伊豆低山アタック011プロセス実行

とにかく撃つしかありませんので何とか撃ってますが相当に苦戦中。今回は幽体離脱時映像に関する説明がふたつあります。もっともその映像の意味を完全に解釈できていませんので概略のみの説明となっていますが。

霊団のやる気のなさの本当の意味を匂わせる事も言われていまして、一応それについても書くつもりでいますが、本当にムカつく内容なのでイヤイヤ撃つという感じです。できるだけ早く撃ち切って次の作業に移行しましょう。間もなくプロセス実行。間もなくプロセス実行(祈)†

まずは昨日の海沿い低山の撮影画像をUPですが、この山域はパラグライダーのテイクオフポイントになっているそうで遮へい物がなく、山頂東斜面ががらんどうになっていて海までスコーンと抜けています。もし雲がなければ海側から太陽さんが上がってきて、空のグラデーションが海に移り込んで空と海のダブルグラデ―ションになるはず、そう思ってこの山域に赴いたのですが残念ながら今回はそうはなりませんでした。

で、霊団がやる気ゼロの態度を維持しつつインスピレーションを申し訳程度に降らせてきましたが、とにかくムカつくの一言に尽きるといった内容で誰もこんなもの喜んで撃つ気にもなりませんが、まぁ説明しない訳にもいかないでしょう。本当に頭にきています。

んんん、何とか撃ってみましょう。僕が言いたい一言はコレに尽きます「僕の人生を返せ」(祈)†

道路に相当の不安を抱えていましたが奇跡的に全く迷う事なく新規の山域に行って帰ってくる事ができました。しかも渋滞に紛れる事もなくスムーズに帰ってこれて相当に意外でした。

僕はできるだけ標高を上げたい人間ですので今までそういうところに行こうなどとは夢にも思わなかったのですが、今回は人生初で「海沿いの低山」に行ってみました。しかし残念ながら雲が多くグラデーションという訳にはいきませんでした。

ただし撮影ポイントが素晴らしいという事だけは確認できました。とはいえ山としては全然おもしろくなくて山域全体がアスファルトで固められていてどこまでもアスファルトの上を進む状態。そして山全体がバーナーで野焼きされていて死の山といった様相。正直言って気分が悪かったです。

撮影ポイントだけは素晴らしいのでもう1回行くかも知れませんが、何回も行こうとは思わない山でした。撮影画像は明日UPさせて頂くとして、それより霊団のインスピレーションが問題で、ほんのちょっとだけ降らせてきていますが依然ブログネタは超枯渇状態で、いよいよ霊団のやる気のなさが殺人的レベルになっています。

やる気がないんだったら僕をムダに物質界に残すな、帰幽させろ。残す以上は仕事を前進させろ。あんたたちのちぐはぐな導きの方向性にはもうウンザリだ。明日はそういう霊団への悪口雑言を書く事になるかも知れません。インスピレーションがこのまま降らないならもうそうするしかなさそうです。

全く何の結果にも到達しないこの使命遂行、もう心の底からイヤです。僕の霊団への反逆は十分正当性があるのではと思ってしまうほどです。っとと、続きは明日書きましょう。今日は山にいる時間も短かったので(コースに全然広がりがないのですぐゴールしてしまうのです)身体へのダメージは少なめです。が、しっかり休んで明日のテキスト撃ちに備えましょう(祈)†

まず「シルバーバーチの霊訓9巻」再スキャン90%完成中、「霊は実在する、しかし」テキスト見直し85%完成中ですが、明日は人生初の山域に赴きますので準備もあります、今日の作業は残念ながらココまで。山ではなくとにかく道が心配です。まぁストリートビューでトコトン調べてありますので大丈夫だとは思いますが。

明日は天候は最高ですので新規の山域でグラデーション撮影をするつもりです。うまく撮れるとイイのですがコレばっかりは行ってみない事には判断できません。詳細は帰還後に。

で、帰還後の長文ブログがピンチどころの騒ぎではなく、インスピレーションが今現在でもほぼゼロです。ここまで霊団が降らせてこないのも珍しい、ってかやる気ゼロすぎるだろ。

ブログネタがこのままないならそれはそれで撃つつもりですが、僕は自分にできる限りの事を全力でやっている、がんばっているつもりなのですが、霊団のこの態度は一体何だというのか。どうにも釈然としないのですが。

