【8/21】霊関連書籍の内容の抜粋です(祈)†『シルバーバーチの霊訓⑩』【7章 再生問題を語る】

日本の天皇一族、明仁、文仁、徳仁、悠仁は【強姦殺人魔】です。「死刑」にしましょう(祈)†

『シルバーバーチの霊訓⑩』【7章 再生問題を語る】-02 それゆえ、あなた方は霊をたずさえた魂であり、それが肉体を通して自我を表現しているのです。パーソナリティというのはその肉体をたずさえた地上生活において表現されている側面の事でしかありません。それは本当の自我であるインディビジュアリティのごく小さな一部に→

『シルバーバーチの霊訓⑩』→すぎません。肉体に包まれているために存分に自我を発揮できないのです。【次に生まれ変わるのはその地上生活で発揮したパーソナリティ(人物像)ではなくて、その奥の霊または魂なのですね】その通りです。前回の地上生活の時と同じ人物がそっくり再生してくる事は→

『シルバーバーチの霊訓⑩』→有得ません。人物像は肉体の死と共に消滅します。それはインディビジュアリティの物的表現にすぎません。【私の考えでは、我々は皆、かつてはもっと大きな意識をもっていたのを、今こうして地上に存在している間はそれを放棄し、死後霊界へ行ってから】→

『シルバーバーチの霊訓⑩』→【それを取り戻すのだと理解しております。そう考えるといろんな疑問が解けるのです。】あなたは今歩んでおられる道を“地上に来る前に”選択されたのです。その時は大きな意識で自覚しておられたのです。それが肉体に宿り脳を通して意識するようになって→

『シルバーバーチの霊訓⑩』→曇らされているのです。脳の意識では潜在意識の深奥は探れないからです。その誕生前の意識を目覚めさせるためにはその触媒となるべき危機的体験を積まねばなりません。いつかは明瞭に意識する日が来ます。【地上へ誕生しようとするのは何か特別やりたい事が】→

『シルバーバーチの霊訓⑩』→【あるからでしょうか。それとも、より多くの知識を得るためでしょうか。】(両方ともそうですが)それ以外にも何か奉仕的な仕事を行い、その中で神から授かった霊的資質を開発するための場合もあります。【私にとっては霊的知識こそ神からの授かりものです。】

『シルバーバーチの霊訓⑩』無限なる叡智をもつ神があなたに授けられたのです。【ある書物に、我々は同時に2つの場所に生まれ出る事ができると書いてありました。事実でしょうか。】私は、真の自我であるダイヤモンドには無数の側面があり、それが様々な体験を持ち帰ってダイヤモンドの光沢を増す、→

『シルバーバーチの霊訓⑩』→という考えです。ダイヤモンド全体が1度に生まれてくる事はありません。いかなる身体もインディビジュアリティの全てを宿す事は不可能だからです。パーソナリティとインディビジュアリティの違いを理解しないといけません。パーソナリティというのは物的身体を通して→

『シルバーバーチの霊訓⑩』→顕現した地上だけの人物像です。インディビジュアリティというのは魂の全体像です。その全体像を地上での70年や80年、あるいは90年の間に発揮する事は到底不可能です。“我々”とおっしゃった同じダイヤモンドの仲間の別の側面が同時に地上へ誕生する事は→

『シルバーバーチの霊訓⑩』→有得る事です。が、全ては法則と秩序によって制限されております。その時期が来るまでは余計な心配はなさらぬ事です。もう一度生まれ変わりたいという願望をもつようになる人がいます。奉仕的活動をしたいという場合もあります。成し遂げたい仕事がある場合もあります。

『シルバーバーチの霊訓⑩』償わねばならないカルマ的な“借金”が残っている場合もあります。そういう人たちが地上へ再生するのです。2度、3度と繰り返す事もあります。が、いずれの場合も再生してくるのは真の自我すなわちインディビジュアリティの側面の1つです。

