【4/23】2012~2013年ごろに撃った霊関連書籍の内容の抜粋です(祈)†

Pocket

『シルバーバーチの霊訓⑤』
あなた方の本(聖書)から引用しましょう。“蒔いたタネは自分で刈取る”のです。これだけは変える事ができません。今のあなたそのままを携えてこちらへ参ります。

『シルバーバーチの霊訓⑤』
自分はこうだと信じているもの、人からこう見てもらいたいと願っていたものではなく、内部のあなた、真実のあなただけがこちらへ参ります。あなたもこちらへお出でになれば分ります。

『シルバーバーチの霊訓⑤』
【そう言ってからシルバーバーチはスワッハーの方を向いて、この人には霊能があるようだと述べ「なぜ招待したのですか」と尋ねるとスワッハーは「いや、この人の方から訪ねて来られたものですから」と答えた。するとシルバーバーチは再びその牧師に向って―】

『シルバーバーチの霊訓』
インディアンが聖書の事をよく知っていて驚いたでしょう【牧師「よくご存知のようです」】【別のメンバー「三千年前に地上を去った方ですよ」と口添えした】【牧師はすぐに年代を計算して「ダビデをご存知でしたか」と尋ねた。ダビデは紀元前千年頃のイスラエルの王である】

『シルバーバーチの霊訓⑤』
私は白人ではありません。レッドインディアンです。米国北西部の山脈の中で暮していました。あなた方のおっしゃる野蛮人という訳です。しかし私はこれまで西洋人の世界に三千年前の我々インディアンより遥かに多くの野蛮的行為と残忍さと無知とを見てきております。

『シルバーバーチの霊訓⑤』
今なお物質的豊かさにおいて自分たちより劣る民族に対して行う残虐行為は、神に対する最大級の罪の一つと言えます【牧師「そちらへ行った人はどんな風に感じるのでしょう。やはり後悔の念を強く感じるのでしょうか」】一番残念に思う事はやるべき事をやらずに終った事です

僕たちは国家、民族の別なく、全員が等しく神性の火花を与えられた、神を共通の親とする霊的同胞、霊的兄弟なのです。この理解が世界中に行き渡れば、現在地上に蔓延する数々の諸問題が解消されます。地上天国の到来を早めるのも遅らせるのも僕たち一人一人の理解力、悟りの程度に掛っています(祈)
—–

『シルバーバーチの霊訓⑤』
あなたもこちらへお出でになれば分ります。きちんと成遂げた事、やるべきだったのにやらなかった事、そうした事が逐一分ります。逃してしまったチャンスが幾つもあった事を知って後悔する訳です。

『シルバーバーチの霊訓⑤』
【牧師「キリストへの信仰をどう思われますか。神はそれを嘉納されるでしょうか。キリストへの信仰はキリストの行いに倣う事になると思うのですが」】主よ、主よ、と何かというと主を口にする事が信仰ではありません。大切なのは“主の心に叶った行い”それが全てです。

『シルバーバーチの霊訓⑤』
口にする言葉や心に信じる事ではありません。頭で考える事でもありません。実際の行為です。何一つ信仰というものを持っていなくても落込んでいる人の心を元気づけ、飢える人にパンを与え、暗闇にいる人の心に光を灯してあげる行為をすればその人こそ神の心に叶った人です

『シルバーバーチの霊訓⑤』
【列席者の一人がイエスは神の分霊なのかと問うと―】イエスは地上に降りた偉大なる霊覚者だったという事です。当時の民衆はイエスを理解せず、遂に十字架にかけました。いや今なお十字架にかけ続けております。イエスだけでなく全ての人間に神の分霊が宿っております。

『シルバーバーチの霊訓⑤』
ただその分量が多いか少ないかの違いがあるだけです。【牧師「キリストが地上最高の人物であった事は全世界が認めるところです。それほどの人物がウソをつくはずはありません。キリストは言いました―“私と父とは一つである。私を見た者は父を見たのである”と」―】

『シルバーバーチの霊訓⑤』
【―「これはキリストが即ち神である事を述べたのではないでしょうか」】もう一度聖書を読み返してご覧なさい。“父は私よりも偉大である”とも言っておりませんか。【牧師「言っております」】

