「フラー女」霊団が見せてきた超特殊映像をクロッキーに描いてみました。これが実は意味が深いのです(祈)†

Pocket

まずは昨日31日の幽体離脱時に霊団が降らせてきた超特殊映像をスケッチしてみました。こういう感じだったのです↓

はい、幽体離脱時、こういう女性の映像が降ってきたのです、僕は何の迷いもなく「フラー女」と名付けました。ビキニ姿の成人女性だったのですが、何しろ足が細くて長い。動きはクモのようでしたがスパイダーマンとは違います。クモの糸でビル街をさっそうと飛び回る、のではなくその長い足でビルの外壁を上る、そういう映像でした。もし足が8本だったら「クモ女」と名付けていたでしょうが、2本でしたし、何より霊団が降らせる映像が使命遂行と関係ないものである訳がありませんので、この映像の女性の長い足が「フラー」を意味しているとすぐに分かったのでした。

えー、皆さまは笑いと共にこの「フラー女」の絵をご覧になる事でしょう。確かにギャグの絵なのですが、えーちょっと待って下さい。今回霊団が降らせてきたこの「フラー女」の映像は、なかなか深遠な意味が込められていてちょっと短い時間で簡単に説明できる代物ではないんですよ。霊的知識普及という霊団側の大目的と大きく関わりがある映像とも言えるのです。僕がフラーをデザインしたそもそもの動機、アナログ絵でフラーのストーリーを描き続けている僕の考えや価値観等々、様々なファクターが閉じ込められている大変意味深い「フラー女」なのです。明日はもう山のアタックの準備をせねばなりません。さらに現在「フラー13」の本体デザインも70%近くUPしている中、ちょっとこのタイミングでこの「フラー女」に込められた霊団側の深遠な意図を説明する時間とパワーがありません。まずは絵の紹介までとし、霊団がこの「フラー女」の映像を降らせてきた意味を説明するブログは山のアタック帰還後のタイミングで「書けたら書く」という形にさせて頂きます。だいぶ深いレイヤーまで切り込まないといけなくなりそうで相当に書くのが難しそうなんですよ。説明できないかも。まずは絵そのものを笑ってやってください。それでいいと思います。もちろん強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を死刑、滅亡させる事を前進させる霊団側のメッセージという事になるのですが、説明が超ムズカシイんですよ。ってか単純にピーチピチ(佳子)がフラーを気に入ってくれているという超シンプルメッセージだったり、なんて事もあるかも知れませんが(祈)†

WordPress固定ページ「フラー」
wp.me/Pa9cvW-1s3

カテゴリー: 未分類   作成者: たきざわ彰人(霊覚者) パーマリンク

たきざわ彰人(霊覚者) について

元画家、山を愛する霊覚者です。果てしない山へのアタック及び高負荷の作品描画によって霊性発現となりました。イエス様の怒涛の連続顕現に浴させて頂き、イエス様のご意志に従い霊的知識普及の使命遂行中です。イエス様ハンドリング(霊の導きに従う)により強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁は死刑になり「人類の恥」となります(祈)† 日本の象徴は「富士山」であり、断じて強姦殺人魔ではありません。 The symbol of Japan is "Mt. Fuji", it is not a rape murderer at all. 日本の天皇一族は強姦殺人魔です。死刑にしましょう。 The Emperor family in Japan is a rape murderer. Let's make a death penalty.

コメントを残す