急げ急げ言ってるのにまた反逆の作業をやったりしています。どうしてもやらねばならない事情、理由が僕にはあるのです霊団にはなくても。しかしこの反逆は一生完成しないまま霊団の手のひらの上で踊らされて最悪の人生を最後の最後までやらされる事になるのか、そう思うと絶望感がハンパないです。

何とか反逆できないかともがいてます。以前ブログでも書きましたように、これはシルバーバーチ霊の仰る「締め切られたドアを叩き続けてムダな時間とパワーを浪費する愚かな行為」となります。それを知識として知っていても反逆の作業をやめない事情が僕にはあるのです。そしてドアが閉め切られていますからどれだけ全力で反逆しても全く眼前に道が開きません。ムダな努力という事になるのです。それでもやるのです。

気持ちは凹みつつもフラー24カラーリングは続行中、あともうちょっとで全ての選択範囲を切り終えます、少しゴールが見えてきました。まずはフラー24にケリをつけましょう。反逆はそれからです。

そして本日間もなく霊関連書籍が1冊到着します。まずは「ジャック・ウェバーの霊現象」の全ページスキャンを終わらせて、それからこちらの書籍もスキャンを開始させます。WordPress内の「霊関連書籍」固定ページをビッグコンテンツにします。主要な霊関連書籍を全てWordPress内で全文読めるようにするのです。霊的知識普及の使命遂行のために僕は物質界に残されているのですから死んでもやり切ってみせます。

だったらフラー描くのやめてその作業に集中すればいいのでは?と皆さまは思われるかも知れませんが、僕はデザインの人間ですので絵を描く事は絶対にやめません。どういうカタチであれ描き続けます。僕はこういう人間です、全く別の人間になるつもりなど毛頭ありません、それがたとえ僕の霊的進歩向上を阻害すると霊団に言われようとも。まずはフラー24を急ぎましょう(祈)†

『シルバーバーチの霊訓⑨』
私はこうした形で私にできる仕事の限界をもとより承知しておりますが、同時に自分の力強さと豊富さに自信をもっております。自分が偉いと思っているというのではありません。私自身はいつも謙虚な気持です。本当の意味で謙虚なのです。

『シルバーバーチの霊訓⑨』
というのは、私自身はただの道具にすぎない―私をこの地上に派遣した神界のスピリット、全てのエネルギーとインスピレーションを授けてくれる高級霊の道具にすぎないからです。

『シルバーバーチの霊訓⑨』
が私はその援助の全てを得て思う存分に仕事をさせてもらえる。その意味で私は自信に満ちていると言っているのです。私一人では全く取るに足らぬ存在です。が、そのつまらぬ存在もこうして霊団をバックにすると自信をもって語る事ができます。

『シルバーバーチの霊訓⑨』
霊団が指図する事を安心して語っていればよいのです。威力と威厳にあふれたスピリットの集団なのです。進化の道程を遥かに高く昇った光り輝く存在です。人類全体の進化の指導に当っている、真の意味での霊格の高いスピリットなのです。

『シルバーバーチの霊訓⑨』
私自身はまだまだ未熟で、決して地上の平凡人からも遠くかけ離れた存在ではありません。私にはあなた方の悩みがよく分ります。私はこの仕事を通じて地上生活を永い間味わってまいりました。

『シルバーバーチの霊訓⑨』
あなた方(レギュラーメンバー)お一人お一人と深くつながった生活を送り、抱えておられる悩みや苦しみに深く関わってきました。が振り返ってみれば何一つ克服できなかったものが無い事も分ります。

『シルバーバーチの霊訓⑨』
霊力というのは必要な条件さえ整えば地上に奇跡と思えるような事を起こしてみせるものです。私たちは地上の存在ではありません。霊の世界の住民です。地上の仕事をするにはあなた方にその手段を提供して頂かねばなりません。あなた方は私たちの手であり私たちの身体です。

『シルバーバーチの霊訓⑨』
あなた方が道具を提供する―そして私たちが仕事をする、という事です。私には出しゃばった事は許されません。ここまではしゃべってよいが、そこから先はしゃべってはいけないといった事や、それは今は言ってはいけないとか、今こそ語れといった指示を受けます。

『シルバーバーチの霊訓⑨』
私たちの仕事にはきちんとしたパターンがあり、そのパターンを崩してはいけない事になっているのです。いけないという意味は、そのパターンで行こうという約束ができているという事です。

『シルバーバーチの霊訓⑨』
私より勝れた叡智を具えたスピリットによって定められた一定のワクがあり、それを勝手に越えてはならないのです。そのスピリットたちが地上経綸の全責任をあずかっているのです。そのスピリットの集団をあなた方がどう呼ぼうと構いません。

『シルバーバーチの霊訓⑨』
とにかく地上経綸の仕事において最終的な責任を負っている神庁の存在です。私は時おり開かれる会議でその神庁の方々とお会いできる事を無上の光栄に思っております。その会議で私がこれまでの成果を報告します。

『シルバーバーチの霊訓⑨』
するとその方たちから、ここまではうまく行っているが、この点がいけない。だから次はこうしなさい、といった指図を受けるのです。実はその神庁の上には別の神庁が存在し、さらにその上にも別の神庁が存在し、それが連綿として無限の奥までつながっているのです。

『シルバーバーチの霊訓⑨』
神界というのはあなた方人間が想像するよりはるかに広く深く組織された世界です。が、地上の仕事を実行するとなると、われわれのようなこうした小さな組織が必要となるのです。

【過去コメ】イエス様の怒涛の連続顕現の意味を僕なりに「どうか地上に残って霊的知識普及の使命を担ってもらえまいか」という事だと理解し、苦悶の末に、僕はそのご意志に従い、あれほど待ち望んだ帰幽を諦め、地上に残って新たな使命を帯びた第二の人生をはじめる事を決断し、声に出して宣言したのでした(祈)

