの霊訓③』
地上戦で死んだ者は地上戦を、海上戦で死んだ者は海上戦を、空中戦で死んだ者は空中戦を戦い続けます。そしてそのうち―期間は各自まちまちですが―様子が少し変だという事に気づき始めます。全体としては以前と変らないのに気をつけて見ているとどうも辻褄が合わない。奇妙な、あるいは無気味な事が繰返されている事に気づきます。
『シルバーバーチの霊訓③』
殺したはずの相手が死んでない。銃を撃ったはずなのに弾丸が飛んで行かない。敵の身体に体当りしても相手は少しも動かない。触っても気がづかない。大声で話しかけても知らん顔をしている。そしてその光景全体に霧のような、靄のような、水蒸気のようなものが立ち込めていて、薄ぼんやりとしている。
『シルバーバーチの霊訓③』
自分の方がおかしいのか相手の方がおかしいのか、それも分らない。時には自分が幻影に迷わされているのだと思い、時には相手の方が幻影の犠牲者だと考えたりします。が、そのうち―霊的意識の発達程度によってそれが何分、何時間、何日、何ヶ月、何年、何世紀であったりしますが―いつかは自覚が芽生えます。その時やっと援助の手が差伸べられるのです。一人一人その接触の仕方、看護の仕方が異なります。…

はい、霊団が降らせてきた「空中戦」とはこの書籍の抜粋部分の事を言っているのであり、つまり「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁が「処刑遊び」奴隷の女の子を強姦殺人する遊びをやめたくなくて戦争を勃発させて国民を大量に戦死させて霊界下層界が無知な戦死者であふれかえって大迷惑となる、という意味となります。以前このような明仁の思念を紹介させて頂いた事もありました↓

■2017年3月18日UP■
幽体離脱にて、平成天皇「明仁」が韓国を人殺しと宣言して戦争を勃発させるというメッセージを賜りました(祈)†
WordPress
wp.me/pa9cvW-1BW

この地球ワースト1、明仁は戦争という形を取っていないだけで実際は別の手法を駆使して国民を殺しまくっているキ〇〇イです。(日航ジャンボ機墜落爆破テロ、ガンが不治の病だと国民を洗脳して抗ガン剤(マスタードガス)で殺しまくる等々)コイツは戦死者の慰霊をライフワークのようにしていますが、これこそ「人類史上最大級の茶番劇」であり、皆さまが真実に目が開くまでいつまでもどこまでも公言を続けねばならない邪悪の事実となります。

戦争なしワクチンで

はい、こちらも上記インスピレーションに関連した内容となりますが、コチラのインスピレーションでは「戦争勃発はしないが、たきざわ彰人だけは何が何でも毒ワクチンを撃って殺せ」という「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の思念という事でいいでしょう。戦争をやる、やらないとインスピレーションの内容が2転3転しているのは実際に明仁の命令が2転3転しているという意味の表現かも知れませんね。「最終的判断は我々が下す」↓

■2021年7月21日UP■
「最終的判断は我々が下す」霊団が僕の人生を最後までいじくりまわすという意味です好きにしてくれよ(祈)†
ほとんどの日本国民の方々がメディアを駆使しての「視点外し」および「洗脳」に完全にやられてしまっている状態です。皆さま宜しいですか、僕たちの国、日本は世界トップクラスの「洗脳大国」です。残念ながら99%以上の日本国民の方々は完璧に洗脳にやられてしまっており、洗脳されてしまっている自分に疑問さえ抱きません。あげくの果てに真実を公言する者(僕)にヒドイ軽蔑、嘲笑、誤解、嫉妬、侮蔑、罵倒を浴びせてくる始末です。自分が恥ずかしい行いをしているという事にも全く気づきません。洗脳にやられ続けているその姿が、真実を理解した者が見た時にいかにみっともない姿に映じるかという事を、そろそろ皆さまにも理解して頂かねばなりません。想像力を働かせて頂かねばなりません…続きを読む→

