■アナログ絵314、全6ページ中1~3ページUP。香世子さん、野川萌ちゃんの初登場となります(祈)†

Pocket

314—–
1ページ
フラーデッキ内屋外ステージでのコンサート
ももちゃん、シルキーにとっては「フルートの発表会」
香世子さん(ボーカル、クレスのトップアイドル)野川萌ちゃん(ボーカル、震災の津波で帰幽した女の子)ももちゃん(フルート)シルキー(フルート)
バックバンドメンバー
奥にイエス様、ヨハネ氏も

2ページ
曲の終了、フラーデッキ内の拍手
僕「香世子さんいいわぁぁぁ♪」
センナちゃん「……」
喜ぶメインの4人
歩み出るイエス様、ヨハネ氏

3ページ
イエス様「美しい音楽をお聴きの皆さん、このコンサートには「下層界の救済」という大目的が込められています」
イエス様「私たちはこのような素晴らしい船(クレス)で霊的進歩向上の生活を送っていますが、物質界には私たちの想像もつかないようなキビシイ環境での生活を余儀なくされている子供たちがいます(奴隷の女の子)」
イエス様「その原因の根本を辿ると「霊的知識の無知」に帰着すると言っていいでしょう。【神の因果律】の完璧な働きを理解していれば、少なくとも自分の未来を地獄に落とす行い(悪行)はしなくなるはずだからです」
イエス様「物質界での霊的真理の理解度はまさに絶望的な状況であり、無知がはびこっています。帰幽後の霊界生活こそ我々人間の本来の生活である事をほとんどの人間が理解しておらず、無意味な物的享楽にあたら興じて人生をムダにしています」

はい、アナログ絵272でセンナちゃんがももちゃん、シルキーにフルートをプレゼントしました。ももちゃんは音楽的素養があったようであっという間に上達し、シルキーも芸術的分野はももちゃんほどではないにしろフルートそのものはシルキーにとってはそれほど難しいものではありませんので、アナログ絵304~306にありますように練習して十分に上達し、いよいよ発表会当日を迎えたという一連のストーリーが、今回のアナログ絵314、次回の315にて完結する事になります。

■2019年8月9日UP■
■アナログ絵272、3ページストーリーUP。奴隷の女の子、ももちゃん、シルキーを描き続けるのです(祈)†
ももちゃんとシルキーの何でもないかわいらしい日常の1ページを切り抜いたちょっとしたストーリーです、わざとこういうほのぼのストーリーを描いているのです。こういう女の子たちの心、人格、人権、夢を強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁は完全に無視して、少年が昆虫の足をちぎって遊ぶように女の子を四肢切断、強姦殺人して遊びまくっているのです…続きを読む→
■2020年9月9日UP■
■アナログ絵304UP、ももちゃん、シルキーはフルートがだいぶ上達しました(祈)†
今回のストーリーではももちゃん、シルキーがフラーで「遠出」をしていますが、これは物質界では絶対に有り得ない事ですね。小さい女の子がふたりで遠くまでお出かけなんて絶対に有り得ません。これはクレスの境涯(上層界)だから可能な事であり、ももちゃん、シルキーはちゃんと高級霊の方々の管理下に置かれた状態でフラーを駆っているのであり、さらにはふたりの親代わりである霊体の僕が、ふたりにもしもの事があれば(もしもの事などありませんが)思念移動で瞬間的に駆けつける事ができますから(霊界に距離の概念はありません)ふたりの安全は確保されているという事になります…続きを読む→
■2020年9月21日UP■
■アナログ絵305UP。ももちゃん、シルキーを描き続けるのは意味があっての事なのです(祈)†
そのももちゃんを霊団は見殺しにした、奴隷の女の子たちの救出に霊団は全然本気じゃない、コイツら絶対に許さない、僕はそう思っています。で、もちろん霊団以上に強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁が許せません。ももちゃんの死肉を笑いながら食べたバカヤロウが、僕に向かって半笑いで爪楊枝で歯をシーシーしながら「そんな女の子最初からいませんよ笑」とか言ってくるシーンを想像すると…この怒りのレベルは言語を超越しており表現のしようがありません…続きを読む→
■2020年9月28日UP■
■アナログ絵306UP。【フラーの指輪】山で霊団が推してきたストーリーとなります(祈)†
おねえちゃん(センナちゃん)へのプレゼントを惑星の草原でなくしてしまい泣いているももちゃんとシルキーに、フラー13とフラー06ver2.0が反応する、という内容なのですが、正確にはアナログ絵259の1ページの解説にありますように、フラーそのものにはそこまでの感情表現はありませんので、今回のストーリーも2機のフラーを介して「ももちゃんの守護霊」「シルキーの守護霊」が影響力を行使した、という事になります…続きを読む→

今回のフルート発表会では過去アナログ絵にて描いた事があるふたりのキャラを初めてストーリーに登場させました「香世子(かよこ)さん」と「野川萌(のがわもえ)ちゃん」です。

香世子さんは「クレスのトップアイドル」的ポジションでの登場としました、理由は以前、幽体離脱にて香世子さんの「アイドルそのもの」といった感じの映像を拝しているからです。香世子さんと言えばこのブログに尽きます。「※だいぶ前に書いたブログです。 香世子さん熱唱☆変幻自在超絶美麗ライブ! wp.me/pa9cvW-1C4 」