「悲劇」僕の残された物質界の人生はもう悲劇決定だそうです。永遠に許さぬ(祈)†■2022年5月4日UP■
「悲劇」僕の残された物質界の人生はもう悲劇決定だそうです。永遠に許さぬ(祈)†
僕が本当にこういうヒドイ状況にさせられても全く誰の目も開かないというのか。誰ひとりとして真実に目覚めないというのか。僕の人生がこれだけ破壊されても日本国民の洗脳が1ミリたりとも破られないというのか。物質界はここまで腐りきっているのか。この期に及んでもまだ「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の事を陛下だの殿下だのと呼び続け笑顔で手を振り続け、奴隷の女の子を強姦殺人する手助けを続けるつもりなのか。「無知ほどこわいものはない」この言葉に帰着します…続きを読む→
霊団が奴隷の女の子たちを救出しない決定を下している理由についての個人的所感(祈)†■2022年4月6日UP■
霊団が奴隷の女の子たちを救出しない決定を下している理由についての個人的所感(祈)†
霊団側はブループリント作成の時点で「この使命遂行を実行するにあたり、ああなるだろう、こうなるだろう」という事があらかじめ分かっているという事です。つまり霊界側は「現在の物質界は、まだ奴隷の女の子たちを救出するに必要な悟りの境地に到達していない、まだその時期は到来していない」という事もあらかじめ分かっていたはずなのです。だったらなぜ僕に奴隷の女の子の存在を怒涛に教えてきたんだよ。助けてあげられると思ったから教えてきたんじゃないのかよ。助けられないという事だったらなぜ教えてきたんだよ…続きを読む→
「失われた10年を返せ」人生破壊、人権蹂躙の究極形、永遠に理解できないのです(祈)†■2022年3月30日UP■
「失われた10年を返せ」人生破壊、人権蹂躙の究極形、永遠に理解できないのです(祈)†
僕、たきざわ彰人は、全く違う人生を送るはずでした。「山を愛する“画家”・たきざわ彰人」として生涯1000作品を描く事を固く心に誓っていたのでした。しかし、壮絶な負荷を自分に課しての絵画作品の描画(一切手抜きをしなかったという事)そして山での果てしない修行によって肉体、精神の浄化が進んだからなのでしょうか、僕の人生は「霊性発現(2012年6月)」という想像だにしない展開に突入したのでした。自身の背後霊団の声が1日中霊聴に聞こえ始め、霊体のアチコチでスイッチがカチ、カチ、と入れられる感覚が走り、その後、猛烈な「法悦状態」に突入し、だいぶ長い間(正味6~8ヶ月くらいだったでしょうか)法悦の霊力が降り続け、僕はずっと鼻がキィィィン、頭、身体がフワァァァ、という状態で生活していたのでした…続きを読む→
「簡単に推し測ってはいけません」僕が殺されるのはほぼ決定的、問題はその先です(祈)†■2022年3月9日UP■
「簡単に推し測ってはいけません」僕が殺されるのはほぼ決定的、問題はその先です(祈)†
僕の物的肉眼では全体像が見えませんので、ごく一部だけを見ている僕の意見より全体を俯瞰で眺める事のできる霊団の判断の方が最終的に正しいという事を知識として理解していますので、現在の僕には使命遂行が成功していないように映るとしても、より長いスパンで見た時に、アキトくんの使命遂行によって、あの当時は動きがなかったが、あの活動によって十分に“タネ”が蒔かれ、そのタネがアキトくんの帰幽後に芽を出し花を咲かせ、結果的に「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の滅亡、物質界の邪悪の消滅、奴隷の女の子の強姦殺人容認システムの破壊へとつながったのだ。という風になるのかも知れません…続きを読む→

間もなくうさちゃんの選択範囲も切り終わります。あと航行モードの選択範囲を切ればシャドウハイライトで完成となりますので予測より早くUPできる可能性が出てきました、不測の事態が発生しなければ。とにかく急ぎましょう。

今日の45分ノートの時間もOCR変換をおこないます。ノートのグラボ問題を解決する日は遥か遠く、いつになったらノートでカラーリングができるようになるのか。作業続行中(祈)†

まぁ大体当初予定していた感じのカラーリングに落ち着きました。塗ってみたら気に入らなくてアッチをグチャ、コッチをグチャっていつもなるんですが今回はそういう波乱はありませんでした。(ホッ)今回は守護霊様のカラーリングもありますのでやはり時間がかかるでしょう。だからこそ急がないといけません。

で、スノーシューアタック時にマイナス20℃の超低温に手指が耐えられなくてグラデーション撮影ができない問題を解決するべく「あるグローブ」を仕方なく導入、これが極地探検用のダウンミトンでして、届いてビックリ、デカい。

このデカいサイズがピッタリの手の持ち主ってイエティ以外いないんじゃないのか?ってくらいのデカさです。(ダウンで膨らんでるからデカく見えるだけで装着すると普通です笑)こんなゴッツイモノ使いたくなかったですが撮影できないんじゃしょうがない。次回からこの極地探検グローブでアタックする事になります。マイッタナァ。

いつも長文ブログUP直後に霊団がピーチクパーチク言ってくるのですが全然インスピレーション降らせてきません(イヤ少しだけ降ってはいますが)まさか本当に使命遂行そのものからフェードアウトするつもりじゃないだろうな。人の人生これだけブチ壊しておいてホッポラカシてトンズラって…それって最低人間だろ。

そんな事があってたまるか責任取れ。そうシャウトしたい気分(イヤ霊界は思念の世界ですから僕のシャウトの思念は霊団に伝わってる訳ですが)なのをグッとこらえてフラー24カラーリングに集中中。っとと「心霊と進化と」間もなくOCR変換完了予定。全作業スピードUP中(祈)†

■アナログ絵348、霊団に止められていた奴隷の女の子の悲劇の惨状の絵をUPです(祈)†■2022年11月12日UP■
■アナログ絵348、霊団に止められていた奴隷の女の子の悲劇の惨状の絵をUPです(祈)†
本当はアナログ絵338として描くつもりでいたのですが霊団にかなり激しく警告を受けて仕方なく作業を止めていました。それを作業再開させてこのように描き上げました。霊的使命遂行が全く前進する様子がない、霊団は果てしなくスピードダウン要求ばかりしてきて全く悲願成就の気概が感じられない。そんな状況を打破すべく奴隷の女の子の悲劇の惨状の絵を徹底的に描きまくって量産してやる、と思っていたその出鼻を挫かれた絵となります。とはいえこれまでまぁまぁの枚数の奴隷の女の子の悲劇の絵を描き続けてきましたが、皆さまはこれらの衝撃的な絵をご覧になっても、この事実を突きつけられても、この期に及んでもまだ、まだ、僕、たきざわ彰人の事をおかしいと思いますか。霊的な事を子バカにしますか。「宇宙一のバカ」大量強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を褒め称えるセリフを吐きますか…続きを読む→
■アナログ絵349、フラー24キャラ「うさちゃん」UP。アーマー機構採用です(祈)†■2022年12月10日UP■
■アナログ絵349、フラー24キャラ「うさちゃん」UP。アーマー機構採用です(祈)†
コチラ「うさちゃん」も実は過去ボツった経緯があるキャラでして、というのもこういう2頭身3頭身の姿をしていますからどうやってもフラーの腕に変形させる事ができなかったのです。しかしフラー21、22、23(イチゴちゃん、ワンちゃん、フランちゃん)で採用した「インナーフレーム」構造を駆使すれば何とか変形させられるかもと思ったのですが、このうさちゃんに関してはインナーフレームですら変形させられず、悩んだ末に思い切って発想を転換する事にしました。それは、フラー24本体の方に「腕のムーバブルフレーム」を存在させ、その腕にうさちゃんを「肩アーマー」「腕アーマー」として装着するという方式です…続きを読む→
■アナログ絵350「フラー24設定資料」UP。うさちゃんのフラーとなります(祈)†■2023年1月13日UP■
■アナログ絵350「フラー24設定資料」UP。うさちゃんのフラーとなります(祈)†
さぁ今回のうさちゃんはインナーフレームでも変形させられずに苦肉の策で「アーマー機構」を採用、うさちゃん4体がフラー24汎用モード時の「肩アーマー」「腕アーマー」に変形、装着されるカタチを取りました。こうする事でうさちゃんの変形機構はだいぶシンプルになりました。そして航行モード時にうさちゃんが乗っかるプラットフォームですが、今回のうさちゃんはだいぶ小さいですのでそんなに面積はいりませんでした。両ウイング基部付近にスペースを設け、そこにうさちゃんが仲良くお座りする事になります。フラー24最大の難点が「汎用モード時の腕のムーバブルフレームの格納」で、航行モードの葉っぱウイングがフラー11ver2.0同様に厚みがあります。この厚みの中に腕のムーバブルフレームが格納されています…続きを読む→

