徳仁に放火されても最低限必要なものを持って逃げられる「脱出キット」を準備しておくべきかも知れません(祈)†

Pocket

【徳仁に放火されても最低限必要なものを持って逃げられる「脱出キット」を準備しておくべきかも知れません(祈)†】まずデータバックアップしている外付HDと様々なパスワードをメモしている用紙、ホントはシルキー(PC)も持って脱出したいですが火の手の中では無理でしょう。僕は何しろ超健康体で俊敏ですので肉体の脱出はできるでしょうが、シルキーや山のザック、ウェア等の愛用品を失う事になります。そして間違いなく119番しても、徳仁の命令で消防車はなかなかやってこないでしょう。家は全焼する事になります。僕は霊的知識に基き「物質に興味はない」と公言し続けていますが、徳仁が放火した事による物的損失に対する怒りは想像を絶するものでしょう。それでも僕はどんな手段を使ってでもブログを書いて、皆さまに徳仁の放火の詳細を紹介させて頂き、強姦殺人魔、天皇一族の滅亡につなげる覚悟です。現在、実母と長男夫婦は外で僕の暗殺計画を話しているものと思われます。しかし僕には霊団からの先行情報があります。僕はイエス様と約束をしたのです。その約束を果たし切る事だけが、僕が地上に残されている理由なのです…(祈)†

アナログ絵165_1 アナログ絵165_2

コメントを残す