■2013年5月1日にUPしたブログ「イエス様、怒涛の連続顕現の“意味”と“その後”」

Pocket

順調に事が運んでいれば、僕は2012年12月16日(日)をもって帰幽完了していたはずなのです。イヤでイヤで仕方ないこの地上を離れて素敵な生活の場へ行けるのを最高に楽しみにしていたのです。しかし僕の帰幽はその後も何度も何度も延期となってしまうのでした。
そして12月16日の帰幽延期のあとしばらくして、12月20日頃から、僕は「撃って出る」と称して、僕が今まで守護霊様の導きに従って果てしなく読みまくってきた霊関連の書籍の内容を抜粋してツイッター上にUPしまくるという無謀な行為に出ました。なぜ撃って出たのか、理由は自分でもよく分りません。でもきっと、黙ってる訳にはいかない、そんなような気持だったのかも知れません。
帰幽を今か今かと心待ちにしながら、これが僕の地上における最後の仕事だという認識のもとに、毎日ひたすら本の内容を抜粋し続け、霊的知識のタネを蒔きまくりました。来る日も来る日もテキストを撃ちまくっていたのです。そんなある日、僕は守護霊様から「ミスター・アルファ星」というインスピレーションを受取らせて頂きました。
何度も何度も帰幽が延期される中、悶々としながらもひたすら本の内容の抜粋を続けた事が、どうたら僕の予想を超えて成果が出ていたようなのです。「ミスター・アルファ星」の意味はきっと、僕が蒔いた霊的知識の光が徐々にWeb経由で人々へ広がっている事を意味しているのではないか…そんなふうに思ったりするのでした。
そんな中ついに、3月20日(祝)に帰幽できる、しかも帰幽方法が「交通事故」から「山」に変更になるという守護霊様からの超鮮明メッセージ映像を受取らせて頂き、僕の心は躍ったのですが、その後イエス様の「何ともいえない表情」での顕現があり、(この時の様子はブログ“何とも言えない表情のイエス様”をご覧下さい)僕はそのご意志を読み取り、そして従い、自ら帰幽延期を宣言したのでした。
つまりそれほど、イエス様まで顕現してくださって僕に帰幽を踏みとどまらせようとするほど、僕が果てしなく行ってきた「撃って出る」行為が成果を挙げていたのだと思われるのです。僕が蒔きまくった霊的知識のタネが、少しずつ人々の心に根づいて、あちこちで花を咲かせているのかも知れない、そんな気がしたのでした。
そして帰幽延期を自ら宣言して約1ヶ月、既に指導霊の男性から「4月23日に山で帰幽完了」というメッセージを受取っていて、僕はその日を心待ちにしつつ、ラストスパートとばかりにテキストを撃って撃って撃ちまくっていました。しかし、4月23日が近づくにつれてまたしても状況が変化し始めました。何と、連日連夜、毎晩のようにイエス様が僕に顕現してくださるようになったのです。
とにかく何度も×100 イエス様が顕現してくださるのです。そこに笑顔はありません。何かを訴えかけるようなイエス様の眼差し(時にまばたきもありました)がひたすら僕に向けられ続けるのでした。そこに強烈なメッセージを感じるのは当然の話なのです。そしてそのイエス様の「ご意志」は、僕は大体分っていました。それが僕の願望と正反対のものである事も分っていました。それは…
イエス様は僕に、地上に残って霊的知識のタネをもっと蒔いて欲しい、霊的真理普及活動の使命を担ってもらいたい…連日連夜の怒涛の!怒涛の!!怒涛の!!!連続顕現に込められたイエス様の強烈な「ご意志」は、そうであるに違いない事を僕はほぼ確信していました。しかし…僕は帰幽したくてしたくてたまらなかったのです。これ以上地上に残るのがどうしてもイヤだったのです。
悩みました。数日間、最高レベルに悩みました。僕はどうしても4月23日で帰幽完了して、霊界にて思念描画に突入して紫外色赤外色に触れたかったのです。本当にどうしても地上に残りたくありませんでした。しかし、こうも考えました。イエス様にここまで!ここまで!して頂いて、それで為すべきを為さずに向うに帰ったら、ぼくは間違いなく100%後悔するだろう…と。