『ベールの彼方の生活①』
ひざまずいていると丘の頂上が透明になり、私たちは頭を垂れていましたから丘を突き抜けて下の界の一部がくっきりと見えはじめたのです。その時私が見た情景―私たち五人全員が見たのですから幻影ではありません―は薄暗い闇の中に荒涼とした平地で、―

『ベールの彼方の生活①』
―ひとりの大柄な男が岩に背をもたれて立っております。そしてその男の前にはもう一人、少し小柄な人が顔を手で蔽った恰好で地面にひざまずいております。それも男性でした。どうやら立っている男に何か言い訳しているみたいで立っている男が不審の表情で聞いております。

『ベールの彼方の生活①』
やがて突然その男が屈み込み伏せている男を掴まえて自分の胸の辺りまで立ち上がらせ、そのまま遠くの地平線の、ほのかな明りの見える方向へと平地を大股で歩いて行きました。彼は小柄な男を引きずりながら相当な道のりを歩きました。

『ベールの彼方の生活①』
そしてやがて明りがずっと大きく見える辺りまで来ると手を離し、行くべき方向を指さしました。すると小柄な男がさかんに礼を言っている様子が見えます。やがてその男は明りの方向へ走って行きました。私たちはその男のあとを目で追いました。

『ベールの彼方の生活①』
あるところまで来ると大柄な男が橋の方角を指さします。それは前にお話したあの橋です。ただしそこは例の“裂け目”の暗黒界側の端です。その時点でも私たちはなぜこんな光景を見せられるのかが理解できませんでした。

『ベールの彼方の生活①』
が、とにかく後を追い続けると、その橋の入口のところに建てられた大きな建物に辿り着きました。見張りのための塔ではなく暗黒界側からやって来た者に休養と介助を施すところです。その塔からは、その男がずっと見えていた事が判りました。

『ベールの彼方の生活①』
と言うのは、その男が辿り着くとすぐに、橋の上の次の塔へ向けて合図の明りが点滅されるのが見えたのです。その時点で丘が普通の状態に戻りました。そしてそれ以上何も見えませんでした。私たちはますます判らなくなりました。そして丘を降りて帰ろうとしました。

『ベールの彼方の生活①』
するとその途中で私たちの霊団の最高指導者であられる女性の霊が迎えて下さり、そしてその方と一緒にもう一人、私たちの界のある地域の高い地位の方と思しき男の方がおられました。私たちがまだ一度もお会いした事のない方でした。

シルバーバーチ以外で僕が好きな書籍の紹介です。「私の霊界紀行 驚異の幽体離脱体験記」です☆著者が離脱にて訪れた様々な界層について紹介されてます。著者の指導霊が離脱中の著者にイタズラするシーンなどが紹介されている部分もあって、単純に読み物としてもおもしろいと思います☆(祈)

『ベールの彼方の生活①』
指導霊がおっしゃるには、その男の方は今しがた私たちが見た光景について説明するためにお出で下さったとの事でした。お話によりますと小柄な男性は例の私たちが何とかしなければと思っている女性のかつてのご主人で、私たちからその婦人に早くあの橋へ行き、―

『ベールの彼方の生活①』
―そこでしばらく滞在しておればご主人がやってくるであろう事を告げてあげるようにとの事でした。例の大柄な男はその婦人ならさしずめ“闇の天使”とでも呼びたがりそうな存在で、暗黒界でも相当強力な勢力をもつ霊の一人だという事です。

『ベールの彼方の生活①』
でもあのシーンからも想像できますように良い事もするのです。ではなぜいつまでも暗黒の世界に留まっているのですか、と私たちは尋ねてみました。その方は笑顔でこう答えられました。―父なる神の王国はあなた方が想像されるより遥かに素晴らしいところです。

『ベールの彼方の生活①』
これまであなた方は、いかなる地域もいかなる界層も他と完全に離れて独立し、それ自体で完全というところは一つも見当らなかったはずです。そのようなところは一つも存在しないのです。あの暗黒の天使の本性の中にも各界層の知識と全盛と邪悪性とが混ざり合っております。

『ベールの彼方の生活①』
あの土地に留まっているのは、一つにはその本性の中の邪悪性のせいで、それが光明の土地に馴染めなくしているのです。もう一つの理由は、心掛け次第で向上できるのに本人がそれを望まないという事です。それは一つには強情さのせいでもありますが、―

『ベールの彼方の生活①』
―同時に光明を憎むところがあり、あの途方もなく急な坂道を登って行こうとする者を大バカ者だと思っております。光明界と暗黒界の対比のせいで、その坂道を登る時の苦痛と煩悶が事さらに大きく感じられるからです。それで彼はその土地に留まるのです。

【過去コメ】火曜は一週間の中で唯一たっぷり眠れる日だったのでアラームもセットせず寝ていたのですが、睡眠と覚醒の中間状態に突入した時、何とまたしてもイエス様が顕現して下さり、寝ている僕の目の前にお立ちになっておられました。そして手を伸ばして僕の右胸あたりをつまむようにして、次の瞬間…→

→僕の霊体をグイッと引張って僕を布団から起こしました。僕が「わ、分りました。起きてテキスト撃ちます…」と心の中でつぶやくと、イエス様は笑みを浮かべられました。ここまでするほど、イエス様はじめ高級霊の方々は僕が使命遂行する事を望んでおられるのです。最高に責任重大すぎるのです(祈)

