書籍制作2冊目のテキスト変換作業中に霊団がピィィィンと波長を降らせてきました(祈)†

アナログ絵285

↓このテキスト↓をさわっている時に霊団がかなり高くて鮮明な波長を降らせてきました。霊団側の強調の意味があります↓

〇〇の洗脳を撃ち破り真実のフィールドに踏み込んだ勇者の方々、つまり「目覚めた方々」おめでとうございます。目覚めたからには2度と洗脳は通用しません、そうですね皆さま【ピィィィィン】

つまり霊団が言いたいのは「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の邪悪の正体および奴隷の女の子たちの存在に関する情報拡散が相当のレベルまで進んでいて、もはや国民の再洗脳は不可能、ウソをつき通してダマし続けるのも不可能「コイツら死刑 wp.me/Pa9cvW-2 」という僕の考えに大多数の国民の方々が賛同して下さっているという意味のピィィィンという波長、だと信じたいですがどうでしょう。

で、2冊目用テキスト変換作業90%完成中。間もなくAffinityPhoto上でのレイアウト作業に移れそうです。今回は作業スピードは速いと思います。だいぶ要領が分かりましたので。

で、僕が霊団に対して激しい怒り憎しみを抱いている関係でインスピレーション量が減っていてブログネタがそれほどありません。間もなく山のアタック、そして帰還後に長文ブログ撃ちに入らねばならないところなのですが、今のところ長文を撃つにはチョトキビシイ状況です。

まぁ霊団のインスピレーションに基かない僕の物的脳内レベルのブログネタはありますので何もなければそれを書く事になりますが使命遂行の本道から外れてしまうので問題アリという事になるでしょう。長文テキスト撃ちは書籍制作という視点からも絶対必須作業になりますので何かしら撃たないといけません。

2冊目をできるだけ早くUPさせて、3冊目までのマージンを利用してアナログ絵を描きたいと考えています。止まってしまっているシルキーのフルカラーイラストを完成までもっていくのもアリかも知れません。とにかく1秒たりとも止まっているヒマがありません。この尋常ならざる忙しさが霊団への怒りを助長させる最大要因ともいえるのですが(祈)†

■2021年1月28日UP■
「もうウソは必要ないと思う」明仁、文仁、徳仁、悠仁が必要ないという皆さまの思念です(祈)†
もっと噛み砕いて分かりやすい表現で言ってみましょう、こうです。すっとぼけ続けている。という事です。公の場でメディアに向かって「たきざわ彰人、お前そろそろいい加減にしなさい」などと怒りの発言をしたらどうなりますか。僕のブログに一気にアクセスが集中してネット中に議論が噴出するはずです。で、ここで皆さまお考え下さい。もしコイツら、明仁、文仁、徳仁、悠仁が何も犯罪行為をしていない、心にやましい事がないのであれば議論が沸き上がって何も困る事はないはずです。かえって自分の身の潔白が証明される事になって願ったり叶ったりのはずです。しかし「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁はその議論が勃発しないように視点外しに終始していますね。行動には動機がある。つまりこうです、コイツらの邪悪の正体は実はもうとっくの昔に「周知の事実」なのです…続きを読む→
■2021年1月31日UP■
「圧倒的勝利」霊団の言葉ですが…だぁかぁらぁ!物的にそのようになってないだろ(祈)†
「イエス様ハンドリング」が「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁に圧倒的勝利、という意味になるのですが、いつもいつも同じ事を書いて皆さまに申し訳ないのですが「霊団が僕の霊聴にそのように言ってきているだけで物質界の動きはそのようになってない」じゃないですか。そこがとにかく僕はMAXにムカついている訳です。発言に責任を持て、言ったからにはその通りに実現させろ、プライドってものはないのか、だから僕はお前らの事を【口だけ霊団】って言ってるんだよ。えーいつも霊団に対してグチをぶちまけてはご覧の皆さまに不快な思いをさせてしまっていますので今回は早めに切りましょう。まぁとにかく「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁はまだ逮捕、死刑になっていない、奴隷の女の子たちも救出できていない、ピーチピチ(佳子)も完全にすっとぼけ続けている。これのどこが「圧倒的勝利」だよ、この軽薄霊団、そう言わない訳にはいきません。もっとも霊界から霊眼で物質界を俯瞰で見下ろした時には「圧倒的勝利」のように映るのでしょう。しかし仕事の舞台は物質界なんだから物的肉眼に映じる形で仕事を達成しなきゃ意味ないだろ…続きを読む→
■2020年5月6日UP■
TrailMovie「お前だよ」明仁の大罪を大勢の方々が糾弾するという素晴らしい映像を拝しました(祈)†
その明仁のすっとぼけ対応に番組参加者の間にイライラ感が広がる中、僕が開口一番「お前だよ」と切り出します。僕は席を立ってさらに「お前だよ」と問い詰めます。すると勇気を振り絞って他の参加者の方々もひとり、またひとりと「お前だよ」「お前だよ」と明仁に向かって切り出し始めるのです。明仁は何も答えようとしません。答えられるはずがありません。この男の人生はすっとぼけ、ゴマかし、洗脳、自演乙、逃亡で塗り固められており…動画を見る→

未分類

Posted by たきざわ彰人(霊覚者)