【10/24】霊関連書籍の内容の抜粋です(祈)†

強姦殺人魔

「シルバーバーチの霊訓」より→「古くからの教えだから、伝来の慣習だからという事だけで古いものを大切にしてはいけません。真理の宝石、いかなる詮索にも、いかなるテストにも、いかにしつこい調査にも耐えうる真理を求めなくてはなりません」

「シルバーバーチの霊訓」より→「私の説く真理を極めて当たり前の事と受け取る方がいらっしゃるでしょう。既に度々お聞きになっておられるからです。が、驚天動地の事として受け止める方もいらっしゃるでしょう。所詮様々な発達段階にある人類を相手にしている事ですから当然の事です」

「シルバーバーチの霊訓」より→「人間は向上もすれば堕落もします。神の如き人間なる事もできれば動物的人間になる事もできます。自由意志を破壊的な事に使用する事もできますし、建設的な事に使用する事もできます」

「シルバーバーチの霊訓」より→「こうした真理は教会で朗唱するためにあるのではありません。日常生活において体現していかなくてはなりません。飢餓、失業、病気、スラム等々、内に宿す神性を侮辱するような文明の恥辱を無くす事につながらなくてはいけません」

「シルバーバーチの霊訓」より→「人類が階段の一つに足を置きます。すると私達は次の段でお待ちしています。人類がその段まで上がってくると、また次の段でお待ちします。こうして一段また一段と宿命の成就へ向けて登っていくのです」

「シルバーバーチの霊訓」より→「あなたの背後にあって絶え間なくあなたのために働いている霊の姿をご覧にいれられないのが残念でなりません。数多くの霊があなたの身のまわりに存在している事が分かって頂けたら、どんなにか慰められるでしょうに。地上は影の世界です。実在ではないのです」

「シルバーバーチの霊訓」より→「大収穫者すなわち神は、十分な実りを達成した者を次々と穫り入れ、死後にたどる道をより明るく飾る事をなさいます」

「シルバーバーチの霊訓」より→「肉眼の視野から消えると、あなた方は悲しみの涙を流されますが、私達の世界ではまた一人物質の束縛から解放されて、言葉で言い表せない生命の喜びを味わいはじめる魂を迎えて、うれし涙を流します」

「シルバーバーチの霊訓」より→「鏡に映るあなたは本当のあなたではありません。真のあなたの外形を見ているにすぎません。身体は人間がまとう衣服であり、物質の世界で自分を表現するための道具にすぎません。その身体はあなたではありません。あなたは永遠の霊的存在なのです」

「シルバーバーチの霊訓」より→「死は生命に対して何の力も及ぼしえません。死は生命に対して何の手出しもできません。死は生命を滅ぼす事はできません。物的なものは所詮、霊的なものには敵わないのです」

「シルバーバーチの霊訓」より→「自由を満喫している霊の事を悲しんではいけません。毛虫が美しい蝶になった事を嘆いてはいけません。カゴの鳥が空へ放たれた事に涙を流してはいけません。喜んであげるべきです」

「シルバーバーチの霊訓」より→「人類はもう、何世紀も迷わされ続けてきた古い教義は信じません。教会の権威は失墜の一途をたどっております。霊的真理の受け入れを拒んできた報いとして、霊力を失いつつあるのです」

「世界心霊宝典3 スピリチュアリズムの真髄」より→「結論から言えば霊界にも結婚というしきたりはある。ただ地上と違う点は、決して再婚という事が無い事、そして(結婚の)相手はアフィニティ、いわば自分自身の霊的半分であるという点である」

「世界心霊宝典3 スピリチュアリズムの真髄」より→「天界では全ての者が結婚するのか?と言う質問をよく受けるが、私は確信を持ってイエスと答える。皆いずれは誰かと結ばれる。地上であろうが天国であろうが神は孤独を喜ばれない。遅かれ早かれ必ず配偶者を見出すように意図されている」

