【11/21】2012~2013年ごろに撃った霊関連書籍の内容の抜粋です(祈)†

Pocket

『シルバーバーチの霊訓⑧』
私がこうしてこの霊媒を使用するように、私を道具として使用する高級霊団の援助のもとに素朴な真理をお届けする事に集中していると、時として私自身の存在が無くなってしまったような、そんな感じがする事があります。

『シルバーバーチの霊訓⑧』
私はこれまでたどってきた道を後戻りして、その間に発見したものを受入れる用意のある人たちに分けてあげるようにとの要請を受け、そしてお引受けしたのです。私は絶対に誤りを犯さないなどとは申しません。まだまだ進化のゴールに到達した訳ではありません。―

『シルバーバーチの霊訓⑧』
―が、これまでに発見したもの、学んだ事を、それが皆さんのお役に立つものであれば、何でも惜しみなくお分けします。その教えが悲しみと悩みと困難の中にある人たちの救いになっている事を知るのが、私にとって充足感の源泉の一つなのです。

『シルバーバーチの霊訓⑧』
その教えは私個人の所有物ではなく、全ての者が辿るべき道がある事を教え、その道を辿れば自分自身についての理解がいき、全生命を支配している無限の霊力の存在に気づき、各生命がその霊力の一部を頂いている事、それ故絶対に切れる事のない絆で結ばれている事を知ります

『シルバーバーチの霊訓⑧』
そういう次第ですから、指導霊ないし支配霊としての資格を得るにいたった霊は、自分自身が崇拝の対象とされる事は間違いであるとの認識があるのです。

『シルバーバーチの霊訓⑧』
崇拝の念は愛と叡智と真理と知識と啓示と理解力の完全な権化であるところの宇宙の大霊、すなわち神へ向けられるべきなのです。神とその子等との間の一層の調和を目的とした感謝の祈りをいつ、どこで、どう捧げるべきかについて間違いのないようにしないといけません。

『シルバーバーチの霊訓⑧』
もっとも、皆さんからの愛念は大歓迎です。私がこうして使命を継続できているのも地上に愛があるからこそです。その愛を私が頂けるという事は、私に託された仕事を成就しつつあるという事です。

『シルバーバーチの霊訓⑧』
これからも、この冷やかな地上世界に降りた時の何よりの支えとなる愛の温かさを頂戴し続けるつもりです。

『シルバーバーチの霊訓⑧』
自我の開発―これが人間として最も大切な目的です。それがこうして私たちが霊界から地上へ戻ってくる目的でもあるのです。すなわち人間に自己開発の方法、、言いかえれば霊的革新の方法をお教えする事です。

『シルバーバーチの霊訓⑧』
内在する神の恩寵を味わい平和と調和と協調と友愛の中で生きるにはそれしかないからです。今の地上にはそれとは逆の“内紛”が多すぎます。

『シルバーバーチの霊訓⑧』
数からすれば私たちの霊団は比較的少数ですが、計画は発展の一途をたどっております。着実に進歩しております。確実な大道を見出す巡礼者の数がますます増えております。まことに悦ばしい事です。

『シルバーバーチの霊訓⑧』
私はマウスピースにすぎませんが、この私を通して届けられた訓えがお役に立っているという事は、いつ聞かされても嬉しいものです。私たちがこの仕事を始めた当初はほんの一握りの少数にすぎませんでした。

『シルバーバーチの霊訓⑧』
それが地上の皆さん方の協力を得て、素朴ではありますが深遠な霊的真理が活字になって出版されるに至りました。それによって霊的真理に目覚める人が大幅に増えつつある事は何と有難い事でしょう。

『シルバーバーチの霊訓⑧』
地上の霊的新生のための大計画をはじめて教えられ、並大抵の苦労では済まされない大事業だが一つあなたもこれまでに手にしたもの(霊的幸福)を犠牲にして参加してみないかと誘われた時、私のような者でもお役に立つのであればと、喜んでお引受しました。

