徳仁は僕を「放火」で暗殺するつもりです。家に来たポリーチェ(POLICE)はその先遣隊だった…しかし霊団は何も言ってこないのです(祈)†

Pocket

【徳仁は僕を「放火」で暗殺するつもりです。家に来たポリーチェ(POLICE)はその先遣隊だった…しかし霊団は何も言ってこないのです(祈)†】えー霊団はそんな事一言も言ってきてませんが、僕なりにある結論に到達しています。それは徳仁が僕を「放火」で暗殺するつもりで再びポリーチェ(POLICE)に悪の命令をしたという事です。以前は徳仁が僕を「ウソ発見器」にかけて冤罪にして監禁するつもりだった事をブログで書きました。その計画を僕に簡単に見破られて頓挫してから徳仁はノーアイデアだった訳ですが、今度は僕を家ごと「放火」で焼き殺す事を考えているようなのです。えー何しろ霊団が何も言ってこないので僕の独断で勝手な事は書けないのですが、少しだけ説明します。まずポリーチェは2015年の僕の「脅迫罪」の訴えを反故にした件で家にやってきますが、謝罪するでもなくフレンドリーに当たり障りのない話をしてくるのです。よくよく考えたらこれほど不自然な事はありません。ポリーチェが僕のブログを読んでいない訳がありませんので、徳仁の命令を受けてやってきたと考えるのが最も通常です。→
天皇一族画像攻撃14 
→そしてポリーチェは実母と外に出て僕に聞こえないように話をするのです。それから数日後、昨日ですが、実母が「おかしな事」を言ってきたのです。昨日僕が究極に頭にきたというブログを書いてしまいましたが、それは実母が持ちかけてきた話の事で「近所に一軒家を買ってやるからそこで暮らせ」というものでした。僕は使命遂行のために極貧生活を強いられていますので、家賃を払わずにすむというのは一見「良い話」のように聞こえます。しかしこの話は絶対に有り得ない事なのです。実母は「金の亡者」です。その実母が嫌っている僕のために800万とか1千万とかを太っ腹にポーンと出すという事は絶対に有り得ません。そして引っ越しするのは僕なのに、僕に何の相談もなく買う家まで決めてあって「明日不動産屋が来るから考えといて」というのです。このセリフがまたおかしいのです。僕は実母のキャラクターを深く知っていますが、これは実母のセリフではありません。僕は実母の事を「イツツユビナマケモノ」と呼んでいますが、つまりそれくらい動かない、行動力も決断力もない(これに関しては過去の経緯が色々ありまして、説明省略)→
アナログ絵218 
→そういう人間が引っ越し当人の僕に何の相談もなくすっかり段取りを整えて「考えといて」これが絶対に有り得ないのです。つまり実母以外の誰かが計画して、それを実母がやらされていると考えればストンと納得がいきます。それがポリーチェ(POLICE)ですね。そのポリーチェに命令しているのは誰ですか?そう、徳仁ですね。そして実母は間違いなく、僕の暗殺に協力した謝礼として徳仁から大金を受け取るはずです。それをポリーチェに聞かされて実母はふたつ返事でオーケーした…その近所の家もポリーチェが探したもので、その購入金は徳仁のポケットマネーという事になります。そして僕をひとり暮らしの状態にさせてから家ごと焼き殺すつもりだった…。と、現時点でこのような結論に達しています。実母の話は「バ〇か」と一蹴してますので僕の引っ越しはありませんが、徳仁が家を買ってくれるので実母がそちらに引っ越して現在の家に僕がひとり、という事になって「放火」される可能性もあります。とにかく霊団がこの件で何も言ってこないのが腑に落ちません。霊団ちゃんと説明しろ。放火されたらあんたたちの責任だぞ。どういう事なんだよまったく…(祈)†
蛮族画像03ha 

コメントを残す