まぁまずは山に集中しないといけないのですが、何なんだろうなぁ。このままインスピレーションが降らないと想定してブログネタを考えておいた方がよさそうです(祈)†

「小さな思い出」この苦しみも帰幽後に笑って懐かしむようになるという意味です(祈)†■2024年1月10日UP■
「小さな思い出」この苦しみも帰幽後に笑って懐かしむようになるという意味です(祈)†
僕は物的情報は専門外ですので詳細説明は控えますが、あの大震災もこの大震災もコイツらがやった事であり、罪もない大勢の国民を無差別殺害しているのです。(地球深部探査船ちきゅう号という船を使って人工地震を引き起こしているのです、詳細はぜひググって頂きたいです。第2次世界大戦時の関東大震災も、アメリカの手による人工地震です)「行動には動機がある」明仁、文仁、徳仁、悠仁が人工地震を引き起こして無関係の国民を大量殺害している理由は、使命遂行開始ごく初期の頃に霊団が降らせてきたインスピレーション「人生イコールS〇X」これに帰着します。全ては「処刑遊び」と称して奴隷の女の子を強姦殺人する遊びを続けるためにおこなっている事なのです。イヤ他にもっと理由がある事と思いますが、物事というのは突き詰めていくとシンプルに行き着くというのが僕の持論です。コイツらの行動の動機の根源を辿るとS〇Xに行き着く、自分の日々のS〇Xを守るために国民を殺しまくっているという事になるのです。…続きを読む→
「僕、たきざわ彰人はもう小我で先行してはいけません」交霊会の事を言っているのです(祈)†■2022年1月26日UP■
「僕、たきざわ彰人はもう小我で先行してはいけません」交霊会の事を言っているのです(祈)†
自分という存在の根源についての疑問を心のホンの片隅にでも入れておく事で、いつかそのタネが花開くキッカケを掴みやすくなると思うのです。霊的なモノをお勉強すればするほど物質界にはびこる数々の邪悪な諸問題の根本原因が「霊的知識の無知」にある事がことごとく理解できるようになります。肉体の死後も霊的身体をまとって霊界で永遠に存在し続ける、物質界生活時の行為、思念が帰幽後の自分の生活環境を決定する、物質界の金銭は一時的預かりモノであって自分のモノではなく、帰幽と共に全てを物質界に残して心ひとつで霊界に出発する、つまり物的金銭を蓄積しても自分の未来に何のプラスにもならない、こういう事を理解していない人間が利己的動機で同胞を虐げて自分だけ物的利益を得ようとしている、それが邪悪の根本原因だと考えます…続きを読む→
■アナログ絵362「ベールの彼方の生活4巻」表紙UP。全4巻書籍データ化完了中(祈)†■2024年3月23日UP■
■アナログ絵362「ベールの彼方の生活4巻」表紙UP。全4巻書籍データ化完了中(祈)†
オマケ – はい、今回の4巻は著者であり霊感書記霊媒であるオーエン氏の絵を描かせて頂きましたが、実は当初は別の表紙にするつもりだったのです。しかしその表紙の線画を描きながら「コリャどう考えてもマズいよなぁ」という事でボツにしたのです。そのボツの線画をせっかくですのでUPしてみましょうコチラです↓事実に反した絵という事が1発でお分かり頂けると思うのですがいかがでしょうか。霊体の僕がイエス様に怒られて泣いて逃げようとしてます。なぜこういう絵を描こうと思ったのかというと、僕なりに「霊的使命遂行のキビシさ」を表現しようと思っての事だったのですが、にしてもこれは宜しくないだろう、という事でボツにしたのです。何しろ僕は本気の本気で霊団に反逆しまくっていますので、その反逆をイエス様が怒っているという表現だったのですが、これは事実ではありません。高級霊であればあるほど、アタリがやわらかくなるはずです。心の中で僕の反逆に呆れ返っていたとしてもこのような叱責はしないはずです。僕の未熟をそっと悟らせるような手法を取ってくるはずです…続きを読む→

1913年12月30日 火曜日

前回の続きである。女性の一団は私の前に立っていた。そこで私がこの度の訪問の目的を述べようとしたが、私自身にはそれが判らない。そこで領主の方へ目をやると、こう説明して下さった。

「この女性たちは揃ってこの界へ連れて来られた一団です。これまでの3つの界を一団となって向上して来た者たちです。1人として他の者を置き去りにする者がおりませんでした。進歩の速すぎる者がいると、遅れがちな者の手を取ってやるなどして歩調を合わせ、やっとこの界で全員が揃ったところです。

そして今この界での修養も終えて、更に向上して行く資格もできた頃と思われるのですが、その点についてザブディエル様のご判断をお聞かせいただきたい。彼女たちはその判断のために知恵をお借りしたいのです。と申しますのも、十分な資格なしに上の界へ行くと却って進歩を阻害されることが、彼女たちもこれまでの体験で判ってきたのです。」

この詳しい説明を聞いて私自身も試されていることを知った。私の界の領主がそれを故意に明かさずにおいたのは、こうして何の備えもなしに問題に直面させて、私の機転を試そうという意図があったのである。これはむしろ有難いことであった。

なぜならば、直面する問題が大きいほど喜びもまた大きいというのがこちらの世界の常であり、領主も、私にその気になれば成就する力があることを見抜いた上での配慮であることを知っておられるからである。

そこで私は速やかに思考をめぐらし、すぐさま次のような案を考えついた。女性の数は15人である。そこでこれを3で割って5人ずつのグループに分け、すぐさま都市へ出て行って各グループ1人ずつ童子を連れて来ること。

その際にその子がぜひ知っておくべき教訓を授け、それがきちんと述べられるようにしておく、というものであった。さて、話は進んで、各グループが1人ずつ計3人の童子を連れて帰って来た。男児2人と女児1人であった。

全員がほぼ時を同じくして入ってきたが、全く同時ではなかった。そのことから、彼女たちが途中で遭遇することがなかったことを察した。と言うのは、彼女たちの親和力の強さは、いったん遭遇したら2度と離れることが出来ないほどのものだったからである。

私は3人の子供を前に立たせ、まずその中の男の子にこう尋ねた。「さあ坊や、あの方たちからボクがどんなことを教わったか、この私にも教えてくれないだろうか。」この問いにその子はなかなかしっかりとこう答えた。

「お許しを得て申し上げます。ボクは地球というところについて何も知らずにこちらへ来ました。お母さんがボクに身体を地上に与える前にボクの魂を天国へ手離したからです。それでこのお姉さま方が、ここへ来る途中でボクに、地球がこちらの世界の揺りかごであることを知らねばならないと教えて下さいました。

地球には可哀そうな育てられ方をしている男の子が大勢います。そしてその子たちは地球を去るまではボクたちのような幸せを知りません。でも、地球もこの世界と同じように神様の王国なので、あまり可哀そうな目に遭っている子や、可哀そうな目に遭わせている親のために祈ってあげないといけません。」

この子は最後の言葉を女性たちから聞かされてからずっと当惑していたのか、そのあとこう付け加えた。「でも、ボクたちはいつもお祈りをしています。それがボクたちの学校の教課の1つなのです。」

「そうだね、それはなかなかよい教課だね」 – 私はそう言い、さらに、それは学校の先生以外の人から教えられても同じように立派な教えであることを述べて、今の返答がなかなかよく出来ていたと褒めてあげた。

それからもう1人の男の子を呼び寄せた。その子は私の足もとへ来て、その足を柔かい可愛らしい手で触わってから、愛敬のある目で私の顔を見つめ「お許しを頂き、優しいお顔の天使さまに申し上げます」と述べ始めた。

が私は、もう感動を抑え切れなくなった。私は屈み込んでその子を抱いて膝に置き頬に口づけをした。私の目から愛の喜びの涙があふれた。その様子その子は素直な驚きと喜びの混ざり合った表情で見つめていた。

私が話を続けなさいと言うと、下におろしてくれないと話しにくいと言う。これにはこんどは私の方が驚いて慌てて下ろしてあげた。するとその子は再び私の衣服の下から覗いている足に手を置き、ひどく勿体ぶった調子で、さきの言葉をきちんとつないで、こう述べた。

「天使のおみ足は見た目に美しく、触れた手にも美しく感じられます。見た目に美しいのは天使が頭と心だけでなく、父なる神への仕え方においても立派だからであり、触れた手に美しいのは、優しくそっと扱われるからです。

