【8/1】2012~2013年ごろに撃った霊関連書籍の内容の抜粋です(祈)†

「シルバーバーチの霊訓」より→「霊媒は人間が霊的宿命を持つ霊的存在である事を証明してくれるものです。狂暴性に満ちたこの病める地上世界にぜひとも必要な霊的真理を普及させる上で協力してくださる方にこうしてお会いできる事は、私にとって大きな喜びであり光栄な事でもあります」

「シルバーバーチの霊訓」より→「実はあなた方みずからが、ここぞという時に陰から援助を受けておられる事を必ずしも気づいていらっしゃいません。死は情愛によって一度つながりのできた人との間を裂く事はできません」

「シルバーバーチの霊訓」より→「本来なら最も緊密な同士であるべき人達の敬意と協力が必ずしも得られるとは限らないものです。その時は、せっかくの徳積みのチャンスを目の前にしながらそれをつかみ損ねた人の事を気の毒に思ってあげないといけません」

「シルバーバーチの霊訓」より→「霊的大事業の計画が挫折する事はありません。霊の力が退散させられる事は絶対にありません。既に始まった躍進の歩みが止まるような事は決してありません。築かれた橋頭堡は着々と強化されております。機会と条件さえ整えば益々拡大し増強されるでしょう」

「シルバーバーチの霊訓」より→「挑戦・障害・困難・失望・焦燥といったものに遭遇しないといけないのです。その中には本来そういうものを引き起こしてはならないはずの人達みずからが引き起こしているものも良くあります。しかし同じ問題で私たち霊団の者も常に悩まされているのです」

「シルバーバーチの霊訓」より→「“天使も涙する”と言います。私たち霊は難しい条件の中にあって地上の人間のために心を砕いているからこそ、思わず涙を流す事にもなるのです。せっかく貢献度の高い道を歩みかけながら、ふと脇道へそれて絶好のチャンスを取り逃しているのです」

「シルバーバーチの霊訓」より→「こちらへお出でになってから地上生活を振り返ってご覧になれば、ラクだった事には何の感慨も覚えずに、むしろ苦しかった事に感謝なさるはずです。ラクだった事はどうでもよかった事ばかりです」

「シルバーバーチの霊訓」より→「私達は皆さんの霊的、精神的、物的必需品は先刻承知しております。その時点において必要とみたものは必ず用意してあげます。ただしそれは私たち霊界側の法則にのっとって私達のタイミングで行います。人間界の都合に合わせて行う訳にはいかないのです」

「シルバーバーチの霊訓」より→「霊力をいつ行使するのが適切かの判断はあなた方人間にはできません。全て当人の魂の発達程度によって決められるのです。もし受け入れる用意ができていると見た時はただちに行います。もし受け入れる段階ではないと見た時は私達には為す術がないのです」

「シルバーバーチの霊訓」より→「地上に霊的教育が欠如しているのは間違いありません。また虚栄心、自惚れ、指導霊崇拝がはびこっているのも残念ながら事実です。基本的な真理が疎かにされて実質的には地上に何の益ももたらさない脇道が開拓されております」

「シルバーバーチの霊訓」より→「が、あなたがもし私と同じ位置に立って眺められたら明日はどうなるかについての一切の心配も恐れも不安も消えてしまう事でしょう。あなたの背後には宇宙最大の霊力が控えているのです。その力は決して裏切りません」

「シルバーバーチの霊訓」より→「地上へ誕生してくる魂には例外なく自我の開発のためのチャンスが用意されております。誰一人として放ったらかしにならないように摂理が出来上がっているのです。それは絶対不変ですし、しくじるという事がありません」

「シルバーバーチの霊訓」より→「私達も決して皆さんを放ったらかしには致しません。引き上げてしまうような事は致しません。霊力は既に地上にしっかりと根づいております。それを打ち消せるものは何一つ存在しません。必ずや所期の目的を成就します」

「シルバーバーチの霊訓」より→「地上世界は今、進化の過程における一つの危機に差しかかっており一触即発の状態にあると言ってもよいでしょう。しかし人類はこれをきっと切り抜ける事でしょう。地球の最後、人類の終焉が近づきつつあるかの予言や警告に耳を貸してはなりません」