「世界心霊宝典3 スピリチュアリズムの真髄」より→「要するに自業自得で、悪い事をすればその報いは影の如く付いてまわり、誰一人として逃れる事ができないという事です。それを地上で悟れない者はこちらへ来て悟らされます」

「世界心霊宝典3 スピリチュアリズムの真髄」より→「私より低い界層にはそれはそれは長い年月にわたってひどい苦しみに喘いでいる者がいます。が実は彼らの環境、暗い荒れ野原、草一本はえていない丘、不気味な沼地、といったひどい環境はその連中の心の中そのものを表していたのです」

「世界心霊宝典3 スピリチュアリズムの真髄」より→「仮に私が花を一本摘み取りますと、心の中にある花を愛する気持ちでもって生命を吹き込んでやらないとしおれてしまいます。地上でも花の好きな人が手入れをすると非常に育ちが良いですが、花もやはり手入れだけでなく愛情が必要なのです」

「世界心霊宝典3 スピリチュアリズムの真髄」より→「不道徳のゴミ溜めのような社会があり、見るに耐えないみっともない喧嘩、憎み合いが、いつ果てるとも無く続いている通りがあります。彼らは互いに相手を困らせ苦しめる事に快感を覚えるのです。ある意味地上生活を繰り返しているのです」

「世界心霊宝典3 スピリチュアリズムの真髄」より→「いかに人間の直感が鋭く洞察力が深いとはいえ、人間の力だけでは霊的真理を正しく掴む事はできない。霊的本性とその宿命は、スピリットとの直接の交渉に待つ他は無い。そうした問題は霊界の援助を得てはじめて解決する」

「シルバーバーチの霊訓」より→「誤った信仰の上に築かれた構築物がいたるところで崩壊しつつあります。私達の説く霊的真理は(心霊学という)知識を土台として築かれております。その土台はいかなる嵐にもビクともしません。なぜなら事実、霊的事実を土台としているからです」

「シルバーバーチの霊訓」より→「真理は前進し、暗黒と無知と迷信と混迷を生む勢力は後退します。霊力はますます勢いをつけ、これまで難攻不落と思われていた分野にまで浸透しながら凱旋し続けます。これが私達が繰り返し繰り返し宣言しているメッセージです」

「シルバーバーチの霊訓」より→「霊の目をもって見る者は民族、国家、気候、肌の色、宗教の別を超えて見つめ、全人類を一つにつなぐ霊の絆を見てとります。地上世界は今こそそうした単純な真理を見直す必要があります。あまりにも永い間、霊とは何の関係も無いものにつまずいてきました」

「シルバーバーチの霊訓」より→「私達は刀剣や銃を手にせず、愛と寛容心と慈悲と奉仕の精神でもって闘っている大群の一翼を担っております。私達の武器は真理と理性です。そして目指すのは人間として当然受けるべきものを手にできずにいる人々の生活に豊かさと美しさをもたらしてあげる事です」

「シルバーバーチの霊訓」より→「これまでも数々の虚言、中傷、敵意、迫害に遭ってまいりましたが、勇気ある心の有ち主、断固たる決意を秘めた魂が闘ってきてくれたおかげで、こうして霊の力が地上に顕現する事ができたのです。今も新しい世界の前哨地に多くの勇士が歩哨に立ってくれております」

「シルバーバーチの霊訓」より→「私がお教えしているのはごく単純な真理です。しかし単純でありながら大切この上ない真理です。地上人類が自らの力で自らを救い、内在する神性を発揮するようになるためには、そうした霊的真理を日常生活において実践する以外にないのです」

「シルバーバーチの霊訓」より→「あなた方はその貴重な霊的な宝を手にされている事、それがすべての霧とモヤを払い、悟りの光によって暗闇を突き破る事を可能にしてくれる事を知ったからには、自信を持って生きてください」

「シルバーバーチの霊訓」より→「知識には必ず責任が伴う事も忘れてはなりません。知った以上は知らなかった時のあなたとは違うからです。知っていながら霊力を無視した生き方をする人は、知らないために霊的真理にもとる生き方をする人よりも大きな罪を犯している事になります」

