【10/5】霊関連書籍の内容の抜粋です(祈)†「シルバーバーチの霊訓⑩」

『シルバーバーチの霊訓⑩』
【地球の将来はどうなるのか教えて頂けませんか―】たった一人の人間によっては無論の事、何人の人が一緒になっても地球を破壊する力は持てませんから地球はこれからも永遠に存在し続けます。

『シルバーバーチの霊訓⑩』
地球にもたらす害にも、それを引き起こす手段にも、地球の存在自体に終止符を打たせるほどの規模にはならないように一定の限界というものが設けられています。怖がってはいけません。神の意志は必ず成就されるのです。

『シルバーバーチの霊訓⑩』
将来への展望には自信と楽観と積極性をもって、ご自分の役目を果たす事に専念なさる事です。恐怖心、心配、不安、こうした霊力の働きかけを止め無気力にさせるようなものは一切棄て去って下さい。私たちから要求するのはそれだけです。

『シルバーバーチの霊訓⑩』
出来る限りの事をなさっていればよいのです。それ以上の事は出来る訳がないのですから。明日はどうなるかを案じてはいけません。

『シルバーバーチの霊訓⑩』
明日は潜在する神性を開発し、人生を物質的・精神的・霊的に存分に楽しみ周りに存在する素晴しい霊的光輝をますます意識するようになる、その絶好の機会の到来を告げてくれるものなのです。

『シルバーバーチの霊訓⑩』
【凶暴な犯罪は死刑制度によって解決できると思われますか―】そうした報復的手段では何一つ解決できないでしょう。愛は摂理を成就する事であると言っています。いかなる手段にせよそれによってその魂が救われる事になるように工夫すべきであって、―

『シルバーバーチの霊訓⑩』
―復讐心を抱かせてはなりません。人を殺した奴だから殺してよいという理屈は許されません。国家による法的殺人では問題の解決にはなりません。暴力に暴力で対処する事は善性・慈悲・優しい心を生み出す事になりません。

今日受取らせて頂いたインスピレーションは明らかに今までと「空気」が違うもので、帰幽メッセージを喜ぶべきなのですが、為すべきを為せずに向うに行ったら僕は間違いなく後悔すると思います。しかしどうしても使命遂行の条件として僕の心と完全に正反対の環境が降って来るのです。どうすれば…(祈)

【過去コメ】帰幽を思わせるインスピレーションの時「私は買って出て欲しかった」という文字も降ってきたのです。この言葉は間違いなく守護霊様のご意志であると思います。つまり言われて使命遂行するのでなく自ら買って出て欲しかった…という事なのでしょう。現在の僕は究極の板ばさみ状態なのです
—–

『シルバーバーチの霊訓⑩』
処罰は矯正と救済を目的としたものであらねばなりません。魂に本当の自分を悟らせてあげる事を目的としなければなりません。何の用意もできていない魂を霊界へ送り込む事は問題を大きくするばかりです。地上においても霊界においても犯罪を減らす事にはなりません。

『シルバーバーチの霊訓⑩』
人間はとかく過ちを犯しがちなものである事も考慮してやらないといけません。【そうした魂の病める霊をなぜそちらの方で看視して、地上の人間を同じ道へ誘わないようにして頂けないのでしょうか―】そう簡単にはいかないのです。

『シルバーバーチの霊訓⑩』
未熟な霊が次から次へと地上から送り込まれてまいります。それは霊界にとって迷惑な事です。そこで地上の人間が地上にいる間に霊界の生活に備えてもらおうと今、霊的真理の普及に全力をあげている訳です。

『シルバーバーチの霊訓⑩』
ひとことで言えば、私たちが地上へ戻ってきた目的はイエスが説いた“愛”の福音を説く事にあります。人間は互いに愛し合うべきであり、憎み合ったり報復し合ったりしてはいけません。

『シルバーバーチの霊訓⑩』
【(刑事をしている人が初めてサークルに出席して質問した)職業柄、私は多くの人間が恐ろしい行為によってあたら生命を失っていくのを見てきました。そしてしばしば思った事ですが、そうした犯罪が二度と起きなくするために、―】

