キーワード調査ツールをさわり続けてます。ひとつ作戦を思いついてますが(祈)†

アナログ絵286

全く慣れないキーワード調査ツールですが、根性でさわり続けてやっと少し分かってきました。そしていわゆるビッグキーワードを複数発見するに至っていまして、それを元にひとつあるアイデアを実行に移します。もちろんWordPressのアクセスを増加させようとしてのアイデアとなります。スゴイお勉強になりますコレ。

再来週の長文ブログあたりからそのアイデアを実行に移せるかも知れません。で、このアイデアですがいわゆるモンスターブロガーと呼ばれるような方々は今回僕が思いついたアイデアを普通に実行しているのではないかと思ったりもします。アクセスを増やそうと思ったらおのずとそういう事を考えるのではないかと思うからです。

で、フラー11ver2.0、汎用モードの線画が完了してます、あとは航行モードの線画を描けばアナログ絵330「フラー11ver2.0設定資料」としてUPできます。(※このアナログ絵という名称を変えようかと思っているのですが、それを実行するのがすごく大変で困っているところです。これももちろんアクセス向上のためのアイデアとなります)

あと、現時点で霊団からのインスピレーションはとても少ないですが、霊団に言われていない内容でひとつ僕的に「書いておこうかなぁ」と思っているテキストがありまして、それは毎週折りたたみテキストとして掲載している「パワハラ防止法」に関する内容です。

これを「脅迫」「行動には動機がある」等に焦点を当てる形で使命遂行と関連させながら書く事を考えています。どうにも許せないものがありまして、書き残さない訳にはいかないと思うのです。もう脳内設計図は完成してます。あとは撃つだけですので45分ノートの時間にでも撃ってしまおうかと考え中です。

今回のフラー11ver2.0は、SEO関連の作業に翻弄されて遅れまくっています宜しくありません。描かねばならない絵はこれだけではありません、まだまだたくさんあるのです。

僕は「長文テキスト撃ち」と「アナログ絵描画」いわゆるコンテンツ制作に集中し、SEO関連作業等のサイト運営管理はその道の方にやってもらうという風にしたくてたまりません。

現在の僕の「イエス様ハンドリング」「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を死刑、滅亡させる霊的使命遂行は、何をどう考えてもひとりで全てをこなせる作業量ではないからです。本当に心の底から困っています。

そしてこの人生をやらせた霊団、やらせておいて全く何の物的フォローもしやがらずに高みの見物を決め込んでいる霊団に激しい怒り憎しみを感じます。コイツらだけは絶対に許せないのです(祈)†

■2021年9月3日UP■
「いい加減にしてくれジャマ」これはキリスト教の2000年の呪いという意味ではないでしょうか(祈)†
インスピレーション「いい加減にしてくれジャマ」の説明に戻ってみましょう。これはつまり霊界サイドは物質界に正しい霊的知識を普及させようとして、それこそ2000年前のイエス様の犠牲の降誕の時からイヤそれ以前からずっと仕事をしている訳ですが、キリスト教という呪いが物質界に蔓延してしまった事で霊的知識普及の大事業が遅れに遅らされてしまった。それを受けての霊界高級霊の方々の「我々には成すべき仕事が山のようにあるんだよ、そろそろジャマも本気でいい加減にしてくれ」という意味が込められているのではないかと僕は思ったのです…続きを読む→
■2019年11月22日UP■
「かわいそうなイスラム女の子」幽体離脱時に出会ったこの女の子は奴隷の女の子という意味でしょう(祈)†
その両親は幼い我が娘を愛する、かわいがるという気持ちはみじんもなく、ひたすらにイジメまくっているのです。そのイジメられている女の子はとてもけなげな様子で「助けて」と声に出して言わないのです。しかし表情が完全に「助けて」と言っているのです。そしてなんだかんだ言って霊体の僕から離れようとしないのです。つまり家に帰りたくないんですね…続きを読む→
■2020年10月25日UP■
ウソをつき通し世界中をダマす事に成功していると信じ込んでいる幼いふたり(祈)†
アメリカ行きの飛行機に搭乗します。するとアメリカ人女性CA(キャビンアテンダント)がふたりに話しかけてくるのですが、幼いふたりがまだ何も言っていないのにその女性CAはしょっぱなから「半笑い」なのです。そして飛行機がアメリカの空港に到着し、空港内ロビーはたくさんのアメリカ人がいたのですが、幼い女の子と男の子がロビーに降り立つとアメリカ人たちがそのふたりを見つけて空港中が「大爆笑」に包まれる…という映像だったのです。皆さま、この女性CAの「半笑い」そして空港にいたアメリカ人たちの「大爆笑」の意味がお分かりになりますでしょうか…続きを読む→

未分類

Posted by たきざわ彰人(霊覚者)