そしてその日も再びイエス様が怒涛に連続顕現してくださるのです。僕は心の中で泣きながらその顕現を浴び続けていました。そして起床後、顕現の様子、そしてその前後の霊的現象を思い浮かべながらごはんを食べている時、何て言うか、急に、本当に急に、「あぁぁもう残ります!地上に残ります!帰幽は諦めます!ご意志に従います!」と、半ば衝動的に声に出して宣言してしまったのでした。
その時の自分の精神状態をうまく反芻できません。でもきっと、もうそうする以外に選択肢はなかったんだろうと思います。永遠に比べてほんの一瞬の地上生活、その一瞬の苦難を耐える事もできなくて、幼稚に泣いて向うに帰ってどんな顔でイエス様にお会いすればいいのか…向うに帰ればちゃんと絵に戻れるんだから、もう覚悟を決めて地上の仕事をやるしかない…そんな心境だったんじゃないかって思うんです。
…とまあそんな感じで(滝汗)僕はまたしても自分の願望とまるっきり!まるっきり!正反対の決断をして、天界のイエス様に向って声に出して宣言してしまったのでした。そしてその後、4月23日に予定通り山にアタックに行きましたが、もちろんそこでの帰幽はなく、何事もなく無事にゴールしてしまうのでした(悲涙)これにて、僕が最高に!最高に!待ち望んでいた「帰幽(肉体を脱ぎ捨てて本来の場所、霊界へ帰る事)」の可能性は完全に消失してしまったのでした…(祈)
そして現在、僕が新たに担う事となってしまった、僕にはあまりにも重い責任である、霊的知識普及の使命に関する計画が霊界の方々によって着々と練られている模様で(そう連想させる数々のインスピレーションを既に受取っています)現在待ち期間、いわゆるタイムラグ発生中です。実はその使命に関する「会議」に、僕も幽体離脱にて参加させて頂いてます。最も、その会議の内容はこの物的脳髄などではまるっきり反芻できませんが。(※僕の霊体には記憶されてます。帰幽すればその記憶が蘇る、という訳です)
どういう形で使命遂行となるのかまだ判断できませんが、間もなく僕を取り巻く状況が少しずつ変化し始めるものと思われます。霊的知識普及の使命遂行に当り、僕の才能である「絵」の能力を活かす事ができるのか、果たして絵に戻れるのか、そこがやはり気になるところですが、僕が背負ってしまった「使命」があまりに大きく重すぎるので、何かもうそんな個人的な願望など言ってられないような気分でもあり、そんな複雑な心境を抱えつつ、とにかく今は心静かに待つという状況です。
ちなみにイエス様の怒涛の連続顕現の時、その顕現と平行してさまざまなインスピレーションも流星のように僕に降りまくっていました。実はその中に、(たぶん)7名からなる霊団が新たに僕に協力して下さる事になった、というメッセージがあったのですが、その霊団のリーダーと思われる方が、100%確定ではありませんが(でもこの予想でほぼ間違いないと思ってます)誰でも知っている、ある歴史上の天才画家の方だったのです。
そのお方が誰であるか、現時点ではまだ僕の使命遂行の状況が混沌としてますので、僕の独断で霊界の方々にご迷惑をおかけする訳には行きませんので公表は控えます。ただ逆説的に、それほどのお方、かの天才画家の方が僕に協力してくださるのなら、当然僕は絵に戻るのではないか、そんな予測もできたりもする訳です。いつか、遠い未来にそのお方が誰であるかを公表できる日が来るかも知れません。まぁ、これほど思いっきり公言しまくっている僕の性格上、いつかは言う事になると思いますが(汗笑)
この地上において、僕の過去ブログやツイッターの内容をじっくりしっかり読み込んで、僕の置かれた状況を正確に認識している人はほぼ皆無と思われますが(悲)それでもこうしてデータとして書き残す事によって、いつか、どこかで何らかの役に立ったら、それだけで僕の労力も無駄にならなかったと思える、きっとそう思える日が来ると信じ、こうしてひたすら長文ブログをUPするのでした…(祈)

コメントを残す