「シルバーバーチの霊訓」より→「神は地上の人間によってもたらされる破壊や損害に限界を設けております。地球全体を破壊させるほどの力も人類全体を殺戮するほどの力も地上には存在しません。人間がいかに複雑で性能のいい科学技術を発明してもそれによって為し得る事は限界があります」

「シルバーバーチの霊訓」より→「霊的な力は人間が製造しうるいかなる物的な力よりも強大です。物質は本性そのものが霊に劣るのです。物質は霊の働きかけがあるからこそ存在できているのです。霊が引っ込めば物質は分解します。人類が危機的段階を切り抜ける上で霊が圧倒的な支えとなります」

「シルバーバーチの霊訓」より→「背後霊の存在を信じる事です。機が熟した時に必要な援助があります。条件が整い正当な必要性がある時は背後霊は地上に物的な結果を生じさせる力があります。私達もそれを何度もお見せしてきました。これからも必要に応じて行使します」

【過去コメ】人間には自由意志があります。しかし僕の経験からあえて言うと、その自由意志とは向上を望まない者が行使するものであって、向上を望む者には道は一本しかなく、いやが上にも導きに従わざるを得ないのです。小我を働かせて導きを拒絶する限り向上は望めず、地上圏をうろつく事になるのです

「シルバーバーチの霊訓」より→「霊的指導者の人生は全て同じパターンを辿ります。惨い仕打ちを受ける試練の時期があり、基盤としていたものが全て瓦壊したかに見えて悲哀が身に染み煩悶する危機的時期があります。もはや導きと理解を求める所はいずこにも無いかに思う事があるものです」

「シルバーバーチの霊訓」より→「人のために生涯を捧げる使命をもつ者は過酷な試練を体験し、もはやこれ以上は耐え切れないと思うギリギリの淵まで追い詰められ試され、地上のいかなる者からも救いの手は差しのべてもらえないと思える深淵まで落ちてみなければならないのです」

「シルバーバーチの霊訓」より→「そこに至って初めて魂が目を覚まし、霊界から届けられる豊かさと力と導きと叡智と愛とを受け入れる用意が整うのです。過酷な体験の目的は慈悲の心を芽生えさせる事にあるのです。慈悲の心なくしては霊覚者も治療家も真の意味で人を救う仕事はできないからです」

「シルバーバーチの霊訓」より→「それしか方法はないのです。太陽が燦々と輝き、何不自由ない安楽な生活の中で果たして自我の開発が望めるでしょうか。試練を経ずして魂の崇高性が発揮されるでしょうか。何一つ学ぶ事のない生活を送っていて一体どういう精神的発達が望めるのでしょうか」

「シルバーバーチの霊訓」より→「そのうちあなたも地上生活を振り返って“厄介な問題こそ有難かったのだ。あの苦労があったからこそ人生の目的を悟り自我の開発の道が見出せたのだ”と思われる日がくる事でしょう」

「シルバーバーチの霊訓」より→「あなたがたった一人の人間に自我を見出させてあげる事ができたら、たった一人の人間を喪の悲しみから救い出してあげる事ができたら、たった一人でも病の人を癒してあげる事ができたら、それだけであなたの人生は価値を持つ事になるのです」

「シルバーバーチの霊訓」より→「それを可能にさせる力があなたの身のまわりに存在し、あなたを包み、守り、指示を与え、あなたの大切な財産である神性と霊的能力の開発を続けさせてくれている事を認識しておられるあなたは、何と恵まれた方でしょう」

「シルバーバーチの霊訓」より→「光を見出すのは闇の中にあってこそです。人生は全て両極性、苦労なしに魂は自我を見出すチャンスはありません。苦難がその触媒となるのです。霊的に向上し、喜んで人のために自分を犠牲にする覚悟ができるようになる、その手段として用意されるのです」

【過去コメ】僕が言うのもなんですが皆さま、本を読みましょう☆素敵な本はたくさんあります。(ブログ“さらにさらに書籍紹介です♪”参照) そして困難、苦難から逃げることなく、勇気をもって真正面から立ち向かいましょう☆艱難辛苦の先に光がある、これだけは間違いありません☆僕が証人です☆

未分類

Posted by たきざわ彰人(霊覚者)