【10/30】霊関連書籍の内容の抜粋です(祈)†

アナログ絵328_2

「世界心霊宝典1 霊訓」より→「地上生活を中途で打ち切られる事は、ある例外をのぞいて、決して特にはならぬ。与えられし宿命に甘んじ、己の成長と同胞の福祉の為に精を出し、神を崇め、神に奉仕し、背後霊の指導に素直に従う者こそ地上生活を最大限活用した者と言えよう」

「世界心霊宝典1 霊訓」より→「そうした地上生活を送れる人間は改めて学び直すものはなく霊界での向上も速やかである。魂の向上を妨げるのはあらゆる種類の自惚れと利己心、無精と怠慢、そしてわがままである。公然たる罪悪と悪徳、偏見から真理を拒否する頑迷固陋の態度などは言うに及ばぬ」

「世界心霊宝典1 霊訓」より→「不利な環境の中で闘い克服した者の方が遥かに気高い。試練によって一段と清められたそうした魂の為に用意された境涯へと進む事を得る。地上的体験は貴重なのである。その体験を得んとして大勢の霊が地上に戻り、背後霊となりて己に必要な体験を積まんとしている」

「世界心霊宝典1 霊訓」より→「地上にも自らを犠牲にして悪徳の世界に飛び込み、数多くの堕落者を見事に更生せしめている気高き人物がいる如く、われらの世界にもそうした奈落の底に沈める霊の救済に身を投じる霊がいる」

「世界心霊宝典1 霊訓」より→「そうした霊の努力によって善に目覚め、堕落の生活より救済され、浄化の境涯における長く辛き試練を経てついに悪の影響と断絶し、清らかにして善なる霊の保護のもとに置かれた霊は決して少なくない」

「世界心霊宝典1 霊訓」より→「中には善なるものへの欲求を全て失い、不純と悪徳に浸りきり、奈落の底へと深く深く沈んで行く者がいる。そして遂には意識的自我を失い、事実上、個的存在が消滅していく。少なくとも我々はそう信ずる。ああ、何と悲しき事であることか!」

「世界心霊宝典1 霊訓」より→「神性は消え失せ野獣性が異常に助長され強化され発達し、全てを支配し霊の光を消してしまい向上心の息の根を止める。悪徳の念が燃えさかり魂を向上の道から遠く引きずり下ろす。もはや霊の声も届かぬ。魂は一路奈落の底へ沈み行き、底知れぬ暗闇の中へ消滅する」

「世界心霊宝典1 霊訓」より→「罰は常に罪そのものが生み出す。それが罰の本質であり、決して第三者によりて割り当てられるものではない。法を犯した事による不可避の結果なのである。その罰より完全に免れることは絶対にできぬ」

「世界心霊宝典1 霊訓」より→「とかく守護霊は何事につけ守ってくれる霊と想像されがちだが、本来の使命は本人の地上での使命の達成と罪障消滅すなわち因果律を成就させる事であり、それを挫折させる勢力から守る事はあっても、体験せざるを得ない“魂の試練”まで免除してくれる事はしない」

「世界心霊宝典1 霊訓」より→「霊界からの指導において人間の身勝手、自己満足、自慢、高慢、自惚れほど致命的なものはない。小知を働かせてはならぬ。我々からの知的働きかけの妨げとなるからである。独断主義に偏れる知性、ましてやそれが高慢と自惚れに満ちておれば、近づく事すら出来ぬ」

「世界心霊宝典1 霊訓」より→「いつの時代にも自己犠牲こそが聖賢の最大の徳であった。その時代相応の進歩的真理を旗印にせる予言者たちはみな我欲を滅却して使命に生きた人達であった。汝らの聖書にその名を留めるユダヤの指導者達は無私の純真さをもって誠実な人生を送った」

「世界心霊宝典1 霊訓」より→「特にイエスはその地上生活を通して使命のための最高の自己犠牲と誠実さを身をもって示した偉大にして崇高なる模範であった。イエスの中に、人類の全歴史を通して最大限の、人間の可能性の証を見る事ができる」

「霊訓」→「この世より誤りを駆逐し、真理の光をもたらせる人々はみな己に課せられた使命の為に無私と献身の生涯を送れる者であった。ソクラテスにプラトン、ヨハネにパウロ、こうした心理の先駆者、進歩の先導者はみな無私無欲の人物、我を張らず尊大ぶらず、自惚れる事を知らぬ人々であった」

「世界心霊宝典1 霊訓」より→「一途なる誠実さ、使命への献身、自己滅却、私欲の無さ等々の美徳を最高に発揮した人々である。それなくしては彼らの仕事が成就される事はなかったであろう。もし私欲に捉われていたら、その成功の核心が蝕まれていた事であろう」

「世界心霊宝典1 霊訓」より→「汝らは“完全なる霊”が如何なる者か皆目知らぬ。知り得ぬのである想像する事すら叶わぬ。忠実なる魂が霊の訓えによって培われ、刻一刻と守護霊に似ていくその過程も汝らは知り得ぬ。我々が植え付け手がけてきた種子が次第に成長していく様子は汝らには見えぬ」

■2020年5月14日UP■
「ムズカシイですね病気、国民の同情を引こうとしてる」徳仁が雅子の作戦をマネしようとしているようです(祈)†
「宇宙一のバカ」「強姦殺人魔」「おっぱいを食べる」「スカポンタン」恐ろしいまでのレベルで頭がカラッポの徳仁の妻「雅子」ですが、この雅子はもう何十年になりますか、ず~っと!ず~っと!ずうぅぅぅぅぅぅ~っと!「あたしは病気、あたしは病気」と言い続けていますよね。これが「国民の同情を引く作戦」である事は…続きを読む→
■2020年12月3日UP■
「大量殺戮(さつりく)兵器を使うつもりなんだよ」明仁、文仁、徳仁、悠仁の邪悪のたくらみの思念です(祈)†
人生イコールS〇Xと降らせてきています。動機はここに全て帰着します、この言葉が全てです。「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁が大量殺戮(さつりく)兵器で国民を大量殺害するとすれば、その動機は「奴隷の女の子をレイプし続け強姦殺人し続け死肉を食べ続けるため」という事になります。このバカヤロウどもの行動の動機、人生の目的は「S〇X1本」です。S〇Xが人生の全てです。幼い女の子をレイプし続けるためなら国民を何百万人でも平気で殺す人類史上最大のキチ〇イです。皆さまはS〇Xのために大量殺戮(さつりく)兵器まで持ち出そうとしている明仁、文仁、徳仁、悠仁をいつまで許し続けるおつもりなのでしょうか…続きを読む→
■2021年4月14日UP■
「ホントのホントに自殺するぞ」明仁、文仁、徳仁、悠仁がとにかく逃亡するという意味です(祈)†
何度も同じ事を書くのが本当に苦しいですがそれでも書かねばならないでしょう。皆さまに重ねて重ねて警告を投げさせて頂きますが「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁が本当に自殺したとして、皆さまは「あぁかわいそう」などと言って哀れんだり涙を流したりするという人類史上最も愚かな行為をしないよう僕、たきざわ彰人から強く強く警告を発します。皆さま自分に置き換えて考えるようにして下さい。あなたには目に入れても痛くないほどかわいがっている笑顔のカワイイ娘がいます。その娘が「自分は善人で天才で国民から好かれている」とのたまわるバカ男に誘拐され四肢切断、強姦殺人されてしまいます。その後、その強姦殺人犯のバカ男が逮捕、死刑を恐れて自殺したと聞かされます。あなたはどのようなリアクションをしますか…続きを読む→

未分類

Posted by たきざわ彰人(霊覚者)