WordPress固定ページに『ベールの彼方の生活』3巻8章「暗黒界の探訪」を追加しました(祈)†

Pocket

WordPress固定ページ『ベールの彼方の生活』3巻8章「暗黒界の探訪」 wp.me/Pa9cvW-3rh

以前からやろうと思っていた作業、何とか形にしてみました。「ベールの彼方の生活(全4巻)」は霊界での生活の様子を可能な限り詳細に解説している大変優れた霊関連書籍ですが(日本一のスピリチュアリスト、謙虚の塊と言える翻訳者、近藤千雄先生によれば「ベールの彼方の生活」はキリスト教的色彩があまりにも強すぎて読み進めるのが大変難しいとあります。確かに僕も最初はとっつきにくかったですが読み進めるほどに霊界生活に関する理解がどんどん深まり「この本はスゴイ!」と感動したものでした)その中でも僕が特に気に入っている【3巻8章 暗黒界の探訪】を固定ページ化しました。

この1章の内容を理解するだけでも肉体を脱いで霊界生活に突入した時にだいぶ助かるのではないかと思うのです。そして物質界での生活中に霊的知識を一切理解する事なく物質を追いかけ物的享楽に耽り邪悪の限りを尽くして生活を送った人間が、帰幽後にいかに地獄の境涯に突き落とされるかという事をものすごく詳細に教えてくれる内容です。絶対に僕たち人間が地上生活中に学ばなければならない必須の内容なのですが99.99999%の人間が正しく理解しないまま帰幽して向こう(幽界下層界)で長い年月にわたる苦悶を味わわされる事になります。ま、それは自己責任ですのでお勉強したくない人はご自由に。とにかくUPだけはさせて頂きます。この章に関しては語りたい事もいろいろあるのですがまずはご紹介まで(祈)†

HOME | ピーチピチ(佳子) | 切断死体の撮影 | 処刑遊び | コイツら死刑 | 暗殺 | 放火 | Dreamwork | Profile | アナログ絵 | フラー | コメントファイヤー | | 山駆けるヒカリ | 葛飾北斎の墓 | 全ブログURL | 霊関連書籍 |

カテゴリー: 未分類   作成者: たきざわ彰人(霊覚者) パーマリンク

たきざわ彰人(霊覚者) について

元画家、山を愛する霊覚者です。果てしない山へのアタック及び高負荷の作品描画によって霊性発現となりました。イエス様の怒涛の連続顕現に浴させて頂き、イエス様のご意志に従い霊的知識普及の使命遂行中です。イエス様ハンドリング(霊の導きに従う)により強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁は死刑になり「人類の恥」となります(祈)† 日本の象徴は「富士山」であり、断じて強姦殺人魔ではありません。 The symbol of Japan is "Mt. Fuji", it is not a rape murderer at all. 日本の天皇一族は強姦殺人魔です。死刑にしましょう。 The Emperor family in Japan is a rape murderer. Let's make a death penalty.

コメントを残す