『シルバーバーチの霊訓⑩』再生したくないのであれば、何もこの暗いじめじめした陰鬱な世界へ戻ってくる必要はありません。真の自我に目覚めた人は再生してくる必要はありません。【なぜ再生してこない人がいるのでしょうか。そういう人はそれから先どうなるのでしょうか。】

『シルバーバーチの霊訓⑩』支払うべきカルマの負債もなく、やらねばならない仕事もないからです。地上での用事がすっかり終わったという事です。もう地上へ戻ってきてする事がないのです。地上との一切の縁を切って、霊界での向上進化に専念する事ができます。

『シルバーバーチの霊訓⑩』【もう下層界へ下りる事がない訳ですね。ひたすら上へ向けて進歩し、下降する事がないのですね。】進化は常に向上です。下降であれば退化となります。もっとも、進化は必ずしも直線的なものではありません。渦巻状(スパイラル)に同じ事を繰り返しているようで、→

『シルバーバーチの霊訓⑩』→実際には着実に向上しています。そこには因果律という自然の摂理が働いており、完全な公正が支配しています。人間の法律はごまかせますが、神の摂理はごまかせません。因果律が生み出すものには絶対的に従わねばなりません。あなたが心配なさる必要はありません。

『シルバーバーチの霊訓⑩』ここでぜひ指摘しておきたいのは、地上の人間は再生というものを、今の自分にない一種の栄光に憧れる気持から信じている場合が多いという事です。人間世界でいうところの“劣等感(コンプレックス)”です。現在の自分の身の上がいくらみじめでも、かつての前世では→

『シルバーバーチの霊訓⑩』→高貴な身の上だったのだと信じる事によって慰めを得ようとするのです。しかし再生とはそういうものではありません。(前世では○○という人物だったというのはナンセンスです、と別のところで述べている―訳者)

『シルバーバーチの霊訓⑩』自然の摂理によってきちんと公正が行きわたっております。必ずしも地上生活中にそうなるとは限りませんが、その場合は霊界において精算されます。そういうものなのです。

■2020年10月4日UP■
某ガールズ系SNSに「処刑遊び」が紹介されているのですが…情けないの一言なのです(祈)†
僕に向けて侮蔑発言をする女子たちへ、その発言は巡り巡って「韓国女性を最大級に侮辱している発言になる」という事に想像力が働きませんか。僕が「情けなくて涙が出る」と言っている意味がまだ分かりませんか。韓国の女性たちは何の脈絡もなくホンの遊び心、出来心で慰安婦問題を長い年月にわたって叫び続けているのですか。韓国の女性の方々は「ヒマ人」ではありません。「行動には動機がある」の意味があなたには理解できませんか。僕、たきざわ彰人に対して「コイツ韓国人だ」といった趣旨の発言をする輩を僕は【最大級に軽蔑】します…続きを読む→
■2020年7月12日UP■
「とにかく宇宙を洗脳しろ」明仁、文仁、徳仁、悠仁のキ〇〇イの極致と言える思念です(祈)†
自分の事を皇族だの天皇だのと自称し幼い女の子を盗みまくり(買いまくり)邸内地下に閉じ込めてレイプの限りを尽くし「処刑遊び」と称して女の子を四肢切断、強姦殺人しまくり死肉を食べまくる事が自分の仕事だと本気で思っている人類史上最悪のキ〇〇イ、明仁、文仁、徳仁、悠仁が、僕の公言する「宇宙一のバカ」の言葉に相当頭にきている、その怒りの表現として「宇宙を洗脳しろ」などという寝言の極致の思念を抱いている、という意味なのではないでしょうか…続きを読む→
■2020年4月23日UP■
「精一杯謝罪」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁が「謝れば許してもらえる」と寝ぼけた事を考えているようです(祈)†
「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁が大泣きウソ泣き演技をしながら女の子を四肢切断、強姦殺人し続けてきた大罪(というより赤ちゃんのピーチピチ(佳子)を盗んで娘にした事を謝罪するという意味で霊団は降らせてきたものと思われますが)を許してもらおうと国民に向けて「精一杯謝罪するつもり」という事のようなのです…続きを読む→

未分類

Posted by たきざわ彰人(霊覚者)