【8/16】霊関連書籍の内容の抜粋です(祈)†『シルバーバーチの霊訓⑩』【6章 音楽を語る】

—–10巻6章
『シルバーバーチの霊訓⑩』【6章 音楽を語る】(神の計画の中で音楽は一種名状しがたい役割を演じているようである。ある日の交霊会でシルバーバーチは英国の音楽界で指導的地位にある音楽家に次のように語りかけた)あなたが音楽を通じて世の中のために貢献していらっしゃる→

『シルバーバーチの霊訓⑩』→その実態は、あなたご自身にはまず理解できない事です。音楽、なかんずくインスピレーション的な曲は、あなたご自身はごく自然な形で作曲しているつもりでも、魂を癒やし慰め刺激し鼓舞する特質を具えているものです。

『シルバーバーチの霊訓⑩』それはそれなりに魂の琴線に触れて、五感を通じて得られるものより遙かに偉大な生命の荘厳さがある事を認識させます。これから先どこで演奏なさる時も、あなたは偉大な目的のための道具である事、あなたに感謝の気持ちを伝えられない大勢の人々に→

『シルバーバーチの霊訓⑩』→心の調和と同情と激励と幸福と健康をもたらす一助となっている事を思い出して下さい。こちらの世界へお出でになれば、大変な楽しみがあなたを待っております。と申しますのは、霊界には今のあなたには理解できない性質と卓越性をもった音楽が→

『シルバーバーチの霊訓⑩』→存在するからです。地上でまだ1度もお聞きになった事のないオクターブがあります。シンフォニーもあります。コンチェルトもあります。オーケストラもあります。最高の作曲家や演奏家が無数にいます。地上にはほんの僅かしかおりません。

『シルバーバーチの霊訓⑩』地上で大作曲家と言われている人の全てがこちらへ来ている訳ですが、その巨匠がその後さらに向上進化しているのです。鑑賞力をもった人なら立派な音楽をいくらでも聴く事ができます。ミュージックホールは霊界が誇る財産といってもよいほどです。

『シルバーバーチの霊訓⑩』地上のいかなる楽器でも表現できないオクターブの音をあなたも聴く事になるのです。それから、もちろん地上を豊かにする音楽はみな霊界を始源としております。人間が拵えているのではありません。演奏家も作曲家もみな1種の霊媒なのです。

『シルバーバーチの霊訓⑩』【本日こうして出席させて頂きました事を大変光栄に存じます。あなたの教えが私の人生において素晴らしい啓示となっている事を是非とも申し上げたいと思っておりました。】その事を私と一緒に神に感謝しようではありませんか―私は神の使いとなった→

『シルバーバーチの霊訓⑩』→事の光栄とその好機を与えて頂いた事を、そしてあなたと奥さんはその真理を授かる事ができた事を、です。何十年か前、私は同志もなくたった1人でこの地上へやって参りました。是が非でも地上人類に霊的実在の存在を教え、霊力の働きかけの場を→

『シルバーバーチの霊訓⑩』→設立する必要があるとの理由から、私が霊界においてそれまでに獲得したものをお預けにして、(次元が異なるが故の)困難な条件の下で、この地上へ戻ってくれないかとの要請を受けたのです。それを私は挑戦のつもりでお引き受けしました。

『シルバーバーチの霊訓⑩』今夜あなたから、私が光栄にも伝達させて頂いた教訓―私が考え出したものではないのです―があなたの人生で大きな啓示となっている事をお聞かせ下さいました。その事に私は感謝したいと思います。

『シルバーバーチの霊訓⑩』と申しますのは、その事は私に愛念を覚えさせて下さる方がまた1人増えた事を意味するからです。それは私にとって大変嬉しい事なのです。これより先あなたには、ご自身がこれまでに恵みを受けられたように他の人々に恵みを施す機会が次々と→

『シルバーバーチの霊訓⑩』→与えられる事でしょう。その機会を逃さない事です。と言って私は、あなたを始め私の同志のどなたにも、熱狂的な伝道者になって欲しいと思っている訳ではありません。しゃにむに他人を信じさせるような事は期待しておりません。