『ベールの彼方の生活①』
彼のように一種の憂うつと麻痺的絶望感のために光明界へ来ようとしない霊が無数におります。そうかと思うと彼は憎しみと錯乱から残忍性をむき出しにする事があります。あなた方が先程ご覧になったあの男にも散々残忍な行為を働き、いじめあげておりました。

『ベールの彼方の生活①』
それも臆病なごろつきによく見られる残忍さをもってやっておりました。が、その残忍性も尽き果てたのでしょう。ご覧になったように、男の嘆願が彼の魂の柔らかい琴線に少し触れると、気持が変らないうちにと男を放してやり、道まで教えてやりました。

『ベールの彼方の生活①』
きっと心の奥ではあの愚か者が…と思いながらも自分よりは“ましな愚か者”だと思っていた事でしょう。―こうした話は私にとって初めての事でした。あの暗黒界にも少しでも善性があるとは知りませんでした。でも今にして思えば、そうであって当然だと思います。

『ベールの彼方の生活①』
なぜならもし完全な悪のかたまりであれば私たちのいる光明界へ来ようなどという心は起きないでしょうから。【それにしてもこの話は最初に言われた大切なものとそうでないものとを見分ける事と一体どういう関わりがあるのでしょうか―】

『ベールの彼方の生活①』
善なるものが全て神のものである事は言うまでもありませんが、われわれ神の子にとっては光明も暗黒も絶対ではなく、また絶対では有得ないという事です。両者は相対的に理解しなくてはいけません。今にして判った事は“暗黒界の天使”が大勢いるという事です。

『ベールの彼方の生活①』
その人たちは魂の本性に何か歪んだもの、善なるものへの志向を妨げる強情なところがあるために“今のところは”暗黒界にいる。が、そのうちいつか、長い長い生命の旅路において、もしかしたら今のところ彼らより祝福されている私たちを追い越し、―

『ベールの彼方の生活①』
―神の王国において高い地位を占める事になるかも知れないのです。ではお寝みなさい。私たちが書いた事をよく熟考して下さい。私たちにとっても大変勉強になりました。こうした事が地上にいる人々の多くの方々にも学んで頂ければ有難いと思うのですが。

「クスリ」霊団が意図的に僕を苦しい状況に閉じ込めているという意味です(祈)†■2023年1月18日UP■
「クスリ」霊団が意図的に僕を苦しい状況に閉じ込めているという意味です(祈)†
海で隔てられていても大霊の前では兄弟であり姉妹なのです。私たちの教えは単純です。しかし真実です。自然の摂理に基づいているからです。摂理を無視した方法で地上世界を築こうとすると混乱と無秩序が生じます。必ず破綻をきたします。忍耐強い努力と犠牲を払わない事には、これからも数々の戦争が起きる事でしょう。タネを蒔いてしまった以上はその産物を刈り取らねばなりません。因果律はごまかせないのです。流血の争いというタネを蒔いておいて平和という収穫は刈り取れません。他国を物理的に支配せんとする欲望の張り合いをしながら、その必然の苦い結果を逃れる訳にはまいりません。愛のタネを蒔けば愛が実ります。平和のタネを蒔けば平和が実ります。互助のタネを地上のいたるところに蒔いておけば、やがて互助の花が咲き乱れます。単純な真理なのです。あまりに単純すぎるために、かえって地上の“お偉方”を当惑させるのです…続きを読む→
■アナログ絵350「フラー24設定資料」UP。うさちゃんのフラーとなります(祈)†■2023年1月13日UP■
■アナログ絵350「フラー24設定資料」UP。うさちゃんのフラーとなります(祈)†
さぁ今回のうさちゃんはインナーフレームでも変形させられずに苦肉の策で「アーマー機構」を採用、うさちゃん4体がフラー24汎用モード時の「肩アーマー」「腕アーマー」に変形、装着されるカタチを取りました。こうする事でうさちゃんの変形機構はだいぶシンプルになりました。そして航行モード時にうさちゃんが乗っかるプラットフォームですが、今回のうさちゃんはだいぶ小さいですのでそんなに面積はいりませんでした。両ウイング基部付近にスペースを設け、そこにうさちゃんが仲良くお座りする事になります。フラー24最大の難点が「汎用モード時の腕のムーバブルフレームの格納」で、航行モードの葉っぱウイングがフラー11ver2.0同様に厚みがあります。この厚みの中に腕のムーバブルフレームが格納されています…続きを読む→
■アナログ絵349、フラー24キャラ「うさちゃん」UP。アーマー機構採用です(祈)†■2022年12月10日UP■
■アナログ絵349、フラー24キャラ「うさちゃん」UP。アーマー機構採用です(祈)†
コチラ「うさちゃん」も実は過去ボツった経緯があるキャラでして、というのもこういう2頭身3頭身の姿をしていますからどうやってもフラーの腕に変形させる事ができなかったのです。しかしフラー21、22、23(イチゴちゃん、ワンちゃん、フランちゃん)で採用した「インナーフレーム」構造を駆使すれば何とか変形させられるかもと思ったのですが、このうさちゃんに関してはインナーフレームですら変形させられず、悩んだ末に思い切って発想を転換する事にしました。それは、フラー24本体の方に「腕のムーバブルフレーム」を存在させ、その腕にうさちゃんを「肩アーマー」「腕アーマー」として装着するという方式です…続きを読む→
「無限なるものを有限なるもので判断してはいけません」苦しみが続くという意味です(祈)†■2022年11月23日UP■
「無限なるものを有限なるもので判断してはいけません」苦しみが続くという意味です(祈)†
僕たち人間は霊的身体(幽体、霊体等)をまとって霊界で生活している状態が通常であり、霊界で進歩向上を果たすための人生勉強の場、もっと言うと苦しい、悲しい、ヒドイ目に遭わされて心を魂を鍛える場として物質界は存在し、現在の自分に足りないものを自覚して自ら志願して苦難の人生を体験するために物質界というトレーニングセンターに降下してきているのです。物質というものは本来が腐食性のものであり、物質そのものには存在はありません。霊という生命力によって形態を維持しているだけのものであり、霊が引っ込めばたちまち分解して地球を構成する元の成分(土くれ)に帰っていきます。死体が腐敗していくのを見ればそれが一目瞭然でしょう。しかしそれは衣服が腐っているだけで本人は霊的身体に着替えて意気揚々としているのです…続きを読む→

ボケっとしていていてはいつまで経っても絵を完成させられません。思う事があっても手だけは別の生き物として動かし続けなければなりません。汎用モードの選択範囲を切り終えればあとは航行モードのみとなります。航行モードは面積が少ないので塗るのは若干早いです。

