霊団の導きの手法…皆さまには絶対にご理解頂けません(祈)†

Pocket

【霊団の導きの手法…皆さまには絶対にご理解頂けません】霊団が今またムカつく言葉を霊聴に響かせてきました。皆さま常識的にお考え頂きたいのですが、僕がセブンでピーチピチ(佳子)と会ったのは2014年12月です。それ以来全く会ってないのです。普通なら時間の力でとっくにピーチピチの事なんか忘れて別の人生を歩んでますよね?なのになぜここまで長い年月ど真ん中で強姦殺人魔、天皇一族を攻撃し続けられると思いますか。それは霊団がずっと僕の心を揺さぶり続け「怒りの炎」を絶やさないようにしてるからです。僕の使命遂行に向けた心が下火にならないように僕をおだてたり怒らせたりしてずっと炎を燃え上がらせ続けているからです。それが本当に究極にムカつく導きで僕は霊団にMAXの怒りを表明しつつも、霊団の意図も理解してるので何とか使命遂行を続けているのです。この霊団から日々浴びせられている「いやがらせ(愛の試練、霊障イペルマルシェ)」に比べれば地上人の嫉妬など子供のオモチャであり1ミリも相手にする気になれません。つまり霊団が悲願成就のために僕の心を操作してるという事です。お分かりにならない事と思いますが(祈)†

アナログ絵191 

コメントを残す