AffinityPhoto作業風景のキャプチャテストをしているのですが…(祈)†

アナログ絵30

WordPressの経験では90%の方々がスマホでブログをご覧になっています。つまり僕がこれから制作する電子書籍も間違いなく90%の方がスマホでお読みになる事が予測されます。で、AffinityPhotoの作業中の画面をプリントスクリーンして説明テキスト等を付加して画像として書き出してAffinityPublisherに貼って実際の表示で見てみると…小さくて何が書いてあるのかさっぱり分かりません。

これはAffinityPhotoをキャプる事そのものをやめた方がいいかもと思い始めました。そうなると説明方法をさぁどうしようかという事になります。画像は多用したいですが小さくて何が書いてあるかさっぱり分からないものを多用するくらいならテキストメインの説明方法に開き直るべきかも知れません。さぁどうする。

本番用のシルキーの線画を描き終えているのにカラーリングを始められません。いろいろな電子書籍を見て回ってますが表現方法はどれもまちまちで結局は「僕がどの表現方法で行くか線引きする」以外になさそうです。絵の描き方の本ですから画像で説明しなきゃ意味がないと思いますが、さぁモタモタしてられない、もう決めないと。

んんんんんーブログネタがまたたまってしまってアンティドキュメント状態になるから一旦ブログに戻ろうかな、さっきから霊団がずっとムカつく事を言い続けてます。コイツらは〇〇です、普通にそう思います(祈)†

未分類

Posted by たきざわ彰人(霊覚者)