『ベールの彼方の生活④』10章 天上、地上、地下のものすべて【3 精霊とその守護天使の群れ】

Pocket

『ベールの彼方の生活④』10章 天上、地上、地下のものすべて【3 精霊とその守護天使の群れ 1919年4月3日 木曜日】さて、地ならしができたところで、お約束の顕現の話に入りましょう。その主旨は吾々にこれから先のコースをいっそう自信をもって進ませるために、→

『ベールの彼方の生活④』→現在の地上人類の進化がいかなる目標に向かって進行しつつあるかを示すことにありました。吾々の目の前に展開する地球はすでにエーテル的なものと物的なものとが実質的にほとんど同等の位置を占める段階に至っております。

『ベールの彼方の生活④』身体はあくまで物質なのですが、精妙化が一段と進んでかつての時代ー貴殿の生きておられるこの時代の事ですーよりも霊界との関係が活発となっております。地球そのものが吾々の働きかけに反応して高揚性を発揮し、→

『ベールの彼方の生活④』→地上の植物が母親の胸に抱かれた赤子にも似た感性を持つに至っております。その地上にはもはや君主国は存在せず、肌の色が今日ほど違わない各種の民族が1つの連合体を組織しております。科学も現在の西欧の科学とは異なり、→

『ベールの彼方の生活④』→エーテル力学が進んで人間生活が一変しております。もっともこの分野の事はこれ以上の事は述べないでおきましょう。私の分野ではないからです。以上の事はこれから顕現される吾々への教訓を貴殿にできるだけ明確に理解して頂くために申し上げているまでです。

『ベールの彼方の生活④』さて地球は地軸上でゆっくりと回転を続けながら内部からの光輝をますます強め、それがついに吾々までも届くようになり、それだけ吾々も明るく照らし出されました。するとその地球の光の中から、地球の構成要素の中に宿る半理知的原始霊→

『ベールの彼方の生活④』→(いわゆる精霊の事で以下そう呼ぶー訳者)が雲霞のごとく出てきました。奇妙な形態をし、その動きもまた奇妙です。その種のものを私はそれまで1度も見かけた事がなく、じっとその動きに見入っておりました。

『ベールの彼方の生活④』個性を持たない自然界の精霊で、鉱物の凝縮力として働くもの、植物の新陳代謝を促進するもの、動物の種族ごとの類魂として働いているものとがあります。鉱物の精霊はこの分野を担当する造化の天使によって磁力を与えられて活動する以外には、それ本来の知覚らしい知覚は→

『ベールの彼方の生活④』→持っておりません。が、植物の精霊になるとその分野の造化の天使から注がれるエネルギーに反応するだけの、それ本来の確立された能力を具えております。鉱物に比べて新陳代謝が早く、目に見えて生育していくのはそのためです。

『ベールの彼方の生活④』同じ理由で人間の働きかけによる影響が通常の発育状態にすぐ表れます。たとえば性質の相反する2つの鉱物、あるいは共通した性質を持つ2つの鉱物を、化学実験のように溶解状態で混ぜ合わせると、融和反応も拒否反応も共に即座にそして明瞭な形ででます。

『ベールの彼方の生活④』感覚性が皆無に近いからです。ところが植物の世界に人間という栽培者が入ると、いかにも渋々とした故意的な反応を示します。普段の発育状態を乱される事に対して潜在的な知覚が不満を持つからです。

『ベールの彼方の生活④』しかしこれが動物界になると、その精霊も十分な知覚を有し、かつ又少量ながら個性も具えています。また造化の天使も整然とした態勢で臨んでおります。その精霊たちが地中から湧き出て上昇し、地球と吾々との中間に位置しました。→

『ベールの彼方の生活④』→すると今度はその精霊と吾々との間の空間から造化の天使たちが姿を現しました。現実には常に人間界で活動しているのですが地上にそれに似たものが存在しませんので、その形態を説明する事はできません。→

『ベールの彼方の生活④』→一見しただけで自然界のどの分野を担当しているかが判る、と言うに留めておきましょう。大気層を担当しているか、黄金を扱っているか、カシの木か、それとも虎かーそうした区別が外観から明瞭に、しかも美事に窺えるのです。

『ベールの彼方の生活④』形、実質、表情、衣ーその全てに担当する世界が表現されております。もっとも衣は着けているのといないのとがあります。いずれにせよ、その造化の天使たちの壮観には力量の点でも器量の点でも言語を絶した威厳が具わっております。

—–

『ベールの彼方の生活④』それぞれに幾段階にも亘る霊格を具えた従者を従えております。その従者が細分化された分野を受持ち、最高位の大天使と、動物なり植物なり鉱物なりとの間をつないでおります。

『ベールの彼方の生活④』さて、その天使群が地球の光輝の中から湧き出てきた精霊達と合流した時の様子は一体どう叙述したらよいでしょうか。こう述べておきましょう。まず従者達が精霊へ向けて近づきながら最高位の大天使を取囲みました。かくまうためではありません。ともかく包み込みました。

『ベールの彼方の生活④』すると精霊達もその一番外側の従者達と融合し、その結果、地球の周りに美しい飾りのようなものが出来あがりました。かくして地球はかつてない光輝を発しながら、あたかも玉座を納めたパビリオンのカーテンの如く上下四方を包むように飾る→

『ベールの彼方の生活④』→生き生きとした精霊群の真っ只中にありました。今や地球は1個の巨大な美しい真珠の如く輝き、その表面に緑と金色と深紅と琥珀色と青の縞模様が見えていました。