そこまで終えて全体のカラーリングを決定させたらあとは最終行程シャドウハイライトに入ります。「ジャック・ウェバーの霊現象」のスキャンが途中で止まっていますので急いでアナログ絵351「フラー24カラーリング」として完成させないといけません。

45分ノートの時間はOCR変換に集中します。ノートでカラーリングができないのがイタすぎる。グラボの問題を何とか解決させないといけないのですが難しいんですよ。作業だけは何が何でも全力続行中(祈)†

YAMAPモーメント 230118UP
yamap.com/moments/651858

まだ未入手の霊関連書籍が10冊近くありますが、どれも古書で高価でとても手が出せないものばかりなのですが、先ほどその中のひとつが半額以下になっていたので「今しかない!」と慌てて注文しました。そちらも到着次第即スキャンを開始するつもりです。

どうにもこうにも詳細説明できないインスピレーションばかりで煮え切らないテキストを撃つハメになり、撃っている僕もフラストレーションがたまっていましたのでお読みの方もフラストレーションがたまるかも知れません。それは申し訳ないのですが、説明できないものはできないのです、どうかご了承下さい。

とにかくフラー24カラーリングに集中します。今週中のUPは100%ムリ、最速で来週の日曜とかそういう感じになると思います。フラー24を終えたらひとつストーリーも描きたいですが、書籍のテキスト化の方がプライオリティが上ですので描けるかどうか分かりません。ストーリーのストックなら脳内にいくらでもあるのですが…。作業だけは何が何でも続行中(祈)†

「クスリ」霊団が意図的に僕を苦しい状況に閉じ込めているという意味です(祈)†■2023年1月18日UP■
「クスリ」霊団が意図的に僕を苦しい状況に閉じ込めているという意味です(祈)†
海で隔てられていても大霊の前では兄弟であり姉妹なのです。私たちの教えは単純です。しかし真実です。自然の摂理に基づいているからです。摂理を無視した方法で地上世界を築こうとすると混乱と無秩序が生じます。必ず破綻をきたします。忍耐強い努力と犠牲を払わない事には、これからも数々の戦争が起きる事でしょう。タネを蒔いてしまった以上はその産物を刈り取らねばなりません。因果律はごまかせないのです。流血の争いというタネを蒔いておいて平和という収穫は刈り取れません。他国を物理的に支配せんとする欲望の張り合いをしながら、その必然の苦い結果を逃れる訳にはまいりません。愛のタネを蒔けば愛が実ります。平和のタネを蒔けば平和が実ります。互助のタネを地上のいたるところに蒔いておけば、やがて互助の花が咲き乱れます。単純な真理なのです。あまりに単純すぎるために、かえって地上の“お偉方”を当惑させるのです…続きを読む→

230118クスリ

また霊団が“例のヤツ”をやってきましたよ、寸前になってとても書き切れない、説明し切れない量のインスピレーションをドッカーンと降らせてくる例のアレです。それで僕は慌ててそれらインスピレーションの処理をやらされるのです。もう本当にウンザリです。削除せずに残したインスピレーションを羅列するとこのようになります↓

【目次】霊団が降らせたインスピレーション(祈)†

理不尽、理不尽、どれだけ頭をひっくり返しても納得できる回答に到達しないインスピレーション群となっていますが、とにかく説明に集中してみましょう。

超江戸っ子だよ どうしたのお母さん みんな断ってる 怖いんだよ 怖くないよ超やさしいよ

230118みんな断ってる

これは一応ピーチピチ(佳子)の思念に関するインスピレーション群だと思うのですが、そんなモノを降らせてきて今さら何をどうしようというのか霊団の意図がサッパリ意味不明なのですが、一応サラッと説明だけはしてみましょう。

「超江戸っ子だよ」これはたぶんピーチピチ(佳子)の性格の事ではないでしょうか。「どうしたのお母さん」これはピーチピチ(佳子)のニセ母、紀子の事だと思われますがどういう意味かは分かりません。

「みんな断ってる」コレなんですが、たぶんピーチピチ(佳子)がいろんな男子に求婚しているが断られまくっているという意味ではないでしょうか。(※僕は物的情報に弱いので詳細は不明)で、ここで誤解のないように書き残しておきますが、ピーチピチ(佳子)は自分がケコーンできないのは僕、たきざわ彰人が原因だと思っているかも知れませんが、それはとんでもない筋違いであるという事を強調させて頂きます。

悪いのは断じて僕ではなく「宇宙一のバカ」大量強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁であり、この大量強姦殺人魔どもを擁護し賛美する事で利益を得ている強姦殺人ほう助の人間たちであり、僕は真実を公言しているだけであって何も間違った事はしていないと断言します。ですのでピーチピチ(佳子)に言いたい事としましては「恨む相手を間違ってるわよ」という事になります。

「怖いんだよ 怖くないよ超やさしいよ」コレも、えーっと、ピーチピチ(佳子)が僕、たきざわ彰人を怖がっているという意味でいいと思います。まぁこれに関しては僕はずっとブログで霊団に対する怒り憎しみを隠す事なく公言しまくっていますので、怖がられても仕方ないかなぁと思ったりもします。

ただ、僕の普段の様子を見て知っている職場の同僚などに話を聞いて頂ければ分かる事だと思いますが、僕は(自分で言うのもアレですが)たいていはやさしいです、ごくたまに本当に許せない事があった時などに怒る事も、本当にたまにありますが、基本的にそういう事はめったにありません。ま、この話は深掘りはやめましょう。
【霊団からの緊急警告】文仁が僕の殺害決行を決断した模様です。簡単にやられるかよ(祈)†■2021年12月31日UP■
【霊団からの緊急警告】文仁が僕の殺害決行を決断した模様です。簡単にやられるかよ(祈)†
自分を殺す事を決断した文仁と笑顔で撮影をして国民にそれを発信し続けるピーチピチ(佳子)に、僕はただただ閉口するのみです。そこまでして邪悪の人生を守り抜きたいのか、奴隷の女の子を強姦殺人し続ける事を手伝い続ける地上人生を送って帰幽した先に地獄が待っている事がまだ分からないのか。一体何をどう説明したら分かってもらえるのでしょう。閉口中…続きを読む→

↑目次へ↑

降らせたまんまそのまま残ってる

これは霊団がこれまでの長い霊的使命遂行の仕事の中で膨大な量のインスピレーションを僕に降らせ、それをブログに書かせ画像を描かせてココまできていますが、それら僕に書かせ(描かせ)たデータが当時のままそのままWeb上、もしくは保存して下さった方々のローカル上に残されているという意味ではないでしょうか。

