【5/3】2012~2013年ごろに撃った霊関連書籍の内容の抜粋です(祈)†

Pocket

『天使と妖精』
皆さんは霊の道を上昇するにつれて内在の神の力が自分の全身の一新と改造に使われる事を知るに至りましょう。人間の内部には肉体原子をも変化させる力が存在します。何となれば肉体原子とは霊的原子ですからね。これら小さな光の火花たちは目に見える生命体の背後にある力であります。

『天使と妖精』
これら原子は神の命によって変化させられます。全生命は大白色光の指揮管理下にある訳です。何のために地上に肉体をもって生まれるかというと、皆さんが日常生活の中で霊的生命を発揮させるためです。困難は分っております。肉体がガッチリとあなたをつかまえて離しませんからね。

『天使と妖精』
肉体があるから恐怖も苦痛もあれば心や魂の不調和もある訳ですから。イエスの言葉にこうあります「立ち上がりなさい、寝床を(物的生活を)取払って歩きなさい」と。光の道をお歩きなされ。あなたの真相を強く求めなされ。その時、物質の闇を貫いて勝利はあなたのものとなりましょう。

『天使と妖精』
日常の必要物になぜ恐怖をもつのですか。神が愛である事を知らぬ者が生活に怖れをもちます。しかし神の子は怖れをもちません。もし皆さんが家畜のように追い立てられ魂も上の空で恐怖と心配で一杯であれば同胞の人たちの必要に奉仕する事はできません。

『天使と妖精』
地上に平和をもたらすただ一つの道は個々の魂が平和の中心となる事です。これが物的生活を支配超克する秘訣であります。それ故に日々を平和の君(キリスト神霊)に身をつなぎなさい。もやもやとごたごたのままで平和の君の中に入るつもりですか。それでは近づく事も叶いますまい。

『天使と妖精』
もし近づこうと望まれたら先ずあなた自身の中に平和がなければなりません。静穏と謙譲と愛をもってあなたは近づかねばなりません。イエスはかように申しています「誰しも二人の主に仕える事はできない…あなたは神と物神に仕える事はできない」と。

『天使と妖精』
物神とは必ずしもお金や物の事ではありません。世俗の心、これです。智力を鼻にかけたり我の強さ、これです。物神を崇拝する者は自己の力量を信じます。自己を偉大な者と考えます。賢者は神のみが偉大であると知っております。

『天使と妖精』
神すなわち善に従いなされ。柔和な道を進みなされ。右の頬を打たれたら左の頬を差し出しなされ、直観に従いなされ、愛しなされ。さればあなたは道の選択を間違ってはおりません。神の道を選んでおるのです。

『天使と妖精』
我や高慢は物神に頭を下げる事です。それは堕落です。未来の悲哀のタネを蒔く事です。恐怖は低級な心がもつ弱さです。低級な心は限界とか失敗とかを考えます。低級な心は霊的な力で世界は救えないと考えます。このような否定的な考えに身を置きなさるな。

『天使と妖精』
神は全き愛、全き智と知りなされ。神の力は無限です。神に失敗はありません。人は不要な苦をもち込む事もありましょう。しかし神は常に働き給う、偉大な医師のように人の心を癒し給う。

『天使と妖精』
否定的な面に心を奪われなさるな、分らない事は横に置いておきなさい。しかし決して神の愛に信を失ってはなりません。さてこれをもってすれば、永遠の静かな平和が、つまりは霊の静穏が皆さんと共にいかなる時もありましょう。

悩んでる方、苦しんでる方、シルバーバーチをはじめとした霊関連書籍をぜひ手に取って見て下さい。悩み苦しみの根本原因が分ります。僕たち人間の存在位置ならびに存在理由、そして地上に降下した意味が分ります。そして僕たち地上人類が地上で為さねばならない大切な霊的事実が分ります(祈)

HOME | ピーチピチ(佳子) | 切断死体の撮影 | 処刑遊び | コイツら死刑 | Profile | アナログ絵 | フラー | 全ブログURL | 霊関連書籍 |

カテゴリー: 未分類   作成者: たきざわ彰人(霊覚者) パーマリンク

たきざわ彰人(霊覚者) について

元画家、山を愛する霊覚者です。果てしない山へのアタック及び高負荷の作品描画によって霊性発現となりました。イエス様の怒涛の連続顕現に浴させて頂き、イエス様のご意志に従い霊的知識普及の使命遂行中です。イエス様ハンドリング(霊の導きに従う)により強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁は死刑になり「人類の恥」となります(祈)† 日本の象徴は「富士山」であり、断じて強姦殺人魔ではありません。 The symbol of Japan is "Mt. Fuji", it is not a rape murderer at all. 日本の天皇一族は強姦殺人魔です。死刑にしましょう。 The Emperor family in Japan is a rape murderer. Let's make a death penalty.

コメントを残す