【1/21】霊関連書籍の内容の抜粋です(祈)†「天使と妖精」

Pocket

『天使と妖精』
彼はもはや、泳いでいる時、その兄弟を押して沈めようなどと思いません。彼は遂に知っているのです。兄弟たちは霊の紐で自分と繋がっているという事、兄弟が沈めば自分も一緒に沈まねばならないという事を。

『天使と妖精』
これと同じ法ですが、一国も隣国に誤った行動をとれば自国はその隣国と共に遂に倒れます。つまりこうです。光明が魂に人類同胞の真実を分らせてくれるという事です。この理解の目覚めと共に一切の利己的な野心と願望が後を絶ちます。

『天使と妖精』
そして魂は一つの思想、一つの理想を抱きます、全ての人が共有する善。そこで皆さんはこう言われるかも知れぬ。「ホワイト・イーグルさん、これは個性の吸収消滅じゃありませんか」と。いいえ、これは個我の吸収併呑じゃなくて、個我の拡大です。

『天使と妖精』
人間がいったん自己を与えますと、全てのために全てを捧げると、彼は失う事なく全世界を得ます。何となれば彼は宇宙意識の中に拡大し、キリスト意識にまでも到達するのですから。即ち彼は神と一つ、万物と一体となるのです。

『天使と妖精』
ひとたび人が顔を光明の諸境(これは外部に在ると共に内部にも在る)へ向けると、その人は「見者」ないし「霊覚者」になり始めます。低次の鈍感な心から解放されて見るもの聞くものが生々としたものとなります。

『天使と妖精』
彼は未知の境域に踏み入り、感度が鋭くなった自分の受信機に物質の器械では触れ得ない音や光の波を拾い上げるのです。敏感者となった彼は、これらの音波や光波を感受して新しい世界を知覚する者となるのです。彼の魂はさなぎから蝶のようになったのです。

『天使と妖精』
だがこのような素晴しい黎明は人が死んで肉体を脱げばそうなると思ってはいけません。このような栄光は霊性の問題です。あなたもキリスト光(神性の光)に十分に同調すれば、今まで見えなかった世界が見え、感受できるようになるのです。

『天使と妖精』
例えば、そうなれば自然の王国の内的生命が分るようになります。これは人間の進化系統と平行した生命の流れでして、人間の系統と協同して働く生命の王国です。そうなれば、いわゆる妖精が見えます。妖精は子供の絵本の中にいるだけではありません、実在です。

『天使と妖精』
進化計画の中に固有の目的をもつものです。妖精たちは草花や樹木を育てるための生命力を運んで忙しく立ち働いています。もし貴方の目が開かれれば、楽しげにとびはね、波立ち、流れ、落下する水の中に妖精の姿が見えるでしょう。これは光った水の精たちです。

『天使と妖精』
また羽をつけた空気の精たち、シルクの姿も見えましょう。火の中にはサラマンダー、火の精たちが見えます。全ての生命現象には、その内部に霊が存在します。皆さん、欲ばってはいけません―地上世界に、人間が唯一の霊的存在で、他のものはみんな空っぽの殻?

『天使と妖精』
そんな事はありません。皆さんが人間は肉体に包まれた霊だと信じておられるのなら、自然の王国もまた目に見えない生命で充ち満ちていると考えねばなりません。これら自然霊の中には、ついには天使界へ進化して人類と進化の平行線を辿る者たちがいます。

『天使と妖精』
人類が最後には神々となるように、自然霊のあるものたちは土の精とか妖精とかの霊から天使の形式に進化いたします。天使の形式をとると彼らは人類の生活に大きな役割を演じます。皆さんは人間の霊と天使の霊を、よく混同します。間違いなさるな!

『天使と妖精』
天使は人類の進化路線とは別の進化路線を辿るものです。ただ、この路線は人類の路線と平行していて、しかも天使たちは密接に人間とつながっており、地上での人間の仕事や生活に助力を与えるものです。人間は常に天使たちと一緒に地上を歩いております。

『天使と妖精』
人類は、人類の方で知ると知らないとに関わらず絶えず神のような天使の守護の下に生きています。皆さんのうち誰一人、一人っきりで人生を歩いている者はいない、これを知れば元気も出ましょう。気も楽になりましょう。

『天使と妖精』
というのは、誕生から死の時まで皆さんは貴方を守るよう任命を受けた一人の天使によって守られています。さて、守護天使は守護霊ではありません。守護霊は元々人間です。守護天使は天使です。守護天使を法の保護者とか、全人生を支配するカルマの法の管理人とか私達は呼びませんか?

『天使と妖精』
聖書には記録係の天使の事が書いてありませんか?時代が進むと共に皆さんはこういうものを荒唐無稽として捨て去ってしまいました。私どもを信頼なされ、皆さん、記録係の天使は実在しています。それは古い教説が言う、そのままの意味ではないけれど。

『天使と妖精』
法の守護天使は見張っています、記録します、そしてカルマの法、つまり因果の法の遂行を指導しています。天使には羽があるというのは事実とは甚だ違っています。人間は肉体があるために半ば暗い状態の中で生きています。従って天使のもつ輝きが殆ど見えないのです。

『天使と妖精』
天使たちのある者は、その頭の冠から得もいえぬ光輝を放っており、その姿は光の羽の形に見える光輝が取り囲んでいます。天界のいわゆるキリスト圏からの特殊の使命を帯びて人間のところへ来る偉大な天使たちは、みんな今述べたような光輝に包まれています。