『シルバーバーチの霊訓⑩』
【そちらで復讐心に燃えている霊たちを説得して頂けないものでしょうか―】残念ながらそういう人たちはみな地縛霊となっており、自ら拵えた牢獄に光が射し込むまでには大変な時間を要します。

『シルバーバーチの霊訓⑩』
これは大変難しい問題でして、時間さえあれば色々と敷衍してお話できるのですが結論だけ申上げれば、彼らへの対処の仕方は報復ではなく矯正を目的としたもの、つまり精神的リハビリテーションでなくてはならないという事です。やられたらやり返すのが公正ではありません。

私はスピリチュアリズムこそ科学と宗教が手を結び協力していく“かけ橋”であると信じる。言ってみれば宗教的科学であると同時に科学的宗教なのである。死後の存続は科学的に証明できる。そしてその意味するところは極めて宗教的である。―【これが心霊の世界だ】より

■2020年5月20日UP■
TrailMovie「パレットから」これは「機動警察パトレイバー」に登場する人身売買組織の事で、奴隷の女の子の入手先という意味です(祈)†
「子どもカタログ」みたいなものを作中の登場人物がPCで見ていて、子どもたちに値段が付けられている、そんなシーンがありました。まぁ「パレット」という名前は創作ですが、こうやって幼い女の子を販売している人身売買組織は実際にこの世界に存在していて、そして霊団いわく「パレット”から”」つまり強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁が奴隷の女の子を手に入れる入手経路の中にパレットのような人身売買組織も含まれていると、霊団はそう言っている訳です…続きを読む→
■2020年5月27日UP■
TrailMovie「高橋みなみには負けないわね」これはピーチピチ(佳子)の思念と思われます。霊団、発言には責任をもってもらいます(祈)†
AKB高橋みなみがケコーンとかありましたが、それを受けてのピーチピチ(佳子)の「負けないわね」という思念になります。んーまぁ皆さまもこのメセの意味はご理解頂けると思いますので僕の方から説明はしませんが、僕としては「高橋みなみには負けないわね」とまで降らせた霊団に「発言に責任をもて」と言わない訳にはいきません。このメセの通りならなおさら、ピーチピチの背中を押してあげて動きやすくしてあげなさいよ。それが奴隷の女の子たちの救出にもつながるはずでしょ。あなた方は今にもピーチピチが動く、そういうメセの降らせ方をしてきますが全然そうなってないでしょ。インスピレーションに責任をもて、物的結果をキッチリ出せ、でなければイエス様のご意志達成とはならないでしょ…続きを読む→
■2020年6月3日UP■
TrailMovie「どうなっても構いません」「洗いまくって下さい」ピーチピチ(佳子)の思念と思われるのですが、物的にこのようになっていませんよね。霊団早くしろ(祈)†
ピーチピチ(佳子)、どうなっても構いませんって、まるで悪い未来を想像してるようだけど、それは全く逆だと思うわよ。イエス様のご意志に従い、それを遂行する、これ以上の光栄はないわよ。考えてもごらんなさい、奴隷の女の子たちを殺す手伝いをしてフェードアウトしたその先にキミの幸せがある訳ないでしょ。【神の因果律】は絶対的に公平、公正よ。良い事をしたら良い事が、悪い事をしたら悪い事が自分に返ってくるのよ。超シンプルなのよ。洗いまくる、これは僕任せにせずキミにも手伝って欲しいわね。僕はただの道具ですからともかくとしてピーチピチ、キミは完全に日本の歴史に残るのよ「日本の救世主」みたいな感じでね…続きを読む→

HOME | ピーチピチ(佳子) | 切断死体の撮影 | 処刑遊び | コイツら死刑 | 暗殺 | 放火 | Dreamwork | Profile | アナログ絵 | フラー | コメントファイヤー | | 山駆けるヒカリ | 葛飾北斎の墓 | 主なブログ | 全ブログURL | 動画 | 霊関連書籍 |

未分類

Posted by たきざわ彰人(霊覚者)