この中で「絶対撃たない方がいい、苦しくさせられる」というインスピレーションを紹介させて頂いています。さらに「これほどバカな事はないよ」↓

■2021年7月28日UP■
「これほどバカな事はないよ」明仁、文仁、徳仁、悠仁に国民の皆さまが呆れ返っているという意味です(祈)†
こういう人間たちは「証拠、証拠」と言ってきます。が、常識でお考え下さい。こんなトップシークレットの情報なんて一般ピーポー(People)の僕が入手できる訳がないでしょう。もし明仁、文仁、徳仁、悠仁の邪悪の正体がググって簡単に入手できるなら僕よりみんなが大騒ぎしているはずです。国を挙げて隠し通そうとして国民を洗脳しまくっているのです。だから僕は別の情報源で霊的に仕事しているんでしょう。「アナログ絵287」こちらのブログでも同じ事を書かせて頂いています。僕がここまで自分の人生を捨てて1円にもならない使命遂行を続けている「理由、動機」を説明して下さい。僕はポリーチェ(POLICE)に脅迫罪の訴えを反故(ほご)にされました。Twitter時代に「不敬罪(ふけいざい)」で激しく通報されました。それでも僕は全く使命遂行をやめません。なぜですか。理由、動機を説明して下さい。理由はただひとつ…続きを読む→

この中の「注射禁止」というインスピレーションも同様の意味となります。今回のインスピレーション「戦争なしワクチンで」は、それらの意味をさらに霊団が念押ししてきたという事になるでしょう。

コロナウソ

はい、今回もこれまで同様、霊団は一言「コロナウソ」と僕の霊聴に響かせてきただけで、その「コロナウソの真相、詳細情報」については一切降らせてきません。しかし何とこれで霊団が「コロナウソ」と言ってきたのは5回目となります。これは尋常ではないレベルの強調と言っていいでしょう。先週の超長文ブログ「彼らも悪しざまに言われました」↓

■2021年8月4日UP■
「彼らも悪しざまに言われました」シルバーバーチ霊の言葉をタイトルに冠させて頂きました(祈)†
彼らは地上世界にいずれ実現される神のプランを読取り、その日のために物質界の子等の魂を高揚させるべく一身を擲(なげう)ったのでした。彼らも悪しざまに言われました。援助の手を差しのべんとしたその相手から反駁され嘲笑されました。しかしその仕事は生き続けました。それはちょうど、今日世界各地の小さな部屋で行われている、このサークルのような交霊会の仕事が、そのメンバーの名が忘れ去られたのちも末永く生き続けるのと同じです。強大な霊の力が再び地上世界へ注ぎ込まれはじめたのです。いかなる地上の勢力をもってしてもその潮流をせき止める事はできません…続きを読む→

コチラに「コロナ言わないようにしてる」というインスピレーションを紹介させて頂いています、その説明に帰着するでしょう。

神様がテキスト強調、テキストでおしなさい

8月9日でした、霊団が「テキスト」を推してくるインスピレーションをウソみたいにドッカンドッカン長時間降らせてきて、僕はそれをクロッキーにメモするので精一杯で全然寝れなくて相当に頭にきた、という事がありました。

ただ今回の霊団側の「テキスト強調」の意味は「長文ブログをガンガン撃ちなさい」という意味ではなく、今後の僕の「露出方法」の事を言っているものと思われます。チョト詳細説明はできないのですが、要するに使命遂行が進展して実際に「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁が死刑、滅亡の運びとなってピーチピチ(佳子)が正しい行動を起こしてくれたとしましょう。

そうなるとアレコレ大騒ぎになって霊団的にも僕的にも宜しくない空気感が発生する事は火を見るより明らかで、霊団がその部分にクギを刺しているという意味となります。そしてそれは僕的にも激しく了解で、僕もテレビという洗脳メディアに露出してチヤホヤされるとか、そういうものに1ミリたりとも興味はありませんので、自分に関する情報発信はブログを筆頭とした「テキスト」で行う事になると思っています。

なにより霊団が「神」という言葉を用いて強調してきています。僕たちが軽々しく口にする「神」と霊団側が発する「神」とは、その言葉の意味の重要度が桁違いです。地上人は「神」の概念そのものを理解していませんので「神」という言葉を意味も分からず軽々しく、しかも間違った意味で使用しますが、霊界の人間(上層界の高級霊という意味)たちは「神」というものを知識として正しく理解していますからおのずと軽々しい事は言えなくなります。

その「神」という言葉をわざわざ強調の表現として用いたという事は霊団側の最大級の強調の意味と受け取っていいでしょう。えー深いレイヤーで説明できないのですが要するに霊団が強調してきた「テキスト」という言葉は「霊団から僕に向けられた謙虚の姿勢の要請」と受け取れなくもない気がします。それは僕的にも激しく了解ですね。

アキトくん、大騒ぎになってチヤホヤされるから気を付けなさい、そんな意味が含まれているものと思われますが、そもそも僕はそういうチヤホヤしたものに興味がありません、むしろ毛嫌いしています。それはそうでしょう、Dreamwork↓