「クレスのトップアイドル」としてストーリーに登場させる以上、それにふさわしいキャラデザインへのブラッシュアップが必要でしたので、霊界生活中の香世子さん本人に「これ全然別人じゃない」とだいぶ怒られてしまうとしてもあえて大幅なイメージの変更を行わせて頂きました。過去のアナログ絵で描いた香世子さんと今回の香世子さんは確かに全然違う絵になってしまっていますが、ストーリーの展開上必要なイメチェンだったという事であしからず。(実物の香世子さんはハッキシ言って“カワイイ”んですよ♪ その辺のアイドルに全然負けてないという意味も込めてのストーリー初登場という事ですね)

そして野川萌(のがわもえ)ちゃんですが、僕の霊性発現(2012年6月)ごく初期の頃に幽体離脱にて萌ちゃんとの鮮明な出会いがあり、その様子をアナログ絵22にて描きました。絵の中でテキストにて説明がありますように、萌ちゃんは地上では聴いた事のない独特なメロディの歌を聞かせてくれたのでした。(多分あの曲は萌ちゃん作曲だろうと思いますが)その時の経験をふまえて今回、香世子さんとのツインボーカルというカタチでストーリーに初登場させる事としました。

萌ちゃんもせっかく登場させるからにはだいぶ昔に描いたアナログ絵22の雰囲気そのままという訳にはいきませんので、僕なりにブラッシュアップした描き方にしたつもりです。幽体離脱から肉体に帰還してトランスを維持している時、萌ちゃんが僕の霊聴に「スッゴク幸せ♪」って言ってきてくれた事が今でも鮮明に思い出されます。その時の感謝の意味を込めてのストーリー初登場となります。

そしてせっかく僕の幼なじみで、幽体離脱、インスピレーション等で何度も僕にコンタクトしてきてくれている香世子さんを登場させたからには、当然香世子さんを推すストーリー展開にする必要があるという事で僕のキャラもだいぶ「ミーハー」な描き方としました。アナログ絵315でもこのミーハーは続きます。

霊体の僕は場違いなミーハーでセンナちゃんが呆れ返っていますが、ストーリーとしてはイエス様が真剣に使命遂行のお話をして下さっています。が、皆さまくれぐれもお間違えの無いようにして頂きたいのですが、今回ストーリーの中でイエス様が語っている内容はもちろんイエス様ご本人のお言葉ではありません。僕、たきざわ彰人が考えたテキストを「キャラクター、イエス様」に語らせているだけであって断じてイエス様のお言葉ではないという事、そこだけお間違えの無いようにして頂きたいと思います。

これまでの使命遂行の道程でイエス様から複数のお言葉を賜った事がありますが、特に印象に残っている言葉としては「山をナメるな!」と「パーフェクト!」ですね。詳細説明は割愛です。アナログ絵133で少しだけ描いていますが。(このイエス様の装束「生体ローブ」は霊団に「0点」と言われて強烈なダメ出しを喰らっているデザインですので、もう描く事はありません)

はい、止まらずアナログ絵315の描画に入ります、この一連のストーリーを早く完結させてしまいましょう。そしてアナログ絵316でさらに新たなキャラをストーリー初登場させようかなと考えています。霊団が横やりを入れてくる可能性があるキャラと言えなくもないので、このアイデアを霊団にボツにさせられる可能性がなくもないですが…。

そして今回のアナログ314は初めて「AFFINITY Photo(アフィニティ フォト)」にて全ての作業を完結させました。Photoshopを一切使わず絵の作業を完結させたのは僕にとっては異例中の異例です。ただ何しろ初めての作業でしたのでjpgエクスポート時の設定がうまくいかず色味がだいぶいつもと違う感じになってしまっています。今後修正していく事になります、一気に上達はムリです、段階を追ってお勉強していきましょう。

AFFINITY Photoについては別の機会で語らせて頂きます。まずはアナログ絵314のUP、そして止まらず315に突入するというご報告のみ(祈)†

HOME | ピーチピチ(佳子) | 切断死体の撮影 | 処刑遊び | コイツら死刑 | 暗殺 | 放火 | Dreamwork | Profile | アナログ絵 | フラー | コメントファイヤー | | 山駆けるヒカリ | 葛飾北斎の墓 | 主なブログ | 全ブログURL | 動画 | 霊関連書籍 |

カテゴリー: 未分類   作成者: たきざわ彰人(霊覚者) パーマリンク

たきざわ彰人(霊覚者) について

元画家、山を愛する霊覚者です。果てしない山へのアタック及び高負荷の作品描画によって霊性発現となりました。イエス様の怒涛の連続顕現に浴させて頂き、イエス様のご意志に従い霊的知識普及の使命遂行中です。イエス様ハンドリング(霊の導きに従う)により強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁は死刑になり「人類の恥」となります(祈)† 日本の象徴は「富士山」であり、断じて強姦殺人魔ではありません。 The symbol of Japan is "Mt. Fuji", it is not a rape murderer at all. 日本の天皇一族は強姦殺人魔です。死刑にしましょう。 The Emperor family in Japan is a rape murderer. Let's make a death penalty.

コメントを残す