【10/9】霊関連書籍の内容の抜粋です(祈)†「シルバーバーチの霊訓⑩」

アナログ絵306_3

『シルバーバーチの霊訓⑩』
さてご質問の意味ですが、一羽の鳥がやがて一人の人間になっていくのかという事であれば答はノーです。精霊進化というのは妖精及びそれに類する存在に関わる自然的生命の進化の事です。自然界の成長の中で果たす役割があるのです。

『シルバーバーチの霊訓⑩』
進化とは全生命に関わる自然法則の一環であって、それは神の愛の証でもあります。低い次元から高い次元へ向けての不断の向上の事です。進化の法則は全ての生命、すなわち昆虫類、鳥類、動物、そして人類の全てを包摂しています。

『シルバーバーチの霊訓⑩』
それぞれに果たすべき役割があり、しかもお互いに関連し合っております。孤立しているものは一つもありません。全体として完全な複合体を形成しているのです。あなた方人間も、動物の進化に関連した法則と同じ法則によって支配されているのです。

『シルバーバーチの霊訓⑩』
その自然法則に従って生活していれば、言い替えれば自然法則と調和していれば、あなたは天命を全うできると同時に他の生命の進化を助ける事にもなります。各自が協調的要素としての役割を果たすように宇宙の全機構が出来あがっているのです。

『シルバーバーチの霊訓⑩』
協調とは反対に自然に逆らった行為に出る者は、その逆らった対象だけでなく自分自身に対しても酷い仕打ちをする事になります。自然と協調する者は自然の発達を助けると同時に、自分自身の霊性の開発をも助長する事になるのです。

『シルバーバーチの霊訓⑩』
【という事は、我々は人類として特別の存在ではなく、大自然の進化の過程の一部に過ぎないという事になるのでしょうか―】

『シルバーバーチの霊訓⑩』
人類も生命の永遠の営みの一部にすぎません。その中にあってもし人間がオレたちは他の生命よりも特別に高等なのだと自負するのであれば、ちょうどあなた方が霊界の高級霊からの援助を求めるように、他の下等な生命を援助してやる義務があるはずです。

【過去コメ】現在、イエス様の御意志に従い、霊的知識普及の使命を遂行中。明けても暮れてもテキストを撃ちまくり、霊的知識のタネを蒔いて蒔いて蒔きまくってます。地上のどんな事象より大切な霊的真理の光が人々に広まる事を、イエス様は僕という小さなチャンネルを通して痛烈に訴え、願っておられるのです(祈)
—–

『シルバーバーチの霊訓⑩』
【動物の世界には“高等な生命”というものがあるのでしょうか―】ありません。それぞれの種にそれぞれの進化のコースが割当てられているのです。生命として存在しているものは霊であるからこそ存在できているのです。霊は生命であり、生命は霊です。

『シルバーバーチの霊訓⑩』
それゆえ生きとし生けるもの全てが―小鳥も魚も花も木も果実も、みな霊なのです。高等とか下等とかいうのは、その無数の生命現象の中にあって他の生命に比べた場合の“進化の到達度”を言っているにすぎません。

『シルバーバーチの霊訓⑩』
人類は魚類に比べれば高い発達段階にあるかも知れませんが、私たちの世界の神庁に所属する神霊に比べれば低い事になります。【動物保護運動がなかなか思うにまかせません。むしろ悪化の一途を辿っているように思えます―】

『シルバーバーチの霊訓⑩』
それは人間に自由意志が与えられている事から生じる当然の結果です。もし何一つ問題がなく闘争もなく犠牲が強いられる事もなく困難も生じなかったら人間は進歩しません。進歩は困難に遭遇した時に得られるのであって、気楽な生活の中では得られません。

『シルバーバーチの霊訓⑩』
それぞれの魂が内在する力を引き出すための努力をするように何らかの試練の時に遭遇するというのが、進化における不可欠の過程の一つなのです。進歩の速い面もあれば遅い面もあります。とにかく同じ地球を共有する他の全ての存在と仲良くするという事が人間の責務です。