『シルバーバーチの霊訓⑤』
また“天に在します我等が父に祈れ”とも言っております。“私に祈れ”とは言っておりません。父に祈れと言ったキリスト自身が“天に在します我等が父”である訳がないでしょう。“私に祈れ”とは言っておりません。“父に祈れ”と言ったのです。

これでもか!これでもか!これでもか!と、徹底的に!徹底的に!霊的知識のタネを蒔いて蒔いて蒔きまくるのです!(ブログ“「霊」関連書籍の総括”参照)「撃って出る」と称して僕が果てしなく行っているこの抜粋内容のどれか一つが、誰かの心の琴線に触れて目が開くきっかけとなる事を信じます(祈)
—–

『シルバーバーチの霊訓⑤』
【牧師「キリストは“あなたたちの神”と“私の神”という言い方をしております。“私たちの神”とは決して言っておりません。ご自身を他の人間と同列に置いていません」】“あなたたちの神と私”とは言っておりません。

『シルバーバーチの霊訓⑤』
“あなたたちは私より大きい仕事をするでしょう”とも言っております。あなた方キリスト者にお願いしたいのは聖書を読まれる際に何もかも神学的教義に合わせるような解釈をなさらぬ事です。霊的実相に照らして解釈しなくてはなりません。

『シルバーバーチの霊訓⑤』
存在の実相が霊であるという事が宇宙の全ての謎を解くカギなのです。イエスが譬え話を多用したのはそのためです。【牧師「神は地球人類を愛するが故に唯一の息子を授けられたのです」と述べてイエスが神の子であるとのキリスト教の教義を弁護しようとする―】

『シルバーバーチの霊訓⑤』
イエスはそんな事は言っておりません。イエスの死後何年もたってから例のニケーア会議でそんな事が聖書に書き加えられたのです【牧師「ニケーア会議?」】西暦三二五年に開かれております【牧師「でも私が今引用した言葉はそれ以前からあるヨハネ福音書に出ていました」】

『シルバーバーチの霊訓⑤』
どうしてそれが分ります?【牧師「いや歴史にそう書いてあります」】どの歴史ですか【牧師「どれだかは知りません」】ご存知のはずがありません。一体聖書が書かれる、その元になった書物はどこにあるとお考えですか【牧師「ヨハネ福音書はそれ自体が原典です」】

『シルバーバーチの霊訓⑤』
いえそれよりもっと前の話です【牧師「聖書は西暦九〇年に完成しました」】その原典になったものは今どこにあると思いますか【牧師「いろんな文書があります。例えば」と言って一つだけ挙げた】それは原典の写しです。原典はどこにありますか。

『シルバーバーチの霊訓⑤』
【牧師がこれに答えきれずにいると―】聖書の原典はご存知のあのバチカン宮殿に仕舞い込まれて以来一度も外に出された事がないのです。あなた方がバイブルと呼んでいるものはその原典の写しの写しの、そのまた写しなのです。

『シルバーバーチの霊訓⑤』
おまけに原典にないものまで色々と書き加えられております。初期のキリスト教徒はイエスが遠からず再臨するものと信じて、イエスの地上生活の事は細かく記録しなかったのです。ところがいつになっても再臨しないので、ついにあきらめて記憶を辿りながら書きました。

カテゴリー: 未分類   作成者: たきざわ彰人(霊覚者) パーマリンク

たきざわ彰人(霊覚者) について

元画家、山を愛する霊覚者です。果てしない山へのアタック及び高負荷の作品描画によって霊性発現となりました。イエス様の怒涛の連続顕現に浴させて頂き、イエス様のご意志に従い霊的知識普及の使命遂行中です。イエス様ハンドリング(霊の導きに従う)により強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁は死刑になり「人類の恥」となります(祈)† 日本の象徴は「富士山」であり、断じて強姦殺人魔ではありません。 The symbol of Japan is "Mt. Fuji", it is not a rape murderer at all. 日本の天皇一族は強姦殺人魔です。死刑にしましょう。 The Emperor family in Japan is a rape murderer. Let's make a death penalty.

コメントを残す