これはムカつく意味のモノばかりの今回のインスピレーション群の中で唯一まともな意味だと思います。「宇宙一のバカ」大量強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の邪悪の正体および奴隷の女の子たちの悲劇の惨状に関するデータを絶対に物質界から消滅させてはなりません。

僕も「絶対消させてなるものか」という強い想いで徹底的に情報拡散を続けてきましたので、使命遂行にまつわる各種データをローカルに保存して下さっている方々がおられましたら、僕、たきざわ彰人から深甚なる感謝の念を捧げます。

で、僕はとにかく明仁、文仁、徳仁、悠仁に殺されますので、僕の帰幽後、僕が物質界に残した使命遂行の各種データを、物質界の勇者の方々に、どのような形で活用しても一向に構いませんので、どうか「宇宙一のバカ」大量強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の逮捕、滅亡に繋げるような形で活用して頂きたいと思うのです。

霊団によると僕、たきざわ彰人に関する書籍が複数出版されるそうですが、僕は何度となく公言していますように物質界の評価に1ミリも重きを置いていません。物質界でどんな誤解を受けようと知った事ではありません。僕は霊界にて正しい評価を受け、現在の僕の霊格に見合った境涯で生活する事になります。

よほどの勅命でも賜らない限り僕はもう2度と物質圏付近に降下する事はありませんので物質界の方々に何と言われようと一切興味はないのですが(ん?今霊団がピィィィンと波長を降らせてきました。どぉゆぅ意味だ?)ただひとつだけ強調したい事があります。

それは「攻撃する相手を間違えないで欲しい」という事です。倒すべきは「宇宙一のバカ」大量強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁であり、救出すべきは奴隷の女の子たちであり、僕を攻撃するのは完全に間違いであり盲目であり、洗脳を撃ち破れていない証明となりますので、どうかそういう人間として残念な事をしないで頂きたいと思います。

「怒られる」とずっと霊団から言われ続けているのです。本末転倒の究極形(祈)†■2022年6月8日UP■
「怒られる」とずっと霊団から言われ続けているのです。本末転倒の究極形(祈)†
物質界での行いがそのまま帰幽後の霊界における境涯を決定します。善い行いをした者は幸福な美しい境涯(上層界)に、私利私欲に走り他人を傷つけた者は暗黒の惨めな境涯(下層界)に赴きます。「神の因果律」の働きにより機械的自動的にそうなるのです。物質界における邪悪発生の原因は「人間は肉体が死んだらそれで終わり」と思っている事に全て起因します。肉体の死後も霊界で人生が継続される事、物質界での行いの賞罰が寸分の狂いもなく自分に降ってくる、自分の行いに全て自分で責任を取らされるという霊的知識の基本中の基本を全く理解していない事から物質界の邪悪が発生しているのです。奴隷の女の子を強姦殺人し続け、国民に延々とウソニュースを流し続け、国民の宝物を搾取し続けたその先に、どれほどの地獄が待ち受けているか。それを全く理解していない事が全ての原因なのです…続きを読む→

↑目次へ↑

議決通った 当然格好の餌食の的 やらされる可能性

230118当然格好の餌食の的

これは詳細説明はしない事と致します。削除対象だったインスピレーションとなります。

↑目次へ↑

逃げよう 本人はまだ許されると

コレなんですが、「3千余年の人類創世の歴史始まって以来の究極無二のバカ、大量強姦殺人魔、秋篠宮文仁」の思念ではないでしょうか。文仁はじめ明仁、徳仁、悠仁が逃亡を図る可能性については、だいぶ初期の頃に何度もブログで書き残しています。北海道に逃げるだの、船で逃げるだの、いろいろ霊団に言われて書かされたものでした。

で「本人はまだ許されると」これが文仁の寝言の究極形の思念と思われますが、どうか皆さまには(しつこくて申し訳ありませんが)「切断死体の撮影」 「処刑遊び」等のブログをお読み頂きたいと思うのです。明仁、文仁、徳仁、悠仁、コイツらは天文学的人数の幼い女の子を強姦殺人しまくって遊んでいる、世界最大級の犯罪者、大殺人鬼です。

女の子をケタケタ笑いながら強姦殺人しまくっている奴らが、自分は許される、一切罪には問われないと本気で信じ込んでいるのです。この宇宙一ふざけた奴らを僕たち善良なる日本国民の手で何としても葬り去らなければならないのですが、霊団によるとどうもその日は来ないようなのです、少なくとも僕の物質界生活中は。

「水星バカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁が地球学校落第という意味です(祈)†■2022年6月15日UP■
「水星バカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁が地球学校落第という意味です(祈)†
明仁、文仁、徳仁、悠仁はこの全宇宙最低の地球よりさらにヒドイところに生まれ直させられるのだそうです霊団によると。皆さまはそうは思われない事と思いますが、現在肉体をまとって地球圏物質界で生活している僕たち人間は「最下等の生命表現をしている霊的存在」なのだという事を理解しましょう。僕たちの本体である霊は無限です。その生命表現手法も無限です。物的肉体をまとっての生命表現は、この全宇宙の中の「もっとも程度の低い生命形態、初期的自己表現手段」という事です。「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁は、その最下等の生命表現よりさらに程度の低い生命表現媒体をまとわされての人生に突入するという事を霊団が強調しているのです…続きを読む→

↑目次へ↑

やめた方がいい オススメしません 間違っております 絶対間違っています もう絶対不可能です もう限界です 間違いが多すぎる

これは説明が難しいインスピレーション群となります。上記の削除対象のインスピレーションと意味的にはつながっているのですが、少しだけお話してみますと、僕が“ある状況”になる事を霊団が「やめた方がいい」「オススメしません」と言っている事になります。

イヤ、チョト待ってくれよ、僕のDreamworkを破壊してこの使命遂行をやらせたのは他でもないあんたたち(霊団)だろ。やらせておいて全く結果に到達させるつもりがないというのであれば「じゃあ一体何のために僕にこの仕事をやらせたんだよ」という事になります。

↑目次へ↑

忘れないで下さい いかに苦しい境界線上に置かれているか ほんのちょっと単純にするだけ

コチラは上記インスピレーションとさらにつながった意味となり、追加説明させて頂きますが、僕がこの霊的使命遂行によって“ある状況”に突入したとして、その先には大変宜しくないモノが待ち受けており、霊団は僕をその状況にさせないようにしているという事なのですが、これが本当におかしな話で「じゃあこの10年の仕事は一体何のためだったのか」という根本的疑問が沸き上がるのです。

ずっと僕に「宇宙一のバカ」大量強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の邪悪の正体を教え続け、奴隷の女の子の悲劇の惨状、ももちゃんのSOSの思念を僕に教え続けたのは一体何のためだったのか。物的結果に到達させるつもりがないという事であれば、僕にこの霊的仕事をやらせた理由は何なのか。