『シルバーバーチの霊訓⑩』
が、どっちへ転んだところで自然の摂理による埋合せがあります。動物が動物なりの進化のコースを辿るように配慮するのは人間の責務です。それを怠れば人間はそれなりの代償を払わねばなりません。

『シルバーバーチの霊訓⑩』
動物に残酷な仕打ちをしている者は、いずれその行為の一つ一つに霊的代償を払わねばなりません。悲しいかな、苦しめられるのはいつも罪のない側です。が、自然の摂理は曲げられません。

『シルバーバーチの霊訓⑩』
殺人を犯せば殺した方はその償いをしなければなりませんし、殺された方にはその犠牲の埋合せがあります。埋合せの原理は間違いなく働きます。神は一人一人の人間にきちんと賞罰が計算されるように公正の原理を定めておられます。

アンディーンは水の精で、私の観察体験から言えば川とかせせらぎ、滝などから遠く離れた所では絶対と言ってよいほど見かけない。容姿は全くの女性で、しかも衣装らしいものは何もつけていない。羽根もないのが普通で、要するに女性らしい姿体を何の飾りも無しにさらけ出している。―【妖精世界】より
—–

『シルバーバーチの霊訓⑩』
【自然界では“強い者”が生き残っているように思えるのですが、そうなるとその原則は人間界や霊的な事にはどう適用されるのでしょうか―】相利共生(二種類の生物が相互に利益を得ながら生活する事)という言葉をお聞きになった事はありませんか。

『シルバーバーチの霊訓⑩』
これが自然界の原則ではないでしょうか。互いに協力し合う事によって自然界がその目的を果たしていく、というのが基本原理ではないでしょうか。樹木が大気中の炭酸ガスを吸収しそれを酸素にして排気する。それを人間が呼吸して生命を維持する。

『シルバーバーチの霊訓⑩』
これが調和、協調、つまりは自然の力の働きではないでしょうか。【私は特に動物の事を念頭において質問したのですが…】有史以前の動物の中で現在まで生き残っているのはどの種類でしょうか。たとえば象がいます。象はどう猛な動物だったでしょうか。そうではありません。

『シルバーバーチの霊訓⑩』
草食動物であり、他の動物を襲ったりしませんでした。なのに生き残っており、他の肉食動物は滅びています。どっちが“強い者”でしょうか。あなたも庭をお持ちなのでご存知でしょうが、自然の摂理を大切にすれば立派な庭になり、摂理を無視すれば台無しになります。

『シルバーバーチの霊訓⑩』
人間同士だけでなく動物に対しても情愛を向けないといけません。他の人間を搾取してはいけません。動物を搾取してはいけません。大自然を搾取してはいけません。

『シルバーバーチの霊訓⑩』
そういう心掛けで生きれば、人間だけでなく地上に生きている全ての存在が、宇宙最大の力すなわち神によって考案された進化の法則の究極の目的である平和と秩序と調和を手にする上であなたも貢献している事になるのです。

シルバーバーチ霊だけでなく“ホワイトイーグル霊”も地上に珠玉の霊的知識をもたらしてくれています☆【ホワイト・イーグル霊言集】【霊性進化の道 ホワイト・イーグルの霊示】【天使と妖精 ホワイト・イーグルの霊示】の3冊です。僕たちが地上生活中に知るべき大切な知識の宝庫なのです(祈)

HOME | ピーチピチ(佳子) | 切断死体の撮影 | 処刑遊び | コイツら死刑 | 暗殺 | 放火 | Dreamwork | Profile | アナログ絵 | フラー | コメントファイヤー | | 山駆けるヒカリ | 葛飾北斎の墓 | 主なブログ | 全ブログURL | 動画 | 霊関連書籍 |

未分類

Posted by たきざわ彰人(霊覚者)