過ちを犯した人間が心に重荷を感じている時にはそっとお諌(いさ)めになり、悲しみの中にいる人をそっと抱いてこの安らぎと喜びの土地へお連れになります。ボクたちもいつかは天使となり、子供でなくなります。

大きく、強く、そして明るくなり、たくさんの叡智を身につけます。その時にそうした事を思い出さないといけません。なぜなら、その時は霊格の高いお方が、勉強と指導を兼ねてボクたちを地上へ派遣されるからです。

ボクたちのように早くこちらへ来た者には必要のないことでも、地上にはそれを必要としている人が大勢いるのです。お姉さま方からそのように教わりました。教わった通りであると思います。」

童子の愛らしさには私はいつもほろりとさせられる。正直を申して、その時もしばし頭を下げ、顔を手でおおい、胸の高まりと苦しいほどの恍惚状態に身を任せていたのである。それから3人の子供を呼び寄せた。3人とも顔では喜びつつも足は遠慮がちに近づいて来た。

そして2人の男の子を両脇に、女の子を膝の前に跪かせた。3人に思いのたけの情愛をこめて祝福の言葉を述べ、可愛らしくカールした頭髪に口づけした。それから2人の男の子を両脇に立たせ、女の子を膝に乗せて、お話を聞かせてほしいと言った。

「で・は・お・ゆ・る・し・を・い・た・だ・い・て」と言い始めたのであるが、一語一語を切り離して話しますので、私は思わず吹き出してしまった。と言うのも、さきの男の子の時のように、私が感激のあまり涙を流して話が中断するようなことにならないように、“優しいお顔の天使さま”といった言い方を避けようとする心遣いがありありと窺えたからである。

「お嬢ちゃん、あなたはお年よりも身体(からだ)の大きさよりも、ずっとしっかりしてますね。きっと立派な女性に成長して、その時に置かれる世界で立派な仕事をされますよ。」

私がそう言うと、けげんな顔で私を見つめ、それから、まわりで興味ぶかくその対話を見つめている人たちを見回した。私が話を続けるように優しく促すと、さきの男の子と同じようにきちんと話を継いてこう話した。

「女の子はその懐(ふところ)で神の子羊を育てる母親となる大切なものです。でも身体が大きくそして美しくなるにつれて愛情と知恵もいっしょに成長しないと本当の親にはなれません。

ですから、あたしたち女の子は、宿されている母性を大切にしなくてはなりません。それは神様があたしたちがお母さんのお腹の中で天使に起こされずに眠っている間に宿して下さり、そしてこの天国へ連れてきて下さいました。あたしたちの母性が神聖なものであることには沢山の理由があります。

その中でも1ばん大切なのは次のことです。あたしたちの救い主イエス・キリスト(と言って、くぼみのある可愛らしい両手を組み合わせて恭(うやうや)しく頭を下げ、ずっとその恰好で話を続けた)も女性からお生まれになり、お生みになったその母親を愛され、その母親もイエス様を愛されたことです。

あたしたちは今お母さんがいなくても、お母さんと同じように優しくして下さる人がいます。でも、あたしたちと同じようにお母さんがいなくて、しかも優しくしてくれる人がいない人のことを、大きくなってから教わるそうです。

その時に、自分が生んだ子供でない子供で、今のあたしのように、お母さんの代りをしてくれる人を必要としている子供たちのお母さん代りをする気があるかどうかを聞かれます。その時あたしははっきりとこう答えるつもりです。

“どうかこのあたしをこの明るい世界からもっと暗い世界へ行かせて下さい。もしあたしにその世界の可哀そうな子供たちを救い育てる力があれば、あたしはその子供たちとともに苦しみたいのです。なぜならば、その子供たちも主イエス様の子羊だからです。その子供たちのためにも、そして主イエス様のためにも、あたしはその子供たちを愛してあげたいと思います”と。」

私はこの3人の答えに大いに感動させられた。全部を聞き終るずっと前から、これらの女性たちは上級界へ向上して行く資格が十分あるとの認識に到達していた。そこでこう述べた。

「皆さん。あなた方は私の申しつけたことを立派に果たされました。3人の子供もよくやりました。とくに私が感じたことは、あなた方はもうこの界で学ぶべきものは十分に学び、次の界でも立派になって行けるであろうということです。

同時にあなた方は、やはりこののちも、これまで同様いっしょに行動されるのがよいと判断しました。3人の子供を別々に教えても答えは同じ内容 – 地上の子供たちのことと、その子供たちの義務のことでした。

これほど目的の一致するあなた方は、1人1人で生きるよりも協力し合った方がよいと思います。」そこで全員に祝福を与え、間もなく吾々4人が帰る時にいっしょに付いて来るように言った。

実はその時に言うのを控え、いっしょに帰る途中で注意したことが幾つかあった。その方が気楽に話せると考えたからである。その1つは、彼女たち15人があまりに意気投合しすぎるために、3人の子供への教え方の中に義務と奉仕の面ばかりに偏りが見られることである。

3人の子供ならびに死産児としてこちらへ来る子供の全てが、いずれは地上の子供たちの看護と守護の仕事に携わることになるが、その子供たちは本来なら地上で為さねばならない他のもろもろのことを失っていることを知らねばならない。

さらにもう1つは、実際に地上へ赴くのは彼らの中のごく僅かな数にすぎないということである。その理由は性質的にデリケートすぎるということで、そういう子供には実際に地上に来るよりも、ほかにもっと相応(ふさわ)しい仕事があるのである。

が、今はこれ以上は述べないことにする。神の愛と祝福が貴殿と貴殿の子羊とその母親の上にあらんことを。神の王国にいる守護者は優しき目をもって地上の愛する者を見つめ、こちらへ来た時に少しでも役に立つものを身につけさせんと心を砕いている。このことよく心に留め、それを喜びとするがよい。

