【3/1】2012~2013年ごろに撃った霊関連書籍の内容の抜粋です(祈)†

Pocket

—–一章4
『ベールの彼方の生活①』
【光のかけ橋 一九一三年 九月二六日 金曜日】前回の通信は、あなたにもう少し深入りした感応の仕方を試してみるべきであるとの霊団の一人の要請を受けてやってみたものです。が説明できるようにはなりましたが説明の内容はまだ十分とは言えません。

『ベールの彼方の生活①』
そこで、あなたがお望みであれば引き続き同じ問題を取上げようと思いますが。【有難うございます。お願いします―】では、あなたにも暫く私たちと共にベールのこちら側から考えて頂かねばなりません。

『ベールの彼方の生活①』
まず理解して頂きたいのは、こちらへ来てみると地上で見ていたものとは全く異なった様相を呈している事―おそらく現在地上にいる人の目には非現実的で空想的にさえ思えるのではないかという事です。

『ベールの彼方の生活①』
どんなに小さな事でも驚異に満ちておりますから、こちらへ来たばかりの人は地上での三次元的な物の考え方から脱しない限り飛躍的な進歩は望めません。そしてそれが決して容易な事ではないのです。さてここで例のバイブレーションという用語を使用しなくてはなりません。

『ベールの彼方の生活①』
しかしこれを物的なもののように考えては真相は理解できません。私たちのいうバイブレーションは作用においても性質においても単なる機械的な波動ではなく、それ自体に生命力が宿っており、私たちはその生命力を活用して物をこしらえているのです。

『ベールの彼方の生活①』
言わば私たちの意志と環境とを結ぶかけ橋のようなものです。突詰めれば全ての現象はその生命力で出来ているからです。環境は私たちを始め全存在を包む深い生命力の顕現したものに過ぎません。それを原料として私たちは物をこしらえ成就する事ができるのです。

『ベールの彼方の生活①』
バイブレーションというと何だか実体のないもののように思われがちですが、それがちゃんとした耐久性のあるものを作り上げるのです。たとえば光明界と暗黒界との間の裂け目の上に橋を掛けるのもその方法によります。

『ベールの彼方の生活①』
その橋がただの一色ではないのです。暗黒の世界の奥深いところから姿を見せ、次第に輝きを増しながら裂け目を越え、最後に燦々たる光輝を発しながら光明の世界へと入り込んでおります。

『ベールの彼方の生活①』
その光明界の始まる高台に掛る辺りはピンク色に輝き、大気全体に広がる何とも言えない銀色、アラバスターと言った方がよいでしょうか、そんな感じの光の中で輝いて見えます。

『ベールの彼方の生活①』
そうですとも。その裂け目に立派に“橋”が掛っているのです。もし無かったら暗黒の世界から光明の世界へと闇を通り抜けて霊魂はどうやって向上進化してくるのですか。本当なのです。

『ベールの彼方の生活①』
言い落しておりましたが、怖ろしい暗黒の世界をくぐり抜けてその橋をよじ登り、裂け目のこちら側へやってくる霊魂が実際にいるのです。最も数は多くありません。大抵はその道案内の任に当っておられる天使様の言う事が聞けずに後戻りしてしまうのです。

『ベールの彼方の生活①』
また、こういう事も知っておく必要があります。そうした天使様の姿は魂の内部に灯された霊的明りの強さと同じ程度にしか映らないという事です。ですから天使様の言う事を聞いて最後まで付いて行くには、天使様に対する信頼心も必要になってきます。

『ベールの彼方の生活①』
その信頼心は同時に光と闇とをある程度まで識別できるまで向上した精神の産物でもある訳です。実際人間の魂の複雑さは一通りでなく捉え難いものですね。そこでもう少し言葉で表現しやすい話に移りましょう。

『ベールの彼方の生活①』
私はそれを“橋”と呼びました。しかし「目は汝の身体の光である」という言葉がありますね。この言葉をここで改めて読んで頂きたいのです。そうすればそれが地上の人間だけでなく、こちらの霊魂についても言える事がお判りになると思います。

『ベールの彼方の生活①』
私はこれまで“橋”という呼び方をして来ましたが実際には地上の橋とはあまり似ていないのです。第一、巾がそれはそれは広いのです。“地域”と呼ぶのが一番当っているようです。

『ベールの彼方の生活①』
私はまだ死後の世界のほんの一部しか見ておらず、その見た限りのものだけを話している事を念頭に置いて聞いて下さいよ。同じような裂け目や橋が他にも―多分数え切れないほど―あるに相違ありません。つまり私が橋と呼んでいるものを通って光明を求める者が進んできます。

『ベールの彼方の生活①』
実にゆっくりした足どりです。しかもその途中には幾つかの休泊所が設けてあり暗黒界から這い上がって来た霊魂がそのうちの一つに辿り着くと、そこで案内役が交替して今度は別の天使の一団が次の休泊所まで付添います。そうやってようやくこちら側に着きます。

