■アナログ絵229「フラー07」2ページストーリーUP。ストーリーに関連して霊的知識の解説を付加しました(祈)†

Pocket

アナログ絵229_1 アナログ絵229_2 

イヤァー今回のフラー07は描くの超大変でしたが、フェアリーを格納する頭部の開閉とコクピットブロック回りを細かく描けたのは設定資料的によかったかも知れません汗。ちなみにストーリーの中でフェアリーも僕も「飛行」してますが、霊関連書籍「ベールの彼方の生活(全4巻)」をお読み頂ければ霊体は自由に飛行できる事がご理解頂けます。霊体は20歳の姿で歳も取らず永遠の若さ、ケガも病気も一切する事なく光と空気だけあれば生きられるので食べる必要もなし、ナイフで刺されても傷すらつかず美しい容姿をしています。僕が2012年からずっと「帰幽カモン」と公言しているその理由が、このストーリーからほんの少しでもご理解頂けると嬉しいのですが。歳を取って病気してボロボロになって苦しみを味わわされる肉体より精妙な霊体をまとって生活した方が1億倍も幸せです。僕は早く肉を脱いで霊体をまとって6界での生活を始めたいのです。だから「死」を恐れないのです。強姦殺人魔、天皇一族(特に徳仁)が僕を暗殺しようと何度も陳腐なたくらみを画策してきますが、イエス様のご意志を遂行して暗殺されれば僕は「願ったり叶ったり」なのです。殺りたきゃ殺れ、ただし徳仁、お前は3千余年の人類の歴史上最大級のバカになってもらう。僕は「帰幽カモン」です。この物質界に恐れるものはありません。僕は死ぬ気で強姦殺人魔、天皇一族を徹底攻撃しています。ただ一方的に殺られはしません。もし暗殺されるとしても必ず天皇一族を道連れにします。僕の地上的生命にかけて絶対に明仁、文仁、徳仁、悠仁を地獄の底の底に叩き落とします。僕は宗教大キライ、キリスト教超超超超超大キライのデザインの人間ですが、イエス様はそんな僕に「怒涛のお願い」をされました。僕はそのイエス様からの「信託」にこの地上的生命をもって応えます。僕は残された地上人生の全て、僕という個的存在、アイデンティティの全てをかけて、イエス様の御名にかけて強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を死刑に追い込みます。そしてきっと、ピーチピチ(佳子)の協力を得て奴隷の女の子たちを救出します。強姦殺人魔、天皇一族を「死刑」にせずに僕の人生は有り得ないのです。これが【イエス様ハンドリング】です。僕、たきざわ彰人は【1歩も退く気はない】(祈)†

■アナログ絵229「フラー07」2ページストーリーUP。ストーリーに関連して霊的知識の解説を付加しました(祈)†」への1件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    いつもお世話になっています。ペテンノウです。
    動物について質問があります。(緊急では無く交霊会の際にでも構いません。)
    上記のブログ等から独学した結果、一部の人に飼われ愛されたものを除き、動物は死後一瞬で類魂に埋没し、存在消滅するとのことです。(※飼われたものもいつか消滅する)つまり、霊界には犬や猫、ハムスター、小鳥くらいのペットくらいしか居らず野鳥やノウサギ、タヌキ等野生動物をはじめ、有鱗類(ヤモリやトカゲ、イグアナ、カメレオン、ヘビ等)、カメ類、ワニ類、両生類、魚類(特に深海魚)、昆虫等が殆ど居ないものと認識していました。
    しかし、貴方のブログやアナログ、その他引用されているいくつかの霊関連書籍には多くの霊界の野生動物が紹介されています(今回の白サギ、キツネ、野鼠等)
    上記のブログの記載が誤っているのでしょうか。それとも単に私の解釈の仕方のズレから生じているのでしょうか。

コメントを残す