■アナログ絵348、霊団に止められていた奴隷の女の子の悲劇の惨状の絵をUPです(祈)†■2022年11月12日UP■
■アナログ絵348、霊団に止められていた奴隷の女の子の悲劇の惨状の絵をUPです(祈)†
本当はアナログ絵338として描くつもりでいたのですが霊団にかなり激しく警告を受けて仕方なく作業を止めていました。それを作業再開させてこのように描き上げました。霊的使命遂行が全く前進する様子がない、霊団は果てしなくスピードダウン要求ばかりしてきて全く悲願成就の気概が感じられない。そんな状況を打破すべく奴隷の女の子の悲劇の惨状の絵を徹底的に描きまくって量産してやる、と思っていたその出鼻を挫かれた絵となります。とはいえこれまでまぁまぁの枚数の奴隷の女の子の悲劇の絵を描き続けてきましたが、皆さまはこれらの衝撃的な絵をご覧になっても、この事実を突きつけられても、この期に及んでもまだ、まだ、僕、たきざわ彰人の事をおかしいと思いますか。霊的な事を子バカにしますか。「宇宙一のバカ」大量強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を褒め称えるセリフを吐きますか…続きを読む→
■2021年1月1日UP■
「いきなり28」僕がアナログ絵28のシチュに突入すると霊団は仰ってます、つまり暗殺ですね(祈)†
キリスト教ではイエス様が磔刑にされたのはなぜだと説いていますか。人類の罪を肩代わりしたとか何とか言ってましたよね確か(今霊団がピィィィンと波長を降らせてきました、強調の意味があるのでしょう)僕は全く詳しくありませんし1ミリたりとも興味がありませんし聖書など死んでも読んでたまるかと思っていますので正確には分からないのですが、要するにキリスト教がイエス様に関して語っている内容は「後説で自分たちの都合のいいようにでっち上げたもの」であるという事、ウソだという事です。イエス様が磔刑にされた理由は「当時の律法学者どもの嫉妬」です。イエス様は物質界に降下した目的、霊的使命遂行をやり切る覚悟だったのですが、イエス様の霊能のすさまじさを見せつけられた律法学者どもが「このままでは自分たちの立場が危うくなる」とイエス様に嫉妬して殺したのです、それが真実です。そしてイエス様の死後から本当の悲劇が始まってしまったのでした…続きを読む→
「だいたい2まで書けています」新規の霊言が霊界側で2巻分書き上がっているようです(祈)†■2023年11月22日UP■
「だいたい2まで書けています」新規の霊言が霊界側で2巻分書き上がっているようです(祈)†
「イエスが全部おこなうから」これは僕という霊の道具を使用しての霊的使命遂行の全仕事をイエス様がおこなっているという意味ですが、皆さまにくれぐれもお間違えのないようにして頂きたいのは、イエス様は「スピリチュアリズム普及の総指揮官」であり、個的形態をまとって物質圏付近に降下などできるはずもないはるかはるか向上を果たした超高級霊のお方です。そのイエス様が僕などというグズるお子ちゃまの面倒を見るためにアレコレ手を焼く事は絶対にありません。全体を計画し、想像もつかないほどの大人数の部下(天使)を従えて、指示を与えて仕事を推進するのであり、イエス様が直々に手を動かして仕事をするという事は有り得ないのです。しかし「スピリチュアリズムの真髄」の中に、イエス様が天使の大軍勢を従えて霊媒マッカロウ氏のところまで降下してこられ、実際に霊言を語ったという事が紹介されています。ですのでイエス様が僕という霊媒を使用して霊言を語るという可能性は絶無ではないのかも知れませんが、限りなくゼロに近いでしょう…続きを読む→

今週はムリですが来週には全12巻の再スキャンが完了します。止まらずOCR変換に突入し、一気にテキストを揃えます。そこから「OCR変換テキストの見直し」というもっとも苦しい作業が始まりますが、テキストが揃っていなければAffinityPublisherに流し込む事もできませんのでやるしかありません。

さぁ次回長文ブログに暗雲が立ち込めてきました。毎週同じ事を書いてるような気もしなくもないですが、今週は特にピンチです。今のところブログネタとなるインスピレーションが全くゼロです。ちょっと意味の説明が難しい幽体離脱時映像は降ってますが、これはどう書いていいのか分かりません。

ただひとつ分かる事は、霊団は何が何でも僕を閉じ込めようとしているという事、それだけは間違いなく肌で感じます。そして僕はそれに対して全力で反逆している、閉じ込められる事だけは死んでも認めない、何が何でも脱出してみせる、という事で猛烈に作業しているのです。作業を止めるつもりは全くありません。

霊団が何も言ってこなかった時に備えて僕の物的脳髄レベルでのブログネタを考えておく必要がありそうです。まぁ今やっている反逆の作業に関して撃つ事になると思います。他に撃ちたいものがあると言えばあるのですがよろしくない内容ですので止めているものなのです。

あと、新規の山岳地図を入手したものの道路がメチャ難しくてスタート地点の駐車場に到達できない問題ですが、Googleマップ、ストリートビューを駆使して何とか解決させました。今回は全く未知の人生初の山域に赴き、そこで撮影してこようと思っています。かなり趣の違うモノが撮れると思っていますがどうでしょう。

霊団に何と言われようと反逆続行中。閉じ込められるのは死んでも認めない(祈)†

シルバーバーチの霊訓 10巻5章 死んだあと、どうなるのか【全文ムービー化】(祈)†■2022年5月25日UP■
シルバーバーチの霊訓 10巻5章 死んだあと、どうなるのか【全文ムービー化】(祈)†
(われわれはいつかは肉体を捨てて次の世界へ行く。そこでの生活はどのようなものなのか、何をして過ごすのか、こうした疑問にシルバーバーチが答える)こちらには昼も夜もありません。地軸の回転に依存していないからです。太陽の周りを回転しているのではありません。こちらには永遠の光が存在します。したがって地上のような時間というものがありません。こちらへ来てからも仕事があります。が、それは自分がやりたいと思う仕事であって、お金を稼ぐためとか家賃を払うためとか衣服や食糧を買うためにするのではありません…動画を見る→
「どっちが勝つ?」このような近視眼の判断をしないよう神の因果律を正しく理解しましょう(祈)†■2022年6月29日UP■
「どっちが勝つ?」このような近視眼の判断をしないよう神の因果律を正しく理解しましょう(祈)†
神を侮るべからず。己の蒔きしものは己が刈り取るべし(ガラテア6・7)神の摂理は絶対にごまかされません。傍若無人の人生を送った人間が死に際の改心でいっぺんに立派な霊になれるとお思いですか。魂の奥深くまで染込んだ汚れが、それくらいの事で一度に洗い落とせると思われますか。無欲と滅私の奉仕的生活を送ってきた人間と、わがままで心の修養を一切おろそかにしてきた人間とを同列に並べて論じられるとお考えですか。“すみませんでした”の一言で全てが赦されるとしたら果たして神は公正であると言えるでしょうか…続きを読む→
「しかしこの応援団」心秘かに使命遂行を応援して下さっている方々の思念だと信じたいですが(祈)†■2022年7月13日UP■
「しかしこの応援団」心秘かに使命遂行を応援して下さっている方々の思念だと信じたいですが(祈)†
誰もみな「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁に対する恐怖心があって公言できずにいるが、心の中では僕、たきざわ彰人の霊的使命遂行を応援して下さっている、という事でいいのではないでしょうか。それこそ本心であり、人間として当然の感情であり、信じられない人数の幼い女の子をケタケタ笑いながら四肢切断、強姦殺人しまくり死肉を食べまくっている明仁、文仁、徳仁、悠仁に対して怒りの感情を抱かないとしたら、それはもはや人間とは呼べず、人間のカタチをマネているだけの何らかの暗黒物質という事になるでしょう…続きを読む→