『シルバーバーチの霊訓⑩』後で平静を取り戻した時にはもう忘れているような、一時的な興奮状態の群集心理につけ込む非理性的手段で真理を説いて下さる事は望みません。私が申し上げているのは、あなたにはあなたとのご縁を通じて援助の手を差しのべるべき機会が与えられる→

『シルバーバーチの霊訓⑩』→事になるという事です。その時にあなたなりの最善を尽くせばよいのです。地上世界には為さねばならない事が山ほどあります。物的財産は一時的な所有物にすぎません。所有物といっても真に自分のものではなく、ただの一時的保管物にすぎません。

■2021年3月26日UP■
「クスリとダマしてガン注射」僕の暗殺の超具体的方法を霊団が幽体離脱時映像として降らせてきました(祈)†
「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁は(というよりコイツらの部下の下僕たちが)様々な毒物の開発製造を手掛けていて既に完成している。その中にはガン細胞そのものを注射するというものまである。その毒物を人々にバラまいて感染させる手段として、白衣を着て人々から「先生」など呼ばれている「医者」「学者」のような人間を使用して、人々に「これは治療薬です、予防薬です」と信じさせて次々と注射して回ってドンドン毒物を感染させる方法を取ろうとしている。僕に対してもこの「医者を使用したダマし戦法」で暗殺を画策しており、毒殺ではなく病気(ガン)で死亡したと見せかけ「我々は治療を続けたが残念ながら手が及ばなかった」などと言い訳できる殺し方をしようとしている。さらに職場の同僚を使用して僕に注射を撃たせようとしていたのは「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の「責任逃れ」の典型的パターン、何か不具合が発生したら「毒(ガン)注射を撃ったのはこの人たちです」と責任を擦り付け自分たちはすっとぼけられるようにしている…続きを読む→
■2021年5月5日UP■
「もちろん全員死にます」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁が消滅するという意味でしょう(祈)†
「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁が「もちろん全員死にます★」という事になります。僕、たきざわ彰人が暗殺もしくは公開処刑されるという意味だとしたら、僕は常にひとりで使命遂行していますので「僕が全員死ぬ」というのは表現としておかしいですね分身の術じゃあるまいし。本当に1億回でも公言させて頂きますが(このセリフを今まで何回言ってきた事でしょう…)霊団いわく「総殺害数487」信じられない天文学的人数の幼い奴隷の女の子を「処刑遊び」で四肢切断、強姦殺人しまくり死肉を食べまくっている人類史上最大級の犯罪者の大罪が許されたり罪が軽減されたりする世界は【神】が経綸するこの全宇宙のいかなる生活の場(惑星)にも存在しない、死刑以外の選択肢はないという事になります…続きを読む→
■2021年1月16日UP■
霊団が「罰金」と降らせてきました。やれるもんならやってみろ逆手にとって徹底攻撃してやるぞ(祈)†
もし本当に僕が「罰金」などという愚劣極まる事を言い渡されるのだとしたら、もちろん「書類」が僕に届くはずですね。僕はもちろんその書類をスキャンしてブログにUPし、皆さまに真実を訴えかけるツールとして、そして「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を最大攻撃するツールとして、いわば「逆手にとって最大活用」するつもりです。信じられない人数の幼い女の子を「処刑遊び」で四肢切断、強姦殺人しまくり死肉を食べまくって遊んでいる人類史上最大級の犯罪者を逮捕、死刑にするという人間としてこれ以上当たり前の事はないという常識を公言しているだけの僕が「罰金」などという狂った憂き目に遭わされるというのなら、僕はその理不尽を物質界に残された最後の1秒まで皆さまに訴えかけ続けます。僕が画家時代からずっと公言し続けている「座右の銘」ともいえる言葉をご存じでしょうか「1歩も退く気はない」…続きを読む→

未分類

Posted by たきざわ彰人(霊覚者)