「シルバーバーチの霊訓」より→「私どもは自己中心主義、物質万能主義、無知、暗黒等々、人生の楽しさ、明るさ、安らぎを奪う勢力の全てを一掃すべく努力しております。地上のため、それだけを望んでおります」→

→「それなのに、つまり地上のためになることをのみ望み、何一つ邪なものを持ち合わせず、人間性の中に下品なもの、あるいは低俗なものには決して訴える事がないのに、なぜ人間は私たち霊の働きかけを毛嫌いするのでしょうか」

「シルバーバーチの霊訓」より→「より次元の高い真理、より深い悟りの道をお教えしようとしているのです。人生の基盤とすべき霊的原理を理解して頂こうと努力しているのです。人間の内部に宿る霊的可能性を認識し、真の自我とその内奥に存在する神性を見出して頂きたいと願っているのです」

「シルバーバーチの霊訓」より→「私たちは人間の理性、人間として最高の判断力に訴えております。一段と次元の高い生命の世界を支配する摂理をお教えし、宇宙の物的側面だけでなく、もっと大きな部分を占めているところの永遠不滅の霊的側面を理解して頂こうと願っているのです」

「シルバーバーチの霊訓」より→「大自然の法則に基づいた本当の宗教心を持ち、たとえ逆境の嵐が吹き荒れ、環境が酷しく、いずこに向かうべきかが分からなくなった時でも“事実”に裏打ちされた信仰心によってあらゆる試練、あらゆる苦難に耐えていけるようにしてあげる事です」

「お父さんが死の壁を越えて」文仁が真実をゴマかし通すつもりという意味です、絶対に許してはなりません(祈)†■2021年10月13日UP■
「お父さんが死の壁を越えて」文仁が真実をゴマかし通すつもりという意味です、絶対に許してはなりません(祈)†
イケメンの彼氏はピーチピチに「俺が1番お前を愛している」と言い続けますが、行為としては「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を擁護し賛美し続け、奴隷の女の子たちを殺し続けている事になります。口だけ「愛している」と言っても行為は「強姦殺人ほう助」を続けている事になります。しかしピーチピチ(佳子)は彼氏が好きですから言う事を聞いてしまいます。そして彼氏と一緒になって国民にウソをつき続ける邪悪の人生を歩んでしまいます。その先(つまり帰幽後)に待ち受ける自分の未来がどれほどヒドイものであるか、ピーチピチはそこまで想像力が働きません。彼氏は霊的知識が全く頭に入っていませんから帰幽後の未来の事など知った事ではありません。ただ今の生活が良ければそれでいい、それでピーチピチに甘い言葉を言い続けて現状維持を図ってくる事になります…続きを読む→
■2020年5月8日UP■
■2016年10月20日にUPしたブログです■"寝たら同じだ"またしても幽体離脱にてイエス様から直接メッセージを賜りました(祈)†
要するに霊団が「イエス様からのメッセージ」である事を強調するためにイエス様のお姿をまとって、幽体離脱中の霊体の僕と出会うという形をとっているという事です。まぁ、イエス様ご本人と離脱中に直接お会いしたと、そう信じていれば別に何も問題はないのですが、真相はこういう感じなのでしょう、霊団の演出という事です…続きを読む→
■2020年9月3日UP■
「75~80」これはアナログ絵75から80という意味ですが、この通りになるという事なのか?(祈)†
人として当然の責任を取れ!ひとりの人間の人生をここまでメチャクチャにして「ゴメン」の一言で済む訳ないだろ。プライドを持って最後まで責任ある仕事をしろ、それでも「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を死刑、滅亡させられず奴隷の女の子たちを救出してあげられなかったらとにかく責任を取れ。あんたたちの悲願だろ!あんたたちが僕にやらせたんだろ!目に見える結果に到達するまで死ぬ気で仕事しろ!…続きを読む→

未分類

Posted by たきざわ彰人(霊覚者)