【6/18】霊関連書籍の内容の抜粋です(祈)†「スピリチュアルストーリーズ」

—–第11話
『スピリチュアルストーリーズ』【第11話 やさしい心】天国の保育園に来てからのジョンは、毎日のように新しいこと、それまで思ってもみなかったことを教わったり発見したりしています。今日も先生から、花について、こんなたいせつなことを教わりました。

『スピリチュアルストーリーズ』その日のジョンは、お友だちのローズマリーといっしょに、ローズマリーのつくったお花畑を歩いていました。そのとき、ふとジョンは、その花畑が地上の花畑とどこかちがっていることに気がつきました。

『スピリチュアルストーリーズ』どこがちがうのかというと、ローズマリーのお花畑には〈花壇(かだん)〉がない、ということです。花壇というのは、花を1つの場所に集めて、いろいろとくふうをこらしてつくった畑のことです。

『スピリチュアルストーリーズ』ジョンは、地上ではそのような花壇に、同じような花がたくさん植えられていたはずだ、と思い出しました。でも、天国のお花畑には、そのような場所がどこにも見当たらないのです。いろんな種類の花が、わずかに1本ずつ、ときには2、3本ずつ、→

『スピリチュアルストーリーズ』→あちらこちらに咲いているのです。何かわけがあるのかしらと思ったジョンは、さっそく先生にたずねてみました。先生はいつものように、たいへんうれしそうに次のように話してくれました。先生は、よくわからないことをすなおにたずねる子どもが→

『スピリチュアルストーリーズ』→大好きなのです。「地上では、お花は、人間の目を楽しませるために植えるのです。ですから、きれいな花を1つの場所にたくさん植えるようになるのです。ですが、天国ではちがいます。天国の花は見せるためにあるのではありません。」

『スピリチュアルストーリーズ』「それぞれの花がそれぞれの個性のままに美しくなるように育てられているのです。そして、たいせつなことは、その花のいちばんの養分は、人間からいただくやさしい心、愛の心だということです。やさしい心で育てられれば、」→

『スピリチュアルストーリーズ』→「お花はますます美しく育ちます。もしも人間からやさしくされなくなると、お花はすぐしおれて、いつのまにか消えてなくなります」

『スピリチュアルストーリーズ』このお話を聞いているうちに、ジョンはしだいにうれしさがこみあげてきました。自分で植えた花が、自分のやさしい心ひとつで、いくらでも美しくなってくれるのだと思うと、うれしくてたまらなかったのです。

■2021年1月15日UP■
「僕を殺す事はできないんだよ」霊団によると僕の暗殺はないそうですが問題はそこではありません(祈)†
「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁が「僕、たきざわ彰人を暗殺して、僕などという人間はまるで最初から存在していなかったかのように完全に無視してすっとぼけ続け視点外しのニュースを流しまくってゴマかすつもりだった」という事ですが、もうそれもできなくなったという事です。つまりもう僕、たきざわ彰人の存在および明仁、文仁、徳仁、悠仁の邪悪の正体が相当に知れ渡っているので、この状態で僕を暗殺してみたところで「ヲイヲイ!タッキーのブログの更新が止まったぞ!ホントに暗殺されちゃったぞ!」という感じに騒ぎになり、暗殺イコール僕のブログの真実性の証明につながる訳ですから、もう明仁、文仁、徳仁、悠仁は僕を殺す事もできない、もう手出しできないという意味で間違いないでしょう。もうすっとぼけられないまでに拡散した、という事でしょう…続きを読む→
■2021年1月10日UP■
「悲劇のど真ん中にあるんですよ」奴隷の女の子たちの現状です、救出に理由は必要ありません(祈)†
「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の未来は「死刑」以外に有り得ないと公言してはばかりませんが、僕は上記の説明のような理由でももちゃんに対してとても愛情を持っています。そのももちゃんが、国民にウソ洗脳ニュースを流し続けて善人を装っている「宇宙一のバカ」徳仁に笑いながら四肢切断、強姦殺人されておっぱいの肉を食べられたとしたら、そのももちゃんのおっぱいの肉を焼肉にしてネギソースで食べた徳仁が、つまようじで歯をシーシーしながら「ももちゃん?そんな人間は最初からいませんよ♪ハァ―美味しかった♪笑」と言ってきたら、娘さんをお持ちのお母さま、お父さま方はどのようにお感じになられますか。コイツだけは絶対にこの手で殺す…続きを読む→
■2021年1月9日UP■
「あー何とかしたい」明仁、文仁、徳仁、悠仁を何とか死刑にしたいという皆さまの思念です(祈)†
コイツらふざけすぎだ絶対許せない、日本の邪悪は全てコイツらから始まってるんだ、なぜこの世界最大級の犯罪者に金を払い続けなきゃいけないんだ、大量強姦殺人魔は死刑以外に有り得ない。いかがですか皆さま、こういう感情が湧いてきませんか。【神】が僕たち人間全員に与えて下さったプレゼントは決して判断を誤りません。常に人間として正しい回答いわゆる「善なる指標」を皆さまの心にひらめかせてくれるものです。判断に困った、迷った時こそ「自分の心に聞いてみる」のです。そうすれば【理性・良心】から正しい回答が降ってくるはずなのです。僕たち人間の心はそういう風にできているからです。「宇宙一のバカ」強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁に完全に牛耳られている洗脳の旗手、各種マスコミが流してくる「視点外し、ウソインチキ洗脳ニュース」等々それらの情報にポンポコホイホイあっけなくダマされ続けて生活するのを僕たち日本国民はいい加減にやめねばならないところに来ています…続きを読む→

未分類

Posted by たきざわ彰人(霊覚者)