にありますように、僕は霊性発現前「画家として一生を送る決意を完全に固めていて具体的行動を起こしていた」人間です。それはつまり作品を描き続ける、つまり部屋にこもって(出かけるのは山のみ)絵を描き続ける人生を送るつもりでいたという意味であり、Dreamworkからも僕がそもそもチヤホヤされたいという願望を持っていない事がご理解頂けると思います。

えーこの「テキストでおしなさい」のインスピレーションはまだまだ深い意味が込められているのですが諸事情によりこれ以上の説明は割愛させて頂きます失礼。

1から勉強して経験やり直せ

これは「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁に対する国民の皆さまの怒りの思念という事でいいのではないでしょうか。で、これに関連して僕の心にずっと引っかかっていた事をお話させて頂きますが、霊的知識をお勉強すると「死刑」というものが間違った制度である事が分かります。Twitter時代にインペレーター霊の言葉をこのように書いていた事がありました↓

インペレーター霊も言ってます。死刑制度は間違っています。死刑によって強制的に肉体から引き離された死刑囚の霊は、憤怒に燃えた地縛霊となって地上をうろつき回り、波長の合う人間に次々と悪行をそそのかします。死刑制度を続ける限り人類の霊的進化は遅々として進まないと『霊訓』にあります(祈)† ※強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁にはこの考えを当てはめる必要はありません。

この物質界(地球)はまだ「死刑では問題の解決になっていない、ただ犯罪者を別の世界に放り込むだけで犯罪者は全く更生、改心できない」という事が理解される段階まで進化していないために「死刑」という原始的処罰がまかり通っている訳ですが、より進歩進化した社会においてはこのような原始的処罰手段は用いられていないのだそうです。

※僕たちの生活するこの物質界(地球)は「神」が経綸する全宇宙の中で「ほぼ最低ランクの生活の場」です。霊関連書籍「スピリチュアリズムの神髄」をお読みになるとその意味が分かるかも知れません。

僕は守護霊様の素晴らしすぎる導きの威力のおかげでその霊的知識を獲得していますから、本来なら「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁に対して「死刑死刑」と連呼するのはおかしいという事になるのですが、何しろコイツらの邪悪の正体を霊団に教えてもらってそれがあまりにも邪悪の極致であるために「コイツらだけは例外だ、死刑以外に有り得ないだろ」と本気で思うに至ってしまっていまして、それでこれまでずっと「死刑」と公言し続けていた訳です、霊的知識的には間違っていると知っていても。

んんん、この件についても語りにくい部分が多々ありますよね、今回はここで切らせて頂き、霊団がもう1レべル2レベル突っ込んだ事を言ってきたらその時にまたこの件についてお話してみましょうか。基本的には僕は「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁は断固として死刑にすべき、という考えを曲げるつもりはありませんが霊団が何か言ってくるかも知れません。

ママの心に小冊子

これなんですけども、これは僕の「イエス様ハンドリング」をご覧の女性(ママ)の方々が僕のブログを小冊子にするつもりでいる、という意味ではなくて「霊的知識」を小冊子にするつもりでいる、という意味に受け取りたいですね。

僕は以前から「バーバネル氏が僕の支配霊となってテキストの霊言を降らせるつもりでいる」と書いていますが、それが実現の運びとなった暁には、僕が物的脳髄で書いているこのブログなどクズ同然となりますから、ぜひバーバネル氏が降らせたテキストの霊言を小冊子にするというアイデアは実行して頂きたいなと思いますし、そんな事になればママの方々にお願いするまでもなく僕が書籍出版に向けて全力で動き出す事になります。

何しろ僕はAffinityPublisher関連でイヤな思いを味わわされましたがおかげで電子書籍の制作、出版に関する知識を得る事ができましたので、バーバネル氏さえその気ならいつでも書籍化する事ができるのです。バーバネル氏が降らせるテキストはさしずめ「シルバーバーチNext」とも言える内容である事は間違いないでしょうから、それは人類史上最も重要なテキストという事になりますので書籍化は絶対にやるでしょう。

さぁ今回霊団が降らせてきた「小冊子」はどういう小冊子でしょうね。どういうものであれママ(女性陣)の方々にはぜひ実行して頂きたいなと思いますが。それとも僕がママの方々に霊的小冊子をプレゼントするという意味でしょうか。

地球に平和を、いつか

このインスピレーションは上記で「戦争」について書いていますが、それと関連のある内容となります。この「地球に平和を」のインスピレーションに反旗を翻す方はひとりたりともいないと心の底から強く信じますが、誰もが心では平和を願っているのにこの腐った狂った物質界ではその当たり前の事がいつまでたっても実現しませんよね。