とにかくやるしかない、他に道がない、何が何でも70冊超の霊関連書籍の全テキストを揃える事をやります。それをAffinityPublisherに流し込んで書籍データ化し復刊させます。その作業の先に脱出がある事を信じます。それ以外にもう生きる目的がない。

シルバーバーチの欠落部分というのは、霊性発現初期の頃にツイッターに投稿するために手撃ちしたテキストの事で、その当時は未来の自分がこんな作業をする事になるなどとは夢にも思っていませんでしたから、撃ち方がテケトーなんですよ。書籍と突き合わせてみるとまぁ穴ボコだらけ。それをもう一度手撃ちで修正するのが時間がかかってしょうがないので再スキャンしているという訳です。

あとは9、10、11、12巻の再スキャンで終わりです。そこから一気にOCR変換に突入して見直しに入ります。地獄の中の地獄の作業ですがもうやるしかない。全12巻以外にもシルバーバーチ霊の書籍は多数存在します、本当はそれらも復刊させたいのですが、そちらの書籍群は出版社が廃業していないので(まだ存続している出版社の書籍という事)まず復刊は認められないでしょうが一応コンタクトだけはしてみるつもりです。

で、次回長文ブログネタとなるインスピレーションが今のところゼロです。今日明日に霊団が降らせてこなければテキスト撃てないという事になりますが、イヤそれならそれで反逆のテキストを撃つつもりですが、まぁた寸前ドッカーンインスピレーションやってくるのかと思うとウンザリ感がハンパない。

さぁいよいよ復刊に向けた具体的事務作業に(やりたくありませんでしたがどうやっても著作隣接権者の連絡先がつかめませんでしたので)着手せざるを得ない状況です。それと並行してペーパーバック、電子書籍データも完成させてAmazonに先行でUPしておかなければなりません。

まずムリだと思うものの、一応目標としては年5冊ペースで復刊させていきたいと思っていますので(そのペースで出さないと僕の物質界生活中に全70冊の復刊はムリという計算になるため)事務作業、書籍データ作成、その前にテキストを揃える作業、これらを全て同時進行でやっていかねばなりません。とてつもない地獄です。

まずは再スキャンを終わらせる事に集中中。霊団が完全にやる気ゼロ、その態度が信じられない(祈)†

■2021年5月19日UP■
僕が心に決めた「霊団への反逆」が完全に消滅した件についての霊的側面からの説明(祈)†
その仕事をやらせるにあたっては、僕に画家の人生を捨てさせる必要があった、僕が霊団の導きに背いて画家に戻る事を阻止する必要があった。それで霊団は長い年月にわたって1日の休みもなくインスピレーションを降らせ続け、僕の心の中を使命遂行の事でいっぱいにさせる事で「僕が反逆の思念を抱き、反逆のアクションを起こすヒマさえ与えなかった」という事。霊団は怒涛にインスピレーションを降らせ続け僕にブログを書かせ続ける事で目的成就に近付けつつ、僕の反逆の阻止も同時に行い、仮に反逆しても今回のように「時すでに遅し、今さら人生の変更は不可能」という状態にしたという事。僕はその霊団の「裏の策略」まで読み取る事などもちろんできませんでしたから、今回の反逆によって「もう完全に閉じ込められてしまって修正変更は不可能」である事を完全に思い知らされた。霊団はひとりの人間(僕)の人生を完璧に破壊した。これは間違いなく「最大級の人権蹂躙(じゅうりん)」であり、僕が日々霊団に対して怒り、憎しみを公言しているその理由をどうか皆さまにご理解頂きたい事しきりですが、しかしそれは逆説的に言うと…続きを読む→
■2021年9月29日UP■
「もう表に出る事はありません」明仁、文仁、徳仁、悠仁が消滅、という意味だと信じたいですが(祈)†
とにかく「脅し」と「洗脳」このふたつを撃ち破る事が僕たち日本国民が突破しなければならない壁だと僕は考えます。「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁、コイツらの事を「陛下」だの「殿下」だのと死んでも呼ばない事。コイツらがメディアに流してくる自分を善人だとするニュースが100%ウソだと完璧に理解する事。コイツらの人生の目的がただひとつ「人生イコールS〇X」であり「処刑遊び」と称して「パレット」から買った幼い女の子を信じられない人数、四肢切断、強姦殺人して死肉を食べまくっている人類史上最悪の大犯罪者であり、どんな言い訳もゴマかしも通用しないという事を正しく理解する事。自分の事を天皇だの皇族だのと自称する明仁、文仁、徳仁、悠仁は「大量強姦殺人魔」です…続きを読む→
「神、よくぞ耐え抜きました」物質界の苦難の存在理由、という意味かも(祈)†■2022年2月9日UP■
「神、よくぞ耐え抜きました」物質界の苦難の存在理由、という意味かも(祈)†
物質界は僕たち人間の「生活、人生の場」ではありません。シルバーバーチ霊いわく「トレーニングセンター」であり、心を、魂を鍛えて霊界で従事する予定の仕事を遂行するに足る人格、性格、忍耐力等を身に付けるために降下させられる場所、お勉強の場所です。【神】は子等(つまり僕たち)に【神性の火花】を賦与して下さり、それによって僕たちは個的存在を獲得しました。(もう類魂に埋没する事がないという事)これ以降はこの個性を永遠に失う事がなく、果てしない向上の人生を歩む事になります。そして神によって個的存在を賜った僕たち人間は、真っ先にこの物質界に降下してお勉強をさせられます。あえてこういう表現を用いましょう【神】が子供(僕たち人間)に「お勉強の旅に出てらっしゃい。そして十分にオトナになって私のところに帰ってらっしゃい」と言って僕たちを物質界に送られた。こんな感じではないでしょうか。単純に子供の成長を願う親の心境だと僕は思うのですが…続きを読む→

