Pinterestに再びアナログ絵をUPですが次回長文ブログをどうまとめるか大問題中です(祈)†

アナログ絵306_1
Pinterestにアナログ絵ストーリーをUPです(祈)†
アナログ絵304-1 pin.it/4wDjAbD
アナログ絵304-2 pin.it/5GYp3Cs
アナログ絵304-3 pin.it/3BtTrS0
アナログ絵305-1 pin.it/7Hbscvj
アナログ絵305-2 pin.it/5J6rFTT
アナログ絵305-3 pin.it/1sRWjgZ
アナログ絵306-1 pin.it/3OcuJZW
アナログ絵306-2 pin.it/2EAVpXG
アナログ絵306-3 pin.it/MCamzda

さぁPinterestはオマケでやっているだけですのでいいとして、次回長文ブログの内容に本当に困っています。書く事がなくて困っているのではなくて「どこまで書いて良くてどこから書かない方がいいのかの線引きがあいまいなのでテキストを先行で撃つに撃てずにいる」といった感じです。霊団ハッキリしろ。ブログはあんたたちの悲願成就の生命線だろ。

そしてアナログ絵324「フラー20設定資料」まずは汎用モードの線画60%完成中といったところ。その後、航行モードの線画に突入して、描き上げてスキャンしてからのAffinityPhoto上の作業はマクロ最大活用で速いです。あ、霊団がフラーを推し続けてきた「真の理由」について次回ブログで書く必要があるかも。まいったなぁ、霊団、もっと書きやすいように内容をまとめて降らせてこい。地上の作業者の事情もちゃんと考えろ(祈)†

■2020年9月9日UP■
■アナログ絵304UP、ももちゃん、シルキーはフルートがだいぶ上達しました(祈)†
今回のストーリーではももちゃん、シルキーがフラーで「遠出」をしていますが、これは物質界では絶対に有り得ない事ですね。小さい女の子がふたりで遠くまでお出かけなんて絶対に有り得ません。これはクレスの境涯(上層界)だから可能な事であり、ももちゃん、シルキーはちゃんと高級霊の方々の管理下に置かれた状態でフラーを駆っているのであり、さらにはふたりの親代わりである霊体の僕が、ふたりにもしもの事があれば(もしもの事などありませんが)思念移動で瞬間的に駆けつける事ができますから(霊界に距離の概念はありません)ふたりの安全は確保されているという事になります…続きを読む→
■2020年9月21日UP■
■アナログ絵305UP。ももちゃん、シルキーを描き続けるのは意味があっての事なのです(祈)†
そのももちゃんを霊団は見殺しにした、奴隷の女の子たちの救出に霊団は全然本気じゃない、コイツら絶対に許さない、僕はそう思っています。で、もちろん霊団以上に強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁が許せません。ももちゃんの死肉を笑いながら食べたバカヤロウが、僕に向かって半笑いで爪楊枝で歯をシーシーしながら「そんな女の子最初からいませんよ笑」とか言ってくるシーンを想像すると…この怒りのレベルは言語を超越しており表現のしようがありません…続きを読む→
■2020年9月28日UP■
■アナログ絵306UP。【フラーの指輪】山で霊団が推してきたストーリーとなります(祈)†
おねえちゃん(センナちゃん)へのプレゼントを惑星の草原でなくしてしまい泣いているももちゃんとシルキーに、フラー13とフラー06ver2.0が反応する、という内容なのですが、正確にはアナログ絵259の1ページの解説にありますように、フラーそのものにはそこまでの感情表現はありませんので、今回のストーリーも2機のフラーを介して「ももちゃんの守護霊」「シルキーの守護霊」が影響力を行使した、という事になります…続きを読む→

未分類

Posted by たきざわ彰人(霊覚者)