『ベールの彼方の生活④』そしてその内部の心臓部のあたりが崇敬の炎によって赤々と輝いて見え、造化の天使とその配下の無数の精霊に鼓舞されて生命力と幸福感に躍動しその共鳴性に富む魅力を発散しておりました。その時です。生き生きとしたその飾りの下からキリストの姿が出現しました。

『ベールの彼方の生活④』完成せるキリストです。かつてのキリストの叙述にも私は難儀しましたが、今出現したキリストを一体どう叙述したら良いでしょうか。途方に暮れる思いです。お身体は半透明の成分で出来ており、地球ならびにそれを取り巻く無数の精霊の持つ全色彩を自らの体内で融合させ→

『ベールの彼方の生活④』→完全な調和を保っておりました。そのお姿で煌々たる巨大な真珠の上に立っておられます。その真珠は足元でなおも回転し続けているのですがキリストは不動の姿勢で立っておられます。地球の回転は何の影響も及ぼしませんでした。

『ベールの彼方の生活④』衣服は何もつけておられませんでした。が、その身辺に漂う生命の全部門の栄光が、その造化に携わる大天使を通して澎湃として押寄せ、崇敬の念の流れとなって届けられ、それが衣服の代わりとしてお体を包み、お立ちになっている神殿に満ち渡るのでした。

—–

『ベールの彼方の生活④』お顔は穏かさと安らかさに満ちておりました。が、その眉にはお力の威厳が漂っておりました。神威がマントの如く両肩を包み、紫がかった光に輝く豊かな起伏を見せながら背後に垂れておりました。かくして吾々は地球を囲みつつキリストの上下四方に位置していた事になります。

『ベールの彼方の生活④』もっともキリストにとっては前も後も上も下もありません。吾々の全てが、吾々の1人1人がキリストの“全て”―前も後もなく、そっくりそのままを見ていたのです。貴殿にはこの事が理解できないでしょう。でもそう述べる他に述べようがないのです。

『ベールの彼方の生活④』その時の吾々はキリストをそのように拝見したのです。そう見ているうちに無数の種類の創造物が各種族ごとに一大合唱団となってキリストへの讃仰の聖歌を斉唱する歌声が響いてきました。それが創造的ハーモニーの一大和音(コード)となって→

『ベールの彼方の生活④』→全天界ならびに惑星間の虚空に響き渡り、各天体をあずかる守護の天使たちもそれに応唱するのでした。それほどの大讃歌を地上のたった一つの民族の言葉で表現できるはずがないのは判り切った事です。

『ベールの彼方の生活④』でも宇宙の一大コンサートの雄大なハーモニーの流れに吾々の讃仰の祈りを融合させて、その聖歌の主旨だけでも私に出来る限りの範囲で表現してみましょう。「蒼穹の彼方に果たして何が存在するか、私どもは存じませぬ。」

『ベールの彼方の生活④』「地球はあなたの天界の太陽が放つ光の中のチリほどの存在に過ぎぬからでございます。しかし父なる大神のキリストにあらせられるあなたの王国の中のこの領域を見てまいりました私どもは、この事だけは確信をもって信じます―全ては佳きに計らわれている、と。」

『ベールの彼方の生活④』「私達の進む道において、この先いかなる事が永却の彼方より私たちを出迎えてくれるや、いかなる人種が住む事になるや、いかなる天使の支配にあずかる事になるや―こうした事も私たちは今は存じませぬ。それでもなお私たちは恐れる事なく進み続けます。」

『ベールの彼方の生活④』「ああ、主よ、私たちはあくまでもあなたの後に付いて参るからでございます。力と愛とが尊厳の絶頂の中で手に手を取ってあなたの両の肩に窺えます。父なる神がいかなるお方であるか―それは最愛の御子たるあなたを拝しお慕いしてきて私どもはよく理解できております。」

『ベールの彼方の生活④』「あなたを逢瀬の場として私どもの愛が父の愛と交わります。私どもは父をあなたの中において知り、それに安じております。主よ、私どもの目に映じるあなたは驚異に満ち、かつこの上なくお美しい方であらせられます。」

『ベールの彼方の生活④』「しかしそれでもなおあなたの美の全ては顕現されておりませぬ。それほど偉大なお方であらせられます。未来の大事業において私どもは心強く、楽天的に、そして恐れる事なくこの身を危険に晒す覚悟でございます。」

『ベールの彼方の生活④』「叡智と力と創造的愛の“完成せるキリスト”、私たちはあなたの導かれるところへ迷わず後に続いてまいります。私たちは霊格の序列と規律の中で、あなたへの崇敬の祈りを捧げます。何とぞあなたの安らぎの祝福を給わらん事を。」アーネル†(完)

カテゴリー: 未分類   作成者: たきざわ彰人(霊覚者) パーマリンク

たきざわ彰人(霊覚者) について

元画家、山を愛する霊覚者です。果てしない山へのアタック及び高負荷の作品描画によって霊性発現となりました。イエス様の怒涛の連続顕現に浴させて頂き、イエス様のご意志に従い霊的知識普及の使命遂行中です。イエス様ハンドリング(霊の導きに従う)により強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁は死刑になり「人類の恥」となります(祈)† 日本の象徴は「富士山」であり、断じて強姦殺人魔ではありません。 The symbol of Japan is "Mt. Fuji", it is not a rape murderer at all. 日本の天皇一族は強姦殺人魔です。死刑にしましょう。 The Emperor family in Japan is a rape murderer. Let's make a death penalty.

コメントを残す