【1/5】2012~2013年ごろに撃った霊関連書籍の内容の抜粋です(祈)†

『シルバーバーチの霊訓⑪』
霊的に進化するにつれて人間は、霊的実在についての知識を基盤とした明確な原理に則って生きなければならない事を自覚するようになります。所詮完璧な生き方は望むべくもありませんが、改善の余地は大いにあります。

『シルバーバーチの霊訓⑪』
地球は生命活動に場の一つに過ぎず、これからもっともっと多くの生活の場を体験する事になっており、それが永遠に続くのです。地上生活なんかいい加減に送ればよいと言っているのではありません。あなたが送るべき全生活のホンの一かけらに過ぎない事を申上げているのです

『シルバーバーチの霊訓⑪』
その地球をよりよい生活の場とするために努力なさってください。地球は宇宙の惑星の中でも最も進化の程度の低い部類に属します。が、それなりの進化の目標があります。

『シルバーバーチの霊訓⑪』
同時に、進化とは永遠の過程でもあります。完全という事は永遠に達成できないのです。なぜなら完全に近づけば近づくほど、その先にまだ達成すべきものがある事を知るからです。

『シルバーバーチの霊訓⑪』
【我々スピリチュアリストは形骸化しつつある古い宗教と対決し反抗する事に多大の時間とエネルギーを注ぎ込んでいるようですが、もう一つの宗教である―信奉者は宗教と呼ばれる事を拒否なさるかも知れませんが―マルキシズムないしコミュニズム(共産主義)については―】

『シルバーバーチの霊訓⑪』
【―全く言及しておりません。今では少なくとも思想上の共鳴者は人類の三分の一にも達しています。既成宗教のいずれよりもはるかに頑強で、その影響力は強烈です。これこそ純粋な唯物感を説いている点で我々の本当の敵ではないかと思うのですが…―】

『シルバーバーチの霊訓⑪』
コミュニズムというのは何の事でしょうか。【マルクスとレーニンとエンゲルスの著作をもとにした政治的ならびに社会思想と言ってよいかと思います―】もしコミュニズムが真の協調性を意味し、―

『シルバーバーチの霊訓⑪』
―階級上の差別もなく住民がお互いに助け合う心をもった社会の事であるとすれば、現在の地上世界で思想的にコミュニズムを標榜している国家にはそういうものは存在しておりません。私の言わんとするところを明確に述べてみましょう。

僕の周りは理解者ゼロですが、日本の、世界のどこかに、僕の蒔いたタネを受取って、僕たちが地上生活中に知らなければいけない大切な事に気づいてくれる人がいる事を…ただひたすら祈ります。今日も、イエス様及び守護霊様のご意志に従い、霊的知識のタネを蒔いて蒔いて蒔きまくるのです☆(本気祈)
—–

『シルバーバーチの霊訓⑪』
地上社会の問題のそもそもの根源はマテリアリズム(物質偏重・唯物思想)にあります。皆さんはそれと真っ向から対立するスピリチュアリズムを提唱し唱道なさっている訳です。そして霊が実在である事が単なる理論ではなく事実である事の証拠を提供しております。

『シルバーバーチの霊訓⑪』
私と同じく皆さんは、ナザレのイエスをリーダーとする神庁の霊団によって考案された霊的大計画の一環として、霊力を地上へ送り届けるだけでなくそこにしっかりと根づかせ、いかなる地上の勢力がたとえ束になってかかってもそれを駆逐できないようにするために、―

『シルバーバーチの霊訓⑪』
―本日もこうしてここに集まっている訳です。今まさに世界中にそのための霊的橋頭堡が設営され地固めされつつあります。それはさらに多くの橋頭堡を築くためです。霊力はすでに地上にしっかりと根づき、その恵み深い影響力を発揮しております。

『シルバーバーチの霊訓⑪』
公的には禁じられている国々においてすら働いておりこれからも働き続けます。皆さんは明日の事を思い煩う必要はどこにもなく最善を尽して私たちに協力して下さればよいのです。そのうち徐々ではありますが地上のガンである物欲が除去されつつある事に気づかれるでしょう。

『シルバーバーチの霊訓⑪』
【コミュニスト(共産主義者)の指導霊というのも存在するのでしょうか―】そういう質問をされて私がどういう受取り方をするかを説明しますのでしっかりと理解してください。私はラベルというものには全く関心がありません。私にとっては何の意味もありません。

『シルバーバーチの霊訓⑪』
地上世界ではラベルが大切にされます―共産主義者、社会主義者、保守党、労働党、スピリチュアリスト、セオソフィスト、オカリスト等々、挙げていったらキリがありません。しかし大切なのはラベルではなくその中身です。

『シルバーバーチの霊訓⑪』
コミュニストという用語の起源は物的財産は共有するのが正しいと信じた遠い昔にさかのぼります。それ自体はとても結構な事です。いかがでしょう、有り余るほど持っている人が足りない人に分けてあげるというのは公正な事ではないでしょうか。

『シルバーバーチの霊訓⑪』
教師というのは持てる知識を持たざる生徒に譲ってあげようとする人の事ではないでしょうか。分かち合うというのは立派な原理です。私達がこうして地上へ戻ってくるそもそもの目的もやはりそこにあります。皆さんは私達から学び私達は皆さんから学ぶという事です。

【過去コメ】何度も言ってます。僕がなぜこれほどまで果てしなくパワーをかけまくって抜粋を続けてると思われますか。これがほんのおふざけだと思われますか。僕たちは、地上生活中に知らないといけない大切な事があるんです。だからタネを蒔きまくってるのです。それがイエス様、守護霊様のご意志なのです(祈)
—–

『シルバーバーチの霊訓⑪』
聖書にも“地球とそこにあるもの全ては主のものなり”(コリント①10.26)とあります。これは人間は地上のものは何一つとして所有できない―自分のものとはなり得ない事を意味します。地上にいる間だけリースで所有しているようなものです。

『シルバーバーチの霊訓⑪』
永遠に自分のものではありません。地上のゴタゴタは皆が自分が一番いいと思うものを少しでも多く自分のものとしようとする―一番悪いものを欲しがる者はいません―そこから生じております。

『シルバーバーチの霊訓⑪』
その結果として強欲、貪欲、私利私欲が王座に祭り上げられ、物欲第一主義が新しい神として崇拝される事になります。

『シルバーバーチの霊訓⑪』
地上には物欲優先の副産物が、見るも痛ましいほどはびこっております。悲劇・卑劣行為・飢餓・栄養失調・残虐行為・動物実験、こうしたものは全て物欲を優先させる事から生じる恐ろしい産物です。

『シルバーバーチの霊訓⑪』
みんなで分け合うという理念は結構な事です。コミュニズムという用語そのものに怯えてはいけません。初期のクリスチャンには全財産を共有し合った時期が、少しの間でしたがありました。という事は彼らの事をコミュニストと呼んでもよい事になります。

『シルバーバーチの霊訓⑪』
一つの理念をもつ事と、それを実現するために拷問や抑圧や迫害や専制的手段を用いる事とは別問題です。そこに大事な違いがあります。

『シルバーバーチの霊訓⑪』
ですから、ご質問に対するお答えは、大霊の恩恵を惜しみなく分かち合うべきであると信じて働いているコミュニストの指導霊はいます、という事になります。そこに何ら問題とすべきものはないと思います。

未分類

Posted by たきざわ彰人(霊覚者)