シルバーバーチ霊も「(第1次世界大戦の時に)世界中の人々が戦争などしたくないと心で思っていたのにそれを止める事ができなかった」と仰っています。みんな嫌がっているのになぜ戦争が無くならないのか、それは「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁をはじめとした「自分の事を王などと自称している強姦殺人魔どもが「処刑遊び」を続けるために戦争で国民を脅して口を利けないようにして既得権を守ろうとしているから」という事に帰着すると思います。

シルバーバーチ霊も書籍の中で何度も何度も口を酸っぱくして「既得権の破壊」を訴え続けていますよね。「神」は子等に(僕たち人間はひとりの例外もなく神から「神性の火花」を賜って個的存在を獲得した、つまり全世界の人間は神を共通の父とした霊的同胞、霊的兄弟、霊的大家族という事)物資が平等に分配されるように配剤して下さっていますが、その平等な分配を既得権の奴らが妨げているのです。

このインスピレーション「地球に平和を」は大変深い意味が込められているために僕などという人間には何とも表現しにくいものがあるのですが、僕というキャラを駆使した表現として「フラーのストーリー」にもぜひ目を通して頂きたいと思うのです。まぁ大したストーリーではありませんが。

フラーの世界観、舞台は「戦争などという愚劣なものが存在しない霊界上層界」です。皆さまが肉体を脱いで帰幽してもその赴く先の霊界にはクレスもフラーも存在しませんが(僕の想像の産物ですので)しかし下層界に落ちていく一部の幼稚な人間は例外として、大抵の善良な一般人はまぁまぁの明るい境涯に赴いて、そこで幸福感を味わう事になります。

霊界は「神の因果律」によって完璧な統制、公正が行き渡っている世界ですから善良は人間はその善性に応じたステキな境涯で生活できますが、この物質界は一部の邪悪な人間の愚かな物的欲望のために多くの善良な人間が虐げられ続けています。
これは霊的知識的な言い方をしますと「神の意思を阻む」人類最大イヤ全宇宙最大の邪悪であり、このような原始的蛮行がまかり通っているのは神の身体であるこの全宇宙の中で物質界(地球)ぐらいに進歩の遅れた境涯だけでしょう。より進歩進化した他の惑星ではこのような原始的問題はとっくの昔に乗り越えてより高度な次元の社会に突入しているはずです。

僕などという売れない画家に出しゃばった事は言えないのですが、これまで歴史上で「戦争反対」を訴えた高潔な人物は数知れないですよね。しかしその訴え方が「抽象的」であり「具体性」に欠けると僕は思うのです。なぜか?それはつまり↓

具体的に言うと暗殺されてしまうから抽象的表現にせざるを得なかった

という事だと思うのです。決して歴史上の高潔な方々を悪く言うつもりはないのです、しかし具体的に「あいつらが強姦殺人遊びを続けるために我々国民を殺し続けているのだ」と発言する事ができなかった訳ですね。ムリもないですよね。実際殺されちゃった方もたくさんいるのかな。しかし僕たち地上人はそろそろ次のレベルに進出しましょう。その次のレベルに進出するキーは↓

「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の「脅し」を破壊する事。そもそもコイツらを滅ぼせばその脅しもなくなる

という事だと思います。んんん、もっと書きたいですが今回はここで切らせて頂き、霊団がさらにインスピレーションを降らせてきたらまた続きを書いてみましょう。

皆さまは本当にウンザリしているのではないか

これが素晴らしいインスピレーションで、善良なる国民の皆さまの本心という事になります。皆さまは↓

なぜ「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を我々の血税で保護し続けねばならないのか
その家に生まれただけでなぜ好待遇を受け数々の犯罪を犯しても一向に逮捕されないのか
生まれて1度も労働というものをした事のないバカヤロウがなぜ陛下だの殿下だのと呼ばれているのか

等々、様々な鬱積(うっせき)を心にお持ちの事と思います。何と自然な感情でしょう。先ほど戦争の部分でも書きました「みんな戦争なんてしたくないと心で思っていたのに戦争に突入してしまった、なぜか、それは自分の事を王などと自称する奴らが愚かな物的欲望を満たすために国民を殺し続けている」という事に帰着すると思います「脅し続けている」という事ですね。1億回でも公言しますが、僕は「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の事を↓

日本の天皇一族、明仁、文仁、徳仁、悠仁は【強姦殺人魔】です。「死刑」にしましょう(祈)†

原始人

と書き続けています。自分の欲望の事しか頭になく、自分が満足するために幼い奴隷の女の子を強姦殺人し続け、戦争を勃発させて国民を殺し続けている、これを「原始人」と呼ばずに何と言うのでしょう。皆さまに何が何でも真実に目覚めて頂かねばなりませんが「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁、コイツらは↓

