目標の建物がコンクリの残骸の山、完全に消滅してました、ナニコレ?(祈)†

ナニコレ?

ナニコレ?

これも以前から書いている事ですが、僕は「市街地セクション」が大キライ。とにかく僕は残された物質界の人生で「山」以外に行きたい場所はなく、地元の市街地ですらよほど仕方のない事情でもない限りまず行く事はありません。で、今回はそのよほどの事情だったので仕方なく向かいました。

3車線の大通りを渋滞に紛れながらノロノロ走るのとかホントにキライで「あーヤダヤダ、早く用事を済ませて戻らないと」と思っていたら、目当ての公共の建物がコンクリ残骸の山になっていて「何すかコレ?」と口あんぐりで立ち尽くしていると、おじさん2人組が「この建物はねぇ、あーなってこーなってあそこに移転してあーしてこーして」と懇切丁寧に教えてくれるのでした。

僕は「えーっそーなの?あーっそーなの?」と聞いてましたが、移転場所こそ教えて頂いて分かったのですが、どうもアチコチたらい回しにさせられそうな空気感だったので時間ばかり取られるのはすごくイヤなので今日は戻って来てしまいました。

ググって状況を把握して、迷わず1発で現地に向かって最短時間で用事を済ませて戻って来れるようでなければイヤなので来週再び向かう事にしました。えー皆さま、僕が暮らしている地元の街のお話ですよ。地元の市街地の状況を僕は全く把握していないという事です。

帰ってきてからコンビニのおばちゃんにこの事を話したら「あーそこはね部署が別の遠いトコにあってそこまで行かなきゃいけなくてあーしてこーして」とか教えてくれて「やっぱりたらい回しだ、行かなくてよかった」と思ったりしたのでした。

僕が暮らしているのは市街地セクションの外れの外れの外れの自然が豊かなところで、すぐ近くに標高200メートルくらいの低山があって、玄関を出て15分くらいロードランすればそのまま山に入れます。その低山にはフツーにシカちゃんサルちゃんがいます。

とにかく僕は市街地セクションが大キライ。車で都心にでも向かおうものなら嫌悪感がスゴイ。渋谷駅前とか車で通過する時なんか気分最悪。2度と行きたくありませんが、僕がこれほど市街地セクションを毛嫌いする理由は、ひょっとすると「霊性発現」と関係があるのかも知れません。

そういう市街地には100%地縛霊どもが大勢たむろしています。僕はサイキックではありませんのでその地縛の姿を霊視で見たりそいつらの話を霊聴で聞いたりという事はないのですが、何しろ僕は霊力に感応するようになっていますので、そういう低劣なモノが渦巻くところに行くと本能的に嫌悪感を覚えるのかも知れません。

こういった低級霊に関する知識はインペレーター霊が書籍の中で詳しくお話をして下さっていますので絶対に知識として頭に入れておくべきです。例えば酒場には生前飲んだくれだった地縛霊が大挙して集まり、そこの客たちに憑依して悪さの限りを尽くすのだそうです。そういう知識を獲得していればそういうところに進んで行こうとは思わなくなるはずで、自分を守る事につながります。

知識は絶対獲得しておくべきです、知らないというのは恐ろしい事です。で、使命遂行の作業に戻ろうと思うのですがフラー11ver2.0、まずは汎用モードの線画が80%完成中、もうすぐ描き終えて航行モードの線画に入ります。今回のフラー11はホントに時間かかりすぎ、宜しくありません。できるだけ急がないと。

チョト物的お話をさせて頂きました失礼(祈)†

未分類

Posted by たきざわ彰人(霊覚者)