リフローでの書籍制作について調査中、そしてiPadPro導入も検討中(祈)†

まだリフローの書籍を作った事がありませんので推測でしかありませんが、調べた感触だと、リフローで書籍を制作すれば1冊目2冊目の「固定レイアウト」の制作時間の1/3~1/5くらいの時間で制作できるのではないかと予測しています。今より「速い」事だけは間違いなさそうです。

リフローの見た目がどうしても気に入りませんが「制作時間およびパワーの削減」の方がプライオリティは上でしょう。1冊目2冊目の制作は本当に大変でした、モノスンゴイ時間とパワーをもっていかれて使命遂行の作業が完全にストップしてしまいました。

それを思えば5分の1の時間で本を完成させられるのならメリットの方が大きいでしょう。5分の1と言ったらトレイルムービー1、2本分の作業時間くらいの計算になりますから「ならリフローの電子書籍を作りながらトレイルムービーも復活させられるかも知れない」という事になります。それは画期的です。

そして使命遂行本命作業はもちろん「ブログテキスト撃ち」「アナログ絵描画」ですが、家にいる時はシルキー(DesktopPC)でテキストを撃ち、アナログ絵は机に向かって原稿用紙とシャーペンで描きますが、このふたつを出先でもできるようにしなければなりません。これスゴク大事です。

テキスト撃ちは45分ノートで問題なくできますが、アナログ絵を出先でガシガシ描くのが少しキビシイ状況になっていまして、そこを改善しないといけません。今までは紙とコンパクトライトスタンドを持って行って出先のテーブルで広げて描いていましたが、その状況で描くのがチョト難しくなるかも知れないのです。

それをiPadProで何とか解決できないかという事でさらにアレコレ調べてます。僕が最高に気に入ってど真ん中で使用しているAffinityPhotoには「iPad版」というものがあります。iPadでお絵かきするのは全く問題ないという事になりますが「iPadは高い」んです。そこが僕には大問題なんです。

えーもう明日の山のアタック準備ですので細かい説明はアタック帰還後にさせて頂きますが、リフローはやるでしょう間違いなく。iPadPro導入は数字的に微妙です。ただiPadを導入すればアナログ絵制作時間も間違いなく短縮できると予測します。時間の方が絶対的に大事ですので導入するかも知れません。まずはここまで一旦切ります(祈)†

未分類

Posted by たきざわ彰人(霊覚者)