【1/11】2012~2013年ごろに撃った霊関連書籍の内容の抜粋です(祈)†

『シルバーバーチの霊訓①』
これは全てが夢幻しに過ぎない物質界に生きているあなた方にとっては理解の困難な事です。しかしだからこそ実在が見えざる世界にある事、おぼろげに見ている世界を実在と錯覚しないようにと警告する事が私の任務である訳です。

『シルバーバーチの霊訓①』
曇りのない視覚をもって実在が認識できるようになるのは物質界から撤退して内的世界つまり霊界へ来た時です。私は地上の思想上の名称にはこだわりません。団体や組織にも頓着いたしません。霊力の顕現の道具であってくれればよいのです。

『シルバーバーチの霊訓①』
受入れてくれる備えのある人であればどんな人でも導き、教え、私なりの体験から得た叡智を僅かでもお授けするのが私の仕事なのです。

『シルバーバーチの霊訓①』
もう一つの側面として、こうして同志の協力のもとにその霊的真理をより分りやすい形で披露し、それによって一人でも多くの人が調和のとれた地上生活を送る事ができるようにしてあげる事です。

『シルバーバーチの霊訓①』
私にとって大事なのは“道具”です。霊が地上に働きかけるには人間という道具が必要です。そこで確実に霊波を受止めてくれる霊能者を一人でも多く見出さねばならないというのがいつもながら私どもにとって難題である訳です。霊力は無限ですが霊能者の数は限りがあります。

『シルバーバーチの霊訓①』
霊力は無尽蔵ですから霊媒はいくらいても多すぎる事はありません。しかし“師は弟子に応じて法を説く”と言われるように霊力も霊媒の受容力に応じたものしか授けられません。能力以上のものは受けられないのです。

『シルバーバーチの霊訓①』
進化の法則は民族全体、人類全体の単位で働いているように個人単位でも働いております。となると当然あなたは満ちては引き引いては満ちながら進化していく霊力の流れによる様々な影響を受ける訳ですが、問題はその霊力の流れそのものと、霊力が顕現される“場”―

『シルバーバーチの霊訓①』
―民族、国家等の組織の集合体をはじめその働きの場である建物とを混同しない事です。人間はとかく自分の関わった組織や団体にのみ霊力が顕現されているかに錯覚しがちですが、霊力というものは何ものによっても“独占”されるものではありません。

『シルバーバーチの霊訓①』
人間側から勝手に“操る”事もできません。個人としてあなた方にできる事はその霊力の流れる一個の場としてできるだけ純粋であるよう心掛け、できるだけ多くの霊力が顕現されるようにする―つまり人のために役立つようになる事です。

『シルバーバーチの霊訓①』
ついでに申せば現代の地上には無数の“通路”を通してかつてなかったほどの霊力が注がれております。その通路は霊媒に限りません。それとは気づかぬままに通路となっている人も大勢います。また同じ霊力が他の分野においても活用されております。

『シルバーバーチの霊訓①』
神の計画が変る事はありません。あなた方が自らを変えてその計画に合わせなくてはなりません。神の霊力の流れに調和し、日々の生活をその流れに乗って送ればあなた方の地上での存在意義が完うされます。霊力は地上的基準に従って働くのではありません。

『シルバーバーチの霊訓①』
人間の勝手な打算的欲望で働きを早めたり自分の方へ引寄せたりはできません。“風は思いのままに吹く。いずこより来りいずこへ行くか汝らは知らず”(ヨハネ・3-8)

【過去コメ】本の内容をテキスト化してる時、ある文章を撃ってる時に法悦のレベルが上がり“キィィン”って波長が霊聴で聞こえる時があります。きっとその文章の内容が、守護霊様その他の方々が僕に理解して欲しいメッセージなんだと思うんです。なのでその文章には新たに色えんぴつで線を引いてます(祈)
—–

『シルバーバーチの霊訓①』
星は寸分の狂いもなくその軌道上を回り、潮は間違いなく満ち引きを繰返し、四季は一つ一つ巡りては去り、それぞれに荘厳にして途方もなく雄大かつ崇高なる宇宙の機構の中での役割を果たしております。今あなたがそれを変えようとしても変えられるものではありません。

『シルバーバーチの霊訓①』
がその大自然の営みの原動力である霊力と同じものを自分を通して働かせ、そうする事であなた自身もその営みに参加する事ができるのです。神からの遺産を受継いだ霊的存在としてあなたも神の一部なのです。神はあなた方一人一人であると同時にあなた方一人一人が神なのです

『シルバーバーチの霊訓①』
ただ規模が小さく、胚芽的存在にすぎず、言ってみれば神のミニチュアです。あなた方は神の縮図であり、その拡大が神という訳です。霊性の高揚と成長と進化を通じて無限の神性を少しずつ発揮していく事によって一歩一歩、無限なる神に近づいていくのです。

『シルバーバーチの霊訓①』
徐々にではありますが光が闇を照らすように知識が無知の闇を明るく照らして生きます。生長、変化、進化、進歩、開発、発展―これが宇宙の大原理です。一口に進化と言ってもそこには必ず潮の干満にも似た動きがある事を知って下さい。

『シルバーバーチの霊訓①』
循環(サークル)運動、周期(サイクル)運動、螺旋(スパイラル)運動―こうした運動の中で進化が営まれており、表面は単調のようで内面は実に複雑です。

『シルバーバーチの霊訓①』
その波間に生きるあなた方も寄せては返す波に乗って進歩と退歩を繰返します。物的繁栄の中にあっては霊的真理を無視し、苦難の中にあっては霊的真理を渇望します。それは人生全体を織りなすタテ糸とヨコ糸である訳です。

『シルバーバーチの霊訓①』
もし現在の自分に満足しはじめたら、それは退歩しはじめた事を意味します。今の自分に飽き足らず常に新しい視野を求めている時、その時こそ進歩しているのです。

『シルバーバーチの霊訓①』
あなた方の世界には“自然は真空を嫌う”という言葉があります。じっとしている時がないのです。前進するか、さもなくば後退するかです。

皆さん、何よりも大切な霊的知識を得ましょう。因果律の働きを理解しましょう。こういう地上生活を送ったら霊界に行ってこういう状況になる、という事を得心していれば…自分勝手・無責任な生活を送っていると下層界へ落ちて悲惨な状況になると知っていれば、絶対に日常生活を律するはずなんです(祈)

未分類

Posted by たきざわ彰人(霊覚者)