皆さん、本を読みましょう。知識を得ましょう。無知の暗闇を突き破りましょう。僕たちは大切な事を悟るために地上という修行場に降下して来ているのです。霊界こそ僕たちの本来の住処であり、地上は霊界の光によってできた影にすぎません。どうか、どうか皆さんにも霊的知識を得て頂きたいのです(祈)
—–

『ベールの彼方の生活①』
私が所属している例のコロニーでの仕事も、地上の救済の他に、そうやって向上して来る霊魂の道案内も致しております。それは先程述べた仕事とはまた別の分野に属します。私はまだあまり勉強しておりませんので、そこまでは致しません。そちらの方が難しいのです。

『ベールの彼方の生活①』
というのは、こちらの世界の暗黒界にいる者を取巻く悪の影響力は地上のそれに比して遥かに邪悪なのです。地上はまだ善の中に悪が混じっている程度ですからましです。こちらへ来た邪悪な人間がうっかりその暗黒界へ足を踏み入れようものなら、―

『ベールの彼方の生活①』
―その途轍もなく恐ろしい世界から抜出る事の大変さを思い知らされます。想像を超えた長い年月に亘って絶望と諦めの状態で過ごす霊が多い理由はそこにあります。暗黒の世界から這い上がって来た霊魂が無事その橋を渡り切ると天使様が優しく手を取って案内してあげます。

『ベールの彼方の生活①』
やがて草木の茂った小高い緑の丘まで来ると、そこまで実にゆっくりとした足どりで来たはずなのに辺りの美しさに打たれて喜びで気絶せんばかりの状態になります。正反対の暗黒の世界に浸り切っていた霊魂には僅かな光明にさえ魂が圧倒されんばかりの喜びを感じるのです。

『ベールの彼方の生活①』
私は今“小高い丘”と言いましたが高いと言ってもそれは暗黒の世界と比べた場合の事です。実際には光明の世界の中で一番低いところなのです。“裂け目”とか“淵”とかをあなたは寓話のつもりで受止めているようだけど私が述べた通りに実際にそこに在るのです。

『ベールの彼方の生活①』
この事は以前にもどこかで説明があったはずです。それから何故橋をトコトコ歩いて来るのか、何故“飛んで”来ないかと言うと、まだ霊的発達が十分でなくてそれが出来ないという事です。もしそんな真似をしたらいっぺんに谷底へ落ちて道を見失ってしまいます。

『ベールの彼方の生活①』
私はまだ暗黒の世界へ深入りしておりません。ほんの少しだけですが悲劇を見るのは当分これまで見たもので十分です。しばらく今の仕事に精一杯努力して、現在の恵まれた環境のもとで気の毒な人々に援助してあげれば、もっと暗黒界の奥まで入る事を許されるかも知れません。

『ベールの彼方の生活①』
多分許されるでしょう。しかしそれはまだ先の話です。あと一つだけお話しましょう。―あなたはそろそろ寝なくてはならないだろうからね。霊魂が暗黒の世界から逃れて橋のところまで来ると、後から恐ろしい叫び声や怒号が聞こえ、狐火のようなものがチラチラ見えるそうです。

『ベールの彼方の生活①』
私は実際に見ていないのではっきりした事は言えませんが、それは仲間を取り逃がした暗黒界の霊魂が悔しがって怒り狂う時に発するのだと聞いております。悪は所詮、善には勝てないのです。いかに小さな善にもです。が、この事については今はこれ以上深入りしません。

『ベールの彼方の生活①』
私が今述べた事は私が実際に見たものではなく又聞き、つまり人から間接的に聞いた事ですが本当の事です。ではおやすみ。神の御光と安らぎが注がれますように。その御光の中にこそ光明を見出される事でしょう。その輝きこそ無限に開け行く安らかなる魂の黎明なのです。

現在、イエス様の御意志に従い、霊的知識普及の使命を遂行中。明けても暮れてもテキスト撃ちまくり、霊的知識のタネを蒔いて蒔いて蒔きまくってます。地上のどんな事象より大切な霊的真理の光が人々に広まる事を、イエス様は僕という小さなチャンネルを通して痛烈に訴え、願っておられるのです(祈)

カテゴリー: 未分類   作成者: たきざわ彰人(霊覚者) パーマリンク

たきざわ彰人(霊覚者) について

元画家、山を愛する霊覚者です。果てしない山へのアタック及び高負荷の作品描画によって霊性発現となりました。イエス様の怒涛の連続顕現に浴させて頂き、イエス様のご意志に従い霊的知識普及の使命遂行中です。イエス様ハンドリング(霊の導きに従う)により強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁は死刑になり「人類の恥」となります(祈)† 日本の象徴は「富士山」であり、断じて強姦殺人魔ではありません。 The symbol of Japan is "Mt. Fuji", it is not a rape murderer at all. 日本の天皇一族は強姦殺人魔です。死刑にしましょう。 The Emperor family in Japan is a rape murderer. Let's make a death penalty.

コメントを残す