1913年12月29日 月曜日

例の高地での体験についてはこれ以上は述べない。地上近くで生活する人間や景色について“地上の言語”で述べるのは容易であるが、上層界へ行くほど何かと困難が生じてくる。私の界は天界においても比較的高い位置にある。そして今のべたことはこの界のさらに高地での話題である。

それ故、前に述べたように、この界の景観も栄華もきわめて簡略に、従って不十分な形でしか述べることが出来ない。そこでこれから差し当たり今の貴殿にとって重要であり参考となる話題を取りあげようと思う。

これは私が10界の領主の特命を受けて第5界へ旅立つことになった時の話である。その説明をしよう。私はその界の首都を訪ね、領主に面会し、そこで私の訪問の用件を聞かされることになっていた。領主にはすでに私の界の領主からの連絡が届いていたのである。また、私1人で行くのではなく、他に3人のお伴を付けてくださった。

5界へ到着してその首都を見つけるのは至って簡単であった。曽てその界の住民であった頃によく見聞きしていたからである。それにしても、その後の久しい時の経過と、その間に数々の体験を経た今の私の目に、その首都は何と変わって映じたことであろう。

考えてもみよ。5界をあとにして6界へ進み、さらに向上を続けてついにこの10界に至って以来、こうして再び5界へ戻るのはその時が初めてだったのである。その途中の界層の1つ1つに活気あふれる生活があり、そこでの数々の体験が私を変え発達を促してきた。

そして今、久方ぶりにこの界へ戻ってきたのである。この界での生活は他の界ほど長くはなかったとはいえ、今の私の目には一見すべてが物珍らしく映る。が、同時に何もかもが馴染みのあるものばかりである。

物珍らしく映るのは、私が第4界よりこの界へ向上してきた頭初、あまりの栄華に圧倒され目を眩まされたほどであったのが、今では逆にその薄暗さ、光輝の不足に適応するのに苦労するほどだからである。

4人は途中の界を1つ通過する毎に身体を適応させて降りてきた。6界までそれを素早く行ったが、5界の境界内に入った時からは、そこの高地から低地へとゆっくりとした歩調で進みつつ、その環境に徐々に慣らしていった。

と申すのも、多分この界での滞在はかなりの長期に及ぶものとみて、それなりの耐久性を身につけて仕事に当たるべきであると判断したからである。山岳地帯から平地へと下って行くのも、体験としては興味あるものであった。行くほどに暗さが増し、吾々は絶えず目と身体とを調整し続けねばならなかった。

その時の感じは妙なものではあったが不愉快なものではなかった。そして少なくとも私にとっては全く初めての体験であった。お蔭で私は、明るい世界から1界又は1界と明るさが薄れてゆく世界へ降りて行く時の、霊的身体の順応性の素晴らしさを細かく体験することとなった。

貴殿にもしその体験が少しでも理解できるならば、ぜひ想像の翼をさらに広げて、こうして貴殿と語り合うために、そうした光明薄き途中の界層を通過して地上へ降りて来ることがいかに大変なことであるかを理解して欲しいものである。

それに理解が行けば、人間との接触を得るために吾々がさんざん苦労し、そのあげくにすべてが無駄に終ることが少なくないと聞かされても、あながち不思議がることはあるまい。

貴殿がもしベールのこちら側より観察することが出来れば、そのことを格別不思議とは思わないであろうが…吾らにとってはその逆、つまり人間が不思議に思うことこそ不思議なのである。

では都市について述べよう。位置は領主の支配する地域の中心部に近い平野にあった。大ていの都市に見られる城壁は見当らない。が、それに代って一連の望楼が立ち並んでいる。さらに平野と都市の内部にもうまく配置を考えて点在している。領主の宮殿は都市の縁近くに正方形に建てられており、その城門はとくに雄大であった。

さて、これより述べることは吾々上層界の4人の目に映った様子ではなく、この界すなわち第5界の住民の目に映じる様子と思っていただきたい。その雄大な門は“液体の石”で出来ている。文字どおりに受け取っていただきたい。石そのものが固くなくて流動体なのである。色彩も刻一刻と変化している。

宮殿内での行事によっても変化し、前方に広がる平野での出来ごとによっても変化し、さらにその平野の望楼との関連によっても変化する。その堂々たる門構えの見事な美しさ。

背景の正殿と見事に調和し、色彩の変化と共に美しさも千変万化する。その中で一個所だけが変わらぬ色彩に輝いている。それが要石(かなめいし)で、中央やや上部に位置し、愛を象徴する赤色に輝いていた。

その門を通って中へ入るとすぐに数々の広い部屋があり、各部屋に記録係がいて、その門へ寄せられるメッセージや作用を読み取り、それを判別して然るべき方面へ届ける仕事をしている。吾々の到着についてもすでに連絡が入っており、2人の若者が吾々を領主のもとへ案内すべく待機していた。

広い道路を通って奥へ進むと、往き交う人々がみな楽しげな表情をしている。このあたりでは常にそうなのである。それを事さらに書くのは、貴殿が時おり、否、しばしば心の中では楽しく思ってもそれを顔に出さないことがあるからである。

吾らにとっては、晴れの日は天気がよいと言うのと同じほど当り前のことなのであるが…それから宮殿の敷地内の本館へ来た。そこが領主の居所である。

踏み段を上がり玄関(ポーチ)を通ってドアを開けると、そこが中央広間(ホール)になっている。そこも正方形をしており、大門と同じ液状石の高い柱で出来ている。それらがまた大門と同じように刻一刻と色調を変え、一時として同じ色を留めてはいない。

全部で22本あり、その1本1本が異った色彩をしている。2本が同じ色を見せることは滅多にない。それがホール全体に快い雰囲気を与えている。それらが天井の大きな水晶のドームの美しさと融合するように設計されており、それが又一段と美しい景観を呈するのであった。

