「ピーチピチ(佳子)ケコーン」に関する霊団のメセ、まだ少しあるのです。ブログ書くべきでしょう(祈)†

まずは「フラー13」本体デザインの進捗、実は相当苦戦してまして、と言うのも航行モード時に4匹のちょうちょちゃんが羽を広げた状態で止まれる「プラットフォーム」をデザインせねばならず、フラーは総じて線が細いですからそのプラットフォームの面積を捻出、確保するのに相当苦戦しました。何とかアイデアをしぼってプラットフォーム(脚部)のデザインほぼ完了中。あとはコクピットブロック(胴体)、おしべめしべ(頭部)、花びらのデザインを決めれば、アナログ絵274「フラー13設定資料」として紙の上で各パーツを組み立てられますが、モチョト時間がかかりそうです。今後の展開次第でフラーのデザインが重要な意味を持ってくる可能性があるため、手抜きはできません(常にそのつもりでデザインしてますが)詳細説明はあと、とにかく急ぎます。

そして「ピーチピチ(佳子)ケコーン」 wp.me/pa9cvW-2DO に関する霊団からのメセは実はまだ少しありまして、それもブログとして皆さまにご紹介する必要があると思います。ピーチピチ(佳子)のこれまでの人生についてのメセもあります。絶対に許してはならない人権蹂躙と言える内容であり、強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁がピーチピチの人生を自分の下劣な欲望のために台無しにし続けた、その厳然たる事実を特に女性陣の皆さまに知って頂かねばなりません。ひとつだけインスピレーション「父の尊重取る」これはつまり文仁が「自分を褒め称えろ」とピーチピチ(佳子)を脅し続けていたというメセ、それをピーチピチが無しにするという意味です。家族でも親子でも何でもないのです。明仁、文仁、徳仁、悠仁、コイツらは幼い女の子を遊びで強姦殺人しまくる人類史上最大級のキチ〇イなのです。何としても死刑にして滅亡させ、ピーチピチ(佳子)に女性として当たり前の幸せのルートを選択させてあげなければならないと思うのは僕だけの自分勝手な考えでしょうか。そうではないと信じます。日本中が強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を守り通そうとして僕を無視し続けていますが、強姦殺人ほう助の人間たちは確実に地獄に落ちます。【神の因果律】の名の下に(祈)†

[ditty_news_ticker id="10162″]

未分類

Posted by たきざわ彰人(霊覚者)