人生イコール全てウソ

です。生まれてから死ぬまで、国民に向けて発布する情報は何もかも全てウソです。皆さまは一体いつまでこの強姦殺人魔どものウソにコロコロだまされ続けるという愚行を犯し続けるおつもりなのでしょうか。

はい、今回は霊団の導きの方向性により多少テキスト量を落としてのブログとなりましたが、まぁこれくらいが通常で先週までが異常だったのかも知れません。今回はリストに羅列したのみで意味を説明していないインスピレーションが相当数にのぼり、それが僕的にフラストレーションとなっていますが、現実的にあの量を全て説明するのは絶対にムリです。

どうにもこうにも説明不足の感が否めませんが、僕は現在肉体をまとって物質界に身を置いていますので、肉体が引き出せるパワーは有限、物質界は時間という制約があるので時間も有限となり、何もかも全ての作業はできないという事になりますので今回はここまでとさせて頂きます。

語りたい事、皆さまに訴えかけたい事は際限がありません。僕より霊団がそう思っている事でしょう。その意思を受けて、たとえムカつかされているとしても、いつまででもどこまででもテキストを撃って皆さまに向けて真実を公言し続けなければならないのです(祈)†
■2021年8月9日UP■
■アナログ絵324「フラー20設定資料」渾身の新規ギミック「スカートフラー」と言います(祈)†
航行モード時の形状を「よりお花ちゃんらしく」変更し「外花びら」と「内花びら」の2重形状になっています(内花びらが格納した腕)そしてコクピットブロック(胴体)がこれまでと違って広い構造になっていて搭乗者2名が両手両足を思いきり伸ばしても立ち上がっても全然余裕の広さにしました。そしてさらに「ハンドライトソード」の形状も変更しました。フラーの世界観は「戦争などという愚劣なものが存在しない霊界上層界」ですのでフラーには武装はありません。なのにソードを装備しているのはおかしいと以前から思っていましたので、思い切ってソードらしからぬデザインにしました…続きを読む→
■2021年6月30日UP■
「とにかく終わらせましょう」悪の支配を終わらせましょうというピーチピチ(佳子)の思念だと思いたいですが(祈)†
三千余年の人類創世の歴史始まって以来の究極無二のバカ、美人の女性「吉井園(よしいその)さん」から赤ちゃんのピーチピチ(佳子)を盗んで自分の娘として登録した人類の歴史上最大級のS〇Xバカ「文仁Fumihito」の思念と思われます。要するにアナログ絵322のこの部分を見て文仁が頭にきているという意味でいいのではないでしょうか。しかし皆さまに共感して頂けると強く信じますが、文仁に対して「頭にきてるのはコッチの方だよ寝ぼけた事言ってんじゃねーよ」こういうセリフを投げつけたくなりませんか。イヤそう思ってもらわねば困るのです。奴隷の女の子たちを「処刑遊び」で日常的に四肢切断、強姦殺人しているだけではありません。明仁、文仁、徳仁、悠仁、コイツらは「犯罪のデパート」です。コイツらは自分たちが何をやっても逮捕されない、罪に問われないと本気で信じ込んでいるために生まれてから死ぬまで自分の人生全てで大犯罪を繰り返しているのです…続きを読む→
■2021年6月16日UP■
「ピーチピチ立ち上がるのよ、みんな分かってるのよ」国民女子の方々の思念です、何と素晴らしい(祈)†
「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の邪悪の正体および、ピーチピチ(佳子)の出生の真実等を正しく理解して下さった皆さまの、ピーチピチに向けた「応援、鼓舞、背中押し」の思念と思われます。これは本当に素晴らしい思念ですね。ぜひ皆さまにはこういう正しい考え方に到達して頂きたいと願う事しきりですが、その皆さまの善良なる思念を思念だけで終わらせず実際の物的アクションにまで昇華させる事をやらなければなりません。責められるべきは「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁でありピーチピチは被害者で保護される側の人間です。しかし対応を誤ると国民に同情してもらえるはず、味方してくれるはずなのに逆に非難を浴びせられるという事になりかねません(奴隷の女の子たちを見殺しにするという事)ピーチピチ(佳子)にはこのタイミングでキッチリこのバカヤロウどもとの関係を清算し、正しい人生のルートを選択して頂きたいと願わずにはいられません…続きを読む→

未分類

Posted by たきざわ彰人(霊覚者)