これは貴殿の想像に俟つよりほかはない。私の表現力の限界を超えているからである。吾々はそのホールで待つように言われ、壁近くに置かれている長椅子に腰を下ろして色彩の変化の妙味を楽しんでいた。

見ているうちにその影響が吾々にも及び、この上ない安らぎと気安さを覚え、この古く且つ新らしい環境にいてすっかり寛いだ気分になった。やがてそのホールに至る廊下の1つに光が閃めくのを見た。領主が来られたのである。吾々の前まで来られるとお辞儀をされ、私の手を取って丁重な挨拶をされた。

彼は本来は第7界に所属するお方であり、この都市の支配のためにこの界の環境条件に合わせておられるのであった。至ってお優しい方である。吾々の旅の労をねぎらったあと、謁見の間へ案内して下さり、ご自分の椅子に私を座らせ、3人の供の者がそのまわりに、さらにご自分はその近くに席を取られた。

すぐに合図があって、女性ばかりの一団が白と青の可憐な衣装で部屋へ入ってきて丁寧な挨拶をし、吾々の前に侍(はベ)った。それから領主が私と3人の供に今回の招待の趣意を説明された。

女性たちは吾々上層界の者の訪問ということで、ふだん身につけている宝石を外していた。が、その質素な飾りつけの中に実に可憐な雰囲気を漂わせ、その物腰は数界の隔りのある吾々を前にした態度に相応(ふさわ)しい、“しとやかさ”に溢れていた。

私はそれに感動を覚え、領主に話を進める前に許しを乞い、彼女たちのところへ下りて行って、1人1人の頭に手を置き祝福の言葉を述べた。その言葉に、そうでなくてもおずおずしていた彼女たちは一瞬とまどいを見せたが、やがて吾々見上げてにっこりと微笑(ほほえ)み、寛ぎの表情を見せた。

さて、そのあとの会見の様子は次の機会としよう。この度はこの界層の環境と慣習を理解してもらう上でぜひ告げておかねばならないことで手一杯であった。この度はこれにて終りとする。私はその女性たちに優しい言葉を掛け手を触れて祝福した。そして彼女たちも喜びにあふれた笑顔で私を祝福してくれた。

吾々はこうして互いに祝福し合った。こちらではそれが習慣なのである。人間もかくあるべきである。これは何よりも望ましいことである。そこで私も祝福をもって貴殿のもとを去ることとする。礼の言葉は無用である。

何となれば祝福は吾々を通して父なる神より与えられるものであり、吾々を通過する時にその恩恵のいくばくかを吾々も頂戴するからである。そのこともよく銘記するがよい。他人を祝福することは、その意味で、自分自身を祝福することになることが判るであろう。†

■2019年11月22日UP■
「かわいそうなイスラム女の子」幽体離脱時に出会ったこの女の子は奴隷の女の子という意味でしょう(祈)†
その両親は幼い我が娘を愛する、かわいがるという気持ちはみじんもなく、ひたすらにイジメまくっているのです。そのイジメられている女の子はとてもけなげな様子で「助けて」と声に出して言わないのです。しかし表情が完全に「助けて」と言っているのです。そしてなんだかんだ言って霊体の僕から離れようとしないのです。つまり家に帰りたくないんですね…続きを読む→
■2020年8月12日UP■
TrailMovie「無視してもインスピレーション止まらない」僕の使命遂行を止める物的手段がない事を説明してみます(祈)†
この無視は明仁の命令で、当初明仁は「放っておけばそのうちやめる」と僕を完全にナメきっていたようで、無視を決め込んだまま最後の最後まですっとぼけるつもりだったようなのですが、いくら無視しても僕は1日の休みもなくブログを書き続け徹底的に情報拡散の限りを尽くしてきましたので、無視すればするほど自分たちが強姦殺人魔である事が国民に知れ渡りまくって行ったという「墓穴を掘る」究極形の状況に突入している訳です。とはいえ表向きは無視を決め込みながら裏ではしっかりと手を回してきて、何度となく僕は暗殺の危機に直面しています。しかしそれも霊団から事前情報を得て暗殺実行前にブログを書く事で「先行防御」してここまで来ました…続きを読む→

時間がありませんので詳細説明はしませんが、僕がどれだけ脱出に向けて努力しても霊団は僕を最悪の中に閉じ込め続けるつもりだという事をさらにハッキリ確認しました。そう言われてハイ分かりましたとなる訳がありませんので一生反逆を続行させる事になります。脱出を完了させるまで全力で反逆を続行します。

「シルバーバーチの霊訓7巻」再スキャン完了中、8巻の再スキャンに入ってます。山のアタック前に12巻までスキャンを終わらせるのはムリの公算、次週にズレ込んでしまいますがとにかく早く終わらせてOCR変換に突入しつつ、いよいよ著作権関連の事務作業に(本当にやりたくありませんでしたが)突入します。

霊団が何と言おうと関係ない、僕は脱出する、それ以外の人生などない。最後の1秒まで脱出の努力を続ける。そして帰幽後は霊団との関係を完全に断絶する。コイツらと永遠に縁を切る。2度と関わり合いになるつもりはない。再スキャンを急ぎましょう(祈)†

とにかく大急ぎですが、以前も書いた事があると思いますがココで改めて「絶版状態の霊関連書籍復刊に向けたテキスト化」がどのような作業を経ておこなわれているかをチョト羅列してみましょうか↓