行動には動機がある

行動には動機がある

僕はずっとこのように公言し続けていますように、霊団側には僕の霊的スイッチをONにして霊力に感応できるようにさせ、僕という霊の道具を駆使して達成したい目標、つまり「行動の動機」があったはずなのです。しかし物的結果に到達させるつもりが全くないという事であれば、思いつく行動の動機はただひとつ↓

僕を苦しみの中に閉じ込める事そのものが目的だった

という事になるのです。コイツらは最初から結果を出すつもりなんかなかった、僕の人生をブチ壊す事しか考えてなかった、そう思えるから僕は怒り心頭になってしまうのです。

ただ、僕の物的肉眼には全く結果に到達していないように映じますが、霊界上層界から霊眼で俯瞰で全体を眺めると、十分に情報拡散が進んでいて、今まで洗脳に完璧にやられていた日本国民の眼がだいぶ開かれ始めている、真実に目覚める人間の人数がだいぶ増えている、という風に見えるのかも知れません。

これまでたびたび「僕が間もなく殺される、それに類する苦しい状態にさせられる」といった内容をブログに書き残していますが、霊団が言っている「いかに苦しい境界線上に置かれているか」のインスピレーションがそれを物語っているようにも見えます。

要するに殺されるか殺されないか、ヒドイ状態にさせられるかさせられないかの境界線上に現在の僕は置かれていて、霊団は一応体裁上僕を守ろうとして導いている、僕にはそれが見えないだけという事なのかも知れません。

「ほんのちょっと単純にするだけ」これは僕の思考回路の事を言っているものと思われます。実は僕は現在も山に向かう車の運転中、山から帰ってくる車の運転中に「シルバーバーチの霊訓のMP3」を聞き続けています。もう1年以上聞いているかも知れません。

もうMP3の内容全てを丸暗記したんじゃないかというくらい聞き続けているにもかかわらず、本当に恐るべき事ですが『全く飽きるという事がない』のです。いつまでもどこまでも聞き続けていられるのです。そして聞いても聞いてもそこに新たな学びがあるのです。

そして近々で言えば、僕の霊団に対する反逆、怒り憎しみの思念と照らし合わせるような形でMP3を聞く事になるのですが、シルバーバーチ霊の言葉を聞いても聞いても「僕が間違っている」という結論に到達するのでした。

本当にシルバーバーチ霊の語られる内容の素晴らしさ、すさまじさに感動せずにはいられません。「ほんのちょっと単純にするだけ」これは霊団が僕の考えが間違っている事をやんわりと指摘してきているのでしょうが、僕が完全に怒り憎しみの思念で心が満たされているために、そういう精神状態に到達できずにいるという事でいいと思います。反逆の詳細についてはお話できないのです申し訳ありません。
■2021年1月30日UP■
「ももちゃんシルキー詳細描画に入ります」ストーリーをさらに描き進める事になるのかどうか(祈)†
つまり僕が今後アナログ絵ストーリーでももちゃんとシルキーを長らく描き続けていくという意味に取れるメセとなります。となるとつまり僕が暗殺されるならももちゃんとシルキーを描き続けられなくなるはずですから、上記の「お前を殺すぞ」のインスピレーションはやはり明仁、文仁、徳仁、悠仁の「最後の悪あがきの脅しの言葉」であって僕の暗殺の可能性は低いと予測します。特にシルキーは重要です。ハイそしてこのインスピレーションが僕はずっと首を傾げている内容なのですが、霊団によると僕が描き続けている使命遂行キャラクターの中で「シルキーが1番人気」なのだそうで、今回も霊団がそれを強調してきたという事になります。まぁ人気がないよりはあった方がもちろんいい訳ですが描いている僕的には「なぜシルキー?」とだいぶ首をかしげてしまうのです。以前「スマホ待受フルカラーイラストダウンロードプレゼントをやりたい」と書いていた事がありますがAffinityPhotoにだいぶさわり慣れてきた事もありますので時間とパワーが許すならシルキーの待受を制作してみたいものです…続きを読む→

↑目次へ↑

正しい本は全然流通していません

230118正しい本は全然流通していません

これは僕が現在怒涛に進めている作業「絶版状態の霊関連書籍の復刊に向けたテキスト化」と関連したインスピレーションで、正真正銘とされる霊関連書籍の多くが既に絶版状態になっているという事を霊団が言っているのです。霊的真実に基かないいかがわしい書籍が多数流通しており、それら間違った知識が人々に広まってしまう事は「霊的暗黒時代の再来」とも言える悲劇であり、何としても回避せねばなりません。

僕は帰幽1秒前まで絶版書籍の復刊をあきらめるつもりはありませんが、何しろ著作権者、著作隣接権者の方々からの許可がどうしても頂けない状態のため、復刊には到達できないかも知れませんが、情報拡散手段は他にもありますので、僕にできる限りの作業をやり残してから帰幽するつもりでいます。

具体的に言うと「約60冊近くの全書籍の全内容をテキスト化完了させてWordPressに全文掲載する」「書籍1冊丸々PDF化してWordPress上でダウンロード可能状態にする」「全文テキストを字幕として利用してムービーを作りまくる」「復刊はできなくても書籍のデータだけは完成させておいて、いつでも販売できる状態でスタンバっておく」といったアクションを実行予定です。

↑目次へ↑

誰も手が届かない人物にして喜ばれると思いますか

これも上記で説明している「僕がある状況に突入する事を霊団が阻止しようとしているインスピレーション」のひとつなのですが、ここでひとつシルバーバーチ霊の言葉を抜粋してみましょう↓

「シルバーバーチの霊訓」11巻より抜粋

地上世界は人類というものを民族別に考えず全てが大霊の子であるという観点から考えないといけません。障壁を拵えているのは人間自身なのです。大霊ではありません。大霊は人間の1人1人に神性を賦与しているのです。従って人類の全てが大霊の一部なのです。

地上は建設すべきものが山ほどあるというのに上に立つ“お偉方”はなぜ破壊する事ばかりしたがるのでしょう。大霊はそうした人間の行為の全てを規律的に治めるための摂理を用意しております。それに干渉するような事をしてはなりません。

逆らった事をすればその結果は破壊と混乱でしかありません。その事は(大戦で)目の当りにしたばかりではないでしょうか。ここにお集まりの皆さん方の1人1人が積極的にその影響力を行使して大霊の計画の推進のために尽力する人たちを先導して頂きたいのです。

大霊が流血を望まれると思いますか。戦争による悲劇、苦痛、失業、飢餓、貧民窟を大霊が望まれると思いますか。子等が味わえるはずの恵みを奪われて喜ばれると思いますか。戦争で親を奪われて幼な子が路頭に迷う姿を見て大霊が喜ばれると思いますか。