『シルバーバーチの霊訓⑧』
進化の階梯を相当高くまで昇った光輝あふれる存在の中で生活している者が、その燦爛たる境涯をあとにして、この暗くてじめじめした、魅力の乏しい地上世界で仕事をするという事は、それはそれは大変な事なのです。

『シルバーバーチの霊訓⑧』
しかし幸いな事に私は地上の各地に協力者を見出す事に成功し、今ではその方たちとの協調的勢力によって、そこここに心の温かみを与えてくれる場を設ける事ができました。おかげでこの地表近くで働いている間にも束の間の安らぎを得る事ができるようになりました。

幽体離脱中に再びユキ(僕が以前飼ってた白文鳥)と出会いました。僕が口笛で呼ぶと飛んできて僕の唇の前でホバリングするのです。でもユキの羽毛は全身白のはずなのに今日のユキはカラスみたいに全身真っ黒だったのです。ユキは僕が帰幽を諦めた事を残念に思ってくれてるのかも知れません(祈)
—–

『シルバーバーチの霊訓⑧』
【問】悩み事というのは無いのですね。【シルバーバーチ霊】この地上へ来た時しかありません。

『シルバーバーチの霊訓⑧』
【問】死後の世界がそんなに素晴らしい所だとは知りませんでした。地上を去った時と同じ状態でいるとばかり思っていました。【シルバーバーチ霊】同じ死後の世界でも、どの境涯に落着くかによって違ってきます。

『シルバーバーチの霊訓⑧』
【問】何の悩みもないのでしょうか。【シルバーバーチ霊】あります。が、それも全て今携わっている使命に関わった事だけです。―

『シルバーバーチの霊訓⑧』
―だからこそ時おり地上を去って。私を地上へ派遣した霊団の人たちのもとへ帰り、今度地上へ行ったらこうしなさいとの指示を仰ぐのです。私たちも数々の問題を抱えています。が、それは全て神の計画の達成という目的に付随して起きる事です。

『シルバーバーチの霊訓⑧』
あなた方のような(真理普及に携わる)人たちが、いつかご自分の身のまわりで立ち働いている霊の存在をぜひ目の当りにできるようになって頂きたいのです。そうすれば携わっておられる仕事の偉大さについて一段と認識を深められる事でしょう。

『シルバーバーチの霊訓⑧』
私たちはまだまだ“舵取り”に一生懸命です。あらん限りの力を尽しております。が、地上的条件による限界があります。やりたい事が何でもできるわけではありません。私たちが扱うエネルギーは実にデリケートで、扱い方が完全でないと殆ど成果は得られません。

『シルバーバーチの霊訓⑧』
コントロールがうまくいき、地上の条件(霊媒及び出席者の状態)が整えば、物体を私たちの意のままに動かす事もできます。が、いつでもできるというものではありません。

『シルバーバーチの霊訓⑧』
そこでその時の条件下で精一杯の事をするしかない訳です。ですが、最終的な結果については私たちは自信をもっております。

【過去コメ】3月下旬、僕は幽体離脱中にある“聖なる団体”の代表と思われる女性と固く握手しました。その横で、僕のその様子を見て泣いて喜んでいる女性がいました。今にして思えば、その女性こそ守護霊様だったのでは?と思うようになりました。守護霊様は僕の決断を喜んでくださるでしょうか

カテゴリー: 未分類   作成者: たきざわ彰人(霊覚者) パーマリンク

たきざわ彰人(霊覚者) について

元画家、山を愛する霊覚者です。果てしない山へのアタック及び高負荷の作品描画によって霊性発現となりました。イエス様の怒涛の連続顕現に浴させて頂き、イエス様のご意志に従い霊的知識普及の使命遂行中です。イエス様ハンドリング(霊の導きに従う)により強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁は死刑になり「人類の恥」となります(祈)† 日本の象徴は「富士山」であり、断じて強姦殺人魔ではありません。 The symbol of Japan is "Mt. Fuji", it is not a rape murderer at all. 日本の天皇一族は強姦殺人魔です。死刑にしましょう。 The Emperor family in Japan is a rape murderer. Let's make a death penalty.

コメントを残す