『天使と妖精』
私共は皆さんに次のように申上げておきます。天界から来る天使たちは地上の暗いベールの背後から人間の魂を助けに来るのであると。使徒ペテロが捕われた時、神は一人の天使を彼を助けるために遣わされ、彼を繋いでいた鎖は断ち切られました。

『天使と妖精』
天使はペテロに触れ「私に従え」と言うと、ペテロは直ぐにこれに従いました。皆さんもまた、神のお使いには油断なく直ちに従わねばなりません。即ち真理の声には素直であらねばなりません。ペテロのように、その時貴方は地上の鎖から解かれ、自由の天地へと入るのです。

『天使と妖精』
私共が語っている天使たちとは、これまで一度も人間の肉体をもった事がありません。従って人間の方で感情の統制ができるまでは天使は人間に近づく事ができません。しかし感情や情緒が静かに統制がとれるようになり、内在のキリスト(内在の神性)が支配するようになると、―

『天使と妖精』
―守護の天使たちがピタリと近付けるようになり、守り、導き、人生を光あるものとしてくれます。ああ、貴方がたに(いつの日か目が開かれた時)人間が天使たちから受ける、かの美と助力について分らせてあげられたら!天使たちは人間の進歩を助ける事、人間が同胞に奉仕する、―

『天使と妖精』
―その助力をする事、それが彼らの目的なのです!さて皆さん、神の恵みを、また神が皆さんに宇宙の栄光を理解する力をお与えなさいますように。どうか皆さん、日々の義務の道をしっかりとお歩きなされ。

『天使と妖精』
それが天使等の友情と愛を確実にするもの、それが天使たちの協力と指導を確保する道。されば皆さんが土の囚われ恐怖から放たれた魂を訪れる、かの永遠の平和を見出す者となり得ますよう。

クリスマスの為に七面鳥を飼育し絞めて食卓に上るというのは一体誰の許可を得てやっているのでしょうか。あの日一日だけで世界中で果たして何百万羽が殺されている事でしょう。その事実をイエス・キリストが喜ばれるはずはないと思うのですが…。―【ペットは死後も生きている】より

■2020年12月31日UP■
やはり強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁が奴隷の女の子たちを皆殺しにするつもりのようです(祈)†
この人類史上最大級のバカヤロウどもは幼い女の子たちを徹底的に盗みまくり、もしくはパレットから買いまくり買った女の子全員を「処刑遊び」と称して四肢切断、強姦殺人して死肉を食べて遊んでいる奴らであり、女の子の命、人権、人生、夢を完全に無視してオモチャ扱いして殺しまくっているのですが、それに飽き足らず現在邸内地下で生きている奴隷の女の子たちも皆殺しにする気満々であるという事なのです。つまり女の子たちの事を全く人間扱いしていないという事であり「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁に対する怒りの炎が1万℃100万℃に燃え上がる事けたたましい訳ですが、皆さまはまだ、まだ、この宇宙一のキ〇〇イ共に血税をプレゼントし続け強姦殺人ほう助を間接的に続けるおつもりなのでしょうか。一体皆さまはいつになったら目が覚めるのでしょうか…続きを読む→
■2020年7月12日UP■
「とにかく宇宙を洗脳しろ」明仁、文仁、徳仁、悠仁のキ〇〇イの極致と言える思念です(祈)†
自分の事を皇族だの天皇だのと自称し幼い女の子を盗みまくり(買いまくり)邸内地下に閉じ込めてレイプの限りを尽くし「処刑遊び」と称して女の子を四肢切断、強姦殺人しまくり死肉を食べまくる事が自分の仕事だと本気で思っている人類史上最悪のキ〇〇イ、明仁、文仁、徳仁、悠仁が、僕の公言する「宇宙一のバカ」の言葉に相当頭にきている、その怒りの表現として「宇宙を洗脳しろ」などという寝言の極致の思念を抱いている、という意味なのではないでしょうか…続きを読む→
■2020年6月15日UP■
「年齢一向に構いません」これはピーチピチ(佳子)の思念と思われるのですが…(祈)†
「年齢一向に構いません」ですが、これはピーチピチ(佳子)が僕、たきざわ彰人に対してこのように思念を抱いているという事のようなのですが、この意味については僕からはどうにも説明ができませんので皆さまのご想像にお任せする事と致します。ただひとつだけ、ピーチピチと僕は父と娘ほどに年齢差があり、若くてカワイイピーチピチ(佳子)にとっては僕、たきざわ彰人はだいぶオサーンであるという事、これだけ説明して終わりとさせて頂きます…続きを読む→

HOME | ピーチピチ(佳子) | 切断死体の撮影 | 処刑遊び | コイツら死刑 | 暗殺 | 放火 | Dreamwork | Profile | アナログ絵 | フラー | コメントファイヤー | | 山駆けるヒカリ | 葛飾北斎の墓 | 主なブログ | 全ブログURL | 動画 | 霊関連書籍 |

カテゴリー: 未分類   作成者: たきざわ彰人(霊覚者) パーマリンク

たきざわ彰人(霊覚者) について

元画家、山を愛する霊覚者です。果てしない山へのアタック及び高負荷の作品描画によって霊性発現となりました。イエス様の怒涛の連続顕現に浴させて頂き、イエス様のご意志に従い霊的知識普及の使命遂行中です。イエス様ハンドリング(霊の導きに従う)により強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁は死刑になり「人類の恥」となります(祈)† 日本の象徴は「富士山」であり、断じて強姦殺人魔ではありません。 The symbol of Japan is "Mt. Fuji", it is not a rape murderer at all. 日本の天皇一族は強姦殺人魔です。死刑にしましょう。 The Emperor family in Japan is a rape murderer. Let's make a death penalty.

コメントを残す