殺意が芽生えた時、理性が去ります。人間には神性が宿っていると同時に動物進化の名残としての獣性もあります。人間としての向上進化というのはその獣性を抑制し神性をより多く発揮できるようになる事です。

獣性が優勢になれば戦争と衝突と殺人が横行します。神性が発揮されお互いに愛し合うようになれば、平和と調和と豊かさが得られます。地上世界を国別、民族別に考えてはなりません。全てが大霊の一部である事を教えないといけません。みんな大霊の子なのです。

海で隔てられていても大霊の前では兄弟であり姉妹なのです。私たちの教えは単純です。しかし真実です。自然の摂理に基づいているからです。摂理を無視した方法で地上世界を築こうとすると混乱と無秩序が生じます。必ず破綻をきたします。

忍耐強い努力と犠牲を払わない事には、これからも数々の戦争が起きる事でしょう。タネを蒔いてしまった以上はその産物を刈り取らねばなりません。因果律はごまかせないのです。

流血の争いというタネを蒔いておいて平和という収穫は刈り取れません。他国を物理的に支配せんとする欲望の張り合いをしながら、その必然の苦い結果を逃れる訳にはまいりません。

愛のタネを蒔けば愛が実ります。平和のタネを蒔けば平和が実ります。互助のタネを地上のいたるところに蒔いておけば、やがて互助の花が咲き乱れます。単純な真理なのです。あまりに単純すぎるために、かえって地上の“お偉方”を当惑させるのです。

で、要するに「誰も手が届かない人物にして喜ばれると思いますか」このインスピレーションで霊団は“僕がそういう風になる可能性”を指摘しているのですが、僕の所感としては「そんな風になる訳ないだろ」と一蹴します。ハッキリしている事はとにかく霊団が僕を最悪の状況に閉じ込め続ける事だけを考えているという事です。

「誰もいないカラッポ」帰幽後の僕が閉じ込められるところです、これはおもしろい(祈)†■2022年2月16日UP■
「誰もいないカラッポ」帰幽後の僕が閉じ込められるところです、これはおもしろい(祈)†
僕が閉じ込められる境涯に幽体離脱時に霊体にて訪れています。まぁまぁ明るい境涯でしたのでそんなに下層界という感じではなかったものの、ある団地の5階から7階へ引っ越しするのですが、その団地全体にひとりの人間もいません。7階の部屋の中ももぬけのから。そこが僕と2羽の住む部屋です。部屋のベランダから外の景色を見ます。どれだけ見まわしてもひとりの人間の姿も見えません。僕とユキ、ピー以外は全く誰もいない、そういうところに僕は帰幽後閉じ込められて生活する事になるのだそうです霊団によると。離脱中の霊体の僕は鼻で笑いました。「フフッ、10年の努力の結果がこれですか。コイツァーおもしろい。3人で仲良く楽しく暮らしていきますよ」と思念を抱くと…続きを読む→

↑目次へ↑

クスリ あなたの罪に対する

230118クスリ

はい、語りたい事がたくさんある、しかし語れない内容でありテキストに落とし込めないというジレンマの中、今回は(実は先週のブログを書き終えた直後に霊団が降らせていたインスピレーション)「クスリ」をブログタイトルに冠する事としました。

「クスリ」とはどういう意味かを詳細説明できないのですが何とか書いてみます。要するに「僕の謙虚を維持させるためにあえて苦しい状態に留め置く事を霊団がやっている」という事でいいと思います。

お分かりになりますか、霊団は「わざと」僕をヒドイ状態に閉じ込めているという事の証明となるインスピレーションなのです。僕を危険から守っているという事なのかも知れませんが、普通に考えればこれはイジメですよイジメ。

で「あなたの罪に対する」これが使命遂行者のやる気を殺ぐ、モチベーションを落とす最低のインスピレーションで、霊団によりますと僕が罪を犯しているというのです。まぁそれは僕としても認めない訳ではありません、僕の霊団への反逆の思念は紛れもなく本物であり、怒り憎しみも本物ですので、それを隠すゴマかすつもりは毛頭ありません。

霊界にはウソというものが存在しない、ありのままの自分の姿が衆目に晒され、見せかけもゴマかしも通用しない、オーラを見ればその人物の全てが分かるという事を僕は霊的知識として理解していますので、その知識に基づいて正直にブログを書いてきたつもりです。

物質界でウソをつき通してみたところで人間は100%帰幽して霊界生活に戻り、そこで地上時代のウソの清算をさせられる訳ですから、ウソをついても無意味であり、僕は霊団に完全に人生を破壊されて本来の自分とかけ離れた作業を延々とやらされる人生に心底頭にきていますので、それを正直に公言しているのです。

で、その正直な発言が霊団によりますと「罪」なのだそうで、これは笑かしてくれるという事になるのですが、とはいえ正直に語った者は罪扱いされ、霊団におべっか使ってウソを並べ立てた者は上層界に召されるとか、そういう事では絶対にありません。

霊団が僕の反逆の思念を宜しくないと思っている事は事実でしょうが、僕の心の深層もちゃんと分っているはずですから、反逆分の反省は帰幽後にやらされるのだろうと思いますが、そこまで悪者扱いはされないと僕は思っています。

僕は確かにDreamwork(画家の人生)を破壊されて霊団を憎んでいます、この感情は本物ですが、しかし同時に霊的使命遂行の重大性も十分認識していますので、心で反逆しながらも手は全力で動かして使命遂行の諸作業を1日も止まる事なく続けているのです。ですのでプラスマイナスで考えて「大して向上できないがそんな下に落とされる事もないのではないか」などと思ったりもしています。

えっと、要するに「反逆のクスリとして僕に苦しい状態をやらせている」という事なのかも知れません。で、僕は断じて聖人君子でもなければ完璧な人間でもありませんので、失敗してその反省として苦しい思いをさせられるのはまぁ了解しない事もないのですが、やはり釈然としないのは、これまでもずっと公言しています通り↓

物質界の邪悪「宇宙一のバカ」大量強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を逮捕、滅亡に追い込むつもりが全くない、奴隷の女の子もひとりも救出するつもりがない、何が何でも強姦殺人を続けさせようとしている

という事です。僕に対して罰を与えるのは僕の未熟さゆえですからそれは勝手にやってくれという事なのですが、強姦殺人魔を全く罪に問おうともせず滅ぼしもせず奴隷の女の子をひとりも救出しようともせず、10年以上人生を破壊されてムカついているのに何とか使命遂行をガンバっている人間には罰を与える。

皆さまいかがでしょうか、何とも言え