  • まず書籍を入手する(現時点で76冊入手済み、入手予定はあと1冊かな…)
  • 書籍全ページのスキャン(これもほぼ全て完了中、現在シルバーバーチの欠落部分の再スキャン中)
  • スキャンしたtiffをAffinityPhotoで原寸jpgに書き出す
  • 書き出したjpgをGoogleドライブにUP
  • Googleドライブ上でOCR変換、変換テキストをコピってテキストファイルを作成
  • OCR変換テキストを見直して書籍と同じ文章にする(これが全行程の中でもっとも苦しい作業かも知れません)
  • WordPressに全文UP(文章内にタグ挿入)
  • タグなしテキストをAffinityPublisherに流し込んで書籍の体裁を整える(段落、目次、画像等々)
  • PDFに書き出してPDFをキンドルファイヤーに移動させ、キンドルファイヤー、見直し済みの完成版テキストファイル、AffinityPublisherの3つを見ながら最終校正(この作業で基本的にテキストが完全版となる)
  • 書籍巻末の「復刊者コメント」を撃つ
  • 書籍の表紙を描く(線画およびカラーリング、AffinityPhoto使用)
  • 書籍データ完成、Amazonの校正刷りを注文して紙の書籍で最終確認をおこなう
  • 完成版テキストを使用して.docxを作成、これが電子書籍データ(リフロー)となる
  • 電子書籍用に別枠で画像を作成しなければならない箇所も結構ある、紙の書籍とは別にそれも作成
  • KindlePreviewerで電子書籍の体裁を確認、完成させる(電子書籍データはあまり特殊な作り込みはしないつもり、プレーンなリフローとして制作)
  • 著作権関連の作業(これがまだ未知の作業、間もなく着手予定、1ヶ月程度かかる見込み)
  • 著作権問題をクリアさせてAmazonにてペーパーバック、電子書籍を販売開始状態にさせる

えー、細かく書けばまだあると思います、特に後半パート、おーふぁん的なモノとAmazon関連で追加作業が間違いなく発生するでしょう。が、現時点で羅列するとだいたいこんな感じとなります。これら全てを僕ひとりでおこなうのです。どういう事かお分かりになりますでしょうか。地獄の中の地獄という事です。

しかしそれをやるのです。全ては脱出のためです。間違いなく物的障壁に阻まれて70冊超の霊関連書籍の復刊は叶わないと予測されるものの、復刊冊数を限りなく70冊に近付けていくつもりです。霊団が使命遂行まるっきりやる気ゼロですので、物質界に残されて僕がやる事はもうこれしかないのです。

この人生、本当に許せない。本当に霊団を心の底から憎んでいます。しかし帰幽後にコイツらと堂々と正面切って縁を切れるようにできる事は全部やるのです。僕はココまでやった、文句は言わせない、あんたたちの顔はもう2度と見ない、そう言えるようにするのです。

そうそう、復刊冊数が順調に増えていったとしましょう、そうなればもちろん自分で書籍を出す事も視野に入ってきます「自伝書籍」とか。正直言って自分の履歴を物質界に残す事に何の興味もないですが、冊数が順調に増えていったらやらざるを得なくなるでしょうたぶん。説明ココまで、一旦切ります、再スキャン続行中(祈)†

「絶対やるとの使命感に燃えて下さい」そう思ってるから僕もここまでやってるんでしょ(祈)†■2023年11月1日UP■
「絶対やるとの使命感に燃えて下さい」そう思ってるから僕もここまでやってるんでしょ(祈)†
普段上層界で生活している高級霊の方々は波長が低すぎる物質圏付近には降下する事さえできず、降下したとしてもごく短時間しか滞在できないそうです。つまり高級霊であればあるほど最低界の物質界と縁が切れているという事です。で、そこまで上層界では無い境涯で生活している霊は物質圏付近に仕事で降下する事がありますが(僕は間違いなく降下の仕事をやらされるものと思われますが)インペレーター霊が書籍の中でお話しておられますように、物質圏付近に降下すると、地上生活時代の記憶がよみがえり、それが進歩の逆、退歩につながってその霊にとってマズい事になるという事があるそうです。たとえば霊体生活者はもう肉体がありませんが、物質圏に降下すると昔の肉体的煩悩がよみがえってきてそれが退歩につながるのだそうです。もうひとつ、物質界生活時に間違った霊的知識、宗教観等を学んでしまって、帰幽後にその自分の間違いを指導霊に修正してもらって向上を果たした人物が物質圏付近に降下すると、その過去の誤った概念がよみがえってきて霊界で学んだ内容が帳消しになってしまい、それがまた退歩につながるのだそうです…続きを読む→
「36の材料組み合わせてお菓子ができる」とにかくイエス様はお喜びという意味です(祈)†■2023年12月6日UP■
「36の材料組み合わせてお菓子ができる」とにかくイエス様はお喜びという意味です(祈)†
2000年前のイエス様の磔刑を思い出してみて下さい。この物質界はとにかく嫉妬、嫉妬、嫉妬であふれかえっています。イエス様も多くの霊能を発揮した事によって当時の律法学者どもの嫉妬をかって磔刑にされて殺されました。この地球圏物質界は一見進歩が進んでいるように見えますが、それは物質面のみが異常に発達しているだけであり、精神面はまだ全然進歩していないと思います。霊的知識がまるっきり理解されていない事がその証左といえるでしょう。僕がある状態になる事をおもしろくなく思っている人間がそれはそれはたくさんいるのです、そいつらが僕をそういう状態にさせないよう陰湿極まる妨害をしてくるに決まっています。それが世の常です。僕に関する言われなき悪い噂をメディアを駆使して広めたりして国民に僕という人間の悪印象を植え付けようとイメージ操作をしてくるでしょう。(例えば守護霊様の背の低さを悪用するなどして)そういう事を絶対にやってくるはずです…続きを読む→
「おかげでだいぶ助かりました」殉教の死を遂げた方々が僕を使用して仕事しているのです(祈)†■2023年12月27日UP■
「おかげでだいぶ助かりました」殉教の死を遂げた方々が僕を使用して仕事しているのです(祈)†
霊的知識を獲得した人は、宜しくないおこないをして帰幽した先にどれだけの地獄が待ち受けているかを知っているので自動的に悪行にブレーキがかかるのです。シルバーバーチ霊も仰っていますように、邪悪な人間というのは霊的成長における「幼児」であり、霊的知識が全く頭に入っていないワガママのお子ちゃまであり、物的金銭を人より多く所有する事でしか自己表現ができない原初的人間という事になるのです。金銭など帰幽後、1円も霊界に持って行けません。そして霊界生活にお金など必要ありません。必要なものは全て思念で拵える事ができます。物質界生活中にお金をため込んでも自分の未来にとって全く無意味という事を悟れていない人間という事なのです。人間は本来が霊であり、その霊が修行のために一時的にトレーニングセンターである物質界に肉体という鈍重な衣服をまとって降下しているのであり、そのトレーニングセンターでのおこないが帰幽後の生活環境、霊界にて赴く境涯を高くしたり低くしたりするという霊的知識の基本中の基本さえ知らない人間が、その無知から